秋めいた一週間

9月も後半になり、最低気温も10度ちょっとになった札幌の自宅周辺。
動物の動きもだいぶ秋めいてきました。

カツラの木の枯れた葉っぱの匂いを嗅ぐと、
甘く焦げたカラメルのような、コーヒーのような匂いがしてきます。

さけ科学館情報によると
自宅近くの真駒内川にも、サケが遡上しはじめたようで、
家の近くの橋からもサケの遡上産卵が見られるようになったようだ。

魚群の遡上数は、網走や斜里で見た数からしたらだいぶ少ないけど、
やっぱメーター級の魚が泳いでるのを見ると、見ごたえがあります。

自宅近くではありませんが、小樽の勝納川でサケ(シロザケ)の遡上を目にしました。

g31a9238

PLフィルターがないので、少し見づらいですが、
10個体くらいが見ることができました。

g31a9251

まだ元気そうなオス。

g31a9264

だいぶ役目を終えた感のある個体。
しかし、必死に泳いでいます。

・・・が、この2分後には

g31a9266

ほぼ、お亡くなりの状態に。
お疲れ様でした・・・。

まさにスイッチが切れるように、力が抜けていくようでした。

こっちの動物も忙しく冬への備え。

g31a9377

近すぎると、なんの動物かわかりにくくなりますね。

これが少し引いた写真。

g31a9330

エゾリスの夏毛です。

公園のオニグルミやクリ、ミズナラの実を剥いたり食べたり埋めたり、忙しそうです。

g31a9304

公園のリスはだいぶ人に慣れてしまってもおりますが、
それでも忙しそうに走り回っていました。

g31a9274

雨の合間には樹木にサッポロマイマイがくっついています。

rimg5901

これらの越冬場所はどこでするんだろう。
どこかに潜るにしても殻は邪魔になりそう。

同じ木で変わったマイマイを見つけて、
ちょっと悩ましいです。

rimg5904

殻には線がなく、ヒメマイマイの線無しタイプにも似ますが、
殻の形は、周りにいるサッポロマイマイとほぼ同じ、ように思うのですが
見ているうちにゲシュタルト崩壊してきました。
まあでも、殻口の大きいエゾマイマイではないようです・・・。
軟体部の模様はよくサッポロマイマイで見るタイプです。

サッポロマイマイだとすれば、
こういうタイプ発生することあるんだなー。

ヒメマイマイだとすれば、
来年はマイマイの殻集めて、ゲシュタルト崩壊前に戻さねば。

しばらくいろんな生き物の識別に挑戦してみたけど、
やっぱこういうイレギュラーあると、難しい!

.

Baikada’s main website
Baikada.com

モーリー No.44

北海道新聞社のモーリー No.44の「北海道レッドリストの両生・爬虫類」と「特集・北海道レッドリストの現状と課題③魚類、両生・爬虫類」で写真を提供いたしました。

また「生きものたちとの情景19」にもお話で協力させていただきました。ハープソンを取り上げてくださってありがとうございます。

mally44

キタサンショウウオ・エゾサンショウウオ
エゾアカガエル・ニホンアマガエル
コモチカナヘビ・ニホンカナヘビ・ヒガシニホントカゲ
シロマダラの掲載となっております。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

植食性テントウムシ

今日は庭。
マイクロトマトの脇芽を取ってました。
(実が熟すエネルギーを取られるので)

このマイクロトマトの葉を食べてるやつがいました。

RIMG5671

RIMG5669

予想 エゾアザミテントウではないマダラテントウ系の種類

このへんの仲間で、野外で身近でよく見るのはエゾアザミテントウ。
背面の斑紋が明らかに融合しているので、
オオニジュウヤホシテントウではないマダラテントウ系の1種。

だけど、気になる点が2つ。

・明らかにナス科のマイクロトマトの葉を食べている
・頭が黒っぽくなく、ぼんやり斑紋

頭部の模様がはっきりしないが、
頭部の感じ的には、エゾアザミテントウはかなり黒くなる傾向を感じます。
ヤマトアザミテントウではオレンジ地に黒い斑紋が比較的くっきり。
ルイヨウマダラテントウは「それとわかって」見たことがないので、
写真を見ると個体差があるものの、黒ずんだ感じ。
形態からだと自分では厳しいかな。

エゾアザミテントウでは、ナス科植物を食べる記述は見つけられない。
ルイヨウマダラテントウはジャガイモ・ナスの葉を食べることもある。
ヤマトアザミテントウはナス科も食べることがあると書かれている本もあるけど、
東京西郊のこれ系(ルイヨウ・アザミ)の話が書いてあるので、
今は「東京西郊型エピラクナ」として特殊な個体群として整理されてるみたい。

分布が札幌では
エゾアザミテントウ ◯(渡島半島以外の北海道)
ルイヨウ △(北海道南部ってどこまで?)
ヤマトアザミ ×道内(渡島半島)
ただ、その辺の植物の苗にくっついて運ばれることもあるので、
いたとしても、驚かないかもなー。

個人的形態判定(あてにならない)
エゾアザミ△、ヤマトアザミ△、ルイヨウ△

分布判定(注意が必要)
エゾアザミ◯、ヤマトアザミ×、ルイヨウ△

食性判定(最重要)
エゾアザミ×、ヤマトアザミ×、ルイヨウ△

ということで、総合判定的には

甲虫目 カブトムシ亜目 ヒラタムシ上科 テントウムシ科 マダラテントウムシ亜科
ルイヨウマダラテントウ Epilachna yasutomii

かなぁ

いろいろイレギュラーな生態だったり
雑種だったら、なおわからんなー

結構好きで、よく見てるテントウムシの仲間でもこれじゃ、
自分は識別向きの人間じゃないよな~

.
Baikada’s main website
Baikada.com

迷走中

今日は川のまわりです

完全に自分の守備範囲を超えている生き物たちなので、
識別迷走中です。

その①

RIMG5659

RIMG5667

RIMG5662

予想 エゾハナカジカ

うちの近くでいるカジカ。
どうしても「カジカ」止まりでその先まではなかなか調べない。
前ヒレとか顔のトゲが識別点だったような…と
無事に撮れたのですが、やっぱり問題発生。

識別に使う「前鰓蓋骨最上棘」は調べると
この個体ではほっぺたの先端が白いのがそれとわかった。

前鰓蓋骨最上棘が ハナカジカは鈍く丸い エゾハナカジカ鋭利
とはいえ、この個体のがとんがってるのか、丸いのかよくわからない…。

しかも分布みると、エゾハナカジカは
「日本海側を除く」北海道、サハリン南部…
と書いてある。ん?札幌市南区は日本海側に当たるのかな…?
たぶん日本海側だよなー。でも札幌は海ないし…と
けっこうどうでもいいとこ悩んだりしてた。

結局、

胸鰭の鰭条数 ハナカジカ12~16、エゾハナカジカ14~16

で、この個体がたまたま12だったので

カサゴ目 カジカ科 カジカ属
ハナカジカ Cottus nozawae

ということだった。

識別点が曖昧なまま、記録とっても厳しい所あるよね。
ちょっと今度ちゃんと、エゾハナカジカ見てこよう…。

その②・今日のイチゴ

RIMG5649

RIMG5654

RIMG5645

予想 エゾイチゴではないイチゴ

やっぱり実のつき方って、同じ株でもいろいろあるんだね。
葉っぱの辺縁のギザギザ(鋸)が目立ってたので、
昨日、一昨日のイチゴと違うなーと思いました。

結果、わからず。

葉っぱだけ見るとオランダイチゴ属の
エゾクサイチゴやエゾヘビイチゴに似てるけど、
実はオランダイチゴ属の形じゃなくてキイチゴ属のタイプ。

で、数少ない手持ち資料では
キイチゴ属で小葉3で鋸歯のあるものが載ってなかった。

追記2016.8.18
北海道樹木図鑑だとナワシロイチゴが一番近そう

その③

RIMG5655

予想 クロオオアリ

大型の働きアリと小型の働きアリらしい。

これはクロオオアリとカラフトクロオオアリで迷って
前伸腹節後背縁という場所がどこなのかを調べたりしたんだけど、
結局腹部の毛の分布状態などから、クロオオアリでよさげでした。

ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科 オオアリ属
クロオオアリ Camponotus japonicus

 

始めてはみたものの、既にやる気ボコボコ状態の「かえれま◯」。
これライフワーク定着させるには、もっともっと試行錯誤しないとあかんね…

毎日コツコツやるためには
種数が多すぎると、勝手に毎日反省してばかり。

今日も2種拾う予定で3種調べる感じでした。
これでもきつい。
だめだ、テーマ絞ろう^^;

.
Baikada’s main website
Baikada.com

子を守るカメムシ

かえれま3に変更して動いてみました。
散歩がすぐ終わってしまう…。

その①

RIMG5633

子供を大量に抱いたカメムシがいた。
ハルニレの葉っぱに、いくつかこういう集団がいました。

予想 カメムシの仲間だけど、スコットカメムシではない何か

地味色のカメムシってイメージが残らないし、
気にもとめてこなかった。
よく見るとヘリのシマシマとか、
胸部の斑点がオシャレ…のような、気がしないでもない…

調べてみたら、種類はわかった。

カメムシ目 カメムシ亜目 ツノカメムシ科
ヒメツノカメムシ Elasmucha putoni

なんかすぐ忘れそう…

その②

RIMG5629

RIMG5627

RIMG5626

予想 クロスズメバチの仲間。

毛虫やら、バーベキュー場で肉塊をよく食べてるやつ。
クロスズメバチから先まで検索したことがあまりない。

顔の斑紋がポイントなのね。
正面から食らってる写真でわかった。

ハチ目 スズメバチ科 クロスズメバチ属
シダクロスズメバチ Vespula shidai

背面だとクロスズメバチ系とホオナガスズメバチ系は
見分けつかなさそう。。。

その③

RIMG5635

RIMG5637

秋になるとエゾリスがよく来ている木。
最近枝ぶりと葉っぱで、クルミ系というのはわかってたけど、
なにグルミかはよく見てなかった。

予想 オニグルミかサワグルミ

クルミで名前聞いたことあるのがこの2種だけだっただけ…。
結局、

クルミ目 クルミ科 クルミ属 マンシュウグルミの変種
オニグルミ Juglans mandshurica var. sachalinensis

ということだった。

サワグルミは実が全く違う形なんだね。

さて、かえれま3やってみて、の感想

3種でも調べてアップするには多い。
しかし散歩で未見種を3種見つけるのはあっという間。
(結局今日も実際は13種調べてる)

歩くのをメインにしたいところなので、なんか難しいねえ。

番外

昨日の不明イチゴ

RIMG5621

RIMG5622

RIMG5611

実の変異は多少あれど、実の全体的な形やトゲから、
エゾイチゴとは別の種類。

北海道の図鑑には出ていないんだけど、
ナワシロイチゴが一番近いように思う。
ナワシロイチゴで調べると、北海道に分布するようなことが
書いているものもあるね。

.
Baikada’s main website
Baikada.com

2016.8.14 お散歩・かえれま10

今年のハープソンのラストスパートは
結局いろいろあって自宅待機にしてしまいました。

いろいろ健康関係で引っかかることが出てきたので、
身近で継続的に動くために、
週5~7くらい、お散歩・かえれま10することにしました。

家から出たら今まで確認できなかった動植物10種を、
(パっと見でわかんなかったもの)
写真を撮ってきて家で調べる。

今日は真駒内公園付近でやってしました。

その①

herabahimejyoon- (2)

ヒメジョオンだかハルジオンだか、あんまり気にしてこなかったやつ。
でもちょっと違和感あったので葉っぱの写真も。

herabahimejyoon- (1)

予想はヒメジョオン。

調べてみると、ヒメジョオンにはよく似てたけど、これだった。

キク科 シオン連 ムカシヨモギ属
ヘラバヒメジョオンErigeron strigosus

ヒメジョオンは葉っぱがギザギザだったのね。

ちなみにハルジオンをハルジョオンと呼ぶのは間違いらしい。
そしてヒメジョオンの他に、ヒメシオンという植物があるので、
これも混同してしまいそう。

その②

kaojirohimehanabachi- (1)

kaojirohimehanabachi- (2)

予想 ハチ目のなにか。ミツバチが近い感じ?

これははっきりわからなかったけど、
一番近そうだなあと思って見ていたのが

ハチ目 ハチ亜目 ミツバチ上科 ヒメハナバチ科
カオジロヒメハナバチAndrena hondoica

たぶんね。あってるのかわからないけど…。
腹の模様、足の太さ、毛の生え方あたりは似てるように思います。

その③

kasumikame

予想 カスミカメの一種

これは厳しかった。
「札幌の昆虫」でしっくり来るものもおらず。

微妙な細長さ、微妙な大きさの小楯板、微妙な色。

結局調べてもわかったのは

カメムシ目 カメムシ亜目 カスミカメムシ科 の1種

まででした。

その④

kebuka-kiiro

予想 スズメバチの1種

毎回図鑑を見ては、ああ、○○スズメバチだった、
という感じで、いつまでたっても野外で識別できない。

この間、チャイロスズメバチが庭に出て、
あまりに久しぶりに見たので、なんだかわからなかったのを反省。

改めて調べて、胸部腹部の黄色い部分の分布状態から
ケブカスズメバチみたいだね。

ハチ目 スズメバチ科 スズメバチ亜科 スズメバチ属
ケブカスズメバチ Vespa simillima

その⑤

kinoko (1)

kinoko (2)

予想 キノコ それ以上はさっぱりわからない
芝生に生えてた 付近にはミズナラとハルニレの巨木

これもね、調べる前からうすうす感じてたけど、
見た目なんとなくテングタケ系なんだけど、
やっぱりわからない。

キノコは正直難しい。

菌界 担子菌門 の一種

その⑥

kitakurominoga-

予想 ミノガの一種

ミノムシはミノガの一種なんだけど、
トビケラみたいにミノの形や原料で種類がわかるもんなんだろうか?

調べてみると北海道の大型のミノを作るのは
そんなに多くないみたい。

傾向的にはミノで、分かる人には種類がわかるみたいだけど、
自分では厳しいなー。

キタクロミノガがジャストサイズで、作りも似てるけど、
それでいいものなのかは不明。

チョウ目 ヒロズコガ上科 ミノガ科 の1種

その⑦

noraninjin (2)

noraninjin (1)

予想 セリ科の1種

いつもこれ系の花はハナカミキリがいて気がつく。
ぼーっと見て、適当にセリ系とかシシウドっぽいとか
それで済ませちゃうけど、これはあきらかに小さくて華奢。

調べてみると、やっぱり葉っぱなども種によって違うようだ。

葉の密度まで考えると、違う部分もあるけれど、
基本的な葉や花の形からこれでいいみたいだ。

セリ目 セリ科 ニンジン属
ノラニンジン Daucus carota

その⑧

urajiroezoichigo (2)

urajiroezoichigo (1)

予想 明らかなイチゴ。
それ以上はわからないけど葉の裏が白いのあった気がする

イチゴの仲間たちも、実がなってないとなかなか目が行かないね。

調べてみたら、早めにわかった。
とりあえず、食べても大丈夫そうなので今度食べてみよう。

バラ目 バラ科 キイチゴ属
エゾイチゴ Rubus matsumuranus
(別名 ウラジロエゾイチゴ)

その⑨

koganeichigo- (2)

koganeichigo- (1)

予想 イチゴなんだけど…さっきのと違うな

その⑧イチゴの近くで、ツブが大きくて少ないイチゴを見つけた。
葉っぱとトゲの感じも違うので、写真撮っといた。

で、調べるとよくわかんない。
ってか、大粒の実と、よく見ると小粒多数の実が一個、
同じ株から出てて、
イチゴってこんな株内で実の形が変わるのか…?と混乱。

調べると、実の形の変異はある程度は発生する様子。
でもこんなに形や数が変わるもんなのかね?
イチゴと断定しないで、科内で別も再検討した方がよさげ。

エゾイチゴの線もまだあるね。

バラ目 バラ科 の一種

その⑩

Yezomaimai (1)

Yezomaimai (2)

あんまりしっかり見てこなかった、成長途中(だった)のマイマイ。

予想 エゾマイマイ

縞模様ははっきり。細かなスジも深め。貝の胴体が出るとこも大きい。
エゾマイマイだと思うけど、もっかい調べてみた。

結果、これでよいと思いました。

腹足綱 柄眼(マイマイ)目 マイマイ超科 オナジマイマイ科 Ezohelix
エゾマイマイ Ezohelix gainesi

さて、かえれま10やってみて、の感想

10種は多すぎた。毎日のモチベ的には3~5で精一杯かな。

毎日、カテゴリーを絞ったほうが良い。
虫・植物・キノコ・貝…とバラバラにやると、
図鑑やらなんやらと、調べるのが大変になる。

主目的の「歩く」より「調べる」時間のほうがかかる。

そのうち、身近な種類を調べ尽くしてしまうかも…。
(特に冬)

こんな感じでした。
楽しめたけど、体調の悪い日、天気の悪い日、どうなるんだろ。

.
Baikada’s main website
Baikada.com

ヒラタムシのお知らせ

ヒラタムシ系列のお知らせが来てました。
国際ワークショップが北大で開催されるようです。
その情報はこの文末に添付しておきますね。

これは過去に札幌で見つけたエゾベニヒラタムシ。

エゾベニヒラタムシ
Cucujus opacus

エゾベニヒラタムシ
Cucujus opacus

なんかよくわからないけど、惹きつけられる虫で、
この仲間は折を見て、他の種類も見ていきたい。

どんな仲間がいるかというと、メジャーどころでは

ベニヒラタムシ
ルリヒラタムシ

なかなか素敵な仲間です。

外国では

Cucujus cinnaberinus (足は黒い)
Cucujus clavipes (足も赤い)
Palaestes montage (やばい)

なかなか素敵でした。

ワークショップはヒラタムシ系列Cucujiformiaということなので、
もっと広い範囲の昆虫たちのことになるみたいです。
(ちなみに自分は興味はあるけど行けない)

テントウムシも好きな昆虫なのだけど、
テントウムシもCucujiformiaの一部なのね。
( コウチュウ目 カブトムシ亜目 Cucujiformia下目 ヒラタムシ上科 テントウムシ科)

ルリヒラタムシ見たい!

以下、ワークショップのお知らせ

コウチュウ目ヒラタムシ系列 -- 国際ワークショップ
Cucujiformia Workshop – Hokkaido University, Saturday August 27th
講師:Richard A. Leschen (Landcare Research, NZ ランドケア リサーチ、オークランド、ニュージーランド)
会場:北海道大学総合博物館 1階 知の交差点
日時:2016年8月27日(土)

Cucujiformia Workshop – Hokkaido University, Saturday August 27th

Goals: In this workshop we will cover adult morphology and systematics of the large and diverse series, Cucujiformia. A lecture on morphology and ordinal relations will be provided as background, and the superfamilies of cucujiforms will be treated in detail with select treatments of families. An afternoon of presentations by participants on their research is to follow the lectures and all Coleoptera welcome!

9:30-11:00 Beetle morphology and ordinal relationships; introduction to
Cucujiformia
11:00 – 11:30 Coffee break
11:30-1:00 Reviews of Lymexyloidea, Cleroidea, Cucujoidea, Coccineloidea,
Tenebrionoidea, Chrysomeloidea and Curculionoidea
1:00 – 2:00 Lunch break
2:00 – ? Symposium

 

.
Baikada’s main website
Baikada.com

鳶色

庭虫のシリーズ。
今日はツノゼミ。

RIMG5218

サルナシの余分な枝を剪定していたら
葉の葉柄にツノゼミがくっついてた。

RIMG5207

アップで見ると、ヨコバイやアワフキより
確実にセミっぽい顔してます。

RIMG5198

角は微妙だけど、虫の図鑑で調べると
おそらくこれはトビイロツノゼミ。

トビイロってほかにもトンボとかゴキブリとか
いろいろいるんだけど、トビイロゲンゴロウってやつが
少しぶっ飛んだカラー(個人の見解です)をしているので
トビイロ=ぶっ飛んだきれいな感じ
だと思っていたのですが、このツノゼミはただただ茶色。
改めて調べてみると
トビイロ=鳶色=トビみたいな茶色 だった…。

カラーサンプル:鳶色

勉強になった。かもしれない…。

.
Baikada’s main website
Baikada.com

Fix

今年の初夏の「道北行き」は嘆かわしい結果だった。

そんな中でも、小平町ではアオダイショウが塩ビ管に入ってるのが見えて
掘り出すことができた。

そう、この道具を使って。

cyuu-shin

スネークフック塩ビ管仕様Ver.2。
これは、伸びる孫の手をやすりでカットしただけのシロモノ。
結構、期待してた。

やっつけで作ったものの、
作り上げたときはそれなりに満足していたんだけど
小平で実際に使ってみると、
塩ビ管にみっちり詰まったアオダイショウが引っかからない!
バリバリと鱗を掻くばかりで、さっぱり手前に引き寄せられない。

結果的には捕まえれたけど、
これじゃ使えないと思い知らされました。

思えば先代は優秀な奴だった…。
sendai-arishihi

ありし日の先代。友人が作ってくれた特別製。

しかし

senndai-oreta

2014年、北海道釧路市阿寒で彼は逝ってしまった。
しばらくは、瞬間接着剤で補強して使っていたけど、
最大のメリットである伸縮性が失われてしまったのだった。

そのために作成されたVer.2だったのだが、
役にたたなかったため、Ver.2とVer.1を融合させることにした。

Ver.2のヘッド部分は特殊なハンダでくっつけられている。
(アルミとかははんだ付けがうまくいかないので、特殊になるようだ)

ここで最近購入したカセットガスのバーナー登場。

私は刺身がどうしても美味しく感じられないのだが、
家族は刺身が好きだ。
食卓に刺身が出る日も少なくはない。

私はあぶりなら美味しく食べられる。

ということで、買ったバーナー(カセットガスと合わせても2000円しません)だったが、
こんなところで役にたつとは。

バーナーでヘッドをあぶると比較的すぐはんだが溶けて取り外しに成功。
孫の手のヘッドもバーナーであぶると接着剤が焼けて、取り外しに成功した。
※バーナーは屋外で使ってください。火災の恐れがあります。
特に接着剤は焼くとそれなりのガスと煙が出るので、室内は危険。
またご近所に迷惑がかからないようにしましょう。

孫の手ボディに、Ver.1ヘッドを差し込み、
金属用の瞬間接着剤で固定して乾かしているところ。
zshim

そしてがっちり固着。

zshin

マイナーチェンジではあるが、Ver.2.5が完成した!

後日、支笏湖周辺で見つけた塩ビ管アオダイショウで試したところ
手ごたえは十分でとてもよかった。
(下手くそなのと疲れててやる気が出なかったので逃げられてしまったが!)

スネークフック、さいこー!

.
Baikada’s main website
Baikada.com

冒険家族(倶知安・ニセコ)

I gave a lecture about Reptiles & Amphibians and do fielding at “Bouken kazoku” in Kuccyan town.

bouken

冒険家族主催のイベントで
2015年から講義と、フィールドで両生類、爬虫類の観察をしています。

2015年6月6日 「森の楽校」の1イベントとして 講演報告
2016年7月9日 「森の楽校」の生物調査として

.
Baikada’s main website
Baikada.com