Displaying posts categorized under

Baikada Works (仕事)

危険生物(小学館の図鑑NEO)

I offered the photograph to the book. “Dangerous creatures

小学館が発行した、図鑑NEOシリーズ「危険生物」という本で、
ツシママムシ
ニホンマムシ変異各種の写真提供をしました。

Baikada’s main website
Wild Home

[新版] 両生類はちゅう類(小学館の図鑑NEO)

I cooperated to the book. “Amphibians and Reptiles

小学館が発行した、図鑑NEOシリーズ[新版]「両生類はちゅう類」という本で、お手伝いしました。

Baikada’s main website
Wild Home

わりと動いてたかも6月前半

わりと動いてた6月前半行きます。

6.3
倶知安の「冒険家族」で、子供たちに両爬のお話しと、フィールドで両爬探しをしてきました。倶知安についたときは、シトシトの雨。いつもながら、イベントのときはお天気悪いです…。

子供たちにプロジェクターで説明すると、次々質問が来る。こういう積極的な反応もいいね!基本的なことを勉強して、森の方へ。

この頃には薄日が差して、だいぶ天気が回復してきました。昨年上陸の若ガエルは結構たくさん出てくれました。

エゾアカガエル見れてホッとしました。野外観察終わったところで、こんな感じ。

エゾアカガエル多数とニホンアマガエル2匹かな。大きいのは見れなかったけど、エゾアカは幼生も見れたね。残念ながら、爬虫類は見れなかったんだけど、イベント前に、捕まえてくれていたシマヘビをみんなで観察。

このあと、リリースしました。シマヘビ君たち、ありがとね。

そして倶知安から移動していきます。

休憩で止まった豊浦町の田んぼ。アマガエルでも鳴いていればいいけど…。鳴いているんだけど…風すごいし、たまにしか鳴かない。

ツイートの音声ファイル聞いても、ほとんど風の音しかしないんだけど、ゴォーって音の陰で、「グワッ」と一声、聞こえる、はずだ…。

心の耳で聞いてくれ。

まあ、そんなことで、カエルの本体を見れなかったけどこんなのはあったよ。

自転車の跡!!じゃなくてアライグマの足跡。

あとサナエタイプのトンボ。

写真撮っておけばなんとかなるだろ、と思って、撮っておいてあとで同定。寸胴な印象。

日本のトンボでパラパラ見てたらモイワサナエだった。ほんと、デジカメのお陰で、いろんなものの名前が調べられるようになった。(調べ物の時間が増えたとも言う)

そして登別に入って一泊でした。

6.4
登別の「ふぉれすと鉱山」でKoNG養成講座の1コマを担当してきました。

この施設の周辺には、両生類や爬虫類は豊富なので、講座は野外観察も行います。しかし、土砂降りに近い雨。爬虫類絶望です…。

本当に、イベントのとき、晴れてくれません…。私の行いが悪いというより、天気の神様からのいじめ?そろそろ、天気の神様にでもお参りに行ったほうがいいかも。

さて、雨天でも強い味方の両生類の幼生。やっぱり安定して見つかってくれます。

年によっては水の流れなどでポイントが変わってしまいますが、今年もエゾサンショウウオの幼生と、

エゾアカガエルの幼生が見れました。(背景が赤いのは入れ物のせい)もっと暑くなるとニホンアマガエルの幼生も見れますね。

外来種のいない地域でのフィールドは、変なドキドキ感はないですが、いるべきところに、見られる種類がいますね。それはとても恵まれている状態なのだと思います。

6.6
自宅の庭で、小型のカメノコテントウを拾う。

いつも思うが、ちょっとトドックのクマに似ている。ほら、もう次見たら、クマの顔にしか見えなかろう。

このテントウムシは背面の外見じゃほとんど見分けられない2種がいる。コカメノコテントウ(足の腿節が黒い)とヒメカメノコテントウ(足の腿節は黒くない)だ。せいぜい3~4mmの昆虫なので、裏返して確認も毎回していないけど、たまには、ってことで写真撮りました。

うん、ヒメカメノコテントウみたいだね。(後ろ脚のモモを見よ)そう言えば、コカメノコテントウをちゃんと見たこと、ないなー。やっぱ山地かな?

……別の話だけど、いま調べてて、カメノコテントウだと思って見ていた種類の幾つかがナガカメノコテントウという種類だったみたい。ナガカメノコテントウなんて、存在も知らなかったよ…

Baikada’s main website
Wild Home

モーリー NO.46

北海道新聞社のモーリー 46号の「特集 北海道生き物調査」に「環境指標に重要な両生爬虫類の調査」という題で、ハープソンについて写真と文章を寄稿いたしました。

.

Baikada’s main website
Wild Home

両生類・爬虫類講座(KoNG養成講座)

I gave a lecture about Reptiles & Amphibians and do fielding at “Forest kouzan” in Noboribetsu city.

ふぉれすと鉱山主催のKoNG養成講座で
2013年から講義と、フィールドで両生類、爬虫類の観察をしています。

2017年6月4日 登別周辺の両生類爬虫類について
2016年7月3日 登別周辺の両生類爬虫類について
2015年8月2日 登別周辺の両生類爬虫類について
2014年7月6日 登別周辺の両生類爬虫類について
2013年8月25日 講演報告

.
Baikada’s main website
Wild Home

冒険家族(倶知安・ニセコ)

I gave a lecture about Reptiles & Amphibians and do fielding at “Bouken kazoku” in Kuccyan town.

bouken

冒険家族主催のイベントで
2015年から講義と、フィールドで両生類、爬虫類の観察をしています。

2017年6月3日 「森の楽校」の生物調査(両生類爬虫類)として
2016年7月9日 「森の楽校」の生物調査(両生類爬虫類)として
2015年6月6日 「森の楽校」の1イベントとして 講演報告

.
Baikada’s main website
Wild Home

イモリとヤモリ

新樹社のもっと知りたいシリーズの「イモリとヤモリ」の監修をさせて頂きました。

作:赤木かん子さん・絵:ツク之助さんです。イメージでよく混同されがちのイモリとヤモリの違いを丁寧に紹介していく絵本です。

お求めはこちらから。
ツクツクぼうし for BOOTH
Amazon
楽天

※一部に今後に修正が必要な部分がありますが、いずれアナウンスできればと思います。

.

Baikada’s main website
Wild Home

おたまじゃくしを探しにいこう!

I gave a lecture about Amphibians at the natural park of Nopporo.

自然ウォッチングセンター、わんぱく遊び隊主催の「おたまじゃくしを探しにいこう!」というイベントでフィールドでエゾアカガエルのおたまじゃくし探しを2012年から行っています。

「わんぱく遊び隊!」は、楽しく遊びながら自然への理解を深める自然体験会です。一緒に遊びながら自然の不思議を発見してみませんか?今回はおたまじゃくしを探しながら春の森を歩きます。おたまじゃくしの他にも水たまりの生き物を観察します。講師に、ばいかだ(徳田)さんも来てくれます!

2017年は5月13日に行いました。
2016年は5月14日に行いました。フィールド報告はこちらです。
2015年は5月16日に行いました。
2014年は6月7日に行いました。
2013年は5月18日、フィールドと講演報告はこちらです。
2012年は5月19日、フィールドと講演報告はこちらです。

.
Baikada’s main website
Wild Home

えこりん村でのイベント

I gave a lecture about Amphibians and Reptiles at Ecorinvillage in Eniwa city.

えこりん村主催のイベントで両爬の講師を行っております。

2017年4月30日 「ヘビ博士と生き物を探そう!(カエル探し)」
2016年8月3・4日 「ヘビ博士と生き物を探そう!(両爬探し)」

.
Baikada’s main website
Wild Home

釧路周辺のハペトロジー~両生類や爬虫類に興味はありますか?~

I talked about Reptiles in Kushiro and “Herpthon” in Kushiro city museum.

kushiroshihaku

2017年4月23日に釧路市立博物館で、北海道爬虫両棲類研究会が主催した「釧路周辺のハペトロジー~両生類や爬虫類に興味はありますか?~」という講演会で、

・釧路周辺の爬虫類
ハープソンHokkaido 2017についての説明会
のお話しをしてきました。

また、NPO法人環境把握推進ネットワークPEGの照井さん(研究会副会長)による
・釧路周辺の両生類

釧路市立博物館の野本学芸員による
・釧路市立博物館の両生類・爬虫類展示のリニューアルについて

のお話しをして下さいました。たくさんの方がお聞きに来てくださって大変ありがたかったです!

会場に来てくれた方々、釧路市立博物館の職員の皆様、そして照井さんに御礼申し上げます。

※ハープソンHokkaido 2017事業は、北海道新聞野生生物基金の助成を受けて行っております。

.
Baikada’s main website
Wild Home