Black-legged kittiwake of a red leg

I found kittiwake of red leg.
But it was not “Red-legged kittiwake”, because its face resembles “Black-legged” unlike “Red-legged”.
Maybe it was “Blacke-legged kittiwake” of a red leg.
It is very confusing.


赤足の「ミツユビカモメ」
“Black-legged kittiwake” of a red leg

久しぶりにオホーツク海に出た。

昼間に出て行ったので、見れる動物はおそらく鳥だけだ。
網走などの東側のオホーツク海はよく行ったが、
紋別以西(以北?)のオホーツク海はまだ経験が浅い。

紋別港にはけっこうたくさんのカモメが入っていた。
大型のカモメは最近、あんまり自分的にはやる気がないので、
好きランクの高いミツユビカモメを少し見ていた。
その中で赤っぽい足のミツユビカモメがいたので写真を撮っておいた。

万一、アカアシミツユビカモメだとすごい珍しい記録です。
でも、いくらか調べてみたけれど、
ミツユビカモメとアカアシミツユビカモメは足の色のほかに、
根本的に頭の形やくちばしの形が違うように思う。

写真に撮った個体は、明らかにミツユビカモメ顔。
アカアシミツユビカモメだと、もちょっとくちばし短くて
もちょっと頭丸い気がする。
(合ってるんだろうか?)

昔どっかで「足の赤い、ただのミツユビカモメもいることがある」
って聞いた気がする。

いまのとこ、これはその「足の赤いただのミツユビカモメ」の幼鳥だと思っています。

※23:00追記
尾羽に黒帯が入るものはただのミツユビでいいようです。
アカアシミツユビの尾羽は白いようです。
まあ、足の赤いただのミツユビもそこそこ貴重な記録のようです

そんで、そのあと
オホーツクタワーにも潜入してみた。

オホーツクタワーは、海中のタワーで、
厳冬期に行くとクリオネが見ることも出来ることがあるらしい。
夏はヒメウの採餌も見れることもあるらしい。

動物園や水族館のように完全に気合が入ることもなく
ある程度ゆるい、この雰囲気も好きでした。
ドクターフィッシュも触ることができるので
(触られることができる?)
楽しんできました。


オオワシ
Steller’s Sea Eagle

珍しく、今回のログは鳥写真が2枚そろいましたね。
オオワシがもう来ていました。
オオワシの生態はともかく、姿のかっこよさには圧倒されます。
冬の大きな鳥は好きだな~。

Baikada’s main website
Wild Home

Camera man

I came east of hokkaido several times. Just now, I am not good health. But I want to come here. Because I want to go great nature and to meet my son.

キタキツネ、ネズミをゲット
Ezo red fox

体調は芳しくなく、ほとんど動けていないが道東に来ている。フィールドらしいフィールドは今回の滞在ではまだ1度しかしていない。夜間にライトを使った動物探しをしていたが、写真のキタキツネは見事に目の前で狩りを成功させた。

ネコかな?(息子撮影)
Cat? (My son took this photograph.)

気楽に、撮影するためにコンパクトデジカメを持とうと思っていたのだけど、ちょっと気が変って、少し安めのデジカメを息子に買った。やはり携帯とはかなり違って、いまのところ、よくいろいろ写真を試し撮りしている。

ただ、息子は「綺麗な写真を撮りたい」というよりは、いろいろなものが写せるということが面白いようだ。これからはカメラを通して、息子と写真や生き物、鉄道の話などができるといいなと思っている。

Baikada’s main website
Wild Home

Peaceful

picture

Lacerta vivipara
Viviparous lizard
子持愛蛇(コモチカナヘビ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D MarkIII*

.

写真を整理してみるとわかる。
私は蛇の次にカナヘビの写真を撮ってるのが多い。
Understand when you arrange the photograph. There are my being taking Grass lizard’s photograph next to the snake a lot.

ゆるいんだよね。
たぶんそこが好き。
They are peaceful. So I like them, may be.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Red clover

I worked of the investigation. I want it will be snow soon. Because Snow is felt me it is warm.

アカツメクサ
Red clover

よく見るブログでは、夕日と生き物の写真を撮っている人がいる。逆光というのは色を打ち消してしまうけれど、輪郭を浮き立たせてくれる。植物の毛はこうするとよく見える。

調査で時間もないし、「雪」間近なこの時期に生き物の写真を撮るのは厳しい。でも、斜陽の時間が長いこの時期だから、ちょっと試し撮りしてみた。

ノコギリソウsp.の葉
Siberian yarrow?

紅葉は木だけではなく、草本にもあるみたい。セイヨウノコギリソウの英名ってシベリアン野郎っていうのね。

エゾイワナ(アメマス)
Japanese charr

仕事を上がったあと、釣り人にエゾイワナもらった。小さいけど、しっかり婚姻色出てるんだね。

Baikada’s main website
Wild Home

Too cold

There were a few creatures. It’s was too cold. I hope it will be snow soon.

ハシブトガラス
Jungle Crow

サムイヨ。寒くなってきて、けっこうしんどい。少しは調査仕事以外でもフィールドでなきゃと、近所の山に行ってきました。

生き物なんもいないし、日が低い。風が強い。相手してくれたのはハシブトガラスだけだった。

セイヨウタンポポ
Dandelion

早く雪が降って積もってしまえ。雪がないこの時期が、一番苦手かも知れない(--;

Baikada’s main website
Wild Home

Rain drop

picture

Rana pirica
Ezo brown frog
蝦夷赤蛙(エゾアカガエル)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D MarkIII*

.

色は全く期待していなかった。
I was not expecting the shade of this photograph.

PLフィルターも持って来るのを忘れた。
I forgot to bring PL filter.

このカエルも、特に珍しい生き物ではない。
This is not a rare creature.

でも、一滴の雨粒が写真を面白くしてくれた。
But one drop of rain made a photograph interesting.

予期しないことも起こるから、やっぱりたくさん撮らなくちゃね。
Because what I did not expect happened, I had better take photo a lot.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Green oak

I do not go to the field other than work of the investigation recently. This is not good. However, I lose a body and will as I become cold.

ロクショウグサレキンの仲間
A kind of fungi. (Chlorociboria sp.)

最近、調査の仕事以外でフィールドに出かけていない。これは良くない。しかし、寒くなるにつれて体と意欲が落ちて行く。何か撮りに行かないと、いろいろな意味でよくない。

ちょっとした仕事の空き時間で見つけたロクショウグサレキンの仲間。このキノコは形はズキンタケ科なので微妙なんだけど、色がスバラシイ。ロクショウグサレキン類は硬い木材に生え、材も青く染める。外国では、グリーンオークと呼ばれて珍重されるって本には書いてあった。でもネットではそれらしいこと見つからない。

雨雪が降るのがわかっていたから、一デジはほとんど出さなかった。マクロレンズがあればもうちょっと楽しめたかもしれない。携帯は防水なのだけど、記録ではいいけど気の利いた写真撮ろうという気の起こる画質でもない。ちょいと気の利いたコンデジはあったらあったで、とても重宝しそう。
(もう携帯のカメラは200~300万画素で十分…)

Baikada’s main website
Wild Home

両生類・爬虫類のふしぎ

I offered the photograph to the book. “Questions of Amphibians and ReptilesPicture

ソフトバンククリエイティブが発行した、「両生類・爬虫類のふしぎ 」という本で、Picture
ニホンアマガエル成体とエゾアカガエルの卵2点の、3点の写真を使っていただきました。

「徳田龍弘」の本名で、提供しています。

Baikada’s main website
Wild Home