告知(展示、講演関係)

※この告知は最新更新記事より上部に表示されています。ご注意ください。

※新型コロナウイルスによる感染症の流行対策のため、各イベントが事前に中止及び延期になることがあります。その際は、誠に申し訳ありませんが、ご理解をお願いいたします。

追記(2021/3/16)
健康管理が悪く現在、十分な余裕がありません。お受けした仕事や要件などは、メモしたりスケジュールに記入したりしておりますが、メモに残し忘れたお話などを忘れている場合があるかもしれません…。もし、そのようなことがあれば、突っついていただければと思います。ご迷惑おかけしております。

持病による体調の状態は「低調」かつ数日動けなくなる事がある状態です。お約束しているお仕事の日に動けるように、体調と予定の混み具合の様子を見ながらお仕事したいと思っています。またイレギュラー日程になりやすいことや、午前中のお仕事等の対応をなるべく見合わせております。ご迷惑をお掛けします。

感染症対策に関しては、十分な配慮と対策を行って参ります。

また、メールの返信などは大きな遅れがおこりうること、優先度の高いメールが優先されること、内容が必要最低限の内容になりうることがありますので、ご了承ください。

基本的にSNS関係は投稿はしていますが、閲覧はほどほどなので、SNSへのメッセージよりメールの方が連絡が取りやすいと思います。

ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

2020年のかんガエルの活動報告

Youtubeの動画ページはこちらです。

*24:25​あたりまで、昨年(2019)の振り返りとアズマヒキガエルの基本情報になっています。2020年の経過や、罠について見ていきたい方はそれ以降の時間帯をご覧ください。

アズマヒキガエルは日本の固有種ですが、北海道にはもともとおらず、移入された国内外来種です。札幌市南区北の沢という地域で対策や検討をしています。

*アズマヒキガエルの成長が本州のものと同じ動きをするなら、防除等を行った効果は、3~4年後に性成熟をした個体の産卵回帰数でわかってくると思われますが、道内の成熟年数は十分な調査が行われていないため、もう少し時間がかかる可能性もある。そのあたりは今後の調査の検討事項としたい。

かんガエル2020年の活動記録

1.26 2019年の活動報告(円山動物園にて)
4.10 繁殖池への防除ネットの設置
4.10 アズマヒキガエル初確認(越冬中)
4.20 夜間にアズマヒキガエル64匹の移動を確認
4.26 大規模移動産卵の開始(471匹)
4.30 かんガエル4月まとめページ
5.6 大規模産卵収束
5.12 繁殖の終了
5.31 かんガエル5月まとめページ
6.30 かんガエル6月まとめページ
7.31 かんガエル7月まとめページ
8.31 かんガエル8月まとめページ
9.30 かんガエル9月まとめページ
10.30 かんガエル10月まとめページ
11.30 両爬学会に報告を寄稿

かんガエル・まとめページ

☆5 イイズナ(哺乳綱ネコ目)~ギャップ~

第5回目は、イイズナ(Mustela nivalis)というイタチのお話です。割と身近にいる北の動物のようなのですが、なかなか出会うことができません。

Baikada’s main website
Wild Home

北海道エコ・動物自然専門学校の授業(+北海道ハイテクノロジー専門学校)

I teach a class at Hokkaido Eco communication college and Hokkaido High-technology college.


北海道エコ・動物自然専門学校等で、非常勤講師として授業をしています。

授業は、両生類や爬虫類がベースにはなりますがそこからいろいろ発展して、学生さんが目指す仕事に役立つ講義をしていければと思います。

2021年度
・爬虫両生類学概論
(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学総論(選択)
(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学各論(選択)
(動物自然学科KE:1年後期)
・爬虫両生類学特論(選択)
(動物自然学科KE:2年前期)
・爬虫両生類学研究(選択)
(動物自然学科KE:2年後期)
・動物飼養管理学(エキゾチックアニマル)
(動物看護・ペット学科VN:2年前期)
・実験動物学
(動物看護・ペット学科VN:1年前期)
・野生動物学(+展示動物)
(動物看護・ペット学科VN:2年後期)
・形態機能学実習(解剖)
(動物看護・ペット学科VN:1年後期)

2020年度
・両生爬虫類学Ⅱ
(動物自然学科NA・KE:2年前期)
・爬虫両生類学概論
(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学総論(選択)
(動物自然学科KE:1年前期)
・爬虫両生類学各論(選択)
(動物自然学科KE:1年後期)
・動物飼養管理学(エキゾチックアニマル)
(動物看護・ペット学科VN:2年前期)
・動物飼養管理学(産業動物)
(動物看護・ペット学科VN:1年前期)
・野生動物学(+展示動物)
(動物看護・ペット学科VN:2年後期)
・形態機能学実習(解剖)
(動物看護・ペット学科VN:1年後期)

2019年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ
(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)
・動物飼養管理学
(動物看護・ペット学科VN:2年後期)
・動物形態機能学
(動物看護・ペット学科VN:1年後期、2年後期)

2018年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ
(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)
・環境分類学(生物分類技能検定4級についての座学)
(バイオテクノロジー学科BIO:1年前期)
・動物飼養管理学
(動物看護・ペット学科VT:2年後期に両爬分野として)

2017年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ
(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)
・動物形態学
(動物看護学科VT:1年後期)(カエルと鳥の解剖実習)

2016年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ
(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)

2015年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ
(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)

2014年度
・両生類爬虫類学Ⅰ・Ⅱ
(動物自然学科NA・KE:1年後期、2年前期)

2013年度
・総合学習(仮称:両爬学)
(動物自然学科NA:1年後期、2年前期)

2012年度
・総合学習(仮称:両爬学)
(動物自然学科NA:2年前期)


動物自然学科、動物看護・ペット学科…北海道エコ・動物自然専門学校
バイオテクノロジー学科…北海道ハイテクノロジー専門学校

Baikada’s main website
Wild Home

札幌どうぶつ専門学校(旧・エスワン動物専門学校)

札幌どうぶつ専門学校

札幌どうぶつ専門学校で、非常勤講師として授業をしています。

授業は、感染症や動物に関するものがベースにはなります。学生さんが目指す仕事に役立つ講義をしていければと思います。

2021年度
・動物感染症学
(動物看護学科:1年前期、1年後期)
・野生動物学
(動物看護学科:1年後期)

2020年度
・動物感染症学
(動物看護学科:1年前期、1年後期)
・野生動物学
(動物看護学科:1年後期)

2019年度
・動物感染症学
(動物看護学科:1年前期、1年後期)
・野生動物学
(動物看護学科:1年後期)

Baikada’s main website
Wild Home

☆4 ヤマセミ(鳥綱ブッポウソウ目)~人間嫌い~

第4回目は、ヤマセミ(Megaceryle lugubris)という鳥のお話です。比較的山の方で見られます。
最後まで聴くと、石焼き芋の美声を聴くことができます。

※分布地の説明で「九州より北」と言ってしまっていますが、九州にも生息するので、「九州以北」が正しいです。言い間違いですね、申し訳ありません。

Baikada’s main website
Wild Home

☆3 クロイチゴ(双子葉植物綱バラ目)~甘さスッキリ~

第3回目は植物、クロイチゴ(Rubus mesogaeus)というキイチゴのお話です。キイチゴもいろいろな種類があるのですが、その中で自分が一番好きなのがクロイチゴなんですね。

Baikada’s main website
Wild Home

☆2 ブルーノイシアタマガエル(両生綱無尾目)~毒を打ち込むカエル~

第2回目はブルーノイシアタマガエル(Aparasphenodon brunoi)というカエルについてのお話です。毒を打ち込んでくる変わったカエルですね。途中で紹介している別のカエルは Greening’s frog (Corythomantis greeningi)です。

収録時に着てたダウンジャケットが擦れる音がたまにしますが、ご容赦下さい。

Baikada’s main website
Wild Home

☆1 サキシマハブ(爬虫綱有鱗目ヘビ亜目)~誰も信じなかった~

第1回目はサキシマハブ(Protobothrops elegans)というヘビについてお話します。半分は私がヘビが好きになったきっかけのお話ですね。
滑舌はよくないので、言い直しとかありますが、滑舌の強化のため、編集しないでやっていきたいです。

Baikada’s main website
Wild Home