Good job!

I caught Adult Ezo saamander fainally!
The sample of the skin mucous membrane of adult Ezosanshouuo was necessary forthe detection experiment of the Chytridiomycosis.
So I could catch a mature form and felt relieved very much.
If you want to know “Chytridiomycosis”, information will be found when you search WEB which are words of “Chytridiomycosis” and “CDC”.


エゾサンショウウオ成体
Adult Ezo salamander

数日前に”Display Creeping“で今年のエゾサンショウウオの産卵傾向と
天気予報を絡めて予想したけど、当たったみたいです。
つーいーに、エゾサンショウウオの成体を捕まえられました。

これの写真を撮った後、ツボカビの検査検体として、
皮膚表面を綿棒で拭いとってリリースしました。
夜に捕まえたので、運良くメス個体でした。
(昼間に水中にいるのを捕まえるとオスのことが多い)

メスは、山から来て卵を産んですぐに山に帰るので、
いつも水の中でメスを待ち伏せする雄と違って、捕まえられる数はちょっと少ないんです。

この日も、雨が降って気温が7~8度落ちたので、かなり期待してました。

現地に着くと、エゾアカガエルも10以上の個体が鳴いていて期待感大…。
サンショウウオの卵も少し増えてて、これはイイ!と思っていたら、
水面に1匹エゾサンショウウオの成体が浮いていました。

ぐおっ!
と慎重に捕まえに行くと、慎重すぎて枯葉の山に隠れてしまい、
枯葉ごと掬いあげましたが、姿は消えてしまいました…。

その場所で、1時間以上探し回ったけど他にはいなくて…。
もう、だめなんでしょうか(泣)

諦めて別の場所に行ったら、泥の上に1匹!
今度は迷わず網を振りかざしGET!…のはずが。
網の中には泥しか入っていませんでした。ううううむ。

と思ったら、水の中にまだいてくれました。そして結局素手でキャッチ。
カエルツボカビ症の有尾類調査では成体がどうしても必要で、
北海道担当が自分だったので、昨日まで「採れなかったらどうしよう~~~」という
感じでしたが、少なくとも1検体確保できたので、かなり安心しました。(^^)

ツボカビについて知りたい方は、「ツボカビ WWF」で検索すると
たぶん記事にヒットすると思います。


エゾサンショウウオ幼生
Juvenile Ezo salamander

幼生も孵化してきました。
エラが斜め上向いてて面白いでしょ。

ぼんやり写ってるけど、前足みたいに見えるのはバランサーって器官です。
働きはよくわかりません(苦笑)

そういえば、札幌の調査地では越冬幼生がほとんどいないみたいです。
オホーツク地方だと普通に2年目個体とかいるんだけどなー。

Baikada’s main website
Wild Home

Have a break?

I am tired from looking for a salamander recently.
I had the creature other than the salamander observed this time.It became a very good rest.


セイヨウタンポポとクロクサアリ?
Common Dandelion and Ant sp.

最近、フィールドと言えばエゾサンショウウオ探しばっかりだったので、
今回は主にはサンショウウオは探さず、ほかの方向に目を向けてきた。
だって、成体いないんだもんよ…。

時期としては鳥にはまだ少し早く、爬虫類はまだ。
でも虫がかなり出てきているし、花がたくさん咲いている。

少し、樹木の花など調べながら(写真に撮って家で調べる)、歩いてみた。

水場で動かずにいるとカラ類も水浴びに来る様子がよく見えて、
なかなかな息抜きになった。
アリにアメンボ、小鳥は楽しかったが、
こうるさいメマトイ系(ショウジョウバエみたいなもん)も出てきたのがちょっと面倒くさい。


ゴジュウカラ
Eurasian nuthatch

Baikada’s main website
Wild Home

I am impatient

I must catch adult Ezo salamander for resarch.
But I cannot meet them by unseasonable weather.
I am impatient.


ミズバショウ
Asian skunk cabbage

エゾサンショウウオの成体を見つけることが出来ない。
どうしても調査では成体が必要なので、焦ってきた。

今年の異常な暖かさ、少雨、産卵池の雪解けの速さなどから、
産卵ピークは2回来ると思ったが、甘かったみたいだ。

もしかしたら、すでにピークは過ぎてしまい、このまま終わってしまうのではないだろうか…。

それと、今までエゾサンショウウオを観察してきた環境と少し違いがある。
低層が岩石層でその上に大量の落ち葉の層の水場。
網で掬っても掬っても、エゾサンショウウオは影すら入らない。
この時期だったら、オスは水中でメスを待ち伏せているはずなのに…。

今回は、昼と夜に調査してみた。
夜に行ったのに、エゾサンショウウオの成体は影すらもなく(泣)。

例年通りの時期(4月末~5月初)の産卵ピークがあってほしいと願うばかりです。

しかし、夜のフィールドはやっぱり楽しい(^^)
写真撮る余裕はなかったが、昼見えるのと別の植物も見つけられる。

昼はエゾエンゴサク、キバナノアマナ、エンレイソウといった花々。
夜はヨブスマソウ、ウバユリ、ミズバショウのような緑系の葉物が目についた。

Baikada’s main website
Wild Home

Tactics

picture

Takydromus amurensis
Amur grass lizard
あむーる愛蛇(アムールカナヘビ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

トカゲの仲間を捕まえずに撮影するにはいつも「駆け引き」が重要です。
特にそのトカゲが希少な種類であればあるほどですね。
As for photographing it without catching the kind of the lizard, “Tactics” are important.
As much as the lizard is in particular a rare kind.

アムールカナヘビ(Takydromus amurensis)は世界的にみると
それほど珍しい種類ではないのかもしれないですが、
日本では長崎県の対馬にだけ住んでいます。
ニホンカナヘビより森を好む傾向があるのか、見かける回数は多くありません。
The Amur grass lizard (Takydromus amurensis) may not be a rare kind worldwide. However, they live in only Tsushima island of Nagasaki prefecture in Japan. There is not many number of times that we see them whether you tend to prefer forests to a Japanese grass lizard (Takydromus tachydromoides).

自分が撮影で対馬に滞在できるのは数日。
その間に観察できるアムールカナヘビも10個体程度。
これをなんとか満足のいく写真に撮りたいとなると、
トカゲと私との「安全距離」をめぐっての駆け引きが行われるのです。
It is a few days that I can stay to take photograph in Tsushima. The Amur grass lizard which I can observe in the meantime is around 10. I must have tactics at lizards over “the safe distance”, if I want to take it to the photograph which I can be satisfied with.

逃げるときは一瞬です。
彼らの機嫌を損ねると、距離が5mあろうとなんだろうと、
すぐ隙間に逃げ込んでしまいます。
It is a moment that they run away. Even if there is distance with me 5m when I offend them, they escape into the gap.

この写真は10mの距離でこのアムールカナヘビを発見し、
15分かけて1mまで近寄って撮った写真です。
焦ったり、急に動いたりしないで、ゆっくり低い姿勢で近寄り、徐々に距離を詰めます。
何も知らない人がこの光景を見たら、きっと私は変人にしか見えないでしょう。
As for this photograph, I discover him at distance of 10m, and spent 15 minutes, approached up to 1m, and taken. I am neither in a hurry, do not move suddenly, approach slowly by low posture, and approach him gradually. If a person understanding nothing watches this scene, the person will surely think me to be an eccentric.

この時の駆け引きは私の勝ちでしたね(^^)
As for the tactics of this time, I won. 🙂

.

Baikada’s main website
Wild Home

Season started

A season of the animals which were good at me as a photography target began.
I become gladder from now on when I think that it increases that they come out.


エゾアカガエル
Ezo brown frog

ぼちぼち昼間でもエゾアカガエルの姿が見られるようになってきた。
これからシーズン本番になっていくのだろう。

この日は、エゾサンショウウオの成体で調査を行い、
体の粘膜を少し取るサンプリングをしに行ったのだけど、残念ながら成体は見られず。
きっとこれからだね。

雨(そのあとみぞれに、そして雪になった)が強かったのと、
成体探しに一生懸命だったので写真をあまり一生懸命撮れなかったけど、
得意分野の生き物がぼちぼち出始めてきて、うれしい気分です。

そのあと、円山動物園に行って少しのんびり。
ここの展示のアオダイショウは色が薄くて綺麗ですよ(^^)


エゾエンゴサク
Corydalis ambigua

花もエンレイソウやエゾエンゴサクあたりもぼちぼち出始めてるので、
これから一気に北海道は色づいていきます。

Baikada’s main website
Wild Home

White goose

Because it was about time when Goose returned to the north, I did my best and went for an outing.
There were many goose.
However, the willpower in search of a rare kind (lesser white-fronted geese etc…) did not have me from that.
I reported it in that because I found two wild geese which bound a neck with a mark.
However, I lost physical strength very much.
When return, I wearily.


マガンの山
Greater White-fronted Goose

ガンがガンガン北へ帰っていく頃なので、ちょっとガンばって遠出してみた。
いっぱいガンがいたました。

しかし、その中から希少な種類(カリガネとか)を探す根気は無く。。。
標識を首に巻いたマガンを2つ見つけたので、報告しておいた。

しかし、ホント体力無くなった。帰る頃にはぐったりだ~。

そうそう、今年初の蝶はクジャクチョウでした。
さすがタテハは寒さに強いですな。


ベニヒワだけどなんか汚い
Common Redpoll

ハクセキレイの飛んだそばでこいつがちょろちょろしてたので、一瞬タヒバリかと思った。
ベニヒワってもっと白~い、清楚なイメージなんですけど雪がなくなると
こんな感じのダーティになるんですか、そうですか。

メスだとこんなもんなのかな?


部分白化のマガン、かな?
A part of Albino

カリガネとかシジュウカラガンとかハクガンとか探したけど、
わかるのはマガンとヒシクイばかり。
でも、変なマガン(?)がおった。まあ、これはこれで珍しいね。

でも遠すぎなんだよな~。


キレンジャク
Bohemian wax wing

おかしいな~?

Baikada’s main website
Wild Home

Bullet

picture

Bombycilla garrulus
Bohemian Waxwing
黄連雀(キレンジャク)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

弾丸みたいって思いました。
レンジャク類は羽質もなんだかヌメッ(?)とした雰囲気なので、
なおさら弾丸みたいです。
英語ではWax wingって呼ばれるんですよね。なんとなく納得です。
I thought that he seemed to be a bullet. Because a feather is very minute, I am different from the soft feeling in Wax wing sp, and he seems to be a bullet. Because the point of the tail is yellow, they are called “Ki renjyaku” in Japan. It is the meaning that “Ki” calls yellow. The kind that the point of the tail is red is called “Hi renjyaku” with the same kind. “Hi” is a meaning of the red.

こんなに風の抵抗がなさそうで、弾丸のように飛び立っていますが、
飛び方はあんまり余裕のあるタイプじゃありません。
ばたばたって一生懸命飛んで、滑翔とか急旋回とかそういう器用なことは出来ないです。
ムクドリと飛び方がよく似ています。
そして大きさもほとんど一緒なので、単独で飛んでいると時々間違えてしまいます。
There seems to be no resistance of the wind, and he flies away like a bullet, but is not too good at the way of flying. He can flap hard and do neither the gliding nor the rapid turn. He look alike White-cheeked Starling (Sturnus cineraceus) and how to fly well. And, the sizes of them are also almost the same. I sometimes make a mistake when he fly alone.

picture

Bombycilla garrulus
Bohemian Waxwing
黄連雀(キレンジャク)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

頭だけはファンキーなんですけどね。本当は(^^)
Only the head is outstanding very much. Really… 🙂

.

Baikada’s main website
Wild Home

Spring on the ground

I did an interview of the work.
And I did Fielding because I went out after a long absence.
The fresh air is delicious!
It has not been felt in the migratory bird yet in spring.
However, the Japanese skunk-cabbage came out, too a lot of jumping spiders ran on the dead leaf, and the song of Ezo brown frog “Cara-Cara” was heard from far away.
I am surely felt to come there by me in spring.


おそらく産みたてのエゾアカガエルの卵
Ezo brown forg’s fresh eggs

仕事の面接のついで、久しぶりに外に出ることが出来たので
フィールドもちょっとしてきました。

久々の外の空気はうまいわ~。

鳥ではまだ春は感じられていないけど、ミズバショウも出てきたり、
わらわらとハエトリグモ類が枯葉の上を走り回ったり、
遠くからキャラキャラとエゾアカガエルの鳴き声が聞こえたりと
確実に春はそこまで来ているのを感じられます。

エゾサンショウウオの産卵状況を見に行ったところ、
前回確認したときよりもかなり増えて50腹くらいはあったみたい。

エゾアカガエルの成体もちょこちょこと水面に顔を出したりして、
カメラ持ってきてないことを後悔しました。
(今日は携帯で撮影です)

人もいないと思っていたら、こんなところでカエルの撮影している人がいてびっくり。
その方もその場所の観察を続けていた様子なので、情報交換しました。
なんか輪が広がったみたいでうれしいです。


エゾサンショウウオ卵嚢すこし吊るし風味
Ezo salamander’s egg sack

Baikada’s main website
Wild Home

Fine hair

picture

Celastrina sp.
A kind of Holly blue
瑠璃小灰蝶の仲間(ルリシジミの仲間)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

ルリシジミの仲間は、日本では比較的よく目にすることが出来ます。
小さい割に、素早く飛び回るので接写できるチャンスは少ない昆虫です。
You might be able to see A kind of Holly blue comparatively well in Japan. They quickly fly about by a small body. Therefore there is few me in the chance that can take a close-up photograph with them.

写真を見ると、羽にたくさんの細かい毛が生えています。
よく考えてみると、昆虫にも毛が生えているものがたくさんあるのですが、
毛は鳥や哺乳類の特徴のような気がしてしまっていて、
昆虫のような無脊椎動物に生えているとちょっとびっくりします。
(カブトムシのような甲虫でさえも、背中には毛が生えていますね。)
A lot of fine hairs have grown in its wing when this photograph is seen. There are a lot of things which hair grows to other insects. However, I have a feeling that hair seems to be a bird and a mammalian characteristic and am surprised a little when hair grows to the invertebrate including the insect. (Even with a Japanese rhinoceros beetle (Trypoxylus dichotomus) such as the beetle, hair grows to the back.)

蝶の羽の毛は、「保温」目的ではなくて、「飛翔」の何かに役立つんでしょうね。
The hair of butterfly’s wing might be useful for something of not “Thermal insulation” purpose but “Flight”.

.

Baikada’s main website
Wild Home