Displaying posts categorized under

HHS

ハープソンHokkaido 2015-2017結果報告書

北海道爬虫両棲類研究会が発行するハープソンHokkaido 2015-2017結果報告書(北海道爬虫両棲類研究報告 別冊003)を執筆・作成致しました。

著者:徳田龍弘 共著:照井滋晴

Baikada’s main website
Wild Home

北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.005

I edited the “Bulletin of reptiles and amphibians in Hokkaido Vol.005”.

北海道爬虫両棲類研究会発行の北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.005を編集しました。会の発行物ですので、一般書店では購入出来ません。ご注意ください。内容やお求めに関してはこちらから。

Baikada’s main website
Wild Home

カジカガエルの隠れ場所

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.005に、「カジカガエルの隠れ場所」が掲載されました。共著で参加しています。

著者:照井滋晴 共著:徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

栗山町で確認されたアオダイショウ(Elaphe climacophora)の白化個体について

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.005に、「栗山町で確認されたアオダイショウ(Elaphe climacophora)の白化個体について」が掲載されました。共著で参加致しました。

著者:諸橋淳 共著:徳田龍弘・澄川大輔

Baikada’s main website
Wild Home

天塩町で見つかったコモチカナヘビ(Zootoca vivipara)の死骸

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.005に、「天塩町で見つかったコモチカナヘビ(Zootoca vivipara)の死骸」が掲載されました。

著者:徳田龍弘 共著:菊地那樹

Baikada’s main website
Wild Home

エゾサンショウウオに対する認識と意識に関するアンケート調査

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.005に、「エゾサンショウウオに対する認識と意識に関するアンケート調査」が掲載されました。共著で参加致しました。

著者:照井滋晴 共著:徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

札幌市南区で見つかったシロマダラ抜け殻の識別の検討について

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.005に、「札幌市南区で見つかったシロマダラ抜け殻の識別の検討について」が掲載されました。

著者:徳田龍弘

Baikada’s main website
Wild Home

北海道松前町及びせたな町で発見されたシロマダラ(Dinodon orientale)

北海道爬虫両棲類研究会が発行する北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.005に、「北海道松前町及びせたな町で発見されたシロマダラ(Dinodon orientale)」が掲載されました。

著者:徳田龍弘 共著:本田直也

Baikada’s main website
Wild Home

告知(展示、講演関係)

※この告知は最新更新記事より上部に表示されています。ご注意ください。

  • 2018.3.7 栗山町にて講演(くりやま地域大学の一環として)
    「問題視される外来種の陰で、身近に迫る意外な外来種」

1月1日追記

体調の状態はヨコバイ傾向です。体調と予定の込具合の様子を見ながらお仕事したいと思っています。またイレギュラー日程になりやすいことや、午前中のお仕事等の対応を見合わせております。ご迷惑をお掛けします。

また、メールの返信などは大きな遅れがおこりうること、優先度の高いメールが優先されること、内容が必要最低限の内容になりうることがありますので、ご了承ください。

基本的にSNS関係は投稿はしていますが、閲覧はほどほどなので、SNSへのメッセージよりメールの方が連絡が取りやすいと思います。

ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

シロヘビ

ハープソンで道央でシロヘビが確認されたんです。いま報告書書いてるのと、確認してくれた方々が、別途報告を書いてくれているので、来年の初めには詳細がお披露目できると思います。

シロヘビつながりで、栗山町の小林酒造に行ってきました。(お酒)飲めないから知らなかったんだけどね、すごくシロヘビに関わりのある酒造だったのね。

お酒の徳利とシロヘビのデザイン。現地には複数パターンあった。面白い。創業者の建てた家で、今は見学できる施設になっています。

庭を歩くと、ちょこちょこシロヘビ的なもの。灯籠の中にも。

また別の灯籠も。

御神体的な、抜け殻発見。

シロヘビのおみくじもあった。

小吉。

栗山に来たので、ファーブル昆虫の森も行ってきました。

オオムラサキのこっこ。何故か水色に塗ったコンクリートの柱が大人気。時期的に成虫はもういなかったね。これは可愛がられる顔だわ。

ニホンアマガエルまだいた!

最初に話題を戻します
ハープソンで確認されたシロヘビも確認してきました。

種はアオダイショウではありました。
わりといろいろ面白そう(と言っていいかは微妙かもしれないけど)な事になっていたので、関心ある方は報告見てもらえたらと思います。

Baikada’s main website
Wild Home