かんガエル2021年6月のまとめ

2021年5月時点のアズマヒキガエル累計

★南区北ノ沢
成体3650(♂2646♀863不明141)、卵紐78.2ℓ、幼生0、幼体1

●清田区有明・北広島市仁別
成体81(♂26♀13不明45)、卵紐123.4ℓ、幼生0、幼体0

6/1 昼
★北ノ沢繁殖池
アズマヒキガエル幼生1:取りこぼしの卵から孵化が始まったとみられる。
他、ツチガエル成体1、越冬幼生1
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエルの痕跡なし

6/2 昼
●北広島市仁別止水群
アズマヒキガエル痕跡なし。
他、
アマガエル孵化したてが多数、エゾアカガエル幼生、エゾサンショウウオ幼生
●清田区有明止水群
アズマヒキガエル成体1(♀1)
▲豊平川右岸河川敷(江別市角山-左岸は東区中沼町)
アズマヒキガエル幼生10程度。
異常に発生している感じではなく、ポツポツ1匹ずつ孤立していた。川とつながる沈砂池なので、上流から流されてきたかも(有明も北ノ沢も上流にあるし、他にも産卵池があるかも)

6/3 昼
●北広島市大曲止水群
アズマヒキガエル痕跡なし。
農業用のため水と思われる。ツチガエルが鳴いていた。
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル痕跡なし
★野球場周辺止水群
アズマヒキガエル痕跡なし。
他、エゾサンショウウオ、エゾアカガエル幼生を確認。

6/5 昼 罠の撤去
★北ノ沢繁殖池
アズマヒキガエル幼生200
千切れて見失った卵紐から発生した模様
★野球場周辺止水群
一部の池が雨による増水で調査できない
アズマヒキガエル確認なし

6/8 昼
★北ノ沢繁殖池
アズマヒキガエル確認なし
★野球場周辺止水群
一部の池が雨による増水で調査できない
アズマヒキガエル確認なし

6/11 昼
★北ノ沢繁殖池
アズマヒキガエル確認なし
★野球場周辺止水群
アズマヒキガエル 幼生1

6/16 昼
●北広島霊園付近止水群
アズマヒキガエル痕跡なし。
エゾアカガエル、エゾサンショウウオの幼生がいる池があった

●清田区有明止水群
アズマヒキガエル幼生300+

6/17 昼
★北ノ沢繁殖池
アズマヒキガエル幼生150(後肢あり)

2021年6月時点のアズマヒキガエル累計

★南区北ノ沢
成体3650(♂2646♀863不明141)、卵紐78.2ℓ、幼生352、幼体1

●清田区有明・北広島市仁別
成体82(♂26♀14不明45)、卵紐123.4ℓ、幼生300、幼体0

▲その他
幼生10

参考 : 「かんガエル」に関するまとめのページ

Baikada’s main website
Wild Home

国内外来種アズマヒキガエルに対する封じ込めトラップの設置と効果:北海道における事例

日本爬虫両棲類学会が発行する爬虫両棲類学会報・第2021巻 第1号に、「国内外来種アズマヒキガエルに対する封じ込めトラップの設置と効果:北海道における事例」が掲載されました。

著者:徳田龍弘

アズマヒキガエルが集団産卵に来た際、フェンスで池を囲って池の周りで歩く個体を捕獲するのも効率的なのですが、夜間に活動が必要なことと、頻回のチェックが必要にもなること、一部個体が池をあきらめて別の水域で産卵しそうな傾向が見られたので、一つの産卵池を罠にしてみました。メリットもいろいろありました。

Baikada’s main website
Wild Home

インターネットオークションによるトウキョウサンショウウオの販売実態と特定第二種希少野生動植物種指定の効果

日本爬虫両棲類学会が発行する爬虫両棲類学会報・第2021巻 第1号に、「インターネットオークションによるトウキョウサンショウウオの販売実態と特定第二種希少野生動植物種指定の効果」が掲載されました。

要約のPDFはこちらです。
https://baikada.com/Wildlog/Tokyo_Salamander

共著者として参加しました。

著者:照井繁晴・徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

かんガエル2021年5月のまとめ

2021年4月時点のアズマヒキガエル累計

★南区北ノ沢
成体3093(♂2381♀690不明22)、卵紐36.5ℓ、幼生0、幼体1

●清田区有明・北広島市仁別
成体1(♂0♀0不明1)、幼生0、幼体0

5/1 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル73匹(♂52♀21)
★サビの池
アズマヒキガエル卵紐2ℓ
★野球場付近止水群
アズマヒキガエル確認なし

5/2 昼
★真駒内公園(昨年目撃情報があった止水)
アズマヒキガエル確認なし
★北の沢川・中の沢川合流点付近
アズマヒキガエル確認なし
★南沢・南の沢川およびその支流周辺
アズマヒキガエル確認なし
エゾアカガエルの卵塊は孵化している場所もある
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル15匹(♂9♀6)(うち死骸♂1♀1 エゾタヌキの捕食と思われる)、卵紐0.5ℓ
★北の沢川支流
アズマヒキガエル生体3(♂2♀1)死骸45(♂24♀1不明20)アライグマの捕食と思われる
★北の沢川上流の沼
アズマヒキガエル1(♂1)、卵紐15ℓ
★道路側溝の源流池
アズマヒキガエル確認なし
エゾサンショウウオ卵嚢2
★笹原の池
アズマヒキガエル確認なし
エゾサンショウウオ卵嚢多数
★サビの池
アズマヒキガエル卵紐0.5ℓ
★大きなおうちの池
アズマヒキガエル確認なし
★北ノ沢北部北側の集落の池
アズマヒキガエル確認なし
エゾサンショウウオ卵嚢多数
★藻岩観光道路にやや近いところの池
アズマヒキガエル確認なし
エゾアカガエル・エゾサンショウウオ卵多数
★野球場付近止水群
アズマヒキガエル確認なし

5/3 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル49匹(♂31♀15、死骸♂1、不明2)(生体♂の中には腕のない個体が1匹いた)ペアが多く、卵をぶら下げたペアも3組ほど見られた。
★北の沢川支流
アズマヒキガエル死骸5(雌雄不明5)アライグマの捕食と思われる
★野球場付近止水群
アズマヒキガエル確認なし

5/4 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル22匹(♂9♀10、死骸不明3)
★北の沢川支流
アズマヒキガエル死骸2(雌雄不明2)アライグマの捕食と思われる
★野球場付近止水群
アズマヒキガエル卵紐1ℓ(大きな池)
★笹原の池
アズマヒキガエル確認なし
★サビの池
アズマヒキガエル4匹(♂1♀1、死骸不明2)、卵紐2ℓ

5/5 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル4匹(♂3♀1)、死骸9(雌雄不明9)、アライグマと、タヌキが食べたと思しき跡が残ってた
★中ノ沢川支流付近
アズマヒキガエル確認なし
エゾサンショウウオの産卵多数

5/6 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル7匹(♂5♀2)
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル7匹(♂4♀3)、死骸9(不明9)卵紐6ℓ
★笹薮の池付近
アズマヒキガエル5匹(♂4♀1)、卵紐0.3ℓ
★野球場付近の止水群
アズマヒキガエル4匹(♂4)うち1匹捕獲できず。
★山鼻川上流
アズマヒキガエル確認なし、他の両生類も見られず
●北広島市仁別・止水群
アズマヒキガエル確認なし
●有明止水群
アズマヒキガエル確認なし

5/7 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル2匹(♂2)
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル死骸11(雌雄不明)アライグマ食痕、卵紐0.2ℓ
★笹薮の池
アズマヒキガエル痕跡なし
★サビの池
アズマヒキガエル痕跡なし
★野球場周辺止水群
アズマヒキガエル痕跡なし

5/8 昼
★調査把握外・北ノ沢繫殖池付近
5/6~5/8分 アズマヒキガエル127匹(♂88♀39)
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル1匹(♂1)
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル死骸2(雌雄不明)・アライグマ痕跡、卵紐0.1ℓ
★北ノ沢川支流上流の沼
アズマヒキガエル1(♂1)・死骸4(雌雄不明)、卵紐10ℓ
★北ノ沢川支流さらに上流
アズマヒキガエル痕跡なし
★野球場周辺止水群
アズマヒキガエル6匹(♂4♀2)、卵紐0.5ℓ

5/9 昼
★北ノ沢繫殖池付近
アズマヒキガエル痕跡なし
★笹薮の池
アズマヒキガエル1匹(♂1)
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル1匹(♂1)、卵紐0.1ℓ
★北ノ沢繁殖池付近(聞き取り情報)
雨の日の夜20時ころ、カエルが200匹くらい道路にいたのを見た。数年前から、雨が降っている夜、もしくは雨が降った日の夜に大量にカエルが出る。車でよけられず、踏んでしまうが、朝になると死骸がなくなってて不思議

5/10 昼
★北ノ沢繫殖池付近
アズマヒキガエル14匹(♂7♀7)
ツチガエル越冬幼生1匹
★サビの池
卵紐0.5ℓ
★右北ノ沢川支流
卵紐0.1ℓ
★野球場付近止水群
アズマヒキガエル1匹(♂1)

5/11 
★北ノ沢繫殖池付近
アズマヒキガエル1匹(♀1)、死骸10(ほとんどタヌキの捕食、新古入りまじる)
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル死骸14(ほとんどアライグマの捕食)、卵紐0.6ℓ
★北ノ沢繁殖池付近の道路
アズマヒキガエル死骸2(轢かれ1、捕食1)
★野球場周辺止水群
アズマヒキガエル5匹(♂4♀1)、卵紐0.3ℓ

5/12 
★北広島仁別~札幌市清田区有明
アズマヒキガエル確認なし

5/13 
★北ノ沢繫殖池付近
アズマヒキガエル2匹(♂1♀1)、卵紐1ℓ
★北の沢川支流
アズマヒキガエル死骸1(アライグマ捕食)
★その他の池ではアズマヒキガエル確認なし

5/14 
●清田区有明の止水等
アズマヒキガエルの痕跡なし

5/15 
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル3匹(♂2♀1)
★北の沢川支流
死骸5(雌雄不明5…新しそうなのは2)

5/16 
★藻岩山東斜面の池
アズマヒキガエル痕跡なし。
エゾサンショウウオのみ産卵あり

5/18 昼
★北ノ沢繁殖池周辺
アズマヒキガエル死骸20(♀15不明5・ほとんどがタヌキ捕食と思われる)
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル死骸47(♀42不明5・ほとんどがアライグマ捕食)
ほとんどがメスだった。食べ残し部位はアライグマでは卵管と胚、頭蓋骨と皮のみが目立ちました。生体はまったく確認できなかった。アマガエルがたくさん鳴いていた。

5/20 昼
●北広島市仁別の止水群
アズマヒキガエル痕跡なし
●清田区有明厚別川沿いの止水
アズマヒキガエル産卵開始。卵紐1.5ℓ、成体20(♂10♀10)、頭胴長6.5~9.5cm。平均的には小さめ(8.05cm)、アライグマによると思われる死骸10(雌雄不明10)、個体はたくさんいるようだ
★北の沢川支流
アズマヒキガエル卵紐1ℓ
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル死骸4(アライグマと思われる。雌雄不明)

5/21 昼
★北ノ沢野球場付近止水群
アズマヒキガエル3匹(♂2♀1)、卵紐なし
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル1匹(♀1)、卵紐なし
●清田区有明厚別川沿いの止水
アズマヒキガエル成体5(♂3♀2)卵紐3ℓ、死骸19(ほとんどアライグマ捕食と思われる、雌雄不明)個体はたくさんいるようだ。厚別川に卵が流れ出している可能性が高い

5/22 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル死骸4(雌雄不明・アライグマ?)
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル痕跡なし
●清田区有明・厚別川沿いの止水群
アズマヒキガエル14匹(♂13♀1)、卵紐80.3ℓ、死骸10(雌雄不明・アライグマの捕殺と思われる)

5/24 昼
●清田区有明・厚別川沿いの止水群
アズマヒキガエル卵紐27ℓ

5/24 夜
●清田区有明
アズマヒキガエル確認なし

5/25 昼
●清田区有明・厚別川沿いの止水群
アズマヒキガエル死骸4(雌雄不明)、卵紐10.1ℓ

5/26 昼
●清田区有明・厚別川沿いの止水群
アズマヒキガエル卵紐1.5ℓ

5/30 昼
★北ノ沢繁殖池
アズマヒキガエル確認なし、他の両生類もなし
★北ノ沢川支流沿い
アズマヒキガエル確認なし
★北ノ沢繁殖池周辺地域
アズマヒキガエル確認なし
★盤渓の止水群
アズマヒキガエル確認なし
★藻岩山麓南斜面
アズマヒキガエル確認なし
▲藤野二条・豊平川周辺
アズマヒキガエル痕跡なし(昨年成体発見情報があったため調査を行った)
●清田区有明厚別川沿いの止水
アズマヒキガエル 成体1

2021年5月時点のアズマヒキガエル累計

★南区北ノ沢
成体3650(♂2646♀863不明141)、卵紐78.2ℓ、幼生0、幼体1

●清田区有明・北広島市仁別
成体81(♂26♀13不明45)、卵紐123.4ℓ、幼生0、幼体0

参考 : 「かんガエル」に関するまとめのページ

Baikada’s main website
Wild Home

告知(展示、講演関係)

※この告知は最新更新記事より上部に表示されています。ご注意ください。

※新型コロナウイルスによる感染症の流行対策のため、各イベントが事前に中止及び延期になることがあります。その際は、誠に申し訳ありませんが、ご理解をお願いいたします。

追記(2021/5/7)
健康管理が悪く現在、十分な余裕がありません。お受けした仕事や要件などは、メモしたりスケジュールに記入したりしておりますが、メモに残し忘れたお話などを忘れている場合があるかもしれません…。もし、そのようなことがあれば、突っついていただければと思います。ご迷惑おかけしております。

持病による体調の状態は「やや低調」かつ数日動けなくなる事がある状態です。お約束しているお仕事の日に動けるように、体調と予定の混み具合の様子を見ながらお仕事したいと思っています。またイレギュラー日程になりやすいことや、午前中のお仕事等の対応をなるべく見合わせております。ご迷惑をお掛けします。

感染症対策に関しては、十分な配慮と対策を行って参ります。

また、メールの返信などは大きな遅れがおこりうること、優先度の高いメールが優先されること、内容が必要最低限の内容になりうることがありますので、ご了承ください。

基本的にSNS関係は投稿はしていますが、閲覧はほどほどなので、SNSへのメッセージよりメールの方が連絡が取りやすいと思います。

ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

Hynobius retardatus IUCN Red List ver3.1

redlist

IUCNが作成する世界版のレッドリストver3.1のHynobius retardatus (エゾサンショウウオ)の、記事作成に協力しました。Hynobius retardatus のページのダウンロード版資料にContributorとして含んでいただきました。

寄稿者:松井正文、吉川夏彦、西川完途、徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

かんガエル2021年4月のまとめ

2021年3月時点のアズマヒキガエル累計

南区北ノ沢
成体2(♂2♀0不明0)、卵紐0ℓ、
幼生0、幼体0

清田区有明・北広島市仁別
成体0(♂0♀0不明0)、幼生0、幼体0

4/10 昼
★北ノ沢繁殖池付近 「罠の設置」
アズマヒキガエル成体♀1(頭胴長不明)、濡れた石の下から捕獲。ほかにオスの声を聴いたという情報もあった。

4/13 夜 大発生初日 21:00頃 10℃
★中ノ沢~北ノ沢繁殖地付近
アズマヒキガエル143匹(頭胴長5~10cm、♂131♀12)【うち轢死:30、抱接:10組】、繁殖池付近は抱接率が高いようだった。繁殖池の罠網(外側)にたどり着いている個体多数(鳴き声から想像するに30~50くらい)

4/14 昼 罠周辺での捕獲
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル303匹(頭胴長5~10cm、♂219♀84)【うち池の周囲(罠の周りを徘徊)102匹(♂65♀37)、罠(池)の中201匹(♂154♀47)】、産卵はまだ0。個体は小型傾向を感じた。連年の防除が効き始めているかもしれない。
他:エゾアカガエル抱接2ペア、♂2(ヒキガエルに抱接)、♀2(網にひっかかってた)、卵塊5程度

4/14 夕方
●有明付近
アズマヒキガエルの確認、痕跡なし

4/15 午前
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル成体382匹(頭胴長6~12cm、♂273♀109)、幼体1【うち池の周囲(罠の周りを徘徊)112匹(♂69♀43)、罠(池)の中271匹(♂204♀66幼体1)】メスはほぼ抱接ペア。
他:エゾアカガエル成体 3、卵塊1、ツチガエル成体 1

4/15 夕方、夜
★北ノ沢繁殖池付近(川の近くまで)
(アズマヒキガエル♂2♀3。明日の集計に入れる)
★北ノ沢繁殖地付近住宅地
一般からのヒキガエルの卵かも?という情報あり。確認し、エゾサンショウウオの卵嚢だった。
★北ノ沢藻岩山裾
一般からヒキガエルの卵かも?という情報あり。こちらも、エゾサンショウウオの卵嚢であることを確認。

4/16 午前~午後
★北ノ沢繁殖地付近
アズマヒキガエル80匹(頭胴長7~9cm、♂56♀24)(4/15夕方以降の分含む)【うち池の周囲62匹(♂42♀20)、罠(池)の中20匹(♂16♀4)】
他:エゾサンショウウオ卵嚢3対、成体1、エゾアカガエル卵塊3、成体いくつか
★北の沢川支流~砂防ダム
アズマヒキガエル2匹(頭胴長7cm、♂2)
エゾサンショウウオの卵嚢が2対、エゾタヌキのためふん、食肉目の頭蓋骨(上あご)
★ささやぶの池
アズマヒキガエル3匹(頭胴長7-8cm、♂3)
エゾサンショウウオの成体♂1(顎も体格もものすごく立派)卵嚢10-20対

4/17 昼
★北ノ沢繁殖地付近
アズマヒキガエル67匹(頭胴長6~10cm、♂47♀20)【うち池の周囲67匹(♂47♀20)、罠(池)の中29匹(雌雄不明・未捕獲)】罠の中の作業ができず、明日捕獲する。
他:エゾサンショウウオ卵嚢1対、エゾアカガエル鳴き声いくつか
今のところ、捕食によって死んでいるヒキガエルは今年は見つかっていない。

4/17 夜
★北ノ沢繁殖池付近路上
アズマヒキガエル12匹(♂12)
★中央区盤渓路上 盤渓にて初確認。産卵注意。
アズマヒキガエル1匹(♂1)

4/18 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル653匹(頭胴長6~11cm、♂518♀135)【うち池の周囲216匹(♂143♀73)、罠(池)の中437匹(♂375♀62)】、卵紐10ℓ(今季初産卵確認)

4/19 昼
★北ノ沢北部住宅地付近
アズマヒキガエル1匹(♂1) 目撃時は抱接雌雄♂1♀1だった。♀は取れず
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル35匹(♂25♀7雌雄不明の死骸3)
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル384匹(頭胴長6~11cm、♂310♀74)【うち池の周囲166匹(♂115♀51)、罠(池)の中216匹(♂193♀23)、近くの道路2匹(♂2)】、卵紐5ℓ

4/19 夜
★南沢川流域の住宅地付近
アズマヒキガエル確認なし

4/20 昼
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル1匹(♂1)
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル419匹(頭胴長6~11cm、♂326♀93)【うち池の周囲70匹(♂45♀25)、罠(池)の中349匹(♂281♀68)】、卵紐5ℓ

4/21 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル153匹(♂120♀33)【カエルボックスの集計なので、池の周囲か中かは不明】

4/21 夜
●清田区有明~滝野
ところどころ、止水のありそうなところで聞き耳を立てるが、アズマヒキガエルの鳴き声はしていない。日陰の斜面にはまだ雪が残る場所がある。

4/22 午前
★北ノ沢繁殖池付近
池の周囲でヒキ6(♂4♀2)。池の中で30(♂18♀12)。
★野球場付近 河川沿いの止水
アズマヒキガエル2(♂2)
★野球場付近 河川(流れが緩い)
アズマヒキガエル 卵紐1ℓ
★北の沢川支流
アズマヒキガエル2(♂1♀1) 卵産んでる途中を捕獲

4/23 昼
★野球場付近 河川沿いの止水
アズマヒキガエル 卵紐1ℓ
★野球場付近 河川(流れが緩い)
アズマヒキガエル捕獲できず(5匹くらいいる)
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル97匹(♂73♀24)
【カエルボックスの集計なので、池の周囲か中かは不明】
池の周囲5(♂3♀2)、池の中10(♂8♀2)
★北ノ沢川支流
アズマヒキガエル4(♂2♀2:それぞれ抱接)
死骸3(♂1♀1不明1:アライグマの捕食と思われる)
卵紐1ℓ

4/23 夜
★北ノ沢繁殖池付近(道路・池の周り・池の中)
アズマヒキガエル27匹(♂19♀8)

4/24 昼
★北ノ沢繁殖池付近(道路・池の周り・池の中)
アズマヒキガエル15匹(♂9♀6)うち、♂3♀2が死骸、卵紐2ℓ

4/24 夜
★北ノ沢繁殖池付近(捕獲なし)
(目撃情報:ヒキガエルが池に42匹、周辺道路に26匹)

4/25 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル105匹(♂85♀18、うちアライグマ死♂1♀1不明2)卵紐3ℓ
★北の沢川支流
アズマヒキガエル3匹(死骸、雌雄不明)、卵紐0.5ℓ
★野球場付近 河川沿いの止水
アズマヒキガエル 卵紐5ℓ(捕獲できなかったが少なくとも成体5)
★野球場付近 河川(流れが緩い)
アズマヒキガエル 卵紐2ℓ

4/26 昼
★北ノ沢繁殖池付近
罠の補修 (目視:アズマヒキガエル10匹+ 捕獲せず)
★北の沢川支流
アズマヒキガエル4匹(死骸、雌雄不明:アライグマと思われる)、卵紐1ℓ

4/27 昼
★北ノ沢繁殖池付近
カエルボックス内41匹(♂32♀9)(4/26夕方・池の中で15匹程度+4/27昼・捕獲分)
★野球場付近 河川沿いの止水
アズマヒキガエル39匹(♂36♀3)
★野球場付近 河川(流れが緩い)
アズマヒキガエル 確認されず

4/28 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル36匹(♂31♀5)

4/29 昼
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル5匹(♂3♀2)、卵紐微量(ほぼ0)
★北の沢川支流
アズマヒキガエル9匹(死骸、雌雄不明)
★野球場付近 河川沿いの止水
アズマヒキガエル確認なし
★野球場付近 河川(流れが緩い)
アズマヒキガエル確認なし
★野球場付近 奥の池
アズマヒキガエル1(♂1)
★森林・中の沢川沿い
アズマヒキガエル確認なし

4/30 夜
★北ノ沢繁殖池付近
アズマヒキガエル12匹(♂9♀1、死骸♂2)
●清田区有明~滝野
アズマヒキガエルの産卵等確認なし、轢死体1(雌雄不明)

2021年4月時点のアズマヒキガエル累計

南区北ノ沢
成体3093(♂2381♀690不明22)、卵紐36.5ℓ、
幼生0、幼体1

清田区有明・北広島市仁別
成体1(♂0♀0不明1)、幼生0、幼体0

参考 : 「かんガエル」に関するまとめのページ

Baikada’s main website
Wild Home

自動撮影カメラによるヒキガエル・トラップおよびその周辺の動物の行動記録

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.008に、「自動撮影カメラによるヒキガエル・トラップおよびその周辺の動物の行動記録」が掲載されました。共著で参加しています。

著者:竹中践 共著:徳田愛・徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

トウホクサンショウウオ幼生がアズマヒキガエル幼生を捕食することで起こる影響について

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.008に、「トウホクサンショウウオ幼生がアズマヒキガエル幼生を捕食することで起こる影響について」が掲載されました。共著で参加しています。

著者:木村和未 共著:木村幸子・徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home