おまけ付きうみぶどう

先日の沖縄、家族からの要請でお土産に海ぶどうを買ってきました。

海ぶどう
正式名:クビレヅタ Caulerpa lentillifera
緑藻に属する海藻。

半乾燥の保存のきくタイプもあったのですが、
道の駅に生の海ぶどうが、安めで売ってて、
しかも1週間くらい持つ。

デメリットは持ち運び。

・容器やわい
・冷やしてはいけない
・気圧を下げてはいけない
・濡らしてはいけない

これを守るには、
飛行機の持ち運びでは手荷物にしないとならない。
加えて、北海道は余裕の氷点下なので、
冷やさないようにするの難しい。

けど頑張って持って帰りました。

美味しかったです。

生の海ぶどうには、よく見ると釜揚げしらすのように
色んな物混じってるのね。

ヨコエビのような、甲殻類。


タコのような…。

塩水を作って入れてみると

イソギンチャク!

でもイソギンチャクって岩とかそういう固定面にくっついてて、
海ぶどうみたいな不安定な足場にくっついてるものなの?

と思って調べてみると、
オヨギイソギンチャクという、たまに泳いで移動できる
イソギンチャクが海ぶどうについてることもあるようだ。

オヨギイソギンチャクなら、はずれるよな…と
突っついてると、簡単に外れました。

そのうち弱って萎れてしまいました。
やや罪悪感があったけど
飼育も環境整わないし、食べた、と思っておこう。

水揚げ後は、粘液を出して乾燥から身を守っていたようですね。

.
Baikada’s main website
Baikada.com

両爬学会 2016 in 沖縄に行ってきました

今回の両爬学会は沖縄の琉球大学で開催され、
11月26、27日の2日間、行ってきました。
それから、29日まで滞在してフィールドを少ししてきました。

フィールドの記事は後日作成するのと、
北海道爬虫両棲類研究会の会誌コケコケカムイに寄稿する予定なので、
またあとで…。

学会では年に一回、知り合いの方々とお話したり、
発表を聞かせていただいたりで、基本、受け身の参加です。

今回は北海道爬虫両棲類研究会の
発行物の販売をさせていただけたので、販売ブースにいました。

今回の学会で特に嬉しかったことなどを幾つか列挙しておくと

  • 西表島の心の師に再会できたこと
  • ウミヘビつながりの友人と再会できたこと
  • 「わいるどほーむ」の読者(当時小学生とのこと)と話ができたこと

まだまだ他にもあったけど…。
ポスター発表や集会では

  • ニホンマムシの系統地理学的研究
  • ツシママムシの魚食性
  • 秋田のシロマダラの形態
  • ヒダサンショウウオの皮膚結節症

などは気になっていたので、写真に撮らせてもらっておいて、
あとで見ようと思う。

集会は分類を聞きにいってみた。
各分野の研究者さんたちも悩みながら、
齟齬のある部分も考えながら進んでいる様子が伝わってきました。
どの論文が信用性があるとか、そういう部分がわからない自分では、
考えをまとめる、筋道を立てる、そういうのは難しいよね、やっぱり。
と感じました。

寝不足進行+もともとボケた性質なので、
お話した時に何言ってるかわからなかったり、
発表や集会を聞きに行っておきながら、
居眠り傾向になって不快に思わせてしまった方々、
大変申し訳ありません…。

会誌等をお買い上げいただいた方々、
ブースを貸していただいた実行委員会の皆様、
発表、集会してくださった皆様、
大変ありがとうございました。

.
Baikada’s main website
Baikada.com

適度な広さの公園

真駒内公園は両爬のフィールドとしては、
真駒内川沿いにツチガエルや、ヒガシニホントカゲ、
散発的にシマヘビ、アオダイショウが見れるくらいの公園。

自分の感覚では、都市公園寄りのイメージだけど、
非常に広いので鳥や小型の哺乳類では
それなりに観察を楽しめる公園だと思います。

そんなに頻繁に、足繁く通っているわけではないけれど
この公園が近所にあるおかげで、家にこもりっきりにならずに済んでいる。

秋口になると木々の葉が落ちて、ヤドリギがよく見えるようになる。
殆どが赤い実をつけているけど、たまにオレンジの実がある。

rimg5966

レンジャクなどの鳥がヤドリギの実を食べて、種を他の木に落とす。
ヤドリギは土から生えるのではなく、木から生え、養分も横取りする寄生植物の一つです。

葉緑素もあって、自分でも栄養を作れるので、半寄生と言われるようです。

rimg5965

ナナカマドの木に寄生してたヤドリギだったんですが、
ナナカマドの実も、ヤドリギの実も、レンジャクはよく食べるので
媒介者(ベクター)はレンジャクかもしれないね。

ナナカマドの方が、ちょっとまずいのか、
先にヤドリギの実からなくなっていきますね。

g31a0440

散歩をしていると4回に1回くらいは、
鳴き声を聞いたり、遠くに姿を見れるので
若干常連感のあるヤマセミ。

基本的に人間嫌いらしく、
いつもかなり遠くで迷惑そうな顔をしています。

比較的よく見るエゾリス。

g31a0433

耳毛が伸びて冬毛感が増しましたね。

g31a0456

ちっこい、はやい。
エナガとヒガラはピント合わせた時には
画面内にはもういない。

これもいなくなりかけだった。
ちっと、おちつけー。

連日の真冬日の札幌ですが、
明日から連日、夏日近い気温になる沖縄本島に顔出してきます。
ちょっとだけ山に行けそうなので、何か見れると良いですな。

.
Baikada’s main website
Baikada.com

煮詰まったら散歩しよう

いろいろ煮詰まったので近所を散歩(11/6)。

うちから一番近い、越冬幼生の出るエゾサンショウウオの生息地で、
越冬中の様子を観察できれば、と見に行ってきた。

ツイッターでは

こんな感じで書いてたけど、実際はまず、
水面から10分位観察をしてた。

動くものは、湧水の湧き出しと、
たまに小型のゲンゴロウ類が泳ぐくらいで
エゾサンショウウオの幼生が泳いだり動き回ってる姿は見えなかったから
最終的にツイッターの内容になったんだけど
実は、腐植層(リター)をすくい取る前に、
水中をカメラで動画撮っといたんだ。

家に帰ってから動画見たら
水面からではわからなかったけど、1匹、いたね…。

ツイッタつぶやきの一部訂正。

「水面からの観察では確認できなかったけど
水中動画で腐植層の表面に、幼生がみられました。」

腐植層を少し深めに掬うと、幼生が捕獲できた。

rimg5926

頑張って冬を越すのだぞ。

で、別の日(11/7)。
これまた煮詰まって家の近くを散歩してきた。

大雪が残ってて着雪がはげしいけど、
落葉しきらずに葉っぱを付けている木も多く、
やや変わった雰囲気の景色になってた。

この日はなんか適当に鳥でも見れたらいいなと思って
歩いていたんだけど、出だしにいきなりヤマセミとニアミスして、おどろいた。
あまりに不意打ちだったので、目で追うだけで精一杯だった。

ナナカマドの実がなっているあたりまで行くと、
1シーズンぶりに聞くレンジャクの声。

g31a0374

群れは数十羽単位だった。
ヤドリギとナナカマドを行ったり来たり。
今年も早々に食い尽くすのかな?

g31a0380

結局レンジャクは、全部ヒレンジャクでした。
黄色いのも混じってるとちょっと楽しいけど
また今度の楽しみにとっとこう。

ゆっくり歩き回っていると、
少し素早い小鳥が目の前から離れた木に飛んでいった。

茶色で、若干オレンジがあって。

今シーズンにルリビタキを見たと身近な人が言っていたので、
若鳥とかメスとかそういうやつかなと思って、念のため写真。

g31a0409

遠いけど、引き伸ばせば多少はなんとかなる。

g31a0408

あれ、ルリビタキって、こんなんだったっけ?

前に鳥をよく見に行っていた時には、
こういうちょっと変な鳥を見たりすると、すぐに
「これもしかして珍鳥なんじゃないの病」を発症して、
周りの人たちには多大なご迷惑をおかけしていたんじゃないかと
思うのだけど、さすがにもう、だいぶ年をとって落ち着いてきたせいか、
「なんだかんだ言って普通種なんでしょ病」に置き換わってきた。

昔見たオジロビタキに雰囲気似てるなあ…、
…いやいや、そんなわけない、そんなこと言って
ノビタキとか、キビタキとか普通の夏鳥の変な模様の個体なんでしょ?
って、思いながら図鑑を久しぶりにパラパラ見てたら、
ムギマキっぽかった。

あら、身近では珍しい鳥でいいんでないの?

ちょっとあとになってから、ホクホクした気持ちになった。
でもムギマキだったら黒とオレンジのやつが見たかったなー。

家に帰る途中、残念な自動販売機。

rimg5929

茶化しちゃいけないんだけど、
災害対応型の自動販売機なのに…。

来年は冬も使えるところに置いてね!

.
Baikada’s main website
Baikada.com

釧路市博物館の両生類等展示物

I offer to my picture of salamanders etc. for Kushiro City Museum.

kushiroshihaku

2016年11月3日から釧路市立博物館の展示の一部がリニューアルされ、
写真を提供させていただきました。

提供種は
エゾサンショウウオ
アオダイショウ
シマヘビ
ヒガシニホントカゲ
です。

Baikada’s main website
Baikada.com

日本爬虫両棲類学会のサイト

I offer the pictures to the site of “Herpetological Society Of Japan“.

hsj

日本爬虫両棲類学会の新しいサイトのトップページに写真を提供しています。
ランダムで表示される写真のうち、現在のところ

エゾサンショウウオ
ハコネサンショウウオ
オオハナサキガエル
ニホンアマガエル
セマルハコガメ
ニホンカナヘビ
ミヤコカナヘビ
ヒガシニホントカゲ
ホオグロヤモリ
ヤマカガシ
ヒロオウミヘビ

の11点を提供しています。

.
Baikada’s main website
Baikada.com

意外とかっこよかった

プラタナスグンバイ続きですが…。

公園にうわってるプラタナス(スズカケノキ)は、
紅葉時期には葉っぱが葉脈の周囲から白く抜けて
なんだかちょっと汚い感じに枯れていく。

ずっとそういうものだと思ってたんだけど、
プラタナスグンバイの虫害でそうなってるみたい。

葉っぱをめくると、裏の葉脈に沿って
プラタナスグンバイがたくさんくっついている日もありました。

プラタナスは樹皮が隙間が多いので、
プラタナスグンバイにとっては食べ物にもなり越冬場所にもなる
良い環境になる。

g31a0005

大きさは非常に小さい部類。
親指と一緒に写真撮ってみました。

g31a0083

目で見ていると、ちょっと変わった形した、
白い地に黒い斑点があって、薄っぺらい昆虫にしか見えないのだけど、

g31a0298

結構すごい形してますね。

g31a0231

ガラス細工みたい。

日本では2001年頃に愛知で初報告だったみたい。
思ったより最近認知された外来生物だったのね。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

虫も冬ごもりへ

札幌の平地にも紅葉が下りてきています。

近所の公園のプラタナスの樹皮をめくると

img_0482

今年も大量のプラタナスグンバイ。
集まるために、家の近所で飛んでる姿をよく見ます。

大きい公園に行くと、雪虫(トドノネオオワタムシなど)もだいぶ飛んでいます。

確実に、虫も冬に備えてますね。

g31a9872

オオスズメバチの女王も単独になって冬越しに向けて
越冬穴を探してるようです。

オオスズメバチの女王は引くくらいにでかい・・・。

今年はブルーベリーを作っていたのですが、
ヒヨドリに取られないように、防鳥網をかけて安心していたら、
スズメバチが群がってしまって収穫不能に。

あんまり群れて来てしまうので、(ブルーベリーの木1本に20匹くらい)
近所にけが人が出たら大変なので、スズメバチトラップ(ペットボトルの)をかけて、
台風で実が落ちるまで、耐え忍びました。

けが人でなくてよかった・・・

トラップにかかったスズメバチは50くらいいたのですが、
大半はケブカスズメバチでした。
1匹だけ、チャイロスズメバチが混ざってて、
トラップ処理中に若干テンション上がってました。

rimg5857

左下がチャイロスズメバチね。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

晩秋へ進む

10月はじめ、日が陰ったり風が吹くとめっきり寒くなりました。
寒波が入る関係で、札幌市南区の一部は数日内にみぞれが交じる予報も一部出ています。

この時期は調子崩しがちなので、ボチボチ外に出ます。
外に出ると疲れちゃうので、良い循環か悪い循環か微妙だけどもね。

冷たい空気は気持ちいいです。

160929isiyamaezoaka

この辺はそろそろ見納めでしょうか。エゾアカガエルの幼体だけど少し大きくりました。
今年は山のクリの実りがよく、拾ってるときにたまたま出会った。
もう少ししたら越冬に適した場所に移動するんだろうな。

今年のクリは、甘みは薄いけど、クリって感じの風味があるので、
おしるこの隠れキャラみたいな使い方で良い感じ。

最近また、マイマイがちょっと面白くなってきたのだけど、
この間の謎の白いマイマイのことなどが知りたかったので、
10月1日に円山公園で行われた森井さんの
「カタツムリとナメクジ」のお話を聞いてきました。

やっぱり面白い^^

フィールドで見つけたサッポロマイマイのノーマルと

160929isiyamasapporo-2

白いのを一緒に持ってって伺ってみました。

160929isiyamasapporo

結論としては、サッポロマイマイで正解でした。
札幌では白いタイプは相当珍しいみたいです。
(道南では少し出るみたいです)

移動能力が低いので、各地で分化しているので、
カタツムリは同種であっても地方色豊かだね。

自分が初めてカタツムリに興味を持ったのは、
山形県の飛島というところに鳥を見に行った時に見かけた、
トビシママイマイという固有亜種がいて、
島ごとに違うカタツムリがいるんだって知ったときから。

他にもオオケマイマイとか広義のカタツムリだけど、
アオミオカタニシとか、オカモノアラガイの寄生虫ロイコクロリディウムとか、
面白くて興味を持ち続けられました。

せっかくなので、もう少しサッポロマイマイの写真を。

161002makomanaihoncyosapporomai-1

↑ ノーマル

161002makomanaihoncyomaimai-2

↑ 白

161002makomanaihoncyosapporomai-4

↑ ノーマル

161002makomanaihoncyomaimai-6

↑ 白くても身はサッポロマイマイに多い縦筋。

161002makomanaihoncyomaimai-1

これはちょっと左目が悪い個体でした。

161002makomanaihoncyomaimai2-2

カタツムリ図鑑によくある角度の写真。

河川敷には爬虫類も。

160929misumaikanahebi-3

ニホンカナヘビももうすぐ活動休止だね。

160929misumaikanahebi-4

寒くなると幼体くらいしか見れなくなるけど、
その幼体でもここのところの冷えはきついらしく、
あんまり走り回れてなかったな。

釣り竿があったので、竿入れてみると、

160929misumainijimasu-1

ニジマスが釣れた。久しぶりに20cm超えた魚釣れた^^
もちろん食べた。

塩焼きしたけど、醤油に1日つけてから食べたほうが良かったかな・・・?

160929misumainijimasu-2

白子でかくて、繁殖する気満々だな・・・と思った。
(ニジマスは移入種)

別の川では大型のサケ科の魚が遡上しとります。

ぱっと見でわかんないけど、

161002makomanaisake

長めの体してるからサケ(シロザケ)かなあ。@真駒内川

別の近所の川ではこれがいました。

161002syoujinsakura-2

サクラマス。(で、いいはずだ・・・)
久しぶりにPLフィルターの威力を感じたけど、
やっぱりかなり暗くなるから、ぶれるね。

この川の近くの河川のヤブには、タヒバリ系の鳥が見え隠れ。

161002makomanaibindui-1

あー、この辺の識別はわからんのじゃ~。
ビンズイなのかな。
セキレイのように、尾を縦にピコピコ振ってた。

公園では相変わらずエゾリスが忙しそうです。
今日は仔リスと若めのやつがウロウロしてました。

161002makomanairisu

161002makomanairisu2

昆虫では、大きな森でシロトホシテントウが、さらに白くなって死んでたり

161002syoujinshirohosi

マッチョで肉肉しい体型のシラミバエ系のやつとかいましたね。

161004koganeyushirami-1

シドーっぽいのね。
この肉肉しい腕で、わしっとしがみついてくるので、たいへん鬱陶しい。

クマゲラ探してたけど、クマゲラはおらず。
でもそのかわりに

161004koganeyuyamagera

ヤマゲラ。久しぶり!

161004koganeyuooaka-3

オオアカゲラも久しぶり!
同じ木の上と下にいました。ところでオオアカゲラって

161004koganeyuooaka-2

究極のツリ目だったのね。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

秋めいた一週間

9月も後半になり、最低気温も10度ちょっとになった札幌の自宅周辺。
動物の動きもだいぶ秋めいてきました。

カツラの木の枯れた葉っぱの匂いを嗅ぐと、
甘く焦げたカラメルのような、コーヒーのような匂いがしてきます。

さけ科学館情報によると
自宅近くの真駒内川にも、サケが遡上しはじめたようで、
家の近くの橋からもサケの遡上産卵が見られるようになったようだ。

魚群の遡上数は、網走や斜里で見た数からしたらだいぶ少ないけど、
やっぱメーター級の魚が泳いでるのを見ると、見ごたえがあります。

自宅近くではありませんが、小樽の勝納川でサケ(シロザケ)の遡上を目にしました。

g31a9238

PLフィルターがないので、少し見づらいですが、
10個体くらいが見ることができました。

g31a9251

まだ元気そうなオス。

g31a9264

だいぶ役目を終えた感のある個体。
しかし、必死に泳いでいます。

・・・が、この2分後には

g31a9266

ほぼ、お亡くなりの状態に。
お疲れ様でした・・・。

まさにスイッチが切れるように、力が抜けていくようでした。

こっちの動物も忙しく冬への備え。

g31a9377

近すぎると、なんの動物かわかりにくくなりますね。

これが少し引いた写真。

g31a9330

エゾリスの夏毛です。

公園のオニグルミやクリ、ミズナラの実を剥いたり食べたり埋めたり、忙しそうです。

g31a9304

公園のリスはだいぶ人に慣れてしまってもおりますが、
それでも忙しそうに走り回っていました。

g31a9274

雨の合間には樹木にサッポロマイマイがくっついています。

rimg5901

これらの越冬場所はどこでするんだろう。
どこかに潜るにしても殻は邪魔になりそう。

同じ木で変わったマイマイを見つけて、
ちょっと悩ましいです。

rimg5904

殻には線がなく、ヒメマイマイの線無しタイプにも似ますが、
殻の形は、周りにいるサッポロマイマイとほぼ同じ、ように思うのですが
見ているうちにゲシュタルト崩壊してきました。
まあでも、殻口の大きいエゾマイマイではないようです・・・。
軟体部の模様はよくサッポロマイマイで見るタイプです。

サッポロマイマイだとすれば、
こういうタイプ発生することあるんだなー。

ヒメマイマイだとすれば、
来年はマイマイの殻集めて、ゲシュタルト崩壊前に戻さねば。

しばらくいろんな生き物の識別に挑戦してみたけど、
やっぱこういうイレギュラーあると、難しい!

.

Baikada’s main website
Baikada.com