Many surprises

I had many surprises.
But because I was not fine for my health, I was too late to update this report.


アズマヒキガエル
Japanese eastern toad

相変わらず、ヒキガエルの幼生が群れ泳ぐ姿には圧倒される。
落ち着かないし、なんでそんなに密集するんだろう。

…アップの間隔、空いてしまいました。
沢山のネタはあったのですが、あんまり体調がすぐれなく、
後手後手になりました。

今回の記事は、たくさんの驚きを少しずつ語ります。


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

いつの間にか産んであったニホンアマガエルの卵。
しょっぱなは撮り逃した。

その第一弾が既に上陸を開始して、
田圃の畦はアマガエルで埋め尽くされてる…。
なんちゅう数だ…。


トウキョウダルマガエル
Tokyo pond frog

某所のトウキョウダルマガエル。
最初見に行った時より沢山出てきてる。

なんだか「涌く」という表現が当てはまるような。

春には小さい個体だったのに
皆でかくなったなぁ…。

どれだけの餌を食べたんだべか。
いろいろ心配。


ウマビル
Leech sp.

ウマビルもなぜか密集。
一斉にみんな動くと、ちょっと涼しくなれる気がする。ぞわっとね。

産卵するんだろうか?


トウキョウダルマガエル
Tokyo pond frog

あれだけのトウキョウダルマガエルがいて、
結構鳴きまくってて、
それでいて撮影できないのに驚き、


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

アマガエルの鳴いてるとこは撮れたと思って
家で写真チェックしたら、
その鳴嚢のやる気の無さに驚かされ、


トウキョウダルマガエル
Tokyo pond frog

何度通っても鳴いてるところが撮影できない
トウキョウダルマガエルとトノサマガエルの相性の悪さに嘆き、


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

相変わらず「眠い」写真ばっかり撮って、
カメラの設定をいじったりしたけど、
結局日替わり設定の自分の目の問題だったり、


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

目がなかったり…、


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

やっぱりカエルのお尻を追いかけたり、


オカモノアラガイと目の寄生虫(ロイコクロリディウム)
Leucochloridium

目ン玉飛び出すくらい驚いたり、


オカモノアラガイと目の寄生虫(ロイコクロリディウム)
Leucochloridium

気味悪かったり、
でも憧れの寄生虫だったから嬉々としながらムービー撮ったり、


ニホンアマガエルの卵
Japanese tree frog’s egg

ようやく見かけたアマガエルの卵は
既に虫に食われていたり、


ニホンアマガエルの卵を食べるカイミジンコ
Plankton

卵食ってる水中のダニみたいな生き物が、
実はちょっと見てみたかったカイミジンコの仲間だったり、


オオムラサキ
Butterfly sp.

オオムラサキに出くわしたり、
求愛してるんだと思ってたら、何気に両方オスだったり、


オオムラサキ
Butterfly sp.

日本の国蝶(オオムラサキ)がわらわらと寄ってきて驚いたり、


オオムラサキ
Butterfly sp.

実はウンコ食ってたり、


オオムラサキ
Butterfly sp.

睨まれたり、
その睨んでる目はカマキリと同じ偽瞳孔っぽかったり、


ジョウザンシジミ
Butterfly sp.

初めてゼフィルス見たり、


ジョウザンシジミ
Butterfly sp.

ゼフィルス(ミドリシジミ類)でありながら、
見事なまでに緑でなかったり

7/18追記:ジョウザンシジミはゼフィルスではなく、ゼフィルスなのはジョウザンミドリシジミでした。


トリカブトsp.
デルフィニウム属?
Aconite sp.
Delphinium sp?

トリカブトの花弁の色がおかしかったり、
(もしかしたら園芸品種なの?)


セセリチョウsp.
Butterfly sp.

お前さんは大丈夫なのかと考え込んだり、
(トリカブト毒は虫は平気?)

8/23追記:おかしなトリカブトだと思っていたら、デルフィニウムでは?とご指摘いただきました。どうもそれっぽいです。野良デルフィニウム…。


ニホントカゲ
Japanese five lined skink

完全にコドモ模様のニホントカゲばかりなのに、
そんな中に妊娠個体がいたり、
(写真の個体は不明だけど)


アシダカグモsp.
イオウイロハシリグモ
Spider sp.

北海道で初めてアシダカグモsp.を見て、
アシダカグモ苦手なのに喜んで写真撮ったり、
(7/23追記:形は似てますが、イオウイロハシリグモだったようです)


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

なんか青いアマガエル見つけたり、
これより青いアマガエル見つけたり、
(その写真はまた別の媒体で出す予定です)


ニホンマムシ
Japanese mamushi

何かが草陰にいたり、


ニホンマムシ
Japanese mamushi

このニホンマムシの写真だけで10GBほど撮影してたり、、、

まあそんな日々です。


Baikada’s main website
Baikada.com

6 Responses to “Many surprises”

  1. gecko より:

    いくら探しても見つからないロイコクロリディウム・・・
    羨ましいです。

    先日わたしもHKZへ行ってきました。
    崖の上の方にはたくさんのオオムラサキが飛んでいましたが、蝶屋さんが網を持って待ち構えているので、残念ながら降りてくることはありませんでした。
    あそこにあったウ○コは、おそらく蝶屋さんが仕掛けたオオムラサキ用トラップです。

    ちなみにマムシはいませんでした。

  2. baikada より:

    ロイコクロリディウムはとても良い偶然でした。
    あのウ○コはそれ用のトラップだったのですか!
    キツネあたりのものだとばかり思っていました。
    片付けないのはちょっとマナーよくないですね。

    マムシ、複数個体を確認したいと思っているので、
    これからもボチボチ探していきたいと思います。

  3. ジーク より:

    アシダカグモsp. とされているのはイオウイロハシリグモですね。成熟すると相当でかくなります^^

    ロイコクロリディウム羨ましいです…
    めっちゃ動いてますな~

  4. baikada より:

    ジークさん
    これがイオウイロハシリグモ。。
    こんなにでっかくなるんですねえ。
    一つ勉強できました。

    それにしてもロイコの反応、皆さんいいですねえ!
    やはりみなさん常人ではないですね(笑)

  5. E君 より:

    こんにちは
    青い花ですが、キンポウゲ科なのは間違いないと思いますが、100%トリカブト属ではないので、調べてみましたがいまいちはっきりしませんでした。
    おそらく花が開ききっていない状態だと思うのですが、私の見解としてはデルフィニウム属と見受けられます。
    おそらくは、どこからか脱走したヒエンソウではないかと。
    内地などでは暑さに耐えられず一年草扱いされていますが(ルピナス事ノボリフジと同様に)、北海道では多年草で扱えます。

  6. baikada より:

    E君
    ありがとうございます!
    やっぱり園芸品種からのようですね。
    ヒエンソウをググってみましたが、印象はそっくりです。
    民家も遠くないところでしたので野良の可能性は高そうですね。
    (文章の方は追記しておきました。)