Wonder

picture

Aegista vulgivaga
English name is unknown.
大毛蝸牛(オオケマイマイ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

子供の頃、アジサイの葉の上で見るマイマイをカタツムリと呼んでいました。
時々、石垣にいるとんがった細長いのもカタツムリ、
黒いのも、縞々なのも、カタツムリでした。
私がヘビに夢中になるようになり、
マイマイだけを食べるイワサキセダカヘビを知りました。
また、沖縄本島でそのヘビを飼っている人に、餌のマイマイを採ってもらうよう頼まれ、
少しマイマイを学びました。
In childhood, I was calling a snail seen on the leaf of the hydrangea “Katatsumuri” In the stone wall be sharpened long and slender, and black body, and had line on shell… All any snails were called “Katatsumuri”. I came to be absorbed in a snake and knew Iwasaki’s slug snake which ate only a snail.

私がカタツムリと呼んでいたものは、マイマイ類、オカタニシ類、
キセルガイ類、オカモノアラガイなど。
そしてナメクジ類もカタツムリに近いとわかり、
更には、「貝」の仲間であることを知りました。
There were various kinds to the thing which I called “Katatsumuri” and knew that it was the companion of “the shellfish”.

イワサキセダカヘビは、オカタニシのように蓋のあるものは食べず、マイマイを食べます。
右巻きのは食べやすいけど、左巻きのは苦手です。
マイマイのなかでも、沖縄産のものでは、オキナワヤマタカマイマイを好むと。
オキナワヤマタカマイマイは、腰~肩くらいの高さの、樹木や草本上に多くいました。
マイマイもいろいろ住み分けるようです。
マイマイは移動能力が劣るので、島では島特産のマイマイが産出します。
山形県の飛島に行ったときも、島特産亜種のトビシママイマイを
見つけて喜んだりしていました。
Iwasaki’s slug snake doesn’t eat the one with the lid, and it eats snails without the lid. It is not good eating “Sinistrorse snail”, but he eats “Dextrorse snail” easily. Because it is inferior in locomotiveness, the snail of the special product produces snail in the island. When I went to Tobi-shima Island of Yamagata, I was pleased to Tobi-shima snail (Euhadra grata tobishimae) of island special product subspecies.

青梅へ引っ越し、ヤマコウラナメクジなど見つけて喜んでいると、憧れのマイマイ、
ケマイマイ類の情報が入りました。
なんと、自宅から歩いて3分です。
石垣の土の露出した部分を丹念に探すと、いました!オオケマイマイが!
殻に閉じこもって出てこないのですが、その姿は、甲羅も平たく、
その縁には硬くない毛が密生しています。
なんと不思議なマイマイなんだろう…。はやく、中身が出てこないかな…。
と待つこと30分。やっと出てきました!なぜかウンチと一緒に(^^;
中身は普通のマイマイでした。
こんな素敵な不思議なカタツムリが身近に住んでいることを誇りに思いました。
When I moved to Ome and was pleased to find “Mountain shell slug“, information of “Companion of snail where hair grows”(My longed-for snail) entered. A habitation place is a place of three minutes on foot how from the home. There was “Large snail where hair grows” (Aegista vulgivaga) when it searched deliberately for the part where the soil on Stone-wall was exposed. It shuts itself up on the shell and does not come out, but, as for the figure, the shell is flat, and the hair which is not firm grows thick in the edge. What mysterious snail you are! I wanted you for the body of snail to come out early. It was 30 minutes that waited expecting it. Then, it has finally gone out, however, it doesn’t exist as you can come out with excrement. The body was a common snail. I was proud that such a wonderful mysterious snail lived close.

これからも、マイマイ類はしばらく追ってみたいと思いますが、
種類を調べるのが大変です。
意外と、まだ知られない種が、たくさん身近にいるような気がしてならないです。
I want to chase snails for a while, but it is hard to examine a kind from now on. The kind that is not yet known strongly feels that I am close a lot unexpectedly.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Leave a Response

CAPTCHA