Displaying posts categorized under

HHS

釧路周辺のハペトロジー~両生類や爬虫類に興味はありますか?~

I talked about Reptiles in Kushiro and “Herpthon” in Kushiro city museum.

kushiroshihaku

2017年4月23日に釧路市立博物館で、
北海道爬虫両棲類研究会が主催した
「釧路周辺のハペトロジー~両生類や爬虫類に興味はありますか?~」
という講演会で、

・釧路周辺の爬虫類
ハープソンHokkaido 2017についての説明会
のお話しをしてきました。

また、NPO法人環境把握推進ネットワークPEGの照井さん(研究会副会長)による
・釧路周辺の両生類

釧路市立博物館の野本学芸員による
・釧路市立博物館の両生類・爬虫類展示のリニューアルについて

のお話しをして下さいました。
たくさんの方がお聞きに来てくださって
大変ありがたかったです!

会場に来てくれた方々、釧路市立博物館の職員の皆様、
そして照井さんに御礼申し上げます。

※ハープソンHokkaido 2017事業は、
北海道新聞野生生物基金の助成を受けて行っております。

.
Baikada’s main website
Baikada.com

北海道爬虫両棲類研究会でのフィールドイベント

I took the lead in “Field event” by Hokkaido Herpetological Society.

logo

北海道爬虫両棲類研究会(HHS)のフィールド観察会をしたりしています。
(会員限定)

2017年4月23日 「キタサンショウウオ観察会 in 釧路湿原」

.
Baikada’s main website
Baikada.com

北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.4

I edited the “Bulletin of amphibians and reptiles in Hokkaido Vol.4”.

IMG_1259

北海道爬虫両棲類研究会発行の
北海道爬虫両生類研究報告 Vol.4を編集しました。

会の発行物ですので、一般書店では購入出来ません。
ご注意ください。

内容やお求めに関してはこちらから。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

阿寒湖周辺の森と水辺の生き物たち

001‐表紙

北海道爬虫両棲類研究会発行の
「阿寒湖周辺の森と水辺の生き物たち」を共著いたしました。

会の発行物ですので、一般書店では購入出来ません。
ご注意ください。

内容やお求めに関してはこちらから。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.3

I edited the “Bulletin of amphibians and reptiles in Hokkaido Vol.3”.

2015-06-14-17-16-50-0900-210x300

北海道爬虫両棲類研究会発行の
北海道爬虫両生類研究報告 Vol.3を編集しました。

会の発行物ですので、一般書店では購入出来ません。
ご注意ください。

内容やお求めに関してはこちらから。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

ハープソン2015(0429石山)

今年のハープソンでは、自分はスロースタートです。

今年はあまり遠くに行けないので
今日(4月29日)は、エゾサンショウウオの産卵地で
家から最も近い場所の候補を確認してきました!

道のり距離で約7.5km。
札幌市南区の、ハープソンエリアで言えば石山エリア。

いつもは気にせず、車で通過している場所で
水が湧いてるとこを見つけた。

ike

表面が藻(?)で覆われているから、
水温高くてダメかな?と思ったけど、

ike2

お、エゾサンショウウオの卵嚢だ!
今年のハープソンの自分第一号はエゾサンショウウオでした。

よく見るとこの藻の表面をピチピチ動くものが。
ドジョウ系かなと思ってすくってみると…

etto0

エゾサンショウウオの幼生ではないですか。
しかもでかい…。越冬幼生だね。

かろうじてエラが残っていて、上陸寸前な様子。
金ラメが入ってて綺麗でした。

etto2

結構な数いてね、
ひとすくいで3匹入ったりしました。

小さい池だけど、生存競争激しそう。

etto3

しかしね、
札幌でエゾサンショウウオの越冬幼生、何ヶ所かで見たけど
今のところ一番標高低い場所だった。

湧き水が冷たいのかな。

ちょうど、今年の卵嚢から幼生が発生して、
越冬幼生は新幼生を食べ放題の時期。

ぐんぐん成長するんだろうな。

etto1

今日一番大きかったやつ。
約8.3cm。しかも肥えてるので大きく見えました。

道すがら、他の両爬を探したけど、
今日はこれで打ち止めでした~。

温かい一日だったので、
他の人達は爬虫類を見た人もいるかもしれないねー。

あとで地図を見返してみたけど、
家から道のり距離5.0kmと5.1kmのところに
サンショウウオいそうな地形があるような気がする…。
また後日覗いてみようかなー。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

第3回北海道爬虫両棲類研究大会

logo

北海道爬虫両棲類研究会主催の
第3回北海道爬虫両棲類研究大会にて
「トカゲ釣りをという遊びを研究にもっていけるか」
をお話してきました。

今回も、札幌市円山動物園がご協賛してくださって
動物園を会場に、大会を開くことができました。

また、会員では虫類・両生類館で餌やりツアーガイドも
拝見させていただき、たいへん盛況でした。

ご協力下さった皆様に、お礼申し上げます。

本年は、大学から学生さんも発表に参加してくださって
幅広い内容の発表会となりました。
来年は、演題数が増える様子であれば、
2日間の開催も必要かなと考えています。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.2

I edited the “Bulletin of amphibians and reptiles in Hokkaido Vol.2”.

Vol2-213x300

北海道爬虫両棲類研究会発行の
北海道爬虫両生類研究報告 Vol.2を編集しました。

会の発行物ですので、一般書店では購入出来ません。
ご注意ください。

内容やお求めに関してはこちらから。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

第2回北海道爬虫両棲類研究大会

logo

北海道爬虫両棲類研究会主催の
第2回北海道爬虫両棲類研究大会にて
「アズマヒキガエル(外来種)の卵紐と幼生が及ぼす
北海道在来両棲類への影響について(予報)」
をお話してきました。

今回は、札幌市円山動物園がご協賛してくださって
動物園を会場に、大会を開くことができました。

また、会員では虫類・両生類館のバックヤードツアーも
させていただき、たいへん盛況でした。

ご協力下さった皆様に、お礼申し上げます。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

個人総括(Herpthon 2013 Hokkaido)

Herpthon 2013 Hokkaidoに参加した皆さん、お疲れ様でした。

昨年に引き続き、個人総括をして行きましょう。
今年のハープソンは、昨年より規模が大きくなって、
春と夏の2期にとり行いました。

春は雨と低温に祟られてしまったけれど、
個人では5エリアでエゾアカガエルとエゾサンショウウオを確認しました。

夏はちょっと遠くに行きたいな、と思っていたのですが
体力不足でストイックにはいけず、100km圏内にとどまりました。

去年は、16エリアを調べて14種(+1亜種)でしたが、
今年は春夏合わせて、10エリア10種でした。
種数はぎりぎり目標に届きました。

さて、夏の行程を順を追って紹介すると…

6/30日、ハープソン夏期間の開始。
出だしはヒガシニホントカゲを見に道東に行きたい気持ちが大きかったので、
身近なところ「定山渓エリア」でヒガシニホントカゲを観察。
やっぱりキーワードは「岩」だ。

でも、日当たりが強くて、はやくトカゲの体温が上がるせいか、
朝8時でも、すでに日陰でクールダウンしてる個体がちょろつくくらいだった。
やっぱり5~6時じゃないとじっくり観察難しいかな。

日なたは暑いので、やや日陰に自分も移動して、ちょっと変形菌を探してみる。

いい雰囲気のキウツボホコリみっけ。
スポンジみたな外見で、かなり好きな部類の変形菌。
1本1本はとても小さくて、長くても3~4mmくらいかな。

しょっぱなから寄り道で始まったハープソンですが、
楽しみ方は皆、それぞれ。
マイペースで行きましょう。

…とまた別の変形菌があった。

白いツブツブがエダナシツノホコリ。
白の中にあるちょっと大きな茶色い丸いのがマメホコリの仲間。
そして白いのの左にある茶色い土くれみたいのが、
多分フンホコリなどに近い仲間の変形菌だと思う。

昨年は3つのテーマを持ってハープソンに臨みました。
①より多くの種類を記録すること
②自分の住まいの定山渓エリアでたくさん調べること

③外来カエルの分布地の把握

で、今年も3つのテーマを考えました。
①イベントなどを除いて個人行動で10種記録すること
②バテないように余裕のあるハープソンをすること
③トノサマガエルとアズマヒキガエルの石狩川川下りがどこまで行ってるか確認すること

なんとか今年も目標はクリアできたようです…。

さて、この日は生物調査があったので、
その前に早め行動して爬虫類を探してみました。

目論見通り、ジムグリのきれいな個体に出会うことが出来ました。

地味。
ジムグリだけに。
北海道の子、地味!

だけど、脱皮したてなのか、鱗がつやっとしてて
色気のある反射光を発していました。

あと、抜け殻。

「頸」以降の抜け殻だったので、
胴の真ん中辺りと思われるあたりの体鱗を
ヒラキにして数えてみる。

現地で焦って数え間違えてしまったけど、
持ち帰って他の場所も確認したところ、
一番多い所で体鱗が19。

シマヘビの抜け殻でした。

調査の方でも、ジムグリとか

ジムグリ轢死体×5とか
ジムグリとか

浮かんでは沈むアマガエルとか。

0630ama_shimamatu

ニホンカナヘビとかその卵とか。

いろいろ、ありました。
これは自分の個人チームの記録に入れず、別チームで報告。

抹茶ラテのようなウンモンスズメに内心ちょっと惹かれつつ、
調査時に見つかったミヤマクワガタで盛り上がるメンバーたちを
温かい目で観察しておりましたよ。

やっぱりクワガタはヒーローですな。

沢山の人で調査、しかもそれが両爬対象というのも楽しいですね!

調査も無事に終了し、家に帰る前に日付が変わってしまいました。

7/1。
帰る途中の石山エリア。

去年はハープソンの正式記録のための確認手段は写真のみだったのですが、
今年からは音声も確認手段として採用しました。

石山エリアのニホンアマガエル(鳴き声)

スマホだと、耳で聞くより遠く音が録れる感じですね。

そしてこの日は、翌日のためにお休み。

7/2。
朝5時起きして、フィールドイベントの打ち合わせで石狩広島エリアへ。
イベントの下調べで両爬を探してみます。

トノサマガエル(外来種)がたくさんいます。
幸か不幸か…。

イベントではトノサマガエルが見れそうなので空振りは無さそう。
少し安心したのも本当の気持だけど、複雑な胸中ではありますね。

この日は、講師をしている北海道エコ動物自然専門学校の飼育コースの2年生を連れて、
野外のカエルを探してもらいました。

どういう環境でそれぞれの種類のカエルが住んでいるのか?
捕まえてみる→探して捕まえようとする→住んでいそうな環境を肌で探るようになる
あたりが少しでも理解してもらいたいところです。

外で動物を観察して、それを飼育に活かしてほしい。

エゾアカガエルとニホンアマガエルを捕まえてもらいました。
指の形を観察して、それによって生活空間が変わって、食べることが出来る昆虫も変わって…

で、この野外実習でもトノサマガエルを探していたんですね。

でも、時間帯や、あの動き。なかなか捕まえることができません。
結局、幼生を数個体みつけました。

個人的なイメージですが、尾の付け根辺りがムチムチしてます。

微妙に頭腹部が長いとか、尾ひれの感じとか、
言葉にするのが難しいですが、トノサマです…。

朝と夕方のフィールド行軍、暑かったりなんだりで疲れがピークに。
結果を出すより、体を休めることを優先します。

7/3。
熱が出てお休み。虚弱ナリ。。

7/4。
中距離の遠征。
夕方から、石狩川河口周辺でカエルの分布を見ようと思って、
石狩灯台で日没を待つ。

途中、右前足を地面につくことが出来ないキタキツネが現れた。(折れてるのか…?)
物欲しげにラーメンサラダを見られたけど、無視。
人慣れはよろしくなくてよ。

すると、草むらからなにかコブシ大の焦げ茶色のカタマリを拾い上げ、食べ始めた。
あれ、それ、何…?それ、あんまり食べちゃいけないやつ…?

こんどはこちらが物欲しげに狐を見る番に。
そんな私を一人残して、キツネは獲物を持って去って行きました。

もしあれが、ヒキガエルだったら…
なんかいろんなことが頭の中をぐるぐる。
茶色いカタマリが何かわからない時点で、そんなこと考えても仕方ないんだけど。

で、日没になりました。

車を動かすと、まもなく道路に出てきているニホンアマガエルが多数。

エリアは「望来」だね。
とりあえず、アマガエルは豊富にいそう。

で、その2分後。

やっぱ、いるのかよ…。
しかも繁殖期でないのに、頻繁に見るくらいの個体数が。
とりあえず、アズマヒキガエルは石狩川の河口まで分布が達しているのを
確認しました。

さっきのキツネ、大丈夫か?
大丈夫なら、それはそれで重要な捕食者になれるのかもしれない。

その後、対岸側の聚富(しっぷ)まで出てみたけど、
こちらにもアズマヒキガエルはぼちぼちいました。

移動中は、今調査している場所がハープソンのどこの区分けエリアに
なっているのかわからないので、一応ニホンアマガエルを対岸側でも
確認しとこうと、ボイスレコーダーを出して録ろうとすると、
予想外の鳴き声が聞こえて、思わず「すげぇ、コレ…」と声が入ってしまった。

田んぼでトノサマガエルが大合唱しています。
トノサマガエルも、石狩川の河口まで達していました。
ちょっと言葉を失います。

鳴き声では、トウキョウダルマガエルとの鑑別に自信がないので
2時間かけて、ようやく1匹、捕まえました。

この個体の足をいじったり指を見たり、全身を見て、
トノサマガエルだということを確認しました。

いつから入ってたんだろう…。

そこからはトノ・ヒキの周辺調査に。

トノサマガエルは聚富でしか確認できなかったけど、
アズマヒキガエルは石狩川の周辺流域では見られるし、
ほんの少しだけど、石狩川本流から離れた真勲別川でも見られたのと、
市町村区分(と言ってもほぼ境目だけど)では
石狩市、札幌市(篠路町拓北)、当別町(ビトエ)で成体が見られました。

この日は、トノ・ヒキ調査で日付が変わって行きました…

7/5。
帰り際に覗いたお地蔵さんが並ぶ岩ガケエリアで、
シロマダラでもいないかと探しているうちに、なんだか怖くなってきた。

柱状節理というかわった地形なので、ちょっと携帯で写真撮っといたんだけど、
謎のエラーで記録できず

やべぇ、お地蔵さん怒ったに違いない…。

そして朝から発熱し、ハープソンおやすみ。

7/6。
お地蔵さんの呪いから回復。
この日は滝野すずらん丘陵公園で子供向けの動物観察イベント
そして、両爬の記録できたものは滝野すずらん丘陵公園のチームで結果を出します。
ニホンカナヘビのほか、


シマヘビ、エゾアカガエル、ニホンアマガエル、エゾサンショウウオと
アオダイショウの抜け殻を確認!

朝のうち、ぐずつきそうな空模様が一転、
雨はふらず、日も差す天候に。大変ありがたいお天気でした。

夜は大事を取って、明日に備えます。

7/7。
この日は朝から恵庭市のルルマップ自然公園で、
やはり爬虫類・両生類も対象にした生き物探しのイベント
7/2にトノサマガエルを見つけた下見のものの他に、
アオダイショウやジムグリまで確認できました。

やっぱり人数って大事かもしれない…。

このイベントで出た両爬は、
「森のいきもの大捜査隊!」チームで報告ですね。

これも内地er(ナイチャー)、カブトムシのお子様でしょうか。
温泉地や発酵熱のある場所では目にする機会が多い昆虫になりました。

そして夜間はまた別に札幌周辺調査。
ニホンマムシ5、アオダイショウ3、シマヘビ2など確認。
こちらはまた別チームで報告。
これだけヘビ見たのも久しぶりだったかも…。

7/8。
もうバテバテ。
動いたら死ぬ。
ということでお休み。
仕事用の資料作りしてたら、あっという間に消費された1日だった。

7/9。
ついに最終日になってしまった。
やっぱり後半は体力切れてしまっていた。
途中に無理やり道東行くスケジュールくまなくてよかったかも…。

北海道エコ動物自然専門学校で自然コースの2年生の講義があったので、
学校に向かう途中、なかなか愛らしいサイズのジムグリを拾う。

なんというか、この子のお陰でちょっと気合入って、
夜はフィールドやめようと思っていたのを思い直しました。

授業をし終わったあと、家に帰る方向を少し変えて、
空沼岳に行くことにしました。

ツチガエルの分布も気になっていたし…。

さすがに登山道から上は上がらなかった(くまこわい)けど、
登山道入り口まで行って来ました。

ツチガエルは登山道まで2kmも離れていない程度の場所まで
生息している池がありました。

ツチガエルとアマガエルの鳴き声

低い声でグルグル…ギューと鳴いてるのがツチガエル。
グワッグワッと鳴いてるのがニホンアマガエルです。

登山道周辺では聞こえなかったけど、
よーく耳を澄ましてじっとしてたら、いるのかもしれない。
まとまった水場がないだけの話なのかも。
くまこわいからやらないけど。

あ、でもちょっとだけ車から降りて
林道脇の水たまり覗きました。

まだ足が生えてないエゾサンショウウオの幼生と、

こちらもまだ小さなエゾアカガエルの幼生を見ることができました。
サンショウウオは越冬するんじゃないってくらいの成長速度(遅い)かも。

あとは帰るだけだったんだけど、
去年、鳴き声は聞けてたけど写真の撮れなかった、うちの裏山(無意根山エリア)の
ニホンアマガエルを確認して来ました。

今年は音声アリにして本当に良かったなぁ。

ニホンアマガエル(無意根山エリア・鳴き声)

それと、向かう途中でジムグリの死骸を1つ拾ったので、
コレを記録してタイムアップ。

長いようで短いハープソン期間が終了しました…。

動きセーブしたけど、それでもクタクタですね。
みなさんもゆっくり休んで、また鋭気を養って下さいー。

ハープソン2013・夏
個人調査エリア:10エリア
(空沼岳・石山・石狩広島・恵庭・島松山・定山渓・無意根山・札幌・望来・太美)、
別チームでの調査エリア:(全て重複範囲でした)
個人確認種:10種
(ヒガシニホントカゲ、ニホンカナヘビ、ジムグリ、アオダイショウ、エゾサンショウウオ、
ニホンアマガエル、エゾアカガエル、アズマヒキガエル、ツチガエル、トノサマガエル、
+別チームに確認した種:アオダイショウ、ニホンマムシ)

.
Baikada’s main website
Baikada.com