Off season

   

I was doing recuperation and miscellaneous affairs in
Hokkaido.
I sometimes went out on a good day of the condition.
The time when the bird just end passing and does not come out very much.
The mammals especially Yezo-sika-deer disappeared in particular having been in the hunting season.
It was the time hard to please for fieldwork.
But it was just the time of the going up of the salmon and could meet an unexpected thing and was glad at all.


ヒメマスとアメマス
Kokanee & White spotted charr

北海道で療養や雑事をしていた。
時々、調子のいい日には外に出た。

鳥はちょうど閑散としている時期。
哺乳類も、特にエゾシカは猟期に入ったので姿を消し、
フィールド的にはなかなか難しい時期だった。

でも、ちょうどサケマスの遡上の時期に当たって、
そして思いがけないものに出会えて、
素晴らしかった。


ニホンザリガニ
Zarigani

Baikada’s main website
Wild Home

道南
千葉在住栃木屋氏、北海道道東を徘徊

千葉在住の栃木屋氏が北海道にやってきた。大学の同期で、今は鳥の羽などのアクセサリ関係を中心に作成した …

Herpthon
今年の初蛇(帯広~夕張)

帯広市の百年記念館でハープソンの説明と「十勝の両生類と爬虫類」の講演をしてきました。 勉強会風の雰囲 …

道央
4月の Salamanders

今年ももう5月になりました。札幌周辺の平野ではエゾアカガエルとエゾサンショウウオの産卵もだいぶ終息し …