Okinawa Snails

I went to Okinawa to meet my friend who was just married.
And I went to field in Okinawa long long absence.


シリケンイモリ
Sword-tail newt

友人の結婚披露宴に出席のため、
久しぶりに沖縄にやってきた。
北海道からだと沖縄はなか行けない場所なので
折角だからフィールドも兼ねて行きました。

西表島でウミヘビを操っていたことから衝撃的な出会いをした
現ガラスのトンボ玉作家の彩元堂さんや
現ウミヘビの研究を続けている化野さん、
そして玉泉洞でヘビを扱うMさんと沖縄本島南部を歩く。

久しぶりの沖縄、沖縄人は寒いと言っていたが、
半袖でも寒さを感じず、少し歩くとジトーっと汗をかく。
これが北海道在住と沖縄在住の差だろうか。

しかし、沖縄のヘビたちにとっても本日は寒いらしく姿を見ることができない。

なぜか、目につくシュリマイマイ?に目を奪われ、
マイマイばっかり見始めてしまった。


シュリマイマイ交接
Snail sp.

このシュリマイマイがたくさんいたんだけど踏んでしまうくらい大量に出ていて、
しかも踏み死にした仲間をウネウネ食べに集まってくる。
そんでその場面で相方と出くわすと交接を始める始末。。
人間感情からみると、かなりすごいことになっておりました。。。

あ、マイマイじゃないけど、
アオミオカタニシが美麗で美麗でたまらん。


アオミオカタニシ
Mud snail sp.

なんで素直にカタツムリじゃないのかというと、フタがあるんだ。

この日のフィールドが終わってから写真の整理をしたら
半分近く陸産貝類(マイマイとかオカタニシとか)だったのには
びっくらこいた。


オオカサマイマイ
Snail sp.

このオオカサマイマイ、平べったい。
最初ケマイマイかと思ったよ。


アマノヤマタカマイマイ?
Snail sp.

暗い写真でスイマセンね。
ライティングで遊びながら写真撮っていたんだけど、
ちゃんとした写真を残せていなかった(^^;

形的にはこのヤマタカマイマイが好みだな。
なんというか、貝の形が美しいもの。

で、やっぱり見なれなくてダメなのがコイツ。


アシヒダナメクジ
Slag sp.

ナメクジの名を冠しながらその乾燥した肌具合、
動いてんのか、生きてんのかすらもよくわからん。
まあ、ナメクジよりイソアワモチっていう海の仲間に近いらしいと聞かせてもらった。

うん、これはナメクジじゃないだろう。

もちろん、爬虫類も撮ってて、
クロイワトカゲモドキにはいつも萌える。
なんだあの生き物。
なんだってあんなに素敵な生き物なんだろう…。


クロイワトカゲモドキ
Kuroiwa ground gecko

天然記念物であるのだが、
身近でうろうろする緊張感の低さがほほえましい。
だからこその天然記念物なのでしょうけれど。
ほんでカッコいい生き物ですね。


クロイワトカゲモドキ
Kuroiwa ground gecko

瞳孔は本当はもっと太い状態なんだけど、
撮ってるうちにライトでどんどん細目になって行くんだよね。
赤ライトとか使わないといかんかなあ。
蛇だとここまですぐに細くならない奴が多いのだけど。


クロイワトカゲモドキ
Kuroiwa ground gecko

尾を振り上げて威嚇。
というより、尾を囮にして逃げようとする前段階だね。
緊張感があって、構図も取りやすいです。
(ただし、多くの場合同じような写真になる)

マイマイとか探して葉っぱの上ばっかり見てる私だったので
もちろんヘビなど見つけることも出来ないでいたが、
こんなやつは見つけられた。


ミナミヤモリ
Gecko sp.

木に付いていたのだけど、
扱ってるうちに下に落ちてしまった。

普段、地面に潜んでいるときはこんなあからさまに葉っぱの上にはいませんが、
これでもかなりな迷彩になっていますねぇ。

そうこうしているうちに彩元堂さんがヒメハブをめっけてくれた。

ヒメハブは木の根の陰に入ってて、さらに水中だったので、
スネークフックで出して写真撮ろうと思ったのだが見事に逃げられてしまった。

ヒメハブだからと油断していたが、本気を出せばやっぱり早いよね。。。

そのあと、ブラーミニメクラヘビの妊婦さん。


ブラーミニメクラヘビ
Brahminy blindsnake

このときのメクラヘビはいつものような石の下でなく、地面を徘徊していました。
彩元堂さんや化野さん曰く、夜はこうして出歩いているそうで、
夜行性だなあと認識しなおしました。

ブラーミニメクラヘビはメスの単為生殖なので、
この時期、メクラヘビをゲットするとだいたい妊娠個体だったりします。
この個体もでっぷりしていて、そろそろお産ですね~。

メクラヘビは徘徊してたので
そのまま撮ったり引っ張り出して撮ったり。

メクラヘビと言えど、臭いは結構すると聞いて触ってみたら、
あ、臭い。
これまた臭い。
ごめんくさ…

さらには化野さんがアマミタカチホの妊婦さん発見で、
自分は全く働かずして、ヘビを見せてもらうというVIPっぷりだった。


アマミタカチホヘビ
Amami odd-scaled snake

それにしてもアマミタカチホヘビはなんつー
美しいヘビなんだろうね…。

その闇にまぎれたさそうな、背中の紺色と、どういうわけか目立ちたさそうな
フレッシュな黄色い腹がツボにはまって、少しの間誘拐した。
(マクロレンズを車においてきちゃったので)

誘拐した後、いろいろマクロな写真も少し撮らせてもらって、元の位置にリリースしてきた。

災難だったと思うけど、いい子を産んでください。

お三方には夜中の3時過ぎまでお付き合いいただいて、
VIPで申し訳ありません…。
オキナワキノボリトカゲもお休み姿勢です。
(目を開けて起きちゃいました)


オキナワキノボリトカゲ
Ryukyu tree lizard

でも良く見ると寝てそうなんだよな~。
目が、目がね。。。
ライティングかえるとホラ。


オキナワキノボリトカゲ
Ryukyu tree lizard

目が、目がぁ~!!

Baikada’s main website
Wild Home

4 Responses to “Okinawa Snails”

  1. Sea-Moon より:

    クロイワいいっすねぇ。また会いたいなぁ。
    今回の沖縄でみた両爬は、加工済みのエラブとオオヒキだけでしたよ。
    最後の一枚、夢に出てきそうです・・・。

  2. montriviere より:

    マイマイって、島にいくとガラリと変わっておもしろいですね。伊豆諸島ですら、大抵が見慣れた生き物なのにマイマイだけはなんか違う・・・。それが琉球ともなればなおさらですよね。そういえば、本に「バッタを捕食するマイマイ」の写真がのっていたのですが(種名なし)、そんな恐ろしいマイマイっているんですか?調べたけどわかりませんでした。
    クロイワトカゲモドキかっこいいです・・。ヒョウモンに見慣れている目には、シャープかつクールな容姿にグッとくるのかもしれません。
    次回も楽しみにしてます。琉球遠征のモチベーションアップにさせていただきます(笑)

  3. baikada より:

    Sea-moonさん
    黒岩君、北のも南のも元気にしていましたよ。
    加工済みの(笑)
    まっすぐなエラブとくるくるエラブ、
    おさいふオオヒキでしたね。
    最後の一枚は夢に出ますよ。ほら今日もまた…。

  4. baikada より:

    montriviereさん
    マイマイは動きがのろいだけに島が分かれると取り残されて進化するのですね。
    島の数だけマイマイがいる…。まさにです。
    バッタを捕食できるかどうかは定かではありませんが、
    バッタが落ちてれば食べそうですよね。
    過去に水槽に入れていたリンゴガイがメダカの鱗を食いつくして殺してしまったことがありました。
    そんな感じなのかなあ。。
    次回の琉球編の前に、北海道がちょくちょく挟まるかもしれません(苦笑)