北海道エコ・動物自然専門学校の授業(+北海道ハイテクノロジー専門学校)

I teach a class at Hokkaido Eco communication college and Hokkaido High-technology college.


北海道エコ・動物自然専門学校等で、非常勤講師として授業をしています。

授業は、両生類や爬虫類がベースにはなりますがそこからいろいろ発展して、学生さんが目指す仕事に役立つ講義をしていければと思います。

2023年度
・爬虫両生類学概論(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学総論(選択)(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学各論(選択)(動物自然学科KE:1年後期)
・爬虫両生類学特論(選択)(動物自然学科KE:2年前期)
・爬虫両生類学研究(選択)(動物自然学科KE:2年後期)
・愛玩動物学(エキゾチックアニマル)(動物看護・ペット学科VN:2年後期)
・比較動物学(野生動物学)(動物看護・ペット学科VN:2年後期)

2022年度
・爬虫両生類学概論(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学総論(選択)(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学各論(選択)(動物自然学科KE:1年後期)
・爬虫両生類学特論(選択)(動物自然学科KE:2年前期)
・爬虫両生類学研究(選択)(動物自然学科KE:2年後期)
・愛玩動物学(エキゾチックアニマル)(動物看護・ペット学科VN:2年前期)
・比較動物学(実験動物)(動物看護・ペット学科VN:1年前期)
・比較動物学(野生動物)(動物看護・ペット学科VN:2年後期)

2021年度
・爬虫両生類学概論(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学総論(選択)(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学各論(選択)(動物自然学科KE:1年後期)
・爬虫両生類学特論(選択)(動物自然学科KE:2年前期)
・爬虫両生類学研究(選択)(動物自然学科KE:2年後期)
・エキゾチックアニマル(動物看護・ペット学科VN:2年前期)
・実験動物学(動物看護・ペット学科VN:1年前期)
・野生動物学(動物看護・ペット学科VN:2年後期)
・形態機能学実習(解剖)(動物看護・ペット学科VN:1年後期)

2020年度
・両生爬虫類学Ⅱ(動物自然学科NA・KE:2年前期)
・爬虫両生類学概論(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学総論(選択)(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学各論(選択)(動物自然学科KE:1年後期)
・エキゾチックアニマル(動物飼養管理学)(動物看護・ペット学科VN:2年前期)
・産業動物(動物飼養管理学)(動物看護・ペット学科VN:1年前期)
・野生動物学(+展示動物)(動物看護・ペット学科VN:2年後期)
・形態機能学実習(解剖)(動物看護・ペット学科VN:1年後期)

2019年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)
・動物飼養管理学(動物看護・ペット学科VN:2年後期)
・動物形態機能学(動物看護・ペット学科VN:1年後期、2年後期)

2018年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)
・環境分類学(生物分類技能検定4級についての座学)(バイオテクノロジー学科BIO:1年前期)
・動物飼養管理学(動物看護・ペット学科VT:2年後期に両爬分野として)

2017年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)
・動物形態学(動物看護学科VT:1年後期)(カエルと鳥の解剖実習)

2016年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)

2015年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)

2014年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)

2013年度
・総合学習(仮称:両爬学)(動物自然学科NA:1年後期、2年前期)

2012年度
・総合学習(仮称:両爬学)(動物自然学科NA:2年前期)


動物自然学科、動物看護・ペット学科…北海道エコ・動物自然専門学校
バイオテクノロジー学科…北海道ハイテクノロジー専門学校

Baikada’s main website
Wild Home

札幌どうぶつ専門学校(旧・エスワン動物専門学校)

札幌どうぶつ専門学校

札幌どうぶつ専門学校で、非常勤講師として授業をしています。

授業は、動物に関するものがベースにはなります。学生さんが目指す仕事に役立つ講義をしていければと思います。

2023年度
・野生動物学(動物看護学科:1年後期)

2022年度
・野生動物学(動物看護学科:1年後期)

2021年度
・動物感染症学(動物看護学科:1年前期、1年後期)
・野生動物学(動物看護学科:1年後期)

2020年度
・動物感染症学(動物看護学科:1年前期、1年後期)
・野生動物学(動物看護学科:1年後期)

2019年度
・動物感染症学(動物看護学科:1年前期、1年後期)
・野生動物学(動物看護学科:1年後期)

Baikada’s main website
Wild Home

ストレス下にある飼育爬虫類を察知する指標-文献情報からの試案と法獣医学的な応用-

北海道獣医師会が発行する北獣会誌67に、「ストレス下にある飼育爬虫類を察知する指標-文献情報からの試案と法獣医学的な応用-」が掲載されました。

共著者として参加しました。

著者:阿部春乃・徳田龍弘・本田直也・高橋優子・尾針由真・浅川満彦

Baikada’s main website
Wild Home

インターネットオークションによるツシマサンショウウオの販売実態と保全の課題

日本爬虫両棲類学会が発行する爬虫両棲類学会報・第2022巻 第2号に、「インターネットオークションによるツシマサンショウウオの販売実態と保全の課題」が掲載されました。

共著者として参加しました。

著者:照井繁晴・徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

日本産トカゲ・陸生ヘビ類の地理的分布の概要といくつかの話題

日本爬虫両棲類学会が発行する爬虫両棲類学会報・第2022巻 第2号に、「日本産トカゲ・陸生ヘビ類の地理的分布の概要といくつかの話題」が掲載されました。

共著者として参加しました。

著者:岡本 卓・栗田 和紀・ 徳田 龍弘・ 竹内 寛彦

Baikada’s main website
Wild Home

札幌におけるアズマヒキガエル幼体の変態直後の食性

日本爬虫両棲類学会が開催した第61回大会でポスター発表された『札幌におけるアズマヒキガエル幼体の変態直後の食性』を共同研究者として関わりました。

爬虫両棲類学会報 第2023巻 第1号に、要旨が掲載されました。

発表者:伊原禎雄 共同研究者:徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

増補新版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑

おかげさまで、2022年5月27日に「増補新版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑」を出版することができました。

増補新版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑

増補新版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑著・写真:徳田龍弘  監修:竹中践  装丁:岡田善敬
(104ページ、B6サイズ、北海道新聞社)

数種の分類の変更や新産地追加、法令関係の整理と両生類情報の補強(増ページ)など、より良くなるような内容の改定を行いました。

道内書店などでもご購入可能です。インターネットでは、Amazonをはじめ、他社においても取り扱いがあります。

(2000)

Baikada’s main website
Wild Home

2021年のかんガエルの活動報告

2021年のかんガエル(両爬の生態系をかんガエル・札幌市南区チーム)の活動報告です。

今回はPDFにて報告書を作成いたしました。

札幌市南区北ノ沢での国内外来種アズマヒキガエルに対する取り組み(2021年)の報告

ご興味のある方、外来カエルの対策をされている方はご覧いただけましたら幸いです。