Lighting fungus

I went to take a photo “Lighting fungus”.
I was interested to take “bulb” photo.


ツノホコリsp.
Slime mold sp.

前日の行程からこの日は午前ぐったり、午後ぐったりして、夜に北部探索。

昨日のメンバーに加え、
先日東京のフィールドでばったり出会ったSさん、Z君、
カエルのツボカビを研究している麻布大学のU先生など
いろいろな方とフィールドを一緒した。

前半は北部のクロイワトカゲモドキを眺めたり、


クロイワトカゲモドキ
Kuroiwa ground gecko

カエルを眺めたりして進む。


ナミエガエル
Namie’s frog

とくに好きでもないし、そういう趣向もないはずなのだが
ナミエガエルを見ると尻を撮りたくなる。
なんでかわからんが。
なんでじゃろう。


ナミエガエル
Namie’s frog

顔はこんな感じです。

山の上のほうで湿地があって、
ヘビがいねぇなぁと思っていたら、誰かが「ヒバァいるよ」って教えてくれた。
誰だったのかなー。ありがたい。
結局誰だったかわからんかった。
キジムナーだったのか?


ガラスヒバァ
Ryukyu keelback

ガラスヒバァのまあまあの大きさのが湿地にいて、
写真撮ってたりライトを当ててたらパニクってこっちに寄ってきた。
ごめんごめん、あんまり近寄ると逆に撮りにくいんだよ~。
と掴んだりして。

ヒバァにしてはおとなし目な子だったので
ほとんど咬まれることもなく臭いを巻き散らかされた。
久々のヒバァ臭…。やっぱり臭い。

ホルストガエルの亜成体を見かけて
「あ、ハナサキガエル」と口走り株を落としつつその後も歩く。

U先生たちは、その後もカエルのツボカビサンプル採集のため
別行動になったのでこちらもZ君を吸収しつつ、光るキノコ撮影隊に。

発光キノコは沖縄でも数種あるらしく、すっごい面白いね。
素敵の子。ステキノコ。


アミヒカリタケ
Fungus sp.

初めてがっつりとバルブ撮影してみたけど面白いね。
工夫のしようがありまくる。

上の写真はただシャッタースピードをのばしただけだけど、
懐中電灯をちょっと使うとこんな感じに変わる。
(ストロボでもいいと思う)


アミヒカリタケ
Fungus sp.

自分はこっちの方が好きだな。

撮り方は、周りの皆さんの撮り方を見て
「ほえ~、なるほど~」と感心しつつ試行錯誤してみた。
発光キノコが点々とあるので各々が配置についてライトを消して撮影してるから、
ヤンバルの森の中で真っ暗森のなか、ボソボソと男の声がコダマするという
一般人がやってきたら逃げ出しそうな状況を楽しんだ。


ヒナノシャクジョウ
Burmannia Championii

腐生植物のヒナノシャクジョウ。
これも彩元堂さんに教えてもらった。
自分がギンリョウソウとか好きだというのを知っていて教えてくれた。
まだ開ききっていないけど、白い怪しさのある面白い植物。

次のポイントに移動中にアカマタ発見。
アカマタも臭いをかいでみる。
オッェエッェ臭い。
ワシはマダラヘビ属の臭いが一番嫌いだ。


アカマタ
Ryukyu odd teeth snake

しかし、ただ単に「久しぶり」という感覚で臭いをかぐ。

20代のころは、軽くえづくくらいだったけど、
30代になった今、しっかり嗅いだアカマタの香りは胃内容を逆流させんばかりだった。

そんなわけで、親指と人差し指で「キタナイモノ」的につまんでいじってたら
腹に小石がついてるのが気になって…もしかして車にひかれた個体だったかな
と思ってみたらマダニが刺さってた。
オェェェ。

キララマダニの仲間らしい。
キララマダニは、背板がキラキラ光る(日本のはあんまり光らないんだそうだ)
からキララなんだと彩元堂師が教えてくれたので、
北海道の田舎の野良犬のマブタには、マダニがいっぱいくっついてるんだよ、など
マダニトークで盛り上がったり盛り下がったり。
ダニー最悪じゃ。

そのあと、沢を歩こうということになって沢を歩くとヒメハブが水没してた。

おお!生活防水IPX7等級相当のヒメハブ!!
ヤンバルサワハブ!!という心の叫びは
あまり表に出さず、こっそり撮影した。


ヒメハブ
Hime habu

薄いヒメハブは尻尾の色がスターダストできれいやね。
(いずれへび図鑑に載せたい)

沢歩きでひそかに親分(ハブ)を期待していたんだけど親分は現れず。

ガラスヒバァの子っこは排水溝にダイブして行方不明。
「ス巻きにして道頓堀に沈めたろか」とも思ったが、
そうするまでもなく、浮き上がってきてくれなかった。
やつはエスパーだ。。

その後もアカマタが現れたのものの早くもアカマタには「もういいや」感漂い、スルー。

結局2日で5種11匹。
そして自分で見つけたもの0というフィールドニートっぷりを最大限発揮した。
やばいよ、本当にヘビ探しニートだよ。。。
さすがに次の石垣では見つけられるとは思うんだけど。。。

そして気がつくと朝。
一晩中、沢を駆け抜けるアホども。

しかし、学生の頃のように体力あり溢れてないのと、
感情抑制リミッターが身についてしまったので、
トーンが低めで皆様、失礼しました。。。


ハナサキガエル
Okinawa tip-nosed frog

朝帰りしたその日には昼過ぎまでゴロゴロし、
そしてその当日には友人の結婚披露宴に出席してきました。
何度も言うけれどトーンが低くて、
本当に申し訳ない。。。

そして沖縄で一番食べたかった「ぐるくん」(タカサゴ)の唐揚げを食べ、
島ラッキョウのキムチを食べ、満足感を持って石垣に向かうのでした。

ぐるくんは漁獲2日目以降は身がグズグズになってしまうから、
内地には出回らないんだって。
沖縄来た時しか食べれないねえ。
伊豆に行った時にタカベでもそういう話があったなあ。

ということで
皆さんには本当にお世話になってしまいました。
一人だったらどうなっていたことやら。。。

なんだか宿泊してるホテルの周り、
なんか頭の黄色い縁取りのGがうようよいるんですけど…。
アマミタカチホにしてもワモンゴキブリにしても、
黄色なんて目立ちカラーとりいれちゃったんだろうね?

下の写真は昨日渓流にいた大物の人だけど、
ワモンGとか食べに来てくれないかなぁ…。
(生息域が違いすぎる…)


オオハシリグモ
Spider sp.
Baikada’s main website
Wild Home

6 Responses to “Lighting fungus”

  1. ジーク より:

    真っ暗な原生林の中で聞くぼそぼそとした男達の声はそれはもう…笑
    にしても光るキノコ非常に綺麗ですね。僕もちゃんとしたカメラ買ったら撮ってみたいです。でもその前に種類見分けられるようにならないと^^汗
    ワモンGは沖縄のトイレで遭遇しましたが足を登ってきて鳥肌が立ちました。あれは苦手です…

  2. ばいかだ より:

    ジークさん
    発光キノコ、彩元堂さん達がいなかったら見つけられないですよね。
    キノコは奥が深い。。。
    ゴキブリ達を飼育する方々でも、
    やっぱり家に侵入するタイプのゴキブリは苦手な方が多いようです。
    び、微妙に気持ちはわからないでもないですが、やっぱりG全体的に苦手です(^^;

  3. ばいかださん、アシヒダ駄目だったんですね~。
    あんなにかわいいのに。
    ナメナメ。 :(~~)~
    シャクジョウは美しい植物ですねぇ。
    深い山にしかありませんからね~、ひさしく見たことがありません。
    いつかはやんばるも歩いてみたいですね。

  4. ばいかだ より:

    ブリッキーヌさん
    陸産貝類にはまだ微妙な知性を感じるんですが、
    アシヒダは何も読み取れない…。
    こういうところが好きじゃないんだと思います。。
    シャクジョウは美しいですよね。
    西表にはミドリシャクジョウなるものがあるらしいではないですか。
    石垣でぜひ探してください(^^)
    やんばるもいつも行くところはあまり変わらない表情でいつも迎えてくれるのですが、
    大きな目で見ると周りの環境はぼちぼちと変わってきていて、いろいろな面で心配です。

  5. ミドリシャクジョウはわかりませんが、知り合いがルリシャクジョウは見つけたと言っていました。
    写真でしか見てませんがとても美しい植物でした。
    見たいですが、見たという場所が常人ではとても行けない場所なので諦めました。
    簡単に行けるような場所にはないですよねぇ。

  6. ばいかだ より:

    ブリッキーヌさん
    ミドリシャクジョウは画像が検索でも見つかりませんが、ルリシャクジョウはすぐ見つかりました。
    これまた綺麗ですね。
    養分を吸い取ることからくる妖艶さでしょうか。
    シャクジョウの仲間は腐生植物とのことなので、朽木や腐葉土から生えているものと思います。
    ブリッキーヌさんと歩いた、あの場所でもありそうな気がしますよ。