シロマダラ:Oriental odd-tooth snake

Info
*2020-12-12 Described. (記述)
*ハイライト部分は著者の経験による主観なので、引用する場合は注意して下さい。

和名:シロマダラ(白斑)
英名:Oriental odd-tooth snake
学名:Lycodon orientalis

シロマダラ

From Fukushima. Photo:Baikada
福島県産. 撮影:ばいかだ

生息地
生息地
北海道(道南と道央で部分的に記録)・奥尻島・本州・四国・九州・佐渡島・隠岐・壱岐・五島列島・女島・種子島・屋久島・硫黄島(薩南地方)・伊豆大島。
Distribution
Distribution
Hokkaido (There was some records in the central & south Hokkaido) , Okushiri Island, Honshu, Shikoku, Kyushu, Sado Island, Oki Island, Iki Island, Goto Islands, Onna Island, Tanegashima Island, Yaku Island, Iwo Island (Satsunan area), Izu-Ohshima Island.
特徴
特徴
全長30~70cm。灰~茶褐色の地色に、頭部から尾端まで黒い斑紋が並ぶ。体の後半になるにつれ、斑紋は小さくなる。大きな斑紋は背中をまたぐ位置にある。頭部は黒い。目の瞳孔は楕円だが、夜は丸くなる。腹板には不規則で不明瞭な黒点が散在する。舌の色は暗褐色~赤。
Characteristics
Characteristics
They are 30-70 cm in length. The body color is gray to brown with black bands from head to tail end. The bands become smaller and smaller towards the back half of the body. Bands are located across the mid-dorsal region. The head is black. The pupils of the eyes are oval, but round at night. Ventral scales scattered with irregular, indistinct black spots. Tongue color is dark brown to red.

シロマダラ

Back. 背面
From Fukushima. Photo: Baikada
福島県産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Tongue color is dark red. 暗赤色の舌.
From Fukushima. Photo: Baikada
福島県産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Their heads tend to be flat. 頭は扁平な傾向にある
From Fukushima. Photo: Baikada
福島県産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

The pupils of the eye is round in the night.
夜間には目の瞳孔が丸く大きくなる
From Fukushima. Photo: Baikada
福島県産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Ventral side. 腹側
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

体鱗
体鱗
胴の大部分で17列。鱗はなめらかでキールは目立たないか、無い。
Scale rows
Scale rows
Body scales are 17 rows for most of the body. The scales are smooth and the keel is inconspicuous or absent.
行動・習性
行動・習性
夜行性で地上性。神経質でよく咬む。また捕まえると総排泄口から、かなり臭い分泌物を出す。
Behavior and habits
Behavior and habits
Nocturnal and terrestrial. They are nervous and bite frequently. Being caught, it produces a foul-smelling secretion from its cloaca.
環境
環境
平地から山地の森林。特に低山地の森林に比較的多い。沢の周囲での発見が多い。また人工の護岸の塩ビ管の中やコンクリートの割れ目などからも見つかる。
Environment
Environment
It lives in flat to mountainous forests and is relatively common, especially in low-mountain forests and around streams. They are also found in the PVC pipes of artificial revetments and in cracks in concrete.

シロマダラ塩ビ管

Juvenile resting in a PVC pipe. 塩ビ管の中で休む幼蛇。
From Fukushima. Photo: Baikada
福島県産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Adult resting in a PVC pipe. 塩ビ管の中で休む成蛇
From Fukushima. Photo: Baikada
福島県産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

It was in a gap in the concrete. The picture is not upside down.
コンクリート壁の隙間で見つかった個体。写真が逆さまというわけではない。
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

 

 

食性
食性
トカゲ類や小型のヘビを食べる。甲虫を食べたとの資料もあるが、私の私見だが、昆虫を食べる事例は何か偶発的なものか、餌動物になったトカゲなどの胃内未消化物が、シロマダラの便から出ているからではないかと考えている。
Feeding habitat
Feeding habitat
They eat lizards and small snakes.
幼蛇
幼蛇
後頭部の鱗が顕著に白いことが多い。これは成長とともに白さが失われる傾向にある。親よりも地色の白みが強い、まさにシロマダラと呼べる非常に美しい個体もいるが、普通に茶色地のものもいる。20cm~。
Juvenile
Juvenile
The scales on the back of the head are often noticeably white. This tends to lose its whiteness as it grows. Some individuals have a stronger white background than adults and are very beautiful. However, many have a brownish background color.

シロマダラ

Juvenile. 幼蛇
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

The white part of the neck is conspicuous. 頸部の白色部が目立つ。
From Fukushima. Photo: Baikada
福島県産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

It is very small. とても小さい
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Juvenile. 幼蛇
From Miyazaki. Photo: Baikada
宮崎県産, 撮影:ばいかだ

 


無い。しかしよく咬み付くので痛い。傷は深くならないが、血はわりと出る。
Venom
Venom
This snake does not have venom.
その他
その他
繁殖は6~8月に1~9個を産卵。45日ほどで孵化する。5~10月にかけて活動するが、盛夏には目撃が減る傾向にある。
Others
Others
Breeding occurs from June to August with one to nine eggs laid; they hatch in about 45 days. This species is active from May-October, but tends to be found less frequently in mid-summer. 

シロマダラ卵

Egg. 卵。北海道で初確認された産卵の卵。
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

貴重度
貴重度
生息地が広いわりに生息密度は低い。個体数は少ない。その上夜行性なのでなかなか見つからない。日本固有種。環境省レッドリストでは指定なしだが、多くの都道府県でレッドリスト掲載されている。都道府県版のレッドリストの指定状況はこちら。IUCN版(世界版)Red-List Ver3.1でLeast Concernに指定されている。
Preciousness
Preciousness
Its density is low and its population is small. It is a nocturnal species and is not easy to find. Endemic to Japan and designated as a Least Concern by the IUCN Red-List Ver3.1.
主観
主観
シロマダラという名前ではあるが、ほとんどの場合は茶色と黒のマダラヘビ。幼蛇で白みの強い個体や、成蛇で赤みがかった個体が見られるが、脱皮の前後でも体色のくすみなどが起こるので、個体変異とまで言えるものかはわからない。模様としては、八重山諸島に生息するサキシマバイカダに酷似している。サキシマバイカダはシロマダラ を引っ張って伸ばしたような細くて長いヘビです。シロマダラはヘビを探す人の中では『憧れのヘビ度』はかなり上位にランクされるようです。私の住む北海道では発見例が少なく、かなり珍しいヘビです。また、道東や道北での確認例がいまだに無いため、北海道での生息域は広くなさそう。こんなに身近で限りなく幻のヘビであるこのシロマダラが日本に生息しているのはとても素晴らしいことであり、いつまでも生き続けてほしいなと思います。

 

シロマダラ

Juvenile. 幼蛇。
どのヘビでもそうですが、緊張すると体を細かく波打たせた形で固まります。このような姿は顕著なストレスサインなので、注意しましょう
From Miyazaki. Photo: Baikada
宮崎県産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Adult. 北海道で初めて生きたまま捕獲された個体(2011年)
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Adult. 全体的に赤みが強めの個体
From Fukushima. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Juvenile. 幼蛇。小さいのはとてもか弱くてかわいい。
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Juvenile. 幼蛇は頸部の白色が強いだけでなく、白色部の範囲が大きい
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Juvenile. 虹彩は暗色なので、瞳孔の形がわかりにくいことが多い
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

 

シロマダラ

Adult. 希少性で大変魅力あふれる蛇だが、咬むし臭いし神経質なので、なかなか扱いは難しい蛇だと思います
From Hokkaido. Photo: Baikada
北海道産, 撮影:ばいかだ

注意
当ページは「へび図鑑」の1ページです。今後も新知見等出ましたら随時更新します。内容(画像を含む)の無断転記・転載は禁止です。使用する際には「ばいかだ」に一報し、サイト名(へび図鑑)、撮影者、引用URLを掲示してください。
撮影、説明の作成は、ばいかだ(徳田龍弘)が行いました。

Attention
This page is one of the pages of the “Snakes of Japan“. It will be updated as soon as new knowledge is found. The transcription and the reprint of the contents (including the image) without permission are prohibited. Please inform “Baikada” when you use it, and post the site name (Snakes of Japan), photographer, and quotation URL. Baikada (Tatsuhiro Tokuda) took the photograph and made the explanation.