Tactics

picture

Takydromus amurensis
Amur grass lizard
あむーる愛蛇(アムールカナヘビ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

トカゲの仲間を捕まえずに撮影するにはいつも「駆け引き」が重要です。
特にそのトカゲが希少な種類であればあるほどですね。
As for photographing it without catching the kind of the lizard, “Tactics” are important.
As much as the lizard is in particular a rare kind.

アムールカナヘビ(Takydromus amurensis)は世界的にみると
それほど珍しい種類ではないのかもしれないですが、
日本では長崎県の対馬にだけ住んでいます。
ニホンカナヘビより森を好む傾向があるのか、見かける回数は多くありません。
The Amur grass lizard (Takydromus amurensis) may not be a rare kind worldwide. However, they live in only Tsushima island of Nagasaki prefecture in Japan. There is not many number of times that we see them whether you tend to prefer forests to a Japanese grass lizard (Takydromus tachydromoides).

自分が撮影で対馬に滞在できるのは数日。
その間に観察できるアムールカナヘビも10個体程度。
これをなんとか満足のいく写真に撮りたいとなると、
トカゲと私との「安全距離」をめぐっての駆け引きが行われるのです。
It is a few days that I can stay to take photograph in Tsushima. The Amur grass lizard which I can observe in the meantime is around 10. I must have tactics at lizards over “the safe distance”, if I want to take it to the photograph which I can be satisfied with.

逃げるときは一瞬です。
彼らの機嫌を損ねると、距離が5mあろうとなんだろうと、
すぐ隙間に逃げ込んでしまいます。
It is a moment that they run away. Even if there is distance with me 5m when I offend them, they escape into the gap.

この写真は10mの距離でこのアムールカナヘビを発見し、
15分かけて1mまで近寄って撮った写真です。
焦ったり、急に動いたりしないで、ゆっくり低い姿勢で近寄り、徐々に距離を詰めます。
何も知らない人がこの光景を見たら、きっと私は変人にしか見えないでしょう。
As for this photograph, I discover him at distance of 10m, and spent 15 minutes, approached up to 1m, and taken. I am neither in a hurry, do not move suddenly, approach slowly by low posture, and approach him gradually. If a person understanding nothing watches this scene, the person will surely think me to be an eccentric.

この時の駆け引きは私の勝ちでしたね(^^)
As for the tactics of this time, I won. 🙂

.

Baikada’s main website
Wild Home

Bullet

picture

Bombycilla garrulus
Bohemian Waxwing
黄連雀(キレンジャク)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

弾丸みたいって思いました。
レンジャク類は羽質もなんだかヌメッ(?)とした雰囲気なので、
なおさら弾丸みたいです。
英語ではWax wingって呼ばれるんですよね。なんとなく納得です。
I thought that he seemed to be a bullet. Because a feather is very minute, I am different from the soft feeling in Wax wing sp, and he seems to be a bullet. Because the point of the tail is yellow, they are called “Ki renjyaku” in Japan. It is the meaning that “Ki” calls yellow. The kind that the point of the tail is red is called “Hi renjyaku” with the same kind. “Hi” is a meaning of the red.

こんなに風の抵抗がなさそうで、弾丸のように飛び立っていますが、
飛び方はあんまり余裕のあるタイプじゃありません。
ばたばたって一生懸命飛んで、滑翔とか急旋回とかそういう器用なことは出来ないです。
ムクドリと飛び方がよく似ています。
そして大きさもほとんど一緒なので、単独で飛んでいると時々間違えてしまいます。
There seems to be no resistance of the wind, and he flies away like a bullet, but is not too good at the way of flying. He can flap hard and do neither the gliding nor the rapid turn. He look alike White-cheeked Starling (Sturnus cineraceus) and how to fly well. And, the sizes of them are also almost the same. I sometimes make a mistake when he fly alone.

picture

Bombycilla garrulus
Bohemian Waxwing
黄連雀(キレンジャク)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

頭だけはファンキーなんですけどね。本当は(^^)
Only the head is outstanding very much. Really… 🙂

.

Baikada’s main website
Wild Home

Fine hair

picture

Celastrina sp.
A kind of Holly blue
瑠璃小灰蝶の仲間(ルリシジミの仲間)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

ルリシジミの仲間は、日本では比較的よく目にすることが出来ます。
小さい割に、素早く飛び回るので接写できるチャンスは少ない昆虫です。
You might be able to see A kind of Holly blue comparatively well in Japan. They quickly fly about by a small body. Therefore there is few me in the chance that can take a close-up photograph with them.

写真を見ると、羽にたくさんの細かい毛が生えています。
よく考えてみると、昆虫にも毛が生えているものがたくさんあるのですが、
毛は鳥や哺乳類の特徴のような気がしてしまっていて、
昆虫のような無脊椎動物に生えているとちょっとびっくりします。
(カブトムシのような甲虫でさえも、背中には毛が生えていますね。)
A lot of fine hairs have grown in its wing when this photograph is seen. There are a lot of things which hair grows to other insects. However, I have a feeling that hair seems to be a bird and a mammalian characteristic and am surprised a little when hair grows to the invertebrate including the insect. (Even with a Japanese rhinoceros beetle (Trypoxylus dichotomus) such as the beetle, hair grows to the back.)

蝶の羽の毛は、「保温」目的ではなくて、「飛翔」の何かに役立つんでしょうね。
The hair of butterfly’s wing might be useful for something of not “Thermal insulation” purpose but “Flight”.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Bite

picture

Elaphe climacophora
Japanese rat snake
青大将(アオダイショウ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

同じアオダイショウでも、性格に違いがあります。
たとえ図鑑におとなしいと描いてある種類でも、ガンガン咬んでくる個体もいるんです。
人間と同じように個体差が激しいです。
There is a difference in the character same Japanese rat snake. There is an individual violently bitten even in case of the kind described it is obedient in the picture book, too.
The individual difference is as intense as man.

このアオダイショウは、ものすごい神経質でした。
そしてものすごく咬みました。逃げることを忘れ、ずっと私に咬み付いていました。
This Japanese rat snake was terrible nervous temperament. She was forgotten to run away, and was bitten and had taken side with me for a long time.

口をあけて威嚇するのは、日本では実は毒のない蛇であることがほとんどですね。
In fact, it is most that it is a snake that the mouth is opened and threatens that doesn’t have the poison in Japan.

しかし、威嚇と言う姿は迫力のあるもので、私もかなりひるむことが少なくありません。
However, it is not few that I also flinch considerably to the threat by them with power.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Riverbank

picture

Elaphe quadrivirgata
Japanese four-lined snake
縞蛇(シマヘビ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 5*

.

私は、ヘビの種類が多い亜熱帯の沖縄県に行くのが好きです。
8種類のヘビが生息する東京都も好きです。
以前、北海道のオホーツク地方に転勤になったとき、
ヘビが4種類しかいないということにつまらなさを感じました。
I like going to Okinawa of the subtropical zone with many kinds of the snake. I like Tokyo where 8-kinds of snakes inhabit. I felt a triviality in only 4-kinds of snakes inhabiting when I was transferred to the Okhotsk district of Hokkaido, before .

でも、寒い亜寒帯の北海道に来て、新たにヘビについて学ぶ事がたくさんありました。
この寒い地域では冬越ししやすい温泉周辺に密度高く生息するとか、
餌となる動物の生息環境がヘビの生息環境に完全に合致しているとか。。。
But I came to Hokkaido of the cold subarctic zone, and there were a lot of learning it about a snake newly. As for the snake, density high lives around the hot spring where the winter is passed easily in this cold region. Moreover, the native habitat of the animal that becomes snake’s food completely corresponds to snake’s native habitat. Etc.etc…

北海道には5種類のヘビがいると言われています。
(シロマダラは奥尻島と札幌近辺で記録があるだけですが)
実際に、シロマダラを除く4種類のヘビたちと出会ってみると、
それらは東京都と同じ種類と言われていますが、
全く違う印象を受けるような個性ある個体群に出逢う事ができました。
It is said to be it in Hokkaido 5-kinds of snakes. (We have a record in Oriental odd-tooth snake in Okushiri Island and the Sapporo neighborhood.) When I met 4-kinds of snakes except Oriental odd-tooth snake, they were said the same kind in Tokyo, but the personality that I had an impression different at all was able to really meet the population that there was.

そして、私の興味はヘビの「種」を撮ることから、ヘビの「個体群」、
そして「個性」へと興味の幅が広がりました。
たくさんヘビに出逢える沖縄県、いろいろヘビを身近に感じた東京都、
そして新たなヘビの魅力に気づかせてくれた北海道に私は感謝しています。
And, my interest has extended from taking snake’s “the kind” picture to snake’s “Individual group” and “Individuality”. I thank Okinawa that can come across a lot of snakes, Tokyo that felt various snakes close and Hokkaido which I may have reminded the new charm of snakes.

彼らへの出逢いを期待して春を待ちきれず、今日はシマヘビをアップです。
とてもハンサムな個体でした。
I cannot wait for spring in hope of an encounter to them and do post of the photograph of Japanese four-lined snake today. He was a very handsome.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Think

picture

Aegithalos caudatus japonicus
Long-tailed Tit
島柄長(シマエナガ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

この季節の旬の動物を載せようとすると、圧倒的に鳥の写真が多くなりますね。
マクロレンズを使った生き物撮りがしたくなってきました。
Bird’s photograph increases overwhelmingly when the animal of in season of this season is put. I have come to want to take the living thing by using macrolens soon.

さて、このシマエナガですが、ずるいですね…。可愛いです。
多くの人が近くで見たら、可愛いと思ってしまうでしょう。
北海道以外にも別の亜種のエナガが住んでいますが、
上額部から後頭部にかけて、黒い線が入ります。
雪だるまみたいなエナガは、シマエナガだけです。
By the way, it is this Long-tailed Tit, but is so pretty. If many people watch them close, will think them to be pretty. The another subspecies Long-tailed Tit(Aegithalos caudatus trivirgatus) that lives excluding Hokkaido in Japan, have a black line from the amount part on to back of the head. Long-tailed Tit like the snowman is only Long-tailed Tit of Hokkaido.

エナガは、英語では Long-tailed Tit。「尾の長いカラ」という意味です。
日本には、既に尾の長いカラス科のオナガという名前の鳥がいます。
柄長というとあまりピンと来ないですが、どうも柄杓(ひしゃく)から名前の由来があるようです。
柄杓の柄が長いような形の鳥ということで。
The name of Long-tailed Tit is a meaning of “Long handle” in Japanese. In Japan, there is Azure-winged Magpie of the name of the meaning called “Long tail” to a bird of the Corvidae. It is hard to understand that I say “Long handle”, but please image a ladle.
The ladle is a tool to dip water. It consists of “Long handle” and “Part where water is dipped”. This bird is called “Long handle” from looking like the shape of this “Long handle”.

エナガはたくさん撮りたい鳥ですが、とても小さくて、ちょろちょろ動き回ります。
そして、シジュウカラやハシブトガラよりも少し高い枝で微妙に警戒心が強い気がします。
なかなか上手く撮れません。
I want to take a lot of Long-tailed Tit, but it is difficult to take it because they are very small and move. And, Long-tailed Tit thinks it is more cautious than Great Tit(Parus major) and Marsh Tit. I cannot take it quite well.

人から見れば可愛い鳥ですが、生態系では、かなりの下位ランク。
常に危険と隣り合わせです。
こんな顔して、いかに生きていくか、一生懸命考えたり生活したりしているんですよね。
可愛いだけじゃ生きていけないのですよね。
According to a person, Long-tailed Tit is a dear bird, but, by ecosystem, it is a considerable lower rank. They always live in a dangerous state. They think “how they lives” hard. I do not imagine it easily by such their lovely face. Surely… It is not possible to live only lovelily.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Cradle

picture

Hyla japonica
Japanese tree frog
日本雨蛙(ニホンアマガエル)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

両生類や爬虫類は、身体がフィットする場所が好きです。田んぼのあぜ道にあった潅木。
その葉の上はニホンアマガエルが「すずなり」になっていました。
人があぜ道を歩いたときに枝が折れてしまったのでしょうか、
一枝だけ葉が全て枯れているところがありました。
Amphibians and the reptiles like the place where a body fits. A tree grew in the footpath between rice fields. In the top of the leaf, there was a lot of Japanese tree frog. I think, when a person walked the footpath between rice fields, the branch of the one of the trees was broken, and a leaf died entirely.

ふと見ると、彼が包まっていました。まるで「ゆりかご」のようです。
葉のしおれ具合がジャストフィットだったのでしょうね。
他のニホンアマガエルたちが、日光浴や虫を追う中、一匹、ずっと包まっていました。
布団から出られないという状況は、よ~くわかります(^^;
When I watched the branch, he was wrapped up. It seems to be “Cradle”. Of the leaf withered up, and condition would be just fit for him. Other Japanese tree frogs bathed in the sun and chased an insect, but he was wrapped up with one who stood all the time.
I understand feelings not to want to be given from bed well.

.

Baikada’s main website
Wild Home

View

picture

Pyrrhula pyrrhula
Eurasian Bullfinch
鷽(ウソ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

カメレオンの目が、右と左で別々に動いているのを知っている人は多いと思います。
彼らは、右目の景色と、左目の景色を別々に脳に送って、
周りを警戒できるようにしているようです。
人間は左右の目で一つのものを見ています。
これによって脳の中で立体的な構造を理解し、対象との距離を測る事ができます。
反面、視野がとても狭くなります。
カメレオンの視点でものを見るには、片目をつぶってみましょう。
その状態で、適当なものを掴もうとしても距離感がつかめずに、
上手く行動できないと思います。
I think that there are a lot of people who know chameleon’s eyes move separately in the right and the left. They seem to be having surroundings can watched by separately sending the brain the scenery of the right eye and the scenery of the left eye. Human watches one thing with the eyes of right and left. Human understands three-dimensional structure in a brain and can measure distance with the object hereby. On the other hand, a field of vision becomes very small. You will close one eye so that you watch a thing in the viewpoint of the chameleon. The distance feeling cannot be gripped even if it tries to grip the suitable one in the state, and I think that it cannot act well.

動物の目のつく位置を考えると、それぞれ意味があるんだと気がつきます。
ヤマシギという鳥がいるのですが、
この鳥の目はとんでもないところについています。(頭のてっぺんのほう)
しかしここに目があることで主に上空、そしてほぼ360度の視野を得る事ができ、
捕食者から素早く隠れる事ができます。
こうして考えてみると、鳥はほとんどが目は横についていますね。(フクロウの類を除いて)
I am noticed it is significant respectively when thinking about the place in which the animal has eyes. There is a bird called Eurasian Woodcock, but the eyes of this bird stick to the terrible place. (The one of the top of the head)However, he can get the sky and approximately 360 degrees fields of vision mainly and he is quick and can hide from a predator because here is eyes. Most attaches the bird when I thinking thus and eyes are sideways attached. (Excluding the kind of owl.)

写真を撮るとき、よく鳥には片目で見られる事が多いです。
しかし、時々、真正面から見られるときがあります。
これはどういうことなんでしょう…。
When I take the photograph of the bird, I well tend to be seen in a bird with one eye. However, I sometimes have time to be seen in a bird with two eyes from the front. This will be any kind of thing…

写真を撮ろうと、近くに寄った場合に正面で見られる事が多いような気がします。
写真のウソも、距離にして3m程度でした。
花芽を食べるのに必死でその場を離れたくないのか、町の近くなので人馴れしているのか、
どちらかはわかりませんが、なかなか移動しませんでした。
I feel like tending to be seen in the front when I got together near to take a photograph. I made Eurasian Bullfinch of the photograph distance, and it was around 3m. Does not Eurasian Bullfinchg want to leave the place desperately to eat flowering sprout? Does not Eurasian Bullfinchg fly in what a person is tame with? I did not understand either, but Eurasian Bullfinchg did not readily move.

鳥が正面を向くとき、やっぱり対象との距離を測ってるんじゃないかと思いました。
つまり、鳥は、左右で別の景色を見ながら、
必要に応じて両目で対象を捉えて立体視できる動物なのかなあと。
詳しいことは調べていないので全然わかりませんが、写真を撮ってて感じた感想です。
When a bird turned to the front, I thought that a bird might measure distance with the object. In other words the bird could watch scenery in right and left, and I thought whether bird was the animal which it watched an object with both eyes if necessary, and cut it in stereoscopic vision. Because I do not examine it, I don’t understand that I know a lot, but it is the impression that I take a photograph, and I felt.

今までも、アオサギやヤマガラ、このウソのように、近くに寄ることで正面から睨まれる(?)
ことが多かったからです。
「鳥の正面視」=「近付き過ぎ」、と捉えて、今後は写真撮るときに
鳥が正面を向くようになったら距離を離そうと思います。
Grey Heron and Bush tit, this Eurasian Bullfinch, the reason is because they tended I to be glared because I get together near so far. I think and think that “What the bird views from the front” = “Approach to the bird too much of me” to take their eyes off it at distance if a bird comes to turn to the front when I will take a photograph in future…

捕食者である動物は、キタキツネにしても、エゾタヌキにしても
正面から対象を見ている事が多いです。
やはり、獲物との距離を測る事が大切だからでしょうかね。
The animal which is a predator tends to watch an object like Ezo red foxand Ezo raccoon Dog from the front. After all will the reason be because it is important to measure distance with the catch?

.

Baikada’s main website
Wild Home

Coffee

picture

Hyla japonica
Japanese tree frog
日本雨蛙(ニホンアマガエル)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

コーヒーが飲みたいのでしょうね。
じーっと、コーヒーを見つめていました。香りの強めのコーヒーがお好みのようです。
田んぼのそばの自動販売機では、
こんなニホンアマガエルが時々見られます。
He might want to drink coffee. He was watching coffee.As for him, the stronger coffee of the fragrance seems to be preference. With the vending machine by the rice field, such Japanese tree frog is sometimes seen.

本当は… … …
In fact… … …

今回は説明はやめておきましょう。
本当のことよりも、想像を膨らませるのが楽しい事もありますから。
I stop explaining it this time. Because, rather than the truth, there can be the thing that it is pleasant that you blow up imagination.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Thank you

picture

Elaphe climacophora
Japanese Rat Snake
青大将(アオダイショウ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 5*

.

In my 32 years, I thank the people who helped it in various ways.And it is my favorite photograph of the time when it was the most happy to give all of you. To Japanese ratsnake which undertook a subject reluctantly. To all of you making the pleasant life.

Thank you.

時々書いているが、私は鬱病をベースとする精神を持っている。

気が滅入って、自分を責めて、眠れなくなるうえに、性格的な問題もあって怒りが爆発すると、自分を抑えきれなくなったり、何もかも投げ出したくなったり、生きているのが嫌になって、たくさん薬を飲んで救急車で運ばれたのも、そう古い話ではない。

入院したり、薬飲んだり、副作用で苦しんだりしながら、「生きてても、死んでも迷惑のかかる存在」としてだけど、以前よりは「害の少なくなった存在」として生きている。親にも、友達にも、親族にもいっぱい迷惑を掛けた。いまさら、償うとか、そういうことも出来ないことはわかっているし、これからどう生きていくかがこれからだと思っている。鬱病の発端になった職場でのトラブルを恨んでも、こうなった自分の不甲斐なさを悔やんでももう仕方のないことだ。トラブル主のヤクザを豚箱に入れたって治るもんじゃないし、取り戻せるものも何にもない。

私が今、一番辛いのが、「不定愁訴」と呼ばれる症候群だ。鬱病が、今は脳メカニズムの中で分泌物質が安定しない状態とわかってきているので、「脳の異常」として、何が起ころうがあまり自分でも驚かない。でも、急に吐いたり、関節をはじめとして筋肉などが激痛を呼ぶ日もあれば、熱が下がらずボーっとしているのに、手足の先は氷のように冷たかったり。またある日には目の焦点が全く合わない日もある。

こいつのせいで、去年1年間、仕事をしてこれた生物調査の仕事も、ままならなくなってしまった。いつどのように「不定愁訴」が発現するかわからないので、予定が入れられないのです。

確かに自分はいろんな症状で苦しいのだが、他の人に理解してもらえるのは非常に難しいのはわかっているし、同じ鬱病持ちの人でさえ、症状は千差万別なので、患者同士で慰めあうのも好きではない。
もしかしたら、自分が苦しいと思っているだけで、他の人だったら普通に耐えられるものなのかもしれない。
だから他の人に理解を期待するより、自分がいかにこの病気(障害)と向き合うかが大切なのだと思う。
皆に当てはまることではないけど、少なくとも甘ったれの自分には重要だ。

更に困ったことに、カメラのほうも苦労するようになってしまった。身体が痛む日は外に出れず、指が動かないので歯でシャッターを切る日もある。目の焦点が合わないので、とにかく条件を変えまくって撮る日もある。折角遠出したのに、動くことさえ出来ないこともある。

機材がよければ、苦労も少ないだろうかと考える日もあり、収入もろくに無いくせに高望みばかりするくらいなら写真など諦めてしまえと思う日もあり。

だけど、私はやっぱり生き物が好きだ。そしてそれらと向き合っているのが好きだ。この世界から一時遠のくことはあっても、足を洗うことはないと思う。

昔は、生き物との遭遇時の興奮にかまけて、勢いがありつつも支離滅裂な文章を書くのが好きだった。
今はもう、そういう文章は書けなくなってしまったし、その文章を自分で見ると恥ずかしかったり、書けた頃の自分に嫉妬するので、文章は全て引っ込めてしまった。でも今は、昔は恥ずかしいと思って出せなかった短文を、絵葉書に入れたりして(実は今でも恥ずかしいですが)、表現するようになったし、文章も真面目に書けば、結構しっかりした随筆的なものも書けるようになった。

写真も、障害を持つようになって、見方や撮り方がかなり変わった。それが良い方法なのか、そうでないのかはわからないけど、それはそれで、今の自分の精一杯の表現だ。

人並み以上の失敗写真を量産してるし、万人受けしないのは良くわかってるけど、苦しいながらに楽しいと思えることは大切にした方がいいと思っている。

病気になって良かった…などとは微塵も思っていない。失ったものはとても大きかった。でも、今は以前見えていなかったものも少し見えたりする。囲まれている自分の殻をつつきながら、外を見たり腕を伸ばそうとしている。

私は人間じゃなくていい。人間失格でいい。いや、動物としても失格でいい。人間を語る人はたくさんいる。動物を語る人もたくさんいる。ただ、私は、私以外の人間に「身近に小さな、あるいは大きな生命」が住んでいることを記憶に残せればそれでいい。そのために時々、写真を見てもらえればそれでいい。
動物の決まりきったイメージから少しずれた、へぇ、と思えるような写真を遺しておきたい。

去年から今年、私は東京の青梅市を拠点にして、独りでいろいろやってみた。気楽だけど、本当はとても苦しかった。

今、自分は床から出るのも厳しい状態になっています。ここでまだ我を張ることで、根性を養うこともできるだろうが、心配や迷惑をかける人もあると思うし、床の中でゆっくり考えた。いろいろ手続きが済んだら、実家に帰省します。もう一度、「自分」が生まれた札幌から出直してみます。

私の32年間の中で、いろいろ助けてくれた人々に感謝します。

そして皆さんに贈る、私の一番楽しかった頃のお気に入りの写真です。

イヤイヤながらも被写体を引き受けてくれたアオダイショウに。

楽しい人生を作ってくれているみなさんに。

ありがとう。

.

Baikada’s main website
Wild Home