サラマンダーの名前の由来

昨日はカエルヤ珈琲店にて、カフェトークをしてきました。いつも快く会場として使わせていただいているカエルヤ珈琲店さんと、ご来場くださった皆さまには大変感謝しております。

内容は今回もちょっと冒険してみたのですが、「カエルやヘビの名前・その由来や意味」ということで進めて行きました。改めて話を組み立ててみると、なかなか難しいもので、へぇ~って内容は盛り込めるんだけど、きっとそれだけだと不十分…ということで、ちょっと暴走要素も含めて作ってみました。

なにより、話が終わった後にたくさん質問いただいて嬉しかったです。その中で「サラマンダーって火の精霊を指したものだと思うんですが、なんでサンショウウオなどにサラマンダーって名前がついているんですか?」と、深い質問があり…

これ、たまたま最近、本を読んで知っていたのですが、クイズにしておきましょうか。

①真っ赤になる種類が多いから
②群がる様子が火の動きに似ているから
③サラマンダー(サンショウウオ)の仲間は、とても潜むのが好きな生き物なので、薪の積んであるところや木の皮の隙間に潜んでいます。その薪を暖炉で燃やすと、火の中からサラマンダーが出てくるではありませんか!

答えは…

③と言われています

Baikada’s main website
Wild Home

プロジェクトK~挑戦者たち再び~ カエルやヘビの名前・その由来や意味

I gave a talk about the name of frogs & snakes.

札幌のカエルヤ珈琲店さんでカフェトーク、「プロジェクトK~挑戦者再び~ カエルやヘビの名前・その由来や意味」を2012年10月19日に行いました。

カエルヤさんでのカフェトーク・プロジェクトKは2回目。とにかく「ゆるいトーク」を目指していますので、お気軽に聞きに来て下さい。(終了しました
聞いていただいた方々には明日から使えるヘビ・カエルのウンチクネタをたくさん持って帰って頂きたいと思っています。

内容の簡易レポートはこちらです。

プロジェクトK~挑戦者再び~ カエルやヘビの名前・その由来や意味

要予約・飲み物付き

お話と写真
徳田龍弘(ばいかださん)

「北海道爬虫類両生類ハンディ図鑑」その著者徳田龍弘氏が贈る
プロジェクトK第二弾!
今回は更にヘビ~に語ります。

日時:10月19日(金) 終了しました
時間:19:30~ (30分前より開場)
場所:カエルヤ珈琲店(札幌市中央区北1条西17丁目)
参加費:1500円
定員:先着20名
申し込み:電話先着(011-616-1558)

Baikada’s main website
Wild Home

カッコウ 2012.10月号

I offered the column to the booklet. “Cuckoo No.2012(10)”
(The report of Wild Bird Society of Japan Sapporo branch. )

日本野鳥の会札幌支部が発行する会報「カッコウ」の2012.10月号は、なんとヘビ特集。こちらの号に「ヘビの卵の話とハープソン」を3ページ分の記事をを書きました。写真(モノクロ)はアオダイショウ、ニホンマムシ、ジムグリ(卵)を提供しました。

Baikada’s main website
Wild Home

表彰状

ハープソンの各賞の賞状のデザインができたんだ。ほんと~う、にお世話になっています、Okadaさん。

授与される現物は、表彰状な内容に書き換えますよ!(笑)

ハープソンの報告書の作成で印刷の打ち合わせに行って来ました。ここんとこ、めまぐるしく仕事していて、休めていないので

表彰状
あなたはえらい!
あなたはえらい!
あなたはえらい!

が、タイムリーに嬉しかった。

Baikada’s main website
Wild Home

Amelanistic


Hyalessa maculaticollis
Robust cicada
みんみん蝉(ミンミンゼミ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS X*

The normal “Robust cicada” ‘s body is checker pattern by black & green. Sometimes, there are amelanistic individuals. Their body is Light-green.

ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミー

鳴き始めは「風情ある」と思いつつも、時間が経つとうるさくなってくる。姿をみると本来は黒と緑のチェック模様が特徴の体をしているミンミンゼミです。写真のセミはチェック模様になっていないけど、種としては同種のミンミンゼミです。

wikipedia先生やらgoogle先生によると、地域的にこうした黒抜け(Amelanistuic)のミンミンゼミが見られることがあるみたい。そして黒抜けのミンミンゼミは「ミカドミンミン」と呼ばれたりもします。どうしてミカドなんだろう…と思いつつ、早20年。未だに、どうミカドなのかがよくわからないけど、神々しい感じなのだろうかね?

ポッキーのバッタもんもMIKADOだったね。これもなんでミカドなんだろう…。

このミカドさんに出会ったのは、長崎県の対馬。ミカドミンミンにはすごく憧れてきた。見た時には、すごく感動したけど「のっぺりしたセミだなー」という印象が強かった。

ちなみに2012年、北海道札幌市の定山渓温泉でのミンミンゼミの鳴き声の終認は9月15日だった。だいぶ遅くまで鳴いていて、残暑厳しい年でした。

Baikada’s main website
Wild Home

北海道産シロマダラ(Dinodon orientale)の形態について

I wrote an article “The morphology of Dinodon orientale in Hokkaido” to BULLETIN OF THE HERPETOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN.

日本爬虫両棲類学会が発行する爬虫両棲類学会報 第2012巻 第2号に、「北海道産シロマダラ(Dinodon orientale)の形態について」が掲載されました。

北海道産のシロマダラについては、2011年の捕獲以降、北海道で確認されたシロマダラ(Dinodon orientale)続報北海道産シロマダラ(Dinodon orientale)の産卵孵化についての2本を書いておりますが、今回の3本目で一段落です。

暗中模索で形態について書いてきたので、読みづらい点などあると思いますが、道内のシロマダラについてなるべく詳しく書いてみましたので、本州以南のシロマダラの今後の記録との比較資料になれば幸いと思っております。

著者:徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home