Displaying posts categorized under

Baikada Works (仕事)

さっぽろ生き物トークカフェ

sapporo

2016年3月14日に、札幌駅地下歩行空間札幌駅側イベントスペースにて、札幌市環境局環境共生推進担当課主催、「希少な生き物たちを語る!」という題で北海道希少生物調査会の寺島さんとトークイベントをしてきました。

45分間のお話時間、話過ぎた感が…。たぶんあのまま、放置されたらずっと喋ってたかも…。時間みて、話を誘導して下さった寺島さんに感謝です。

札幌市内の両爬と少しだけ他の生き物(変形菌)のお話させていただきました。

お聞きくださっていた方々にも、にこやかな表情が見れたので、ホッとしました!

会場に来てくれた方々、足を止めて下さった通勤通学等の皆さま、札幌市の職員の方々、イベントのスタッフの皆さま、そして寺島さんに御礼申し上げます。

Baikada’s main website
Wild Home

両爬の不思議なネタ話

fureaai

2016年3月12日に、野幌森林公園自然ふれあい交流館(大沢口)にて、講演「両爬の不思議なネタ話」をしてきました。

さて、講演にご参加して下さった方は、35~40人くらいで、大盛況でした。大変ありがとうございました。

RIMG4710

普段は国内の両爬を話すことが多いのですが、世界の変わった両爬や、変わった生態などの豆知識集をショートショートで20本、120分間お話させていただきました。

講演要約
少しずつ北海道のなかでも、認知度が上がってきている(?)両生類や爬虫類。鳥や哺乳類の人気にはまだまだ及びませんが、マイナーな動物にはマイナーなネタ話があるのです。「イモリの黒焼きは身を滅ぼす?」「北海道の池の亀はどこで冬眠する?」「サンショウウオってなんでそんな名前が付いてるの?」「日本でも新種の両爬がどんどん増えてるって知ってた?」「おじさんの知ってる恐竜と今の恐竜は、実はちょっと違う」などなどの豆知識集をお話させていただきます。

皆様おおむね楽しんで頂けたようで、ほっとしました!

Baikada’s main website
Wild Home

THE JR Hokkaido No.337 MARCH

JR北海道のTHE JR Hokkaido (特急とかにある持ち帰りフリーの車内誌)のほっかいどうイキモノート(イラストレーター新岡薫さんのコーナー)で、カエルのお話をして、掲載していただきました。札幌のcafe、カエルヤ珈琲店もいっしょに!

THE JR Hokkaido

昨日は北海道新幹線の1番列車の予約開始ということで、北海道ではだいぶニュースになっていました。つまり、1ヶ月後に北海道新幹線開業なんですよね。(まだ新函館北斗まで、ですけれども)

その開業時の新幹線には、自分の乗ってる車内誌が…?イイデスネ。

Baikada’s main website
Wild Home

北海道レッドリスト(2015・両生類爬虫類)

北海道が発表した、北海道レッドリスト【両生類・爬虫類】改訂版(2015年)に北海道希少野生動植物保護対策検討委員会両生類・爬虫類専門部会の専門委員としてお手伝いさせていただきました。

Baikada’s main website
Wild Home

改訂版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑

おかげさまで、2015年7月29日に「改訂版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑」を出版しました。

改訂版 北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑

著・写真:徳田龍弘 監修:竹中践 装丁:岡田善敬
(96ページ、B6サイズ、北海道新聞社)

改定前から、数種の分類の変更や新産地追加、北海道生物多様性条例に伴う記述など、より良くなるような内容の改定を行いました。

道内書店などでもご購入可能です。インターネットでは、以下をはじめ、他社においても取り扱いがあります。
北海道新聞社楽天ブックスAmazon

(2000)

Baikada’s main website
Wild Home

エゾアカガエルの秋鳴きと冬季の行動・体の変化の事例

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.3に、「エゾアカガエルの秋鳴きと冬季の行動・体の変化の事例」が掲載されました。

著者:徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

阿寒国立公園阿寒地域における両棲爬虫類の生息状況

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.3に、「阿寒国立公園阿寒地域における両棲爬虫類の生息状況」が掲載されました。

主著は照井滋晴さん、徳田は共著者として参加しています。

Baikada’s main website
Wild Home

北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.3

I edited the “Bulletin of amphibians and reptiles in Hokkaido Vol.3”.

2015-06-14-17-16-50-0900-210x300

北海道爬虫両棲類研究会発行の北海道爬虫両生類研究報告 Vol.3を編集しました。会の発行物ですので、一般書店では購入出来ません。ご注意ください。

内容やお求めに関してはこちらから。

Baikada’s main website
Wild Home

ハープソン2015(0429石山)

今年のハープソンでは、自分はスロースタートです。今年はあまり遠くに行けないので今日(4月29日)は、エゾサンショウウオの産卵地で家から最も近い場所の候補を確認してきました!道のり距離で約7.5km。札幌市南区の、ハープソンエリアで言えば石山エリア。いつもは気にせず、車で通過している場所で水が湧いてるとこを見つけた。

ike

表面が藻(?)で覆われているから、水温高くてダメかな?と思ったけど、

ike2

お、エゾサンショウウオの卵嚢だ!今年のハープソンの自分第一号はエゾサンショウウオでした。

よく見るとこの藻の表面をピチピチ動くものが。ドジョウ系かなと思ってすくってみると…

etto0

エゾサンショウウオの幼生ではないですか。しかもでかい…。越冬幼生だね。かろうじてエラが残っていて、上陸寸前な様子。金ラメが入ってて綺麗でした。

etto2

結構な数いてね、ひとすくいで3匹入ったりしました。小さい池だけど、生存競争激しそう。

etto3

しかしね、札幌でエゾサンショウウオの越冬幼生、何ヶ所かで見たけど今のところ一番標高低い場所だった。湧き水が冷たいのかな。

ちょうど、今年の卵嚢から幼生が発生して、越冬幼生は新幼生を食べ放題の時期。ぐんぐん成長するんだろうな。

etto1

今日一番大きかったやつ。約8.3cm。しかも肥えてるので大きく見えました。

道すがら、他の両爬を探したけど、今日はこれで打ち止めでした~。温かい一日だったので、他の人達は爬虫類を見た人もいるかもしれないねー。

あとで地図を見返してみたけど、家から道のり距離5.0kmと5.1kmのところにサンショウウオいそうな地形があるような気がする…。また後日覗いてみようかなー。

Baikada’s main website
Wild Home

北海道博物館:展示写真

2015年4月、北海道博物館がオープンしました。

HokkaidoHakubutu

こちらの施設の、自然展示のコーナーの外来動物展示動画にトノサマガエルの写真を提供しました。

Baikada’s main website
Wild Home