でんでんむし

ヒメオドリコソウ
Red Deadnettle

北海道は天気もぐずつき、気温も上がりきらない日々ですが、
爬虫類の皆さんは元気にしておられますか?

と、手紙を書きたくなるくらい爬虫類観察には好ましくない天気の日が多いです。

そろそろ、岩見沢のトウキョウダルマガエルも繁殖シーズンに入るので
去年撮れなかった「北海道のトウキョウダルマガエルの卵の写真」を撮りに出かけてみた。

だけど、天候の不順は農業にも影響しているようで、
例えば上富良野では低温になってしまうので作物の植え付けが遅れがちだそうだ。

岩見沢の田園地帯は、ざっと見た感じでは
田んぼに水が入っているのが全体の1/3くらい、
イネの苗を植えているのはその中でさらに1/3くらいだった。

遅れているのか、自分が足を運ぶのが早すぎたのか。どっちもありそうだな~。

トウキョウダルマガエルも、ニホンアマガエルも鳴き声は聞いたので、
1週間もすれば田んぼも水が増えて産卵が始まるかも知れない。

水の入っていない田んぼや、休耕田の周りは最初の写真のヒメオドリコソウがいっぱい。
アップで見ると実に面白い花で綺麗だと思うのだけど、
ジュクジュクした水場近くに一面に生えると、そんなにきれいでないような気も…。

シソの仲間で、背丈はせいぜい10cmの小さい植物です。
とても毛深いです。

ハエ目
Fly sp.

そして家の周り、定山渓でもそろそろジムグリあたりは
うろついてていいと思うんだけどまだ目にしていない。

外に出るとすぐ雨が降ってくるもんだから、ちょっとやるせない。

上の写真のハエ系のやつは、
「科」レベルで似た仲間がいるので、手持ちの図鑑ではハエ目が限界かな。。
「ヤチバエの仲間」とされているものに一番近そうだけど。

もうね、雨と風が出てくると、ほとんどの生き物が身を潜めちゃうのね。
だからこういう気象条件でも見れそうな生き物にシフトして観察。

オカモノアラガイ
Succinea sp.

この時期のミズバショウはオバケのようなでかい葉っぱになっているんだけど、
これによくオカモノアラガイがついている。

「でんでんむし」ではあるけど、いわゆる一般イメージの「かたつむり」とは別の仲間。

これに、とある寄生虫が付いていることがある。

大学で寄生虫を専攻してて、一度見てみたいと思っていた
ロイコクロリディウムという寄生虫を、去年このオカモノアラガイで見つけた。
去年のロイコクロリディウムの動画←大半の人がフロいと感じると思うので閲覧注意)
今年もコレを見たくて、かたっぱしからオカモノアラガイ見ています。
(今年はまだ見つけていない)

エゾサンショウウオ
Ezo Salamander

うちで今育てているエゾサンショウウオの幼生。
左が大頭型のもの。ちなみにこの2匹、同じ卵嚢から生まれた。

なんかもう、左の個体、アンコウみたいだよね。

サンショウウオの幼生も、結構動くし容器の隅っこに行ったりしてしまうので
撮影は魚類用の麻酔を使っている。(一応獣医師です…)

軽くかければすぐに不動化してくれて、撮影は十分出来るんだけど
並べて撮りたかったので少し深めにかけた。
ちょっと効きすぎて口があいてしまった。

水に溶かして使う麻酔薬を使っているのだけど、
覚ますときは新鮮な水に浸けておくと覚醒する。
だけど深くかかって心配だったので、新鮮な水+エアレーションした。
それでもしっかり起きるまで、2時間半もかかってしまった。

表面についた寄生虫の除去などはこの麻酔で十分かもしれないね。
でも、サンショウウオの開腹手術なんかする時は、こんな方法が!

参考:うーぱちゃん・後編(森羅万象・田園調布動物病院の田向先生のブログ)

麻酔をかけてまで撮った今回の写真も、
サンショウウオの役に立つような使い道で、使いたいと思います。
(主に人間の啓蒙用になると思うけど…)

.
Baikada’s main website
StreamLined Syndrome

Leave a Response

CAPTCHA