Fungus travel

I climbed a longed-for mountain, the Mt.Apoi.
According to my expectation, it was a very interesting mountain.


キイロスズメバチ(たぶん)がハイイロマルハナバチ(たぶん)を襲う

動画はアポイ岳で、撮影。
ワンワンと羽の音がするので見たら、解体中でした…。

北海道の浦河町でヤモリの目撃に関する文献が手に入った。
今のところ、図鑑類でも北限が秋田県なので、興味深く感じた。

ちょうど、道東に行くことがあったので
ついでに(と言うには遠すぎるが)浦河町の様子をみて
憧れのアポイ岳をすこし歩こうと行ってきた。

浦河では自分で確認できれば一番良かったのだけど、
今回はヤモリは見ることができなかった。
聞き取りやふんなども探したが、所詮1日だけの強行軍。
ほとんど収穫はなかった。
1件だけ「市内に住んでいる知人が見たことがあると言っていた」
という情報はあったが…。

諦めてアポイに向かった。


エゾライチョウ
Hazel Grouse

この羽はアポイ岳5合目で拾った。
初めて見る+高山帯的生物相というイメージで最初はホシガラスかも思っていたが、
羽図鑑で調べたらエゾライチョウのものだった。


マイマイsp.
Snail sp.

2合目で発見。マイマイの仲間。
アポイ岳にはアポイマイマイという固有のマイマイが生息する。
たぶんこのマイマイは別種のものでエゾマイマイだと思う。
やっぱりわかんねーや、マイマイ。


ホウキタケsp.
Fungus sp.

アポイはキノコ満載だった。
おもしろキノコいっぱいあったので連発してみます。
これはホウキタケの仲間と思われます。
観察してる時はキホウキタケだと思っていたのですが、
ちょっと違うみたい。難しい…。


タマゴタケ
Amanita hemibapha

これはタマゴタケでいいだろうね。
こういう確実と思われるような識別できても
キノコは自分で採って食べる気にはならない。


ムラサキフウセンタケ?
Fungus sp.

見事な存在感のあるキノコ。
ムラサキフウセンタケかもしれない。
フィールドでそう思っていたし、
図鑑見てもそうかもしれないと思う。
しかし本当に難しい…。


アカヤマドリ?
Fungus sp.

アカヤマドリと思われるけど、ほんとどうなんだろうね。
名前もわからないけど存在感のあるキノコがいっぱいすぎる。
覚えきれないので、写真は有難い。
しかし、識別点をちゃんと撮ったり出来ていない。
そもそもの識別をどこでするのか覚えきれないから。


テングタケ
Amanita pantherina

ちゃんと識別ができても、
キノコには幼菌、老菌などあり、姿かたちもかなり変わるので
厄介ささらに追加点。
これはテングタケの若いやつ。


キノコsp.
Fungus sp.

綺麗なキノコなんだけど、科とかすらわからんこともある。
テカテカした黄色いキノコ。


ヒメコンイロイッポンシメジ?
Fungus sp.

見事な紺色だね。
目立たないんだけど、よく見ると驚くほど綺麗な色をしている。
キノコの場合、色ってなんの役に立つんだろう?


キノコsp.
Fungus sp.

なんというか、もう、コレ
なんてシンプルな良いキノコ?
よいキノコだけど、何が良いのか説明できない。


ハナオチバタケ
Fungus sp.

もう見てるだけで中毒しそうな綺麗なキノコ。
だから種類もわかったのかもしれない。

しかしわかっても覚えられん。種類が多すぎる。。。

キノコは楽しかった。
本当は粘菌見つけられるともっと楽しかったんだけどな~。

アポイではその他にエゾリスやクマゲラ(声)にも
出会えた。資料によるとナキウサギもいるし、本当に面白い。

ニホンマムシも多い様子で、
赤みの無いマムシも見られ、模様も乱れているものもある。
(アポイ岳ビジターセンターです2より)

ぜひまた出かけて撮りたいですねえ。

それから、
ヤモリのことについてまとめ。

ヤモリの調査と言うのは本当に難しいと思う。
家などにつくものなので、家の周りを歩いたり、懐中電灯当てたり、写真撮ったり。
あからさまな不審者なので、
調査時にその家に直接話しても理解が得られないことも多いと思うし
事前になにかでちゃんと連絡する手段があると調査しやすいと思う。

今回の敗因は原因候補は3つの可能性。

・霧雨と17℃の低気温
・アンケートだけに100%信用できる情報では無いこと
・記録も正しく、今後確認出来ないなら定着しなかった可能性がある

引き続き、浦河ヤモリの情報は収集しようと思う。

浦河にヤモリが入る可能性としては
馬産業関係の運搬物に紛れた可能性もあるしね。

浦河でも大通や上杵臼などばらばらに生息している情報だが、
各地見て歩いた感じでは、
ニホンヤモリだったら常盤町くらいの場所を
好まれるようにも感じた。

調査時間 2009.7.31 19:10~20:30
浦河町大通、浜町、杵臼、上杵臼、白泉

Baikada’s main website
Wild Home

Comments are closed.