RGB-Red

picture

Oncorhynchus nerka
“Sockeye salmon” or “Kokanee”
紅鮭(ベニザケ) もしくは 姫鱒(ヒメマス)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

「RGB」というのをどこかで耳にした方がいると思う。
「三原色」というものがある。
普通に絵の具などであらわすのは赤、青、黄の三色です。
しかし、「光の三原色」というものがある。これは赤、緑、青。
英語でRed, Green, Blue。略してRGBだ。
昔のブラウン管テレビをとても近くで見ると、
映像は赤と青と緑小さな粒で構成されている。今は見るのは少し難しいかな…。
デジタルで写真をやっていると、RGBで悩む事がある。これはまた次回以降にでも。
I think that you hear “RGB” somewhere. There is the one “Three primary colors”. It is a red, blue, yellow three colors that usually show with paints etc. However, there is the one “Light’s three primary colors”. This is red, green, and blue. R & G & B.
The picture consists of red and blue and a green small grain when I watch old cathode-ray tube television close. Is it slightly difficult to look now…? There is worrying by RGB when I take digital photography. I write this worrying again even after the next time.

今回の対象は真っ赤に染まったベニザケ(Oncorhynchus nerka)のメス!
…といいたいところなのだが、
非常に大きくなって赤くなるヒメマスもいるので、
一概に外見では決定できないようだ。
成長の度合いを顕微鏡クラスで確認しないと識別は無理らしい。
This object is female of Sockeye salmon dyed red! …I want to conclude so, but it seems not to be able to decide it by the face because there is Kokanee  that grows very much and reddens, too. If the degree of growth is not confirmed with the microscope, identification seems to be impossible.

淡水魚の中には、同じ種類でも海に下りて遡上するタイプと、
淡水で一生を過ごすタイプがいる。
先のベニザケとヒメマスは同じ種類の魚だが、ベニザケはオス、メスともに
巨大化し、婚姻色の赤で染まる。
ヒメマスは一般的には小型で、メスはほとんど赤くならない。
In the freshwater fish, the same kind has the type that goes down to the sea and goes up, and the type to spend the life with the fresh water. Sockeye salmon and Kokanee are the same kinds, but Sockeye salmon is male, and a female becomes gigantic together and is dyed with the red of the nuptial coloration. Kokanee is generally small, and most of the females do not redden. The individual in this photograph is 46cm. It is larger than the male of Kokanee in surroundings. It is red though it is a female.

この写真の個体は、46cm。周りのヒメマスのオスより大きい。
メスなのに赤い。しかし外見で識別できない。
(とても見慣れた人には簡単なのかもしれないが…)
遺伝的には、ベニザケなのか、ヒメマスなのかわからないが、
私の中ではベニザケであってほしいと思う。
とても逢うことに憧れた魚だから。
Inherited, it is Sockeye salmon and I think hope in me though I do not understand whether it is Sockeye salmon or Kokanee. Because it is a fish that yearned for me to meet Sockeye salmon.

しかし、この美しい赤も、間もなくその命の赤い炎を潰えて消える。
そして次の世代は、海を目指すのだろうか。湖に残るのだろうか。
However, the red flame of the life disappears in this beautiful red soon. Does the next generation aim at the sea?, or remain in the lake?

.

Baikada’s main website
Wild Home

2 Responses to “RGB-Red”

  1. クワ より:

    素晴らしい画像です。
    フランスには大西洋サケしかいませんが、それも絶滅寸前という寂しい状況です。
    数年前に溯上や産卵のシーンを観察しに行きました。あれは見る価値がありますね。

  2. baikada より:

    クワさん
    ありがとうございます。
    遡上する魚にとって、河川改修というものはかなり大きな影響をもたらしますね。
    人間の生活、水害対策も大事でしょう。上手に折り合いのついた施策がされていくといいと思うのですが。。
    サケ類の遡上は見事ですね!力強さ、これは相当感動します。