No reptile

I stayed hokaido east area 10 days. Until I stayed, it is cold everyday… So I couldn’t see reptiles. But I enjoyed other creatures.

マイマイsp(エゾマイマイ?)
A kind of snail.

道東編後半です。6月の後半なのに、かなりの寒さでした。そのせいで爬虫類は1匹も見ることができず…。仕方ないわな。代わりに色々な環境を体感してきました。ガレ場を探っていたら、マイマイが隠れていました。

北海道の本土でいわゆる「マイマイ」(モノアラガイやキセルガイなどは含まないという意味で)には、エゾマイマイとサッポロマイマイが主に分布するそうです。サッポロマイマイはいわゆる縦筋のはっきりしたマイマイで、エゾマイマイは褐色で筋がはっきりしない感じのタイプが多いみたいです。

写真のはなんでしょうね?関東でマイマイを見ていた時、縦筋タイプのマイマイ稚貝はちっちゃい時からはっきりと親と同じ紋様だったので、こっちはエゾマイマイで若いのかも知れないね。

レイジンソウsp
A kind of Aconite.

少し時期が遅かったかもしれないんだけどレイジンソウspが密生しているところがありました。花弁の距(花の後ろ半分)が長い、長くないなどでオオレイジンソウとエゾノレイジンソウに分けられるみたいなんだけど、図鑑によってバラバラで(同一種にしてたり、オオレイジンソウは北海道にない、としていたり)、分かりづらい。※花の距は筒の中で見えていない。見えているところは萼。

私はこれくらいの距の長さのやつしか見たことないんで、わからないんだけど、確実に違うって画像を並べて見てみたい。キンポウゲ科トリカブト属の一種であることは間違いないけどねぇ。鮮やかな紫の花が多いこの属の中で黄緑色した花を咲かせるこの種類が好きなんだよね。

オジロワシ
White-tailed sea eagle

草原で鳥を探そうと思ったら真上をでっかいのが飛んだんでポチっと撮ってみた。ボロボロで尾も白くないけど、オジロワシ。でも、夏に見ると不思議な感覚になるな~。

オオジュリン
Reed bunting

草原ではちょこちょこさえずりが聞こえるんだけど、時期が遅いのと日が昇りきっているからか、姿はほとんど見れず。ちらっと飛ぶ姿とか見えるけど、写真撮ったり、ゆっくり観察できないんだな。

そんななかで、オオジュリンの綺麗な夏羽がいてよかった。本当はマキノセンニュウとか撮りたかったけど、あの目立ちたがり屋のようなノゴマすらあまり表に出てこない状況じゃ、厳しかったかなあ。

 エビsp.
A kind of shrimp.

今度は川。細い川の河口域だから、汽水に近い状況かなあ。透明のエビ。スジエビとかヌマエビとかその仲間だと思うけど、識別は無理そうだね。

イトヨ…だと思う
Three-spined stickleback?

目の前をブルーメタリックな魚がちょこちょこしてたので、捕まえてみるとイトヨ系。トゲとか確認しなかったけど、分布や全体的な雰囲気から予想するとイトヨが一番近いかな。エゾトミヨとか似たやついるけど…。

巣、壊さなかったと思うんだけど…。イトヨ系がこんなに身近な魚だと思わなかった。。

オバボタル
A kind of FireFly.

拠点の近所の森を今回はウンモンテントウ探して数回歩いたけど、
ウンモンテントウは見つけられず。寒かったかな。体にたかるのはカとダニばかり。そんな中、水気もないのに突然ホタルがいたんで、写真撮っておいて調べたら、光らないホタルのオバボタルだったみたい。生活史には川などの水域は必要ない種類なんだね。

アオジョウカイ
A kind of soldier beetle.

寒くてもアオジョウカイやジョウカイボンは元気に動き回ってた。
ジョウカイボンとカミキリモドキ、それとハナカミキリ類は、雰囲気似てるよね。

サイハイラン
A kind of orchid.

ランの仲間もいくつかあったみたいだけど、これみたいに、はっきり分かりやすい花がいいなあ。

Baikada’s main website
Wild Home

White star

I came hokaido east area. I’m not very good my health, so my field work is slowly. Until I continue my trip, today I rest to work of field and I work PC.

キンバエsp
A kind of Fly.

今、道東に来ている途中だが、寒いのと天気が悪いのもあって体調は今一つ。フィールドワークは軽めに、あとはそのフィールドワークで撮ってきた写真の整理をしている。今日は、あんまり思わしくないので内業をしています。行程の途中だけど、とりあえず前半戦をアップしようと思う。

1枚目の写真だけど、キンバエの仲間。昔から何となく惹かれる昆虫なのだけど、その体色とは裏腹に「うんち」によくたかってる。それと、識別がすごく難しそうなので、どうしても触手は伸びきらない感じかな。でも、やっぱり撮ってみると綺麗な昆虫ですね。

コムクドリ
Chestnut-cheeked Starling

コムクドリはあちこちで営巣しています。散歩をしているとハシボソガラスとともに、ギャーギャーと威嚇してくる。いつまでもギャーギャー言うので、気になって見ていると巣穴に出入りしたりする。コムクドリは巣や雛を守りたくて威嚇するんだけど、巣穴に飛び込みながらギャーギャー言ったら逆効果じゃん・・・。こちらの出来ることは足早にその場を離れることくらい。でもよ、公園の散歩道のすぐそばで営巣してる君たちの場所チョイスも悪いのだよ…。

シロホシテントウ
A kind of Ladybug.

寒さであんまり昆虫も多くはないけど(爬虫類は壊滅だね(泣))、いつも見に行くネグンドカエデにはシロホシテントウがいっぱい(^^)。シロホシテントウ系は菌食でうどんこ病の病原真菌などをたべているみたいだ。写真の個体は3~4mm。シロホシテントウの仲間は結構種類がいて、写真にも書き込んだけど星の並びが識別のポイントになるようだ。(2008.7.2追記 だけど微妙な配置具合で混乱をきたしてる(^^;)

シロホシ系の代表的なものだけでも、
シロホシテントウ・シロトホシテントウ・シロジュウシホシテントウ・ムーアシロホシテントウ・シロジュウゴホシテントウ・シロジュウロクホシテントウなど、おんなじ白星でもいっぱいいるのですよ。

シロジュウロクホシテントウ
A kind of Ladybug.

で、ネグンドカエデにシロホシテントウに混ざっていたひときわでかかった(6mmくらい?)このシロホシテントウは正体不明。手元にある資料では該当種が見つからなかった。縦に5列並んでいる種類が見つけられない。一応、一番お尻寄りの星を無視して考えるとシロジュウゴホシテントウが一番近そうなんだけどね。
(2008.07.02追記 実はシロジュウロクホシテントウだったようです。難しいです)
(2008.07.10追記 白い星を持つテントウムシに、シロジュウロクホシテントウと、ジュロクホシテントウという別種がいるようです。検索などに気をつけた方がいいでしょう)

やっぱり昆虫ではテントウムシが秀でて好きだなあ。

Baikada’s main website
Wild Home

Yahoo!きっずペット

I offered the photograph to the Web.
“Yahoo! Kids Pet” (Japanese text only.)

Yahoo!きっずの1コーナー、Yahoo!きっずペット に、
アイフィンガーガエルの写真を提供しました。

読み物も面白いので(日本のエッグイーター)、ぜひ読んでみてください。
(文章を書いたのは、私ではないですよ(^^;)

2013.2.16追記:Yahoo!きっずのサービス終了にて掲載終了しました。

Baikada’s main website
Wild Home

Preliminary inspection

I made a preliminary inspection of the habitation place of the dragonfly which wanted to take a photograph. Not the place where had good environment so that I thought, it was a reclaimed place. The animal was not able to look very much, but some birds of the marsh overgrown with reeds were able to look.

ニュウナイスズメ
Cinnamon Sparrow

秋にトンボを見に行ってみようと思っている場所の下見をしてきた。ニュウナイスズメが囀る朝。ちょっとした遠出。思っていたほど、自然度の高そうな場所ではなかったのですが、葦原には特有の鳥がいくつか見れた。

エゾセンニュウがちらっと見れたのはちょっと嬉しかったかな。でも写真撮れないから、なんとか記録を残したくて携帯で囀りを録音してみた。これが意外と録れたので、今後はわからない囀りは録音して調べよう。。。音声ファイルをアップしようと思ったけど、いろいろ設定が面倒臭いのでいつも通り写真だけでご勘弁を。。。

でもコヨシキリくらいいないのかなあ、と思って探していたんだけどここにはいなかった。でも帰り際のどっかの河川敷で小さい方ではないけど、オオヨシキリがいた。意外と北まであがってくるんだね、オオヨシキリ…。

昆虫もほとんど皆無だったけど、日が上がってくると少し出てきた。アブ、ハチが多かったんだけど、あんまり撮る気がしなくて、ちょっと気になった虫を撮ってきた。ゴミムシの仲間なんだろうけど、いつもは地べた這いまわってるのに、低木の枝にいたのが気になった。近くで草刈り隊が仕事をしていたんで、草刈機に吹っ飛ばされたのかな??

ゴミムシの仲間
A kind of Ground beetle.

Baikada’s main website
Wild Home

Nymph

picture

Macromia amphigena masaco
A kind of Dragonfly
蝦夷小山蜻蛉(エゾコヤマトンボ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

エゾコヤマトンボ。ヤゴの羽化殻は動かない。
生きているわけでも死んでいるわけでもない。
An emergence husk of a dragonfly nymph does not move. Even if it lives, not dead.

こういった、動かない「生き物だったもの」は撮るのが
簡単と言えば簡単だし、でも私には難しく思う。
If it says simply to take “the thing which was a creature” which does not move, it is easy and but it is difficult for me.

せっかく動かない被写体だし、たまには創作してみるのも
おもしろいかなと思って写真を撮りました。
こういう写真を撮るのに出来上がりを想像して、いろいろ考えるのも楽しいね。
レタッチはしないつもりだったけど、携帯のメーカー名だけ消しました。
Because I had obtained the subject that did not move, I sometimes created and took a photograph. Though I did not intend to retouch, I deleted only the maker name of the mobile phone.

ストロボのマルチ発光で生き物を撮った友人の写真に触発されて、光で遊んでみました。
私はマルチ発光できるストロボを持っていないので、LED懐中電灯を使って撮りました。
LED懐中電灯、大好きです(^^)
この撮影で野外で生き物を撮ってみたいな。
I was touched off in the photograph of the friend who took the creature by the multi luminescence of the flash, and I played because of light. Because I did not have the flash that by the
multi luminescence, I used an LED flashlight and took it. I love an LED flashlight. I want to try to take a creature by this photography method in the outdoors.

ところでヤゴを含む水生昆虫の幼虫の英語は、”nymph”というのですね。
ニンフは「妖精」という意味しか知らなかったので、パソコンの翻訳辞書で検索したとき、
幼虫≒幼生→変換ミス→妖精=”nymph”
と誤植してるのかと勘繰ってしまいました。
しかし、ちゃんと本の辞書でも「水生昆虫の幼虫」という意味が載っていました。
I did not know that the larva of the dragonfly was called “nymph”. I thought that “nymph” meant the thing of the never land. However, “nymph” had the meaning called the larva of the insect which lived in the water.
.

picture

Macromia amphigena masaco
A kind of Dragonfly
蝦夷小山蜻蛉(エゾコヤマトンボ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

この”nymph”は大人になるとこんなトンボになるのですが、
黄色と黒の縞々のトンボ、ヤンマやサナエの仲間に見えてしまいました。
後で知人に調べてもらったところ、エゾトンボの仲間のエゾコヤマトンボだとわかりました。
This “nymph” became such a dragonfly when it became an adult.

.

Baikada’s main website
Wild Home

faura No.20

I offered the photograph to the magazine. “faura” (Japanese text only.)

北海道の自然を知る季刊誌、faura No.20
エゾユキウサギとサケの写真を提供しました。

エゾユキウサギは見つけやすいと思いますが、サケは隠れキャラなので、
探してみてください(^^)

提供者名は「徳田龍弘」です。

Baikada’s main website
Wild Home

First look

I went to nature park in Sapporo. Because tree and glass grew up, I cannot easily look birds. But birds sing many. I take a photo which is insect. I found insect which is first looked by me.

成虫:オオギンスジハマキ 幼虫・マイマイガ
Adult : A kind of Moth. Juvenile : Gypsy moth

いつもとは違う、湿地のある公園に行ってみました。鳥はいろいろ囀っているのですが、木も草も伸びてきていて、鳥の姿は確認しづらい。おおかたは、アオジとキビタキとコルリなんだけど、ちょっとパターンの違うやつが囀ると難しいな。

なので、今回も地面に目を向けて虫などを撮ってみました。

マイマイガ真っ盛りで、幼虫(1齢~3齢くらいのステージ)があっちこっちにいるし、空中にも糸引いてブラブラ。何匹かには体にたかられてしもた。毒性のあるドクガじゃなくて良かった…。

写真に写っている成虫の方ですが、オレンジの地に銀のライン。ものすごいハデな蛾ですね。。。形でハマキガに絞って調べたら、出てきました。オオギンスジハマキ。この虫は、初めて見た。(今までも見てたかもしれないけど、意識してなかった)

ケマダラカミキリ
A kind of Longhorn Beetle.

このカミキリも初めて確認した種類かな。カミキリの仲間も好きな昆虫だけど、ちびっちゃいのまで覚えるの大変だから1cm以上のやつ覚えていこ~。

ヨツボシヒラタシデムシ
A kind of Burying beetle.

ふと、視界に南国ゴキブリ的ヘッドが見れたので、近づいてみるとヨツボシヒラタシデムシだった。ワモンゴキブリ系の頭の模様に似てるよね…。

Baikada’s main website
Wild Home

Name

picture

Monotropastrum humile
Corpse plant
銀竜草(ギンリョウソウ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

葉緑素を持たないイチヤクソウ科の植物、ギンリョウソウ。
葉緑素で養分を作らず、腐葉土や腐蝕質から養分を吸い取って育つ。
A plant, the Monotropastrum humile which do not have chlorophyl. It does not make nourishment with chlorophyl and it absorbs nourishment from a rotten thing and is brought up.

白く不気味な外見のため、英語では”Corpse plant”(死体草)と呼ばれる。
It is called “Corpse plant” in the English for white, weird appearance.

また、別名を”Indian Pipe”という。
“Indian”は、コロンブスの勘違いからネイティブアメリカンを
「インドの人」と呼んだことに発する。
直接の意味としては問題ないと思うのだが、
過去にこの”Indian”を差別的に使われた歴史があり、
“Indian pipe”をこのネット上に書くかどうかで少し悩んだ。
And the another name is called “Indian Pipe”. It originates in Columbus’s calling Native American by the misunderstanding “Person in India” , saying that “Indian”. There was a history that had used this “Indian” in the past by discrimination ,as a meaning though it was no problem for a direct meaning… I worried a little whether I wrote “Indian pipe” on this internet.

しかし、”Indian”自体の意味には問題はないかと思い、話題にすることにしました。
日本でも同じく北海道にはアイヌという先住民がいました。
アイヌ語で「アイヌ」は人という意味なのですが、
アメリカと同じく「アイヌ」を差別的に使ったことにより、
一時アイヌは差別語として使用を控える傾向があった。
しかし、近年、「アイヌ」は標準的に使われるようになってきている。
差別的な用語ではないと認識が変わってきている。
However, I thought whether the meaning of “Indian” in itself did not have the problem and decided to make it a topic. There were indigenous people called “Ainu” in Hokkaido in Japan. As for “Ainu”, “a person” means by Ainu. However, there was the time when it was used “Ainu” for a discriminatory meaning in Japan as well as U.S.A. That is why “Ainu” tended to refrain from use as discrimination word at one time. However, in late years “Ainu” comes to be employed normally. .

近年、魚類学会と昆虫学会では差別的な表現を用いた和名を改名する動きにある。
「メクラカメムシ」から「カスミカメムシ」へ、「イザリウオ」から「カエルアンコウ」へ、など。
身体的な障害を表現する言葉は避けようという努力です。
しかし、生き物を相手に仕事をする人にとっては、多くの種の改名によって混乱します。
In late years there is it for movement to change its name from the Japanese name that used discriminatory expression for in Ichthyological Society and Entomological Society. Because the policy that we will not use “the words to express a physical disability”. However, for the person working for a creature, the rename of many creatures course confusion.

学会によっても動きは違うのですが、
アホウドリやブラーミニメクラヘビなども和名が変わる日が来るのだろうか。
“Indian Pipe”は変な意識なく使うことができる日は来るのだろうか。
Will the day that I can spend without being conscious of words called “Indian pipe” come?

ヘビを探して歩きまわると求める種類によってはこのギンリョウソウによく出会う。
花はいつも斜め下を向いており、そのチャームポイントを今まで見逃してきたが、
「しべ」の部分はとっても驚くような色をしている。
When I walk about in search of a snake, I find “Corpse plant” well. Flowers always turned to the diagonal bottom, and I missed the charm point so far. The inside of the flower of “Corpse plant” is a color surprised at.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Carnivorous plant

I went to work in Environmental research. Because I resarched bird, I don’t write Bird list when I resarch. But I introduce other creature little. I found Carnivorous plant, “Sundew”. I’m glad to found it.

モウセンゴケ
Sundew

モウセンゴケ、有名な食虫植物ですが、私、初めて見ることができました。モウセンゴケにも別種があって、ちょっと違うのもあるようですが、これはただのモウセンゴケのようです。
食虫植物と言いますが、大した植物だと思います。勝手に近づいてくる有機物(生き物)を、根ではなく葉や花で消化吸収してしまうのですから。

今年の冬にぶっ倒れてから、札幌の実家に移動し、初めて環境調査の仕事に復帰できました。素直に、働けることに喜びを感じます。もちろん写真で食えれば最高ですが、そうもいきませんからね。下積み下積み。
そして環境調査は、いろいろな生き物の生態を理解して学習することができます。そして業界にはそれぞれの生き物のスペシャリストがおり、その方々から興味深いお話も聞くこともできます。
そういう点で、私がこの業界で働かせてもらえることは、とてもありがたいことだと思っています。今は、純粋に自分の活かせる能力を活かして働き、そして能力を伸ばすために、吸収できることは吸収していきたいと思っています。

エゾマイマイ
Ezo maimai

今回は、いろいろなことを教えてもらえたのですが、北海道のマイマイ型のマイマイは、エゾマイマイとサッポロマイマイがほとんどであることを聞きました。意外と少ないんですね。

エゾアカガエル
Ezo brown frog

そこそこ標高が高かったので、まだかなりのエゾアカガエルが水辺近くをうろうろしていました。稀に見られるアーミータイプ(黒点付き)だったんですが、見かけた個体はすべてアーミータイプでした。
北海道とはいっても、広いし、大きな山やいろんな要因で生息地が分断していることも考えられるので、そういう個体群に分化している可能性もありますね。
アオダイショウも幼蛇の轢死体を1つ拾いましたが、50cmそこそこ。今年生まれかと一瞬思ったんですが、おそらく去年生まれですね。ご愁傷さまでした…。残念。

ヒメウスバシロチョウ
A kind of Japanese Clouded Apollo

これも全く知らなかったことなんですが、このヒメウスバシロチョウ、名前からしてシロチョウ科と思い込んでいましたが、なんとアゲハチョウ科なんです。
確かに、胴体はほっそりしたシロチョウ科というより、図太いアゲハそのものですね。。。ほんと、知らんことばっかりで勉強になるっす。

調査の方はというと、姿を見れる種に関してはある程度大丈夫だった気がしますが、鳴き声の認識がまだまだレベルが低すぎです>自分
北の大地で繁殖する鳥たちのさえずりを普段のフィールドでもしっかり聞いておかないと。。。精進ですな。

Baikada’s main website
Wild Home