絶滅危惧の動物事典

I offered the photograph to the book.
Animal cyclopedia of threatened species

東京堂出版した、「絶滅危惧の動物事典」という本で、
エゾクロテン・オカダトカゲ・キシノウエトカゲ
ミヤコトカゲ・コモチカナヘビ・ミヤコカナヘビ
アムールカナヘビ・イワサキセダカヘビ・サキシマスジオ
サキシマアオヘビ・キクザトサワヘビ・ミヤコヒメヘビ
オオヒキガエルの
13点の写真を使っていただきました。

「徳田龍弘」の本名で、提供しています。
しかし、第一刷は手違いで徳田龍広になってますのでよろしくです。

Baikada’s main website
Wild Home

両生類・爬虫類のふしぎ

I offered the photograph to the book. “Questions of Amphibians and Reptiles

ソフトバンククリエイティブが発行した、「両生類・爬虫類のふしぎ 」という本で、ニホンアマガエル成体とエゾアカガエルの卵2点の、3点の写真を使っていただきました。

「徳田龍弘」の本名で、提供しています。

Baikada’s main website
Wild Home

猛毒生物 最恐50

I offered the photograph to the book. “Deadly poison creatures 50

ソフトバンククリエイティブが発行した、「猛毒動物 最恐50 」という本にトビズムカデの写真を使われています。

表紙にもいるので、見てみてね。
フォトライブラリー経由で出版に至っておりますので、
「ばいかだ」や「徳田龍弘」のキャプションは出ておりません。

Baikada’s main website
Wild Home

faura No.21

I took a picture for the cooperation of the booklet making.
faura No.21” (Japanese text only.)

北海道の自然を知る季刊誌、faura No.21 のインタビュー撮影のお手伝いして来ました。

名前は出ていませんが、風景写真家の後藤さんの写真を撮らせていただきました。
人の写真は難しいですね。編集、大変だったかも…(^^;

Baikada’s main website
Wild Home

青梅自然誌研究グループ会報第3号

I offered the reserch to the booklet.
“Bulletin of natural history of Ome research group”

青梅自然誌研究グループが発行する「青梅自然誌研究グループ会報」という冊子で、寄稿、写真提供させていただきました。(第3号)

寄稿
・青梅市内でのニホンヤモリ(Gecko japonicus)の生息情報(短報)

写真提供
・青梅市における冬季でのヤブサメ(Urosphena squameiceps)の観察記録

Baikada’s main website
Wild Home

青梅市の両生類

I offered the reserch to the booklet.
“Amphibians in Ome City”

青梅自然誌研究グループが発行する、「青梅市の両生類」という冊子作成にあたって調査協力させていただきました。

Baikada’s main website
Wild Home

Yahoo!きっずペット

I offered the photograph to the Web. “Yahoo! Kids Pet” (Japanese text only.)

Yahoo!きっずの1コーナー、Yahoo!きっずペット に、アイフィンガーガエルの写真を提供しました。読み物も面白いので(日本のエッグイーター)、ぜひ読んでみてください。(文章を書いたのは、私ではないですよ(^^;

2013.2.16追記:Yahoo!きっずのサービス終了にて掲載終了しました。

Baikada’s main website
Wild Home

faura No.20

I offered the photograph to the magazine. “faura” (Japanese text only.)

北海道の自然を知る季刊誌、faura No.20
エゾユキウサギとサケの写真を提供しました。

エゾユキウサギは見つけやすいと思いますが、サケは隠れキャラなので、
探してみてください(^^)

提供者名は「徳田龍弘」です。

Baikada’s main website
Wild Home

ほぼ週刊さろま

I offered the Mail magazine to the web. (I do not write every week.)
“WEEKLY THE SAROMA” (Japanese text only.)

縁あって、佐呂間のメールマガジンの「ほぼ週刊さろま」に生き物のコラムを書いていました。
現在はしばらく、お休みさせていただいています。(2010)

Baikada’s main website
Wild Home