Snow

I am staying in Hokkaido by medical treatment. It is very cold.
A kerosene sudden rise and raising of the gasoline are severe, too, and all of citizen are considerably hard.
Indoor do the gloves which seem to be Gantt let, a neck warmer, thick socks recently because terrible end cold does it.
As for the fueling type body warmer…
As for the opportunity gone out, there is little it, but, for physical condition, tries to perform it very much to take a photograph a little when a light snow falls.
I come back immediately.
I want to go to take a photograph of an animal if I can go in December.


エノコログサの仲間
Fox tail sp.

療養で北海道に滞在中です。とても寒いですね。
灯油急騰や、ガソリン値上げも厳しく、かなりみなさん大変です。

最近、ひどい末端冷えがするので、ガントレットのような手袋、ネックウォーマー、
厚手の靴下を室内でもしています。燃料供給型懐炉も…。

なかなか体調的に、外に出られる機会も少ないのですが、
小雪が降るとちょっと写真撮りに行ってみたりします。
今月は2回くらいだったかな。

12月は、行ければ動物の写真を撮りに行きたいです。


ナナカマド
Japanese Rowan

Baikada’s main website
Wild Home

RGB-Green

picture

Hyla japonica
Japanese tree frog
日本雨蛙(ニホンアマガエル)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

光の三原色、「RGB」を意識する上で一番頭が痛いのがこの緑。
普通のモニターで画像調整して自然な緑を作って、
プリントアウトすると緑が異様な鮮やかさで雰囲気が変わってしまう。
それもまたいいのだが、本来の緑を出したいときもある。
It is green that it is the most difficult when I am conscious of three primary colors of the light, “RGB”. I adjust an image with an usual monitor, and I make natural green, and an atmosphere changes with the vividness that green is strange when I print it out. It is good, too, but there is it when I want to give original green.

最近AdobeRGBという、今までのRGBよりも表現色が
豊かな形式が出てきている。(より自然な色域が出ます)
我が家のカメラと、プリンターはAdobeRGB対応です。
でも、モニターは対応していません。
なので、写真を撮って、パソコンを通さずにプリントすると、
見た目に近い写真が出てきます。
しかし、パソコンのモニターを通して画像を調整すると、
プリントしたときにかなりかけ離れた色になる。
モニターもAdobeRGB対応のものが最近出てき始めている。
とても欲しいが、もちろん安価なタイプでも相当高い。
しばらくは手は出せない代物です。
The form that expression color is richer than conventional RGB called “AdobeRGB” comes out recently. (More natural color area appears)
My camera and printer support AdobeRGB. But my monitor does not support. Therefore a photograph near on the eye appears when I print it from a camera directly without using the PC.
If the image is adjusted by handling a usual monitor, the printed image becomes a considerably different color. As for the monitor, a thing for AdobeRGB is released recently. I want it very, but even a cheap model is considerably expensive. I cannot buy it for a while.

この写真は、自然の緑を出したかった。
ニホンアマガエルの緑、イネの緑。
日本にはこんなに美しい緑がまだあるってことを、綺麗に残しておきたいのです。
I wanted to take out the natural green of this photograph. Green of Japanese tree frog , green of rice plant. I want to be leaving it by the image the remainder of such beautiful green in Japan still.

数百年前の日本人も見た光景。
できれば、数百年後の日本人にも見ていて欲しい光景。
実物が残ることを切に願いたいです。
The scene which the Japanese several hundred years ago watched. I want a Japanese several hundred years later to look if possible. I want to hope that the real scene is left eagerly.

.

Baikada’s main website
Wild Home

RGB-Red

picture

Oncorhynchus nerka
“Sockeye salmon” or “Kokanee”
紅鮭(ベニザケ) もしくは 姫鱒(ヒメマス)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

「RGB」というのをどこかで耳にした方がいると思う。
「三原色」というものがある。
普通に絵の具などであらわすのは赤、青、黄の三色です。
しかし、「光の三原色」というものがある。これは赤、緑、青。
英語でRed, Green, Blue。略してRGBだ。
昔のブラウン管テレビをとても近くで見ると、
映像は赤と青と緑小さな粒で構成されている。今は見るのは少し難しいかな…。
デジタルで写真をやっていると、RGBで悩む事がある。これはまた次回以降にでも。
I think that you hear “RGB” somewhere. There is the one “Three primary colors”. It is a red, blue, yellow three colors that usually show with paints etc. However, there is the one “Light’s three primary colors”. This is red, green, and blue. R & G & B.
The picture consists of red and blue and a green small grain when I watch old cathode-ray tube television close. Is it slightly difficult to look now…? There is worrying by RGB when I take digital photography. I write this worrying again even after the next time.

今回の対象は真っ赤に染まったベニザケ(Oncorhynchus nerka)のメス!
…といいたいところなのだが、
非常に大きくなって赤くなるヒメマスもいるので、
一概に外見では決定できないようだ。
成長の度合いを顕微鏡クラスで確認しないと識別は無理らしい。
This object is female of Sockeye salmon dyed red! …I want to conclude so, but it seems not to be able to decide it by the face because there is Kokanee  that grows very much and reddens, too. If the degree of growth is not confirmed with the microscope, identification seems to be impossible.

淡水魚の中には、同じ種類でも海に下りて遡上するタイプと、
淡水で一生を過ごすタイプがいる。
先のベニザケとヒメマスは同じ種類の魚だが、ベニザケはオス、メスともに
巨大化し、婚姻色の赤で染まる。
ヒメマスは一般的には小型で、メスはほとんど赤くならない。
In the freshwater fish, the same kind has the type that goes down to the sea and goes up, and the type to spend the life with the fresh water. Sockeye salmon and Kokanee are the same kinds, but Sockeye salmon is male, and a female becomes gigantic together and is dyed with the red of the nuptial coloration. Kokanee is generally small, and most of the females do not redden. The individual in this photograph is 46cm. It is larger than the male of Kokanee in surroundings. It is red though it is a female.

この写真の個体は、46cm。周りのヒメマスのオスより大きい。
メスなのに赤い。しかし外見で識別できない。
(とても見慣れた人には簡単なのかもしれないが…)
遺伝的には、ベニザケなのか、ヒメマスなのかわからないが、
私の中ではベニザケであってほしいと思う。
とても逢うことに憧れた魚だから。
Inherited, it is Sockeye salmon and I think hope in me though I do not understand whether it is Sockeye salmon or Kokanee. Because it is a fish that yearned for me to meet Sockeye salmon.

しかし、この美しい赤も、間もなくその命の赤い炎を潰えて消える。
そして次の世代は、海を目指すのだろうか。湖に残るのだろうか。
However, the red flame of the life disappears in this beautiful red soon. Does the next generation aim at the sea?, or remain in the lake?

.

Baikada’s main website
Wild Home

Very tired

It was the work of the field study of a bird after a long absence.
Because it is work, a place and the kind that appeared do not make it clear.
The thing which there was not may start a photograph in the thing which
there seems to be no and the investigation object of the problem partly.


ゆきむし(トドノネオオワタムシ?)
Snow-like insect

久しぶりの鳥の野外調査の仕事だった。
久しぶりの仕事としては、自己採点で70点。
でも、訂正などもいくつか出してしまったので、客観的には65点。
冬の猛禽類がなかなか面白かった。

帰り道、高校生の帰宅ラッシュに当たってしまい、気持ち悪くなってしまった。
最寄の駅についてから歩けなかったが、人酔いが激しかったのでバスにも乗れず、
タクシーにも乗れず。徒歩15分の行程が1時間30分に化けた。
非常に厄介だ…


ホオジロ
Siberian Meadow Bunting

Baikada’s main website
Wild Home

Bird watching

I went out in “bird watching” after a long absence.
I had three purposes.
Having had to sometimes move a car.
The state confirmation of the scope which I borrowed from an acquaintance.
To regain the perception of “the bird watching.”


カワセミ
Common king fisher

久しぶりに「鳥を見に」出かけた。
車をたまに動かさなきゃって言うのと、知人から借りたプロミナーの様子確認と、
鳥見の勘戻しのため。

もともと鳥見は得意なほうでなく、続けていないとすぐ知識と経験が抜ける。
今回は、痛烈にそれを感じた。

カモがわからない、チドリがわからない、
タカがわからないものがそれぞれ1個体ずついた。

アヒルがいて、「ハイハイ、アヒルアヒル」って無視してたら、
顔をよく見たらガンの顔だった。ということはこれはガチョウになるのかな。

明日から2日調査の仕事だが、「うそ」を書かないように十分に気をつけよう…。


ガチョウとカルガモとマガモ
Domestic Goose & Mallard & Spot-billed Duck

Baikada’s main website
Wild Home

The world in eyes

picture

Rana porosa porosa
Tokyo Daruma Pond Frog
東京達磨蛙(トウキョウダルマガエル)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

眼に映る大空、雲、そして私。
平和な光景です。写真を見る、撮る側からすれば、和みすら感じます。
It is sky, cloud and me to suite the eyes of the Tokyo Daruma Pond Frog . It is a peaceful scene. A person to see a photograph and the person taking him may feel calming down.

「目は口ほどにものを言う」という諺があります。
しかし、外見だけではトウキョウダルマガエルの感情は、読み取れません。
彼の感情について確実に言えることは、私に対する感情は「恐怖」でしょう。
私は、いつか殺気や気配を消し、
動物に恐怖感を与えずに撮影できるようになりたい。
There is a Japanese proverb that “the eyes tell things almost as same as a mouth”. However, I cannot read the feelings of him only by appearance.
As for the feelings for me, it will be “fear” about his feelings surely that I can say. I want to delete an atmosphere and want to get possible to photograph it without giving an animal a sense of fear.

目指すは「忍」の境地。
It is a state of “Shinobi” that I aim.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Color

picture

Hyla japonica
Japanese tree frog
日本雨蛙(ニホンアマガエル)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

長くなります。すいません。
この写真を載せるにあたり、話したい事がたくさんありすぎるので…。
適当に流しておいてください。
最後の数行だけが伝えたいメッセージです。
Because I wanted to explain a lot when this photograph is improved, it has written a lot. However, only the last several lines of sentences are messages that I want to write.

ニホンアマガエルは普通は緑です。
土の上に居れば黒っぽく変化するし、灰色にも変化します。
しかし、これほど黄色くなる個体もあまり見られない気がします。
つまり色彩変異だと思ったりするのです。
Japanese tree frog is usually green. It changes blackish in case of being on the soil. Moreover, it changes into the gray. However, I think the individual that yellows like this not to be seen so much either. In a word, I think that it is a color mutation.

この黄色さが気になって、葉っぱの上におき、2時間くらいいてもらったところ、
まあ、黄色なのですが、ごくわずかに緑っぽい色に見えるようになりました。
まあ黄色ではないけれど、どうも色素の何かが異常を持っているようです。
色彩変異、個体変異は、今の私のお気に入りの項目で、
たくさん写真を撮り溜めたいと思っています。
I was anxious about yellow color of it, and put it on the leaf for two hours. It came to look very little a color like green when often seeing though body color of it was yellow. The coloring matter seems to have abnormality though it is not complete yellow. Because my favorite is a color mutation and an individual variation, I want to take a lot of photographs.

私がヘビを探し始めた頃、ジムグリの赤くて腹に市松模様を持たないものを
アカジムグリと呼び、別種ではないかなどとも言われていました。
しかし、同じジムグリの親が産んだ卵から、ジムグリとアカジムグリが
同時に生まれたのを目の当たりにしました。
ただの色彩変異だったのです。
オホーツク地方に住み始めると、アオダイショウは多くがくすんだ色を持たず、
ライトブルーやライトグリーンの個体が多くいました。
シマヘビ
はシマがない個体をたくさん見ました。真っ黒なシマヘビも見ました。
When I began to look for the snake, the one that Japanese Forest ratsnake is red was called “Red Burrowing ratsnake”, and guessed to be another kind. However, I confirmed Burrowing ratsnake and Red Burrowing ratsnake appeared from the egg that parents of same Burrowing ratsnake had laid at the same time. It was a color mutation.
I began to live in the Okhotsk area in Hokkaido, and observed the snake.
I thought that many did not have the light color in Japanese rat snake, and there were a lot of ones light blue and light green. I saw a lot of Japanese four lined snake that were not have line. I saw a jet-black Japanese four lined snake.

今年、関西地方以西で、ヤマカガシの色彩変異をたくさん見ました。
色彩が違うと、別種と見間違うほど外観が変わります。ヘビの図鑑のサイトをかじっている身としては、なるべく多くのパターンを載せたいと思いました。
ニホンマムシのページはかなり頑張ってると思います)
それぞれを、英語のサイトで掲示するにあたって、専門用語を勉強しなければなりませんでした。
ペット業界ではかなり使われる単語たちです。
A lot of color mutations of Tiger keel back were seen in the Kansai area west this year.
Externals change by the mistake of the variety and looking when the color is different.
I wanted to up the pattern as a lot as possible as a body that bit the site of snake’s picture book.
(It is thought that the page of Japanese mamushi holds out considerably. )
To post of each on an English site, I had to study the technical term.
They are words considerably used in a pet industry.

赤色色素が強く出る個体は、エリスリスティック(Erythristic)。
赤色色素が欠乏する個体はアネリスリスティック(Anerythristic)。
黒色色素が強く出る個体は、メラニスティック(Melanistic)。
黒色色素が欠乏する個体は、アメラニスティック(Amelanistic)。
黒色色素が「少ない」個体はハイポメラニスティック(Hypomelanistic)。
黄色色素が強く出る個体は、ザンティック(Xanthic)。
黄色色素が欠乏する個体はアザンティック(Axanthic)。
色素を全て欠乏するものは、アルビノ(Albino)。(血液の赤が反映されるので目は赤い)
The individual with strong red is “Erythristic”.
The individual without the red dye oppositely is “Anerythristic”.
The individual with strong pigmentum nigrum is “Melanistic”.
The opposite is “Amelanistic”.
In addition, the individual with a little pigmentum nigrum is “Hypomelanistic”.
The individual of which the yellow pigment goes out strongly is “Xanthic”.
The opposite is “Axanthic”.
All lacked individuals are “Albino” as for the coloring matter.
(Eyes are red of blood. )

アメラニスティックはアルビノとも言われる事があります。
アルビノはどれか一色が欠乏するときにも使うことなどもあるようで、
非常に混乱します。
広い意味で使うか、狭い意味で使うかの差のようです。
There is a thing that the word “Amelanistic” is used in the same meaning as “Albino”.
When any one color is lacked, “Albino” is like the word used. I am very confused. The difference whether the word “Albino” is used in a broad sense or use it in a narrow sense.

非常に覚えるのに時間がかかりました。
しかし、特にヤマカガシの色彩変異を英語でを語る上では
これらの言葉は必要不可欠です。
I took time to learn it. However, these words are essential to write in particular color variation of Tiger keel back in English.

ところで、写真のニホンアマガエルはどんな色彩変異と呼べばいいのでしょう。
By the way, Japanese tree frog  in the photograph might only have to be called what color mutation?

時々、水色のニホンアマガエルが発見されたと報道があったり、
新聞を賑わす事があります。
「黄色色素と青色色素で緑色を構成するニホンアマガエルの体色のうち、
黄色色素が欠乏したために青色になった」
と説明されています。
つまり、アザンティック(黄色色素が欠乏)に当てはまります。
It might be reported that light blue Japanese tree frog was discovered sometimes. This is explained, “Because yellow had been lacked among body color of green Japanese tree frog, became blue”. In a word, it applies to “Axanthic” (The yellow pigment is lacked).

この論調で行くと、このニホンアマガエルは青色色素をが
相当減少していることになります。
しかし、調べても調べても「青色色素が少ない」にあたる言葉がわかりません。
いや、生物色素の系列から行けば、青色色素が少ないこのニホンアマガエルは
アシアノティック(Acyanothic)という言葉があてはまるのかもしれません。
サイケデリック・フィッシュという魚(ニシキテグリという魚の近縁種)から、
青色色素(Cyanophore)が見つかっているそうです。
When it is this theory, this Japanese tree frog will do blue coloring matter equivalent a decrease. However, the word that applies to “A blue coloring matter is a little” even if it examines it is not understood. The word “Acyanothic” might apply to this Japanese tree frog that a blue coloring matter is a little if going from the affiliate of the living thing coloring matter. Blue coloring matter (Cyanophore) seems to be found from the fish named psychedelically fish (Synchiropus picturatus) .

しかし、ニホンアマガエルの青は違うようなのです。
青色色素の青は、実はかなりくすんだ青のようなのです。
However, blue of Japanese tree frog is different. Blue of a blue coloring matter is like subfusc blue.

ふと、気がついて行き当たった言葉は「虹色素」です。
虹色素(Iridophore)は厳密に言うと色を発現する色素ではないようなのですが、
光が当るとニホンアマガエルの場合、やや輝きのある青色に見えるそうです。
(魚の虹色素では青のものだけでなく、黄色や白を呈するものもあるようです)
ということは、この黄色のニホンアマガエルは「虹色素が欠損」の意で、
アニリドティック(Aniridothic)ですね!
いや、ごくわずかに緑味をおびたので、「虹色素が減少」ですね。で
はハイポイリドティック(Hypoiridothic)が適当でしょうか。
And, the word that I found is “Iridophore”. When light is hit, Iridophore seems to be seen blue about the shine a little in case of Japanese tree frog walking though is not an appearing coloring matter the color. (There seems to be not only blue but also a yellow, white one in fish’s Iridophore. ) Because this yellow Japanese tree frog is “Iridophore is a loss”, it is “Aniridothic”. No… Because a green taste was worn very slightly,,, because it is “Iridophore decreases”,,, it is “Hypoiridothic”?

…と、一生懸命考えたのですが、実際調べてみると緑のカエルが
黄色くなっている個体はみな、ザンティック(黄色色素が強い)で
片付けられているようです。
未だ、頭の中の整理がつきません。。。
Though I thought hard… It seems to call a green frog when actually examining it and to be called all individuals that have yellowed “Xanthic” (The yellow pigment is strong).

The following sentences are only Japanese. I’m sorry.

ツボカビ症の危機、一般の方々は忘れかけているフシもあるけれど、
大流行、大発生しないように研究している人達がいます。
治療に頑張る人もいます。研究に頑張る人もいます。調査に頑張る人もいます。
今日はそんな方たちの話を聞いて勉強したので、
難しいことを書きたくなったのかもしれません。

たかがカエルの話ではありますが、カエルっていろんな生き物の食料です。
場合によっては農業害虫を食べてくれます。
全ていい話ばかりではないけど、カエルは、生態系では重要な生き物です。
今、両生類がいなくなる可能性のある病原体「ツボカビ」が日本に既にいるのです。

ツボカビ侵入の発表から1年。大発生も、大量死も日本の野生界では起きていません。
何らかの要因があって、そういうことにならないのかもしれません。
しかし、オーストラリアやパナマでは猛威をふるい、
絶滅種も出した危険な病原体ではあります。

私達が「新型鳥インフルエンザ」を警戒するように、 ツボカビにも変異が起こって
突然、日本で猛威を振るうことも考えられなくは無いです。
(インフルエンザほど、変異の起こりやすいものではありませんが)
リスクを考えて、行動するということは大切なことだと思います。

写真を撮っているときは、私も難しいこと、吹き飛んでしまうので、
ただただ楽しんでしまっています。
私個人に出来ることは限られていますが、「今、出来ること」は
やってみたいと思います。

消毒すること、啓蒙すること、他にもなにかやれるときがあるかもしれない。
「のらがへる 負けるな、ばいかだ これにあり」 なんて言えたらかっこいいね。

もちろん、カエルに限らず、だけどね。

.

Baikada’s main website
Wild Home

Beauty belly

I went for shopping and stepped on the bicycle.
It was connected in the forest when I entered the narrow path of the side because there were not so many loads.
The flock of small birds flew, but the photograph was not able to come out without keeping still.
A Japanese beauty-berry grew wild in the forest. I love that I watch this fruit.


ムラサキシキブ
Japanese beauty-berry

買物にでかけて、自転車に乗った。
荷物もそれほど多くなかったので、脇の細道に入ると、森に繋がっていた。

小鳥の混群が飛んでいたが、じっとしてくれず、写真は撮れずじまいだった。
その森にはムラサキシキブが自生していた。この実を見るのは大好きだ。

昆虫はひらひら飛ぶカゲロウの仲間やカの仲間ばかりで、めっきり少なくなった。

しかし、ジョロウグモの姿が妙に目立つ季節になった。


ジョロウグモ
Jyoro-gumo

Baikada’s main website
Wild Home

Winter insects

I went for the consultation of the car inspection.
I watched a creature absentminded in a park on one’s way to a house.
I am tired and cannot move actively.


クロアゲハ?
Spangle?

車検だ。
憂鬱だが、仕方ない。
最近体が、朝にならないと動くか動かないかわからないので、
あまり予定を入れていない。

しかし、車検は通さないと乗るだけで法律違反。
一生懸命行って来ました。

カーショップは、フィールド・オタクにとって、かなり目に悪いところ。
雪山に行く予定があれば、スタッドレスやチェーンがいるだろうとか、
便利なものに目が行ってしまう。

学生時代には、1月2月の厳冬期に、
丹沢の山奥まで夏タイヤの車でチェーンも持たずに行くという、
命知らずなこともしていた。

北海道に住んだら、文化の日(11/3)くらいを目処に、スタッドレスに履き替えていた。

青梅は、、、少なくとも都心や海側の地方よりは、
雪や凍結に気を配らなければならないかもしれない。

今年は半ば諦めているが、雪の軽井沢や日本海側でも写真を撮ってみたい。
スタッドレス買おうか買うまいか。4本で8.5万円。無理です(ToT)。

でも、チェーンも少しずつ進化していて、鉄→プラスチックで軽量化してきている。
今日は、更に良さそうなもの見つけた。

タイヤに靴下みたいに履かせるだけ。
最安のチェーンの倍くらいの価格はするけど1kgもないし、
使用感はジャリジャリしなくていいらしい。

まあ、そんなこんなで、夏タイヤもヘタってしまっている事が判明したので、
車検15~20万くらいかかりそうです(泣)。

帰り際、曇っていたけど、少し公園に寄ってボーっと。
動き回るフィールド出来なかったので、近くに寄って来てくれる生き物だけ。

虫も、そろそろいなくなってくるんだよね。寂しいねー。冬鳥、早くカモン!


キバラヘリカメムシ
No english name (Yellow bellied & yellow side Stinkbug)

Baikada’s main website
Wild Home

Wonder

picture

Aegista vulgivaga
English name is unknown.
大毛蝸牛(オオケマイマイ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

子供の頃、アジサイの葉の上で見るマイマイをカタツムリと呼んでいました。
時々、石垣にいるとんがった細長いのもカタツムリ、
黒いのも、縞々なのも、カタツムリでした。
私がヘビに夢中になるようになり、
マイマイだけを食べるイワサキセダカヘビを知りました。
また、沖縄本島でそのヘビを飼っている人に、餌のマイマイを採ってもらうよう頼まれ、
少しマイマイを学びました。
In childhood, I was calling a snail seen on the leaf of the hydrangea “Katatsumuri” In the stone wall be sharpened long and slender, and black body, and had line on shell… All any snails were called “Katatsumuri”. I came to be absorbed in a snake and knew Iwasaki’s slug snake which ate only a snail.

私がカタツムリと呼んでいたものは、マイマイ類、オカタニシ類、
キセルガイ類、オカモノアラガイなど。
そしてナメクジ類もカタツムリに近いとわかり、
更には、「貝」の仲間であることを知りました。
There were various kinds to the thing which I called “Katatsumuri” and knew that it was the companion of “the shellfish”.

イワサキセダカヘビは、オカタニシのように蓋のあるものは食べず、マイマイを食べます。
右巻きのは食べやすいけど、左巻きのは苦手です。
マイマイのなかでも、沖縄産のものでは、オキナワヤマタカマイマイを好むと。
オキナワヤマタカマイマイは、腰~肩くらいの高さの、樹木や草本上に多くいました。
マイマイもいろいろ住み分けるようです。
マイマイは移動能力が劣るので、島では島特産のマイマイが産出します。
山形県の飛島に行ったときも、島特産亜種のトビシママイマイを
見つけて喜んだりしていました。
Iwasaki’s slug snake doesn’t eat the one with the lid, and it eats snails without the lid. It is not good eating “Sinistrorse snail”, but he eats “Dextrorse snail” easily. Because it is inferior in locomotiveness, the snail of the special product produces snail in the island. When I went to Tobi-shima Island of Yamagata, I was pleased to Tobi-shima snail (Euhadra grata tobishimae) of island special product subspecies.

青梅へ引っ越し、ヤマコウラナメクジなど見つけて喜んでいると、憧れのマイマイ、
ケマイマイ類の情報が入りました。
なんと、自宅から歩いて3分です。
石垣の土の露出した部分を丹念に探すと、いました!オオケマイマイが!
殻に閉じこもって出てこないのですが、その姿は、甲羅も平たく、
その縁には硬くない毛が密生しています。
なんと不思議なマイマイなんだろう…。はやく、中身が出てこないかな…。
と待つこと30分。やっと出てきました!なぜかウンチと一緒に(^^;
中身は普通のマイマイでした。
こんな素敵な不思議なカタツムリが身近に住んでいることを誇りに思いました。
When I moved to Ome and was pleased to find “Mountain shell slug“, information of “Companion of snail where hair grows”(My longed-for snail) entered. A habitation place is a place of three minutes on foot how from the home. There was “Large snail where hair grows” (Aegista vulgivaga) when it searched deliberately for the part where the soil on Stone-wall was exposed. It shuts itself up on the shell and does not come out, but, as for the figure, the shell is flat, and the hair which is not firm grows thick in the edge. What mysterious snail you are! I wanted you for the body of snail to come out early. It was 30 minutes that waited expecting it. Then, it has finally gone out, however, it doesn’t exist as you can come out with excrement. The body was a common snail. I was proud that such a wonderful mysterious snail lived close.

これからも、マイマイ類はしばらく追ってみたいと思いますが、
種類を調べるのが大変です。
意外と、まだ知られない種が、たくさん身近にいるような気がしてならないです。
I want to chase snails for a while, but it is hard to examine a kind from now on. The kind that is not yet known strongly feels that I am close a lot unexpectedly.

.

Baikada’s main website
Wild Home