Identification difficulty

In a snowstorm, I was looking at the bird.
I was not able to identify it whether this bird was “Willow tit” or it was “Marsh Tit”.
I think that I should give up identifying than doing of vague identification.


問題のカラ
Tit sp.

吹雪の中、出かけることになった。
ついでに、少し鳥の写真を撮ってみた。ほとんど何もいなかったけれど…。

札幌市の定山渓という場所の近くだが、比較的「山地」とも言えそうな土地柄。
北海道にはハシブトガラという鳥がいるが、酷似したコガラという鳥もいる。
平地ではハシブトガラが多く、山地にてコガラが見られるとされ、
鳴き声で識別すると容易であるという。


脚が~、次列が~、角尾が~
Identification difficulty

しかし、猛吹雪の中、さすがに鳴いてはくれないし、
外見上の識別点もネットや図鑑で調べてみたが、
自分の能力で容易に識別できるものは見つからなかった。

1.頭頂部と下顎部の黒い部分に光沢があればハシブトガラ、なければコガラ
@これは吹雪と曇りのせいで全く確認できず。
2.脚がごつい、ささくれ立って見えるのがハシブトガラ、そうでないのがコガラ
@華奢には見えないようにも感じるが…自分の脳内ではまったく決定打にはならず。
3.次列風切羽の縁がぼんやり色ならハシブトガラ、けっこう白かったらコガラ
@どちらかといえば、白く見えるけど個体差で何とでもなりそう
4.嘴が短く、上嘴が丸みを帯びればハシブトガラ、ちょっと長ければコガラ
@真横向いてじっとしてくれれば少しはわかるかもしれないけど、よく動き回るので難しい
5.尾羽が角尾ならハシブトガラ、丸尾ならコガラ
@一部に書いてあるけど、尾羽全体の形?それとも1枚1枚?
このあたりをきっちり説明できているものを探しきれず。。
磨り減った個体もいそうだしね。。。

で、結局、いろんな条件が重なって、自分では識別不能。おてあげ。


人によってはヒガラと言うかも?(^^;
There may be the person saying a coal tit.

鳥見始めた頃だったら、上の写真で頭の毛が逆立ってるからヒガラ~、
とか言っちゃいそうな自分でした。
(実際は風が吹いて毛が逆立ってるだけの、上2点と同じ鳥です)

識別は、どんな動物でも難しいものが必ずあります。
雑種などになってくるとその識別は本当に困難です。
ネットでも、たくさんの識別ミスを見かける事があります。
フィールドでも、識別ミスはよくあることです。

ヘビについては、結構訊かれるのですが、写真などを元に訊かれた場合は、
「~だと思います」や「~ではないでしょうか」と明言を避けるようにしています。
実物を見ずして、断言できるほどの能力はありません。

逆に、曖昧な種類において「断言してしまうこと」、
「識別ミスが絶対にないと自信を持つこと」、これが自分にはできません。
特に、仕事の場合はね。

曖昧な識別で周りの混乱を呼ぶくらいなら、
最初から「~かとも思うけど、わかりません」と答える勇気を持っていたいもんです。

Baikada’s main website
Wild Home

Whistle

What I feel is to be seen Great spotted woodpecker usually in the plain in Hokkaido.
Japanese pygmy woodpecker of the woodpecker in the plain was the main in Kanto.
I am glad of seeing a big woodpecker near myself without climbing the mountain.
There is many Japanese green woodpecker in Ome, but Great spotted woodpecker that monochrome contrast is pounding me is preference.
Black woodpecker is valued high, but the woodpecker which I like most is Lesser Spotted Woodpecker.
My admiration is Three-toed Woodpecker, but will need to scarcely appear in Japan.


千鳥足のアカゲラ
Great spotted woodpecker

青梅のときもフィールドは近かったのですが、
最近少し体調のいいときに1時間くらい藻岩山に出かけます。
登山できるのはまだ時間がかかりそうですが。


アカゲラ飛びはじめ
Great spotted woodpecker

北海道で感じることは、アカゲラが平地にもかなり普通に見られること。
関東では、平地のキツツキはコゲラが主だったのですが、
大きな、キツツキ型したキツツキが身近で見られるのは嬉しいです。

青梅はアオゲラというグリーンのキツツキも多いのですが、
白黒のメリハリがついているアカゲラのほうが好みです。
クマゲラなども珍重されますが、一番好きなキツツキはコアカゲラというキツツキです。
憧れはミユビゲラですが、まず現れることはないでしょうね(--;。


オジロワシ ボロッボロでした
White-tailed Eagle

まだ、藻岩山には2回しか行っていませんが、
なんだかんだ行く度に新しい生き物が見られそうです。
この時は、突然真上をオジロワシが飛んでびっくりしました。
川や海の周りでは見やすい種ですが、ここまで飛んでくるのね…。
カラスにつつかれながら飛んでました。羽もぼろぼろです。

ウソも間近で見られました。ウソはこちらのエントリーで。
ウソは「嘘」ではくて「口笛」の意味だったようです。
鳴き声がそんな感じです。口笛を英語で調べても「Whistle」しか出てこないんです。
ホイッスルって言うと、審判が吹く小さな笛みたいなイメージですよね。

Baikada’s main website
Wild Home

View

picture

Pyrrhula pyrrhula
Eurasian Bullfinch
鷽(ウソ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

カメレオンの目が、右と左で別々に動いているのを知っている人は多いと思います。
彼らは、右目の景色と、左目の景色を別々に脳に送って、
周りを警戒できるようにしているようです。
人間は左右の目で一つのものを見ています。
これによって脳の中で立体的な構造を理解し、対象との距離を測る事ができます。
反面、視野がとても狭くなります。
カメレオンの視点でものを見るには、片目をつぶってみましょう。
その状態で、適当なものを掴もうとしても距離感がつかめずに、
上手く行動できないと思います。
I think that there are a lot of people who know chameleon’s eyes move separately in the right and the left. They seem to be having surroundings can watched by separately sending the brain the scenery of the right eye and the scenery of the left eye. Human watches one thing with the eyes of right and left. Human understands three-dimensional structure in a brain and can measure distance with the object hereby. On the other hand, a field of vision becomes very small. You will close one eye so that you watch a thing in the viewpoint of the chameleon. The distance feeling cannot be gripped even if it tries to grip the suitable one in the state, and I think that it cannot act well.

動物の目のつく位置を考えると、それぞれ意味があるんだと気がつきます。
ヤマシギという鳥がいるのですが、
この鳥の目はとんでもないところについています。(頭のてっぺんのほう)
しかしここに目があることで主に上空、そしてほぼ360度の視野を得る事ができ、
捕食者から素早く隠れる事ができます。
こうして考えてみると、鳥はほとんどが目は横についていますね。(フクロウの類を除いて)
I am noticed it is significant respectively when thinking about the place in which the animal has eyes. There is a bird called Eurasian Woodcock, but the eyes of this bird stick to the terrible place. (The one of the top of the head)However, he can get the sky and approximately 360 degrees fields of vision mainly and he is quick and can hide from a predator because here is eyes. Most attaches the bird when I thinking thus and eyes are sideways attached. (Excluding the kind of owl.)

写真を撮るとき、よく鳥には片目で見られる事が多いです。
しかし、時々、真正面から見られるときがあります。
これはどういうことなんでしょう…。
When I take the photograph of the bird, I well tend to be seen in a bird with one eye. However, I sometimes have time to be seen in a bird with two eyes from the front. This will be any kind of thing…

写真を撮ろうと、近くに寄った場合に正面で見られる事が多いような気がします。
写真のウソも、距離にして3m程度でした。
花芽を食べるのに必死でその場を離れたくないのか、町の近くなので人馴れしているのか、
どちらかはわかりませんが、なかなか移動しませんでした。
I feel like tending to be seen in the front when I got together near to take a photograph. I made Eurasian Bullfinch of the photograph distance, and it was around 3m. Does not Eurasian Bullfinchg want to leave the place desperately to eat flowering sprout? Does not Eurasian Bullfinchg fly in what a person is tame with? I did not understand either, but Eurasian Bullfinchg did not readily move.

鳥が正面を向くとき、やっぱり対象との距離を測ってるんじゃないかと思いました。
つまり、鳥は、左右で別の景色を見ながら、
必要に応じて両目で対象を捉えて立体視できる動物なのかなあと。
詳しいことは調べていないので全然わかりませんが、写真を撮ってて感じた感想です。
When a bird turned to the front, I thought that a bird might measure distance with the object. In other words the bird could watch scenery in right and left, and I thought whether bird was the animal which it watched an object with both eyes if necessary, and cut it in stereoscopic vision. Because I do not examine it, I don’t understand that I know a lot, but it is the impression that I take a photograph, and I felt.

今までも、アオサギやヤマガラ、このウソのように、近くに寄ることで正面から睨まれる(?)
ことが多かったからです。
「鳥の正面視」=「近付き過ぎ」、と捉えて、今後は写真撮るときに
鳥が正面を向くようになったら距離を離そうと思います。
Grey Heron and Bush tit, this Eurasian Bullfinch, the reason is because they tended I to be glared because I get together near so far. I think and think that “What the bird views from the front” = “Approach to the bird too much of me” to take their eyes off it at distance if a bird comes to turn to the front when I will take a photograph in future…

捕食者である動物は、キタキツネにしても、エゾタヌキにしても
正面から対象を見ている事が多いです。
やはり、獲物との距離を測る事が大切だからでしょうかね。
The animal which is a predator tends to watch an object like Ezo red foxand Ezo raccoon Dog from the front. After all will the reason be because it is important to measure distance with the catch?

.

Baikada’s main website
Wild Home

Sampo

I walked with a camera after a long absence.
Sapporo is a city, but there are a lot of small forests when I walk a little.
As for me, there were a lot of small birds and became slightly glad.


ヤマガラ
Bush tit

久しぶりにカメラを持って歩いた。
体力なくて、500mmは持ち歩かなかったけど…。

札幌は都会だけど、少し歩くと小さな林はいっぱいある。
今、住んでいる所でもちょっと歩けば藻岩山、少し頑張って歩けば円山がある。

ゆっくり歩いていると、カラ類の混群がちょこちょこ姿を現す。
シャッターを下ろすまではなかなか出来ない素早い動きだけど、
久しぶりに写真を撮っていて楽しめた。


シマエナガ
Long-tailed Tit

多分、藻岩山と円山はマイフィールドにするんだろうな。
車借りれば、海とかも遠くないので、少しずつ、行動範囲を広げたいな。

そういえば、どこにでもいるはずだったんだけど
なかなか会えなかった鳥のイカルに会えた。
地味に嬉しい(^^)

次は頑張って500mm持っていこ~。キクイタダキが撮りたい。


さかさまイカルとツグミ
Japanese Grosbeak and Dusky thrush

Baikada’s main website
Wild Home

Coffee

picture

Hyla japonica
Japanese tree frog
日本雨蛙(ニホンアマガエル)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

コーヒーが飲みたいのでしょうね。
じーっと、コーヒーを見つめていました。香りの強めのコーヒーがお好みのようです。
田んぼのそばの自動販売機では、
こんなニホンアマガエルが時々見られます。
He might want to drink coffee. He was watching coffee.As for him, the stronger coffee of the fragrance seems to be preference. With the vending machine by the rice field, such Japanese tree frog is sometimes seen.

本当は… … …
In fact… … …

今回は説明はやめておきましょう。
本当のことよりも、想像を膨らませるのが楽しい事もありますから。
I stop explaining it this time. Because, rather than the truth, there can be the thing that it is pleasant that you blow up imagination.

.

Baikada’s main website
Wild Home

青梅さとやまニュース

I offered the essay to the booklet. “News of Hometown mountain in Ome”

青梅さとやま市民会議が発行する、「青梅さとやまニュース」という冊子で、
エッセイ的なものを書かせてもらっています。(第19号、第21号)

Baikada’s main website
Wild Home

Bye-bye ome

I sent all the move luggage. I returned the landlord the rented house.
I stay at the hotel afterward and will leave for Hokkaido on the next day.
Because it was not sunset, I performed it in neighboring field which I went for the first time when I came to Ome, “Kamanofuchi park”.
It was after a long absence that I relaxed in a riverbank.
By the snowy next day when it fell, it was a short-lived blue sky today. And a plum flowered.
Though wrote it in thediary; Ome (japanese mean: Blue plum) sent me out with “blue” and “a plum”, and I was glad.
On a day to board an airplane, the blue sky continued, but, in Ome, it seems to have begun to snow when I arrived at Hokkaido.


コサギが魚ゲット!?
Little egret get a fish!?

引越し荷物も出してしまい、家も大家さんにお返しした。
あとはホテルに泊まって翌日北海道に旅立つだけ。

日もまだ沈んでいなかったので、初めて青梅に来たときに行った近所のフィールド、
釜の淵公園に行ってきた。

北海道では見られないアオゲラや、
北海道では冬はがくんと減ってしまうサギの仲間をじっくりみさせてもらいました。
河原でのんびり、ゆっくりするのも久しぶりでした。

雪の翌日で、つかの間の青空。梅の開花。
日記にも書いたけど、青梅が「青」と「梅」で送り出してくれて嬉しかった。

飛行機に乗る日も、青空は続いてくれたが、北海道に着いてみると、
青梅は雪が降り出したそうだ。


なんだ葉っぱだよ…
Leaf…

Baikada’s main website
Wild Home

Last Ome

On February 2, my last fielding in Ome look for salamander living in the mountain stream, Hida salamander.
We climb the steep mountain path along a thin mountain stream.
Hida salamander begins to gather for laying eggs preparations with the rock of a cold mountain stream in this time.
I got an excellent corner of Sika deer in a riverbank.
I think today because it is last Field in my Ome to pick up a photograph a little too much a little.
Thank you Ome. And goodbye..


ヒダサンショウウオ
Hida salamander

2月2日、青梅最後のフィールディングは、
かなりきついけど渓流性のサンショウウオ、ヒダサンショウウオ狙い。
細い渓流に沿って、やや急峻な山道をとことこ上がる。

冷たい渓流の岩の下にこの時期、ヒダサンショウウオは産卵準備のために集まり始める。
ヒダサンショウウオ、実は相性がとても悪い。
実は「ばいかだ」を連れて行くとヒダサンショウウオが見つかりにくいというジンクスがある。
東京では自力で成体を出した事がない…。

昨日に至っては成体はおろか、幼生もアウト。
卵はまだ時期じゃなかった。もうちょっとだけどね。

でも、余計な拾いものはする。
ホンシュウジカのかなり立派な角を河原でゲット。
これで角確認はエゾシカ、ツシマジカについで3亜種目。

あとはヤクシカ、マゲシカ、ケラマジカ…道のりは遠い。

別の場所に移動して止水を確認したけどトウキョウサンショウウオは、
まだ産卵には来ていなかった。

ヤマアカガエルも神奈川などでは産卵が始まったようだけど、
こちらではもうちょっと時間がかかりそうだ。


ホンシュウジカの角
A Horn of Sika deer.

青梅は海がなくて、少し寂しいところもあるのですが、
地震・津波恐怖症の自分にとってはとても適した場所。

一応、電車一本で東京駅にも出られるし、羽田空港も少し頑張れば行けるので、
沖縄にも北海道にもアクセスは良い。

身体の事がなければ、もっと掘り下げてみたい土地だったんだけど、、、
残念でならない。

山間部が近いので、夏鳥、そして両生類、爬虫類は豊富。
未知の生き物もたくさん見ることが出来た。

寒いので冬にカモはあまり見れないが、それはそれで、他のものを楽しめる。
どうもありがとう、青梅。


赤ちゃんのようなヒダサンショウウオの手
A hand of Hida salamander. It is like a haby band.

今日は最後のフィールドなので、写真を少し多めに載せようと思う。

ごくごく一部のマニアだけが反応する、ヒダサンショウウオの幼生の黒い爪。ブチサンショウウオは爪は白いと言われるが、ヒダサンショウウオにも白い爪もし くは爪のないやつがいる。黒い爪ならヒダサンショウウオかといえばそうも言い切れない。ハコネサンショウウオも黒い爪を持つ。でも、ハコネは外見がいかつ いし、爪もごつい。
Neils of Hida salamander’s juvnile.

タゴガエルだけど、このまま行方不明に。
This was Tago’s Brown Frog, but he became missing after this.

帰化しているソウシチョウ。でも、初めて野外で写真撮れた。
Red-billed leiothrix

カヤクグリと梅のつぼみ。梅の開花ももう少しかな。
Japanese accentor & Ume.

Baikada’s main website
Wild Home