Mutation

Elaphe quadrivirgata
Japanese four-lined snake
縞蛇(シマヘビ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 5*

.

このヘビの正体は何だろう?
実は意外かも知れないけれど、日本ではとても身近なヘビ、シマヘビです。
このヘビには色々な変異があるんです。
What is this snake?
This snake is said, “Shima-hebi” in Japan by a very familiar snake.
This snake has various mutations.

4本の黒い縦のラインが鮮やかな普通の「シマヘビ」。
全身が黒い、もしくは黒い部分の多いいわゆる「カラスヘビ」。
そして、全く縞がなく、不鮮明な白い横帯のみられる「ムギワラ」。
The one with a vivid line of four black lengths is usually called “Shima-hebi”.
The one with a lot of parts where the whole body is black or black is called “Karasu-hebi”(Crow snake).
And, there are no stripes at all, and the one being seen for side belt indistinctness and white is called “Mugiwara” (Straw).

ムギワラって、誰が言い出したのかわからないけど、的を得ている表現だと思う。
鱗のおりなす微妙な模様が、ムギワラ帽子の編みこみを想像させる。
ムギワラは北海道のオホーツク地方ではよく見られます。
本州でも見るが、寒い地方で目にすることが多い気がします。
I think that the expression “Straw” obtains the target though who named it first is not understood.

.

Baikada’s main website
Baikada.com

2 Responses to “Mutation”

  1. くろたまナイト より:

    はじめまして。
    先日、初めてこちらのサイトを発見しました。
    とてもステキなサイトですね♪
    私は蛇を飼っていますが、とても可愛らしい生き物ですし、
    私は、蛇に害を加えられたことがないので、大好きな生き物の一つです。
    (飼っているのは、カリフォルニアキングスネークのアルビノですが)

  2. baikada より:

    くろたまナイトさん
    はじめまして。
    ありがとうございます!
    ヘビは多くの人に嫌われる存在ではありますが、
    人の好みもさまざまですよね。
    ヘビも個体差さまざまですが、
    好奇心を持って私たちと接してくれるヘビは
    特にかわいく感じる気もしますね。