氷点下始めました

初雪も降った。今夜は氷点下。ぼちぼち生きています。紅葉もほぼ終わりましたが、近所の公園で最後の楽しみ。

サルナシ。樹に雄と両性があるので、春から両性樹を探してたんだけど、意外と少ないんだよね~。

近所の公園散歩で、実がなってる樹を発見。数年前に食べた時の美味しさには、今年は敵わなかったなー。来年は庭で収穫できる予定なのだけど、うまく育つかな。

今年は夏頃から、少しだけ植物見ています。頭のなかに植物の系列がまったくインプットされていなかったから覚えるの、むずかしいね。

ヘビヌカホコリを以前見たというポイントに連れてってもらったら、まだヘビヌカホコリ(たぶん)のこってた。

相変わらずおもしろい形だね。幅7~8mmくらいだったかな。1週間前の情報だったのに、まだ残ってることに驚いた。

移動中の変形菌っぽいのも。カビかも…。わからん!

このへんで青く輝くという伝説のダンゴムシを見たとの目撃情報もあったけど、この日見たダンゴムシは普通のやつばっかだった。

よかった…。病気のダンゴムシはいないんだ…。(ダンゴムシはイリドウイルスの一種の感染末期で青くなるんだそうだ)

代わりにオオヒラタシデムシが緑っぽい色してた。

うまく撮れなかったけど結構緑っぽく見えてた。

いままで黒い昆虫だと思ってたけど、光の具合で緑に見えるときもあるのかな。個体差かなー。

Baikada’s main website
Wild Home

グンバイ

ご近所ネタです。時期によっていろんな虫が群れて発生しますが、うちの近くの公園ではグンバイムシが大量発生しています。

IMG_3959

これが服についちゃうので、家の中で捕まえられます。グンバイムシ、結構憧れな昆虫でした。

昔、世界の珍しい虫を集めた図鑑みてて、バイオリンムシというのに憧れました。バイオリンムシはオサムシの仲間ですね。この虫見たいなあ、と思いながら日本の図鑑を見ていたら目に入ったのがグンバイムシ。この虫も面白いなあ、と思ったものでした。

それ以来、確認することはなかったのですが、最近初めてちゃんと確認できました。(見てたんだろうけど、目に入ってなかった)

図鑑を見てた頃はちゃんと文字を読んでいなかったので、こんなに小さな昆虫(数ミリ)だとは思ってなかったんですね。

ハエとかそんなものかと思っていたけど、よく動き見てたらカメムシだわ。調べてみたらビンゴでカメムシ目の昆虫でした。で、札幌の昆虫って本でグンバイムシ見たけど、これに載ってる1種とはどうも違うようなので、ネットで少し調べたら、外来種プラタナスグンバイっぽかった。

プラタナス…?

最近植物も少しだけ勉強して、プラタナスはスズカケノキだと学習してた。ああ、うちの近くの公園にスズカケノキ植わってるわ…。ということで、見に行ってみたらこれもビンゴ。

IMG_1061

いっぱいいました。いろいろ結びつきがわかるとすっきりしますね。でもこういうのはわかんないなー。

IMG_3290

自宅内の窓の桟にいました。これも極小(数ミリ)。道内のカタツムリの小型種の代表種でカラがザラザラしたパツラマイマイとかではなさそうなので、稚貝かな…。

巻きの形が綺麗だからヒメマイマイとか?と考えたけど、家で買う野菜で道外産のものもいくらかあるので、この辺が由来だったら、わかんないね。

Baikada’s main website
Wild Home

改訂版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑

おかげさまで、2015年7月29日に「改訂版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑」を出版しました。

改訂版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑

著・写真:徳田龍弘 監修:竹中践 装丁:岡田善敬
(96ページ、B6サイズ、北海道新聞社)

改定前から、数種の分類の変更や新産地追加、北海道生物多様性条例に伴う記述など、より良くなるような内容の改定を行いました。

道内書店などでもご購入可能です。インターネットでは、以下をはじめ、他社においても取り扱いがあります。
北海道新聞社楽天ブックスAmazon

(2000)

Baikada’s main website
Wild Home

ブラブラ

少し落ち着いてきたので、晴れ間を縫ってお出かけ。ハープソンの後半も終わってしまったけど、(ハープソン調査票の書き方はこちらね)トカゲを探しに札幌市内の山方面へ。

今年はトカゲネタで調べようとして何度かでかけているんですが気温が上がらなかったり、天気悪い続きであんまりヒガシニホントカゲの活性もよくない感じ。久しぶりに動いているヒガシニホントカゲが見れたので車に積んであったワカサギ竿で釣ってみました。

が。

予想通り、竿先がやわらかすぎたのが災いして、釣り上げた時の「上下ブランブラ~ン」が大きすぎて掴めず、逃げられてしまう…。活性も低いので、3匹あたりがある状態で終了。今年、ある程度の結果のサンプルが取れる気がしないな!

こういう時は、ちょっと両爬を離れて。(といいつつ家に帰る方向に)

IMGP4497

今年も発生し始めましたね、ルリボシカミキリ。綺麗で好きなカミキリですね。

そのあと、近くの果樹園で買ったサクランボを食べる。サクランボはあまり好きではなかったのですが、今年から美味しいと思って食べれるようになりました。皮が硬くて、酸っぱめなのが苦手なイメージだったのですが、甘いサクランボ佐藤錦のおかげで突破口が開けて、今まで苦手だったナポレオンも食べれるように・・。今は水門と南陽おいしい。品種ですごい違うのね。これからの季節はプラムとプルーンが楽しみ。

満足して家の近くまで戻ると…。

IMGP4502

家のそばの公園で都会のエゾリスに会えました。

IMGP4515

コンデジでここまで近づけるのが都会育ちのリスですな。

初夏に庭に果物の株を植えた。自分管理はサルナシ。庭でサルナシ取るのが目標。サルナシもいろんな品種あるのね。でも、育て方は難しくないような感じなんだけど、うどんこ病っぽい株あり、葉っぱの色が薄くて生命力の薄い株ありで枯れないか心配。今年はなんとか生命力を根に蓄えてもらって来年期待かなー。

Baikada’s main website
Wild Home

ハープソン2015(0502無意根山&江別、0504庫富)

今回のハープソンの前半はあまり動けていないので、ちょっと遠くのハープソン未調査エリアに1ポイント落としてきましたよ。

その話は後半に書いておくとして、まずは元地元。定山渓の奥にある無意根山エリア。
5月2日。

52eaka

川横を車で走っていたら、エゾアカガエルがいくつか道路を横断してた。札幌市内の他の地域は産卵はほぼ終わっているように思えたけど、さすが標高が高いところは産卵行動が遅いね。

なんとなくだけど、今年は札幌周辺で観察しているところでは両生類の産卵数がムラがあるように思いました。カエルはいつも通りの量でサンショウウオが少ないとこや、サンショウウオはいつも通りの量でカエルが少ないとこ。全体的に両生類には厳しい気候があったのかもしれないね。今も雨少ないしね。

52ezo

ここはエゾサンショウウオはいつもくらい見ることができた。でも、去年と一昨年、産卵池が上陸時期まで持たずに干上がっているので
今年も心配ね。雪どけが早いのと、夏までの間雨が多くないので、水の供給が止まるのが早いのかも。

52ama

場所を移して江別。道路にニホンアマガエル出てきていました。石狩川沿いではところどころの河畔林で鳴き声も出始めてます。

52hiki

ごめんよ、アズマヒキガエル。(国内外来種)ごくたまに大きな個体がいるけど、全体的には小ぶりな個体が多い感じ。江別のエリアでは小一時間で10を超える個体を見たけど、すぐとなりの札幌東北部や太美のエリアでは1匹も見ず。数日の差で現れるんだろうけどね。

53haetori

5月3日。
自宅ヒキコモリ。家の中にハエトリグモsp.が現れる。久しぶりにマクロレンズで写真を撮る。

5月4日は遠出。

過去のハープソンの結果報告を見ていて、日高、オホーツクの報告数がほとんどないので、比較的近い日高のエリアに向かうことにした。目指すは静内温泉。

54a-uma

日高は馬どころ。そこかしこに馬の牧場がある。のんびりのんびり進んでいったわけだけど、時期悪く、静内桜まつりの大渋滞でのんびり具合がキツくなってきたので途中で離脱。地図を見ながら良さそうなところを確認することにしました。結局エリアとしては庫富。住所でいうと、日高町広富ですな。

適当に車で流すけど、牧場があるような平らかな感じなのでなかなか両生類の産卵環境も芳しくなかったけど、細かく見ていると

54b-katakuri

お、季節もの!

54c-katakuri

カタクリだね。いいね。

54d-akatama

ゆるいゆるい沢の流れにエゾアカガエルの卵塊。たぶん死んでいるけど…。そんな中でもちゃんと育ったやつもいるようで

54e-akatama

幼生(オタマジャクシ)もそれなりに見れました。結構開けた場所だったので、エゾサンショウウオはいないかと思ったけど、ちゃんとありました。

54f-sann

一部死卵みたいだけどね。他はちゃんと育ってましたよ。

54g-sann

ちょっと失礼して角度を変えれば孵化直前の幼生がいっぱい。

これらの記録写真撮ってたら、周りでニホンアマガエルが鳴き出したので、こちらも音声記録しておきました。

場所探しがほとんどで、場所が定まったら3種がほとんど一瞬で記録できてしまいました。

このあと平取町の国道付近を流したけど、記録取れずで終了。ほんとは静内、浦河まで行きたかったけど、桜には敵わないねえ。また機会設けて行ってきましょー。

Baikada’s main website
Wild Home

エゾアカガエルの秋鳴きと冬季の行動・体の変化の事例

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.3に、「エゾアカガエルの秋鳴きと冬季の行動・体の変化の事例」が掲載されました。

著者:徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

阿寒国立公園阿寒地域における両棲爬虫類の生息状況

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.3に、「阿寒国立公園阿寒地域における両棲爬虫類の生息状況」が掲載されました。

主著は照井滋晴さん、徳田は共著者として参加しています。

Baikada’s main website
Wild Home

北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.3

I edited the “Bulletin of amphibians and reptiles in Hokkaido Vol.3”.

2015-06-14-17-16-50-0900-210x300

北海道爬虫両棲類研究会発行の北海道爬虫両生類研究報告 Vol.3を編集しました。会の発行物ですので、一般書店では購入出来ません。ご注意ください。

内容やお求めに関してはこちらから。

Baikada’s main website
Wild Home

ハープソン2015(0429石山)

今年のハープソンでは、自分はスロースタートです。今年はあまり遠くに行けないので今日(4月29日)は、エゾサンショウウオの産卵地で家から最も近い場所の候補を確認してきました!道のり距離で約7.5km。札幌市南区の、ハープソンエリアで言えば石山エリア。いつもは気にせず、車で通過している場所で水が湧いてるとこを見つけた。

ike

表面が藻(?)で覆われているから、水温高くてダメかな?と思ったけど、

ike2

お、エゾサンショウウオの卵嚢だ!今年のハープソンの自分第一号はエゾサンショウウオでした。

よく見るとこの藻の表面をピチピチ動くものが。ドジョウ系かなと思ってすくってみると…

etto0

エゾサンショウウオの幼生ではないですか。しかもでかい…。越冬幼生だね。かろうじてエラが残っていて、上陸寸前な様子。金ラメが入ってて綺麗でした。

etto2

結構な数いてね、ひとすくいで3匹入ったりしました。小さい池だけど、生存競争激しそう。

etto3

しかしね、札幌でエゾサンショウウオの越冬幼生、何ヶ所かで見たけど今のところ一番標高低い場所だった。湧き水が冷たいのかな。

ちょうど、今年の卵嚢から幼生が発生して、越冬幼生は新幼生を食べ放題の時期。ぐんぐん成長するんだろうな。

etto1

今日一番大きかったやつ。約8.3cm。しかも肥えてるので大きく見えました。

道すがら、他の両爬を探したけど、今日はこれで打ち止めでした~。温かい一日だったので、他の人達は爬虫類を見た人もいるかもしれないねー。

あとで地図を見返してみたけど、家から道のり距離5.0kmと5.1kmのところにサンショウウオいそうな地形があるような気がする…。また後日覗いてみようかなー。

Baikada’s main website
Wild Home

北海道博物館:展示写真

2015年4月、北海道博物館がオープンしました。

HokkaidoHakubutu

こちらの施設の、自然展示のコーナーの外来動物展示動画にトノサマガエルの写真を提供しました。

Baikada’s main website
Wild Home