釧路湿原における水生ダニによるキタサンショウウオ卵嚢の食害例

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.002に、「釧路湿原における水生ダニによるキタサンショウウオ卵嚢の食害例」が掲載されました。

主著は照井滋晴さん、徳田は共著者として参加しています。

Baikada’s main website
Wild Home

ontona

2014年6月4日、北海道新聞社発行のフリーペーパー「ontona

ontona

こちらの「北のいきものがたり」No.3のエゾサンショウウオの記事に写真提供と文書作成の協力をさせていただきました。

Baikada’s main website
Wild Home

マニアな晩餐会にて

北海道希少生物調査会が主催するマニアな晩餐会で、円山動物園の本田直也さんと一緒に、両生類爬虫類のお話をしてきました。

4人でお話したのですが、あとの二人は、昆虫の方々で、北海道博物館の堀繁久さんと、北海道大学博物館の大原昌宏さんでした。

地べた目線の写真展

The exhibition “Photo exhibition by looking from the ground”. I will hold an exhibition at “The Chitose Salmon Aquarium Specializes in Salmon & Fresh-water Fishes of the Northern Pacific” in Chitose city.

2014年3月1日から4月13日まで、「千歳サケのふるさと館」にて写真の展示を行います。展示はA1~A2版で20枚の写真を展示しています。

会場→千歳サケのふるさと館

3月1日、ちょっと会場に行ってきました。写真の配置を少し調整していただいたり、展示動物のお話などいろいろしてきました。

個人的な超おすすめ展示動物は、

これです。エゾサンショウウオのアルビノ。

魚の展示もさることながら、両生類も「おっ」と思うかなりマニアックなラインアップが。オキサンショウウオやオオダイガハラサンショウウオが見れるのは道内でここだけかもしれませんね。展示されているエゾアカガエルも、大変美しい個体がいましたよー。

個人的には、入口水槽で何の気なしに泳いでる4匹のチョウザメがツボ。全部別種。おもしろいー。ちなみに、有名なインディアン水車は残念ながら冬季なので非稼働です。(8~12月ごろ稼働とのこと)

Baikada’s main website
Wild Home

第2回北海道爬虫両棲類研究大会

logo

北海道爬虫両棲類研究会主催の第2回北海道爬虫両棲類研究大会にて
「アズマヒキガエル(外来種)の卵紐と幼生が及ぼす北海道在来両棲類への影響について(予報)」をお話してきました。

今回は、札幌市円山動物園がご協賛してくださって動物園を会場に、大会を開くことができました。また、会員では虫類・両生類館のバックヤードツアーもさせていただき、たいへん盛況でした。ご協力下さった皆様に、お礼申し上げます。

Baikada’s main website
Wild Home

外来種シンポジウム

北海道大学で行われた外来生物シンポジウム(北海道大学サステナビリティ・ウイーク2013の一環)で両生類・爬虫類部門のパネリストとして参加、講演してきました。

普段からもなるべく広い視野で生物多様性を意識して外来種を考えていきたいと思っておりますが、両生類や爬虫類だけを見ていると、他の分類群の動物のお話は色々ためになります。

パネリストとして、聞きに来てくださった方々にお話するだけでなく、私自身も勉強できますね。

Baikada’s main website
Wild Home

共育フォーラム

共育フォーラムというところで、「自分」についてプレゼンをしてみました。

いろいろな方に知り合うことができました。いろんな業界があって、いろんな人達がいるんだなあ~とあらためて思いました。

しかし、自分をプレゼンするということのなんと難しいことよ…