It’s been a long time.

I was absent from the fielding.
I went out with the telephoto lens after a long time.
I enjoyed the fielding.


White-tailed eagle
オジロワシ

Field logを更新するのは久しぶりです。

家の周りは時々見てまわるのですが、
山深くにはあまり実りや餌が少ないせいか、
動物は多くなく、ネタとしてあげらるほど写真がなかった感じです。

体調もやっぱり冬は微妙で、
仕事行くために休日は体調整える日々が続いてる感じです。

久しぶりに、海側行ったらオジロワシ。
やっぱり迫力があって大きいですねえ。


Tree
樹木

さて、植物はとても苦手なのですが、
花咲く頃の草本はほんの少しだけわかります。
しかし樹木はさっぱり…。

だから本を買って調べたりもするのですが、
これは経験が伴わないと難しいようです。

幹は上のような感じで、

Tree
枝ぶり


Bud of winter
冬芽

おそらく、この3点+いい図鑑があれば識別できる。(葉っぱもあればなお良し)
でも、自宅ではあまり十分な本がない。
いい本ないかあさってたけど、用途によるからなかなかしっくり来ない。

とりあえず、数冊買って頭に叩き込む方が早そうね。

ということで、まだ種がわかんない(苦笑)


Ezo Red fox.
キタキツネ

餌のあるところにはちゃんとキツネもいるわけで。
なんだかキタキツネの写真撮るのも久しぶりだなー。


Crash
墜落

このキツネのはしゃぎっぷりは見ててなかなか面白かった。
上の写真アニメーション、明らかに墜落してるし。

こういう跳躍から鼻先を雪に突っ込んでネズミを採ることもあるんだけど、
頭から落ちてますね。。。

まあでも、

癒されますな。
(遊んでるのは何かの肉みたいだけど…)


Baikada’s main website
Baikada.com

9 Responses to “It’s been a long time.”

  1. なかじ より:

    北大出版会の「北海道主要樹木図譜」とアリス社の「北海道樹木図鑑」
    この2つが僕は最強だと思います。植物は種数が多いので、北海道限定が非常に有り難いっす。
    特に樹木図譜は大好きな図鑑だす。

  2. なかじ より:

    冬の樹木の覚え方で一番良いのが、冬の間に分からなかった木を春か夏にもう一度見に行く方法っす。そうすれば簡単に分かります(当たり前か・・・笑)。実はこれが一番遠回りなようで、一番早く覚える方法っす!
    あとは実を覚える。実は冬まで残っていることあるので、現場では実を見て判断することも多いです。
    今度現場で一緒に見よー

  3. kaneta より:

    baikadaさん、なかじさん、こんにちは。
    僕も樹木名なかなかわかりません。(植物や昆虫等もわかりませんが)
    何度も足を運び、葉や実といっしょに結びつけることで覚えると思います。
    僕はそれでも老人性の痴呆のせいか、なかなか名前が出てきません。
    写真のヤナギはバッコヤナギ(ヤマネコヤナギ)のように思います。

    遊んでいるキツネの写真、面白いです。
    動物は時々とても面白い行動をするものです。
    そんな時は思わず笑ってしまいますね。
    遊んでいるのは、鳥のように見えますが…

    なかじさん、コウモリすばらしいです。
    ファウラの写真(名前忘れました)、こんな生き物いたのかと感心しました。
    「写真界に風穴の勢い」がんばってください。
    では、また。

  4. クワ より:

    Kanetaさんに同じく、鳥のように思えますね、キツネのおもちゃ。
    雪景色とワシ、キツネ。
    北海道はいいですなぁ。。

  5. baikada より:

    なかじさん
    北海道樹木図鑑はいい本ですよね~。
    現場ではどうも!でした。
    木の見るポイントが少しつかめたので、
    メモって写真撮って持ち帰ればいくらか判別出来そうですね。
    ちょっと今年は木を見るいい機会になりそうなので、
    いろいろ観察してみたいです!!

  6. baikada より:

    kanetaさん
    何度も足を運ぶという作業は、
    へびと違っていつもそこに居る樹木の勉強には
    一番ですよね。きっと。
    私も、特徴など教えてもらって
    記憶の引き出しに収納することはでき他のですが、
    いざ樹木を目の前にすると引き出しのどこに仕舞ったのか
    わからなくなってしまうことしばしばです(笑)
    冬芽みて、なんとなくヤナギ系かな~と思っていたのですが、
    遠からずのようですね(^^)

    遊んでる肉塊には鳥の足生えてますね~。

  7. baikada より:

    By クワ, 2010/02/04 @ 12:19 AM

    クワさん
    おもちゃ、小鳥っぽいですよね。
    北海道はここしばらく強い寒波に見舞われています。
    動物たちにとっても厳しいでしょうね。
    でも、本州より圧倒的に動物が観察しやすいので
    いずれ遊びに来てみてくださいね。

  8. montriviere より:

    こういう寒い季節は野生動物たちは必死で生きているのかと思いきや、餌で遊んだりとなかなか健気ですね!
    しかし頭ぶつけたキツネ君、雪が柔らかいと思ってダイブしたら、実は凍っていたとか?笑

    しかし自分はすんでる周りでも本土狐はいるものの、姿なんてほぼ見ないので、こういう光景に出会えるのはすばらしいなと思います。
    北海道は何度か行ったことがあるものの生き物目的で行ったことがないのでこういうの見ると行きたくなりますなあ・・。

  9. baikada より:

    montriviereさん
    厳しい冬ながらも、それなりに楽しんだりしている様子も時々見られますね>野生動物
    ホンドギツネとはなかなか遭遇することができませんね。
    逆に、北海道ではタヌキと遭遇することが少なく思います。
    冬の北海道、特に沿岸は北極圏から動物来ていますからね!いずれどうぞ!!