Many risks

We have many risks in this season.
Brown bear, snow_slides, etc.
I was surprised that I saw a tree falling down.
The tree did not fall down a few days ago.


た、倒れた
Tree fell down.

強風吹き荒れた後に、「熊街道」を訪れるとバッキリ木が折れていた。
先日のほぼ同じ場所の写真がこの記事(Flood)にある。

どんどん先に進めなくなるではないか…。

だいぶ雪が減ったので、雪崩の心配はだいぶ無くなったけど、
この季節はいろんな危険が残っている。


エゾアカガエル
Ezo brown frog

エゾアカガエルの産卵もようやく始まった。
結構待ち望んだし、やっぱりこの季節のプリプリの卵はいいねえ。


エゾホトケドジョウ
Loach sp.

前回のField logの更新から、10回くらいフィールドに出たかな。
そのうちの2回は、仕事で知り合った魚屋のMさんと行ったので、
カエルやサンショウウオと混獲された魚をいくつか教えてもらった。

何気に、ホトケドジョウの類は初めて見る気がするんだけど可愛らしいねえ。
絶滅危惧種のようです。

コンデジで適当に撮ると、魚や両生類はピント取れてないね。
操作が簡単すぎて機会任せにしちゃう癖があるんだな。

イバラトミヨもいらっしゃいましたが、営巣・産卵はもう少しだけ先…?
(記事アップした今日あたりはもういい頃なのかも知れない)


粘菌sp.
Slime mold sp.

ヤブこいで、腐った木を動かしたら、樹皮の中で粘菌が育ってた。
既に子実体から胞子出てるのもかなりあるみたいだけど、
まだ未放出のもありそうだから、持ってかえって育ててみようかと思った。

しばらく培養したけど育たなかったので、
乾燥して標本にした。

ちなみに粘菌の種類分からない。柄は全くないみたいなんだ。

手持ちの本で載ってるもので形が近いのはコガネホコリなんだけど、
どうなんだろうね。

ケホコリ系なのかな?


マイマイsp.
Snail sp.

平たい系統のマイマイも見つけた。
毛のないケマイマイみたいな形。

道央というか、北海道に来てから始めて見るタイプのマイマイだった。

残念ながら中身はいらっしゃらなかったけど。

そして別の日の話。

カエル鳴いてるところ写真撮りたくてね。

夜行けば確率は高いんだろうけど、熊いるかもしれないし
シャッターもワンチャンス(ストロボ焚いたらカエルが散る)しかないから、
朝っぱらから池の前で木になったつもりで不動化してみた。

10分くらいで散ったカエルたちが何匹か顔を出す。
20分くらいで、こちらの顔を伺いながら何匹かが時々

キャ…

って鳴く。

ついじれったくなる性格なので、声まね してみた。

裏声で
ふぇぇ ふぇ ふぇえ

周りに人がいないから出来ることなんだけど。

でも、何匹か反応して小さな合唱になって、
写真取れる機会があった。よかったよ。

鳴くといえば、こんなのも。

この動画、音小さすぎなんで大きな音で聞いてみてください(- -;


エゾサンショウウオ
Ezo salamander

なんとか、エゾサンショウウオの成体とも今季初、お目にかかることも出来て。


注意
Caution ! There was the foot print of Brown Bear.

で、うちの近所ではクマ出没ですな。
危険の多いこと。

エゾエンゴサク
Corydalis sp.

少し季節を先取り(1週間くらい?)してきたときには
もうエゾエンゴサクが咲いていた。

似てるなぁとは思っていたけど、キケマンやムラサキケマンと同じ仲間だったのね。
知らなかった。

ニリンソウも結構咲いてたよ。

エゾアカガエルとエゾサンショウウオのために今年はどれだけフィールドに出たことか。
そして如何にそれらの生態を理解していないかを痛感する。


Baikada’s main website
Baikada.com

Comments are closed.