Effort

picture

Alcedo atthis
Common kingfisher
翡翠(カワセミ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS Digital*

.

公園を歩いていたら、「キーッ」と声がして、カワセミが枝に止まりました。カワセミは、こういう見通しのきく場所の先端などが好きみたいです。ちょっと嬉しくなって、撮ってみました。しかも偶然、飛び立つ直前の瞬間が撮れました。普段、私は鳥を撮る事が少ないので、連写機能はあまり使ったこともなく、カメラ自体の能力も高速撮影に適したものではなかったので、1回シャッターを切っただけで、この写真が撮れたのは結構嬉しかったです。
I was walking in the park. The common kingfisher barked, and perched in the branch , at that time. The common kingfisher likes place where the prospect is effective. I became glad, and took the common kingfisher’s photograph. As for the photograph, the moment when it flew away by chance was taken. As for me, it is few to take the bird usually. I had not used the function of consecutive taking a picture, and it was not the thing which ability of camera in itself was suitable for to photograph a moment. However, I was glad because I pressed the shutter once, and this photograph came out.

でも良く見ると、この枝、自然なようでいて、不自然です…。カワセミの好みそうなところに、カワセミの好みそうな角度で、しかも写真を撮りやすい位置に、枝先を切って加工した枝が張り出している。しかも、全く葉っぱが無く視界を遮るものがない。
However, when this photograph is seen well, the branch is unnatural. The branch that cuts in the position in which the photograph is taken easily the branch ahead and processed it projects to the place where the common kingfisher seems to like it at the angle that the common kingfisher seems to like. The leaf is completely, and moreover, it is not, and there is no something that cuts off the view.

どなたかの「努力」の痕なのでしょう。私にはこの「努力」をどう感じていいのか、はっきりわかりません。「努力」のお陰で貴重な写真が残る場合もあります。「努力」のせいで、生き物が危険に晒されたりすることもあります。
It might be of someone’s “Effort”. It is not understood how I may evaluate this “Effort” to me. A valuable photograph might be taken thanks to “Effort”. The living thing might be jeopardized because of “Effort”.

ただ、動物の生活に大きな影響を与えるほどの、行き過ぎた「努力」は嫌いです。この「努力」により、カワセミはお気に入りの場所をひとつ手に入れ、私も、1枚きれいな写真が撮れました。正直、かなり微妙で複雑な気持ちです。
However, I hate “Effort” as it has a big influence on the life of the animal. By this “Effort”,the common kingfisher was able to obtain a favorite one place and I also take one beautiful photograph. I am slightly complex feelings…

Baikada’s main website
Wild Home

4 Responses to “Effort”

  1. OIKAWA より:

    自然写真の定義は何なのか?これは難しい話で昔は人工物が写っていないとか人が写っていないとか言われた事もあったようです。某写真家からお聞きしたのですが、人工物を写したり、人が入った写真(昆虫と)を発表しかなり風当たりが強かったらしいです。この止まり木もある意味人工物と考えられそうです。僕の芸風では、それも一つの自然と人間のかかわりを表現している物と僕は考えます。

  2. baikada より:

    OIKAWAさん
    貴重な意見のコメントありがとうございます。
    自分でもなにがどう定義づけられているのか、まだまだわからないんですよ。
    ただ、人工物なしでは写りえないような動物(例えばニホンヤモリ)もいますし、そういうのは、進んで自分も人工物と一緒に撮りたくなります。
    いい、悪いと言うのはいつの時代も議論されると思いますが、時代によって、どんどん考え方も変わっていくでしょうし、双方の考え方を柔軟に受け止められる姿勢でいたいと思っています。

  3. seri より:

    東京周辺は撮影のために作った止まり木や穴が多いッスよ。
    人によっては撮影後にその枝を撤去したり、まぁ努力されているというか・・・。
    大体は年配者の傾向が強いようですが。

  4. baikada より:

    seriさん
    都心近郊の公園では痕跡を見ることがありますね。枝ならともかく、金魚を入れた透明カップなども放置してあることもあります…。明らかなゴミになるものは持って帰って欲しいっす!