Displaying posts categorized under

FISH

Freedom

picture

Oncorhynchus nerka
Kokanee
姫鱒(ヒメマス)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

私は大空を飛ぶ動物を見ると「自由」を連想する。
When I see the animal that flies over the sky, I associate “Freedom”.

おそらくそれは、植えつけられたイメージだと思う。
鳥にとっては大空を飛ぶのは当たり前のこと。
人間が空中で不自由にしか動けないので憧れているんだろう。
Perhaps, I think that it is an image imprinted to me. It is natural for the bird to fly over the sky. Because it is difficult for man to move in the sky, we might be yearning.

しかし、魚にも感じるのは何故なんだろう。
水の外では彼らも不自由なはずなのに。
However, I feel it for the appearance that a fish flies similar. Though they should be inconvenient outside the water, too.

.

Baikada’s main website
Baikada.com

Funeral

picture

Oncorhynchus keta
Chum salmon
鮭(サケ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

生きていれば必ず訪れる死。野生動物は、
自活出来なくなったとき、遅かれ早かれ死ぬ。
A creature has “death” by all means. When I was not able to support myself, sooner or later the wild animal dies.

このサケのように骸を晒すものもあれば、
エゾシカのように死期を悟ると姿を消し、目立たずに死んでいくものもいる。
カラスにつつかれ、カモメにつつかれ、
ウジに内蔵を食い尽くされ、微生物に分解され、最後に残った骨は風化し、
増水した川に流される。
「自然葬」とでも言うべきか。
Here and there, there is a corpse like this chum salmon. There is the one to die without disappearing like Ezo shika deer, and standing out, too.
The corpse is picked at by a crow, and I am nudged by a gull, and it is eaten up having it built-in by a maggot, and it is dismantled to a microbe, and the bone which stayed last weathers, and it is drained into the river which rose. Should I say, “Natural funeral”?

人間は火葬や土葬など、骸を処理することを覚えた。
しかしそれは、「蘇るかもしれない」という人間の恐怖心から、
疫病の蔓延の防止のためから、行うようになった。
精神論を持った人間は、「魂を送る」葬儀を神格化してきた。
一方で、火葬時に副葬品を燃やすと、ダイオキシンが発生した。
お墓を作るために森を切り開いた。
The human learned that cremation or the burial treated a corpse. However, it came to be performed for a human sense of fear to have possibilities to “revive” and the prevention of the epidemic. The human with the mind theory divinized a funeral service to “send a soul”. On the other hand, dioxin occurred when the human burnt grave goods at the time of cremation. The human opened up a forest to make a grave.

話は変わるがエゾシカが増えすぎて農業や山林の被害をもたらすので、
駆除されることになっている。
駆除されたエゾシカは、なんとか資源として利用しようと食肉に使ったりするが、
まだ全てが利用できているわけではないようだ。

鹿肉を高級食材として扱っている場合ではない。
もっとリーズナブルにして、骸も資源としてリサイクルを
進めなくてはならないのだろうと思う。
しかし、エゾシカが増えすぎたのは、エゾオオカミを絶滅させてしまった人間にも
大きな責任がある。
人間の勝手で動物の数を調整するのは仕方の無いことなのかもしれないが、
上からの視点に見えてならない。

人間も増えすぎた。その増えた人間の一人一人が、
いろいろなエネルギーを消費して生きている。
少しでも、自覚しなければならないことだと思う。
ガソリンが高くなって、走る車が減ったことでも、
ある意味良しとしなければならない。
There were too many human beings. The human each one who increased uses various energy and lives. I think that I must be aware of even a little.
Gasoline rises and must do even that running cars decreased when the meaning that there is good.

私は何にも野生に貢献していない。
私が生きていても、死んでも、環境に負担をかけていく。
人間に対しても、「生きていたい」と願う人へ血液や臓器を
与えるくらいしか出来ないが、私のは完全品とはいえない。
増えすぎた人間に援助を行うことにも疑問も感じ、混乱してきている。
援助を行う金銭的な余裕も全くないのだが…。
人間の世界にも馴染めず、野生動物にもなれず。
私は、何故生きているのだろう。 このサケのように、何故死ねないのだろう。
もっと、生きるべきものはたくさんいるだろうに。
As for me, it doesn’t contribute to the wild of what either. It puts a strain in the environment even if I am alive or it dies. Mine can say complete goods though it is possible to do only by giving blood and internal organs to the person who wishes, “It is alive” for man. Why am I alive?It is likely not to be able to die like this chum salmon why. There would be a lot of things to have to live more. I think that there will be a lot of things which should live.

私には「命」は贅沢すぎると思いながら、生きていかなければならない。
I must live while thinking that “the life” is too luxurious for me.

死んでも、何かの命に利用される骸でありたい。それで私の遺志は果たされる。
Even if I die, I want to be Corpse used for some kind of life. Thus my will of the deceased is achieved.

.

Baikada’s main website
Baikada.com

RGB-Red

picture

Oncorhynchus nerka
“Sockeye salmon” or “Kokanee”
紅鮭(ベニザケ) もしくは 姫鱒(ヒメマス)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

「RGB」というのをどこかで耳にした方がいると思う。
「三原色」というものがある。
普通に絵の具などであらわすのは赤、青、黄の三色です。
しかし、「光の三原色」というものがある。これは赤、緑、青。
英語でRed, Green, Blue。略してRGBだ。
昔のブラウン管テレビをとても近くで見ると、
映像は赤と青と緑小さな粒で構成されている。今は見るのは少し難しいかな…。
デジタルで写真をやっていると、RGBで悩む事がある。これはまた次回以降にでも。
I think that you hear “RGB” somewhere. There is the one “Three primary colors”. It is a red, blue, yellow three colors that usually show with paints etc. However, there is the one “Light’s three primary colors”. This is red, green, and blue. R & G & B.
The picture consists of red and blue and a green small grain when I watch old cathode-ray tube television close. Is it slightly difficult to look now…? There is worrying by RGB when I take digital photography. I write this worrying again even after the next time.

今回の対象は真っ赤に染まったベニザケ(Oncorhynchus nerka)のメス!
…といいたいところなのだが、
非常に大きくなって赤くなるヒメマスもいるので、
一概に外見では決定できないようだ。
成長の度合いを顕微鏡クラスで確認しないと識別は無理らしい。
This object is female of Sockeye salmon dyed red! …I want to conclude so, but it seems not to be able to decide it by the face because there is Kokanee  that grows very much and reddens, too. If the degree of growth is not confirmed with the microscope, identification seems to be impossible.

淡水魚の中には、同じ種類でも海に下りて遡上するタイプと、
淡水で一生を過ごすタイプがいる。
先のベニザケとヒメマスは同じ種類の魚だが、ベニザケはオス、メスともに
巨大化し、婚姻色の赤で染まる。
ヒメマスは一般的には小型で、メスはほとんど赤くならない。
In the freshwater fish, the same kind has the type that goes down to the sea and goes up, and the type to spend the life with the fresh water. Sockeye salmon and Kokanee are the same kinds, but Sockeye salmon is male, and a female becomes gigantic together and is dyed with the red of the nuptial coloration. Kokanee is generally small, and most of the females do not redden. The individual in this photograph is 46cm. It is larger than the male of Kokanee in surroundings. It is red though it is a female.

この写真の個体は、46cm。周りのヒメマスのオスより大きい。
メスなのに赤い。しかし外見で識別できない。
(とても見慣れた人には簡単なのかもしれないが…)
遺伝的には、ベニザケなのか、ヒメマスなのかわからないが、
私の中ではベニザケであってほしいと思う。
とても逢うことに憧れた魚だから。
Inherited, it is Sockeye salmon and I think hope in me though I do not understand whether it is Sockeye salmon or Kokanee. Because it is a fish that yearned for me to meet Sockeye salmon.

しかし、この美しい赤も、間もなくその命の赤い炎を潰えて消える。
そして次の世代は、海を目指すのだろうか。湖に残るのだろうか。
However, the red flame of the life disappears in this beautiful red soon. Does the next generation aim at the sea?, or remain in the lake?

.

Baikada’s main website
Baikada.com

Going back

picture

Oncorhynchus gorbuscha
Pink salmon
樺太鱒(カラフトマス)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DIGITAL X*

.

私は、関東の神奈川県育ちです。
神奈川県の河川には、サケマスは溯上してきません。
下流域ということもあって、河川改修済みで、川に直接下りることも難しい状況でした。
また、見られる魚もコイやボラばかりでした。
これらの魚もそこそこ大きくはなるのですが、迫力がありません。
I grew up in the vicinity of Tokyo of Japan. In the river of a thing of there, salmon and trout (Oncrhynchus spp.) do not go up. In the place where I lived, there was the downstream region in the river, too and the river repair, and going down to the river directly were a difficult situations. The fish which I could watch was only Carp (Cyprinus carpio) and Mullet (Mugil cephalus).These fish suffer greatly, too, but are not big so as to be impressive.

北海道に住んだ時、目の前の川を1m余のサケや、
「せっぱり」のカラフトマスがぐんぐん溯上する姿には感動を覚えました。
I began to live in Hokkaido. And, I was impressed to see the appearance that Chum salmon (Oncorhynchus keta) one meter over and “Humpback” Pink salmon (Oncorhynchus gorbuscha) do the river in the presence after.

このSnakes logでも、「FISH」というカテゴリを作りましたが、
陸のカメラしか持っていないと、なかなか写真も増やせないですね。
水槽など駆使すれば、また面白そうな写真が撮れるのではないかと思っています。
I settled a category called “FISH” for this “Snake ‘s log”, but the photographs do not increase too much because I have only the camera that I use it on the land. If I devise water tanks and use it, I think that I may take the photograph which seems to be interesting.

それにしても、カラフトマスのオスの、成熟したピンク色は見事なものです。
サケマスがピンピンと川をジャンプしながら進む姿も撮ってみたいですが、
時期を少しはずしてしまったので、
もうヨレヨレとした元気の無い魚しか残っていませんでした。
それでも、大きな魚が目の前で何十と泳ぐ姿は圧巻です。
However, I think that a pink color mature of the male in Pink salmon is splendid also in such a photograph. I wanted to take the figure that a salmon and a trout jumped cheerfully in a river, but only a fish without spirit has already stayed because the time was late. Still, I am impressed by the figure which a big fish of dozens of swims in front of my eyes.

.

Baikada’s main website
Baikada.com

Instruction from DNA

picture

Oncorhynchus keta
Chum salmon
鮭(サケ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 5*

.

北海道の町の中の小川。サケ(シロザケ)は一生の最後をここで迎えた。
Here is a stream in a town in Hokkaido. The chum salmon faced the end of the life here.

 

後悔はないだろうか。こんな傷だらけになってかわいそうに。
そう思うのは人間だけだ。
“Isn’t there regret?” “I think it is poor because he was scratched so much.” It is only “human” that thinks so.

彼らのDNAはこういう死を生まれながらにして持っている。
生存競争を乗り越え、そして最後は産卵、放精して渓流で死ぬ。
Such a death is made inborn and their DNA has so destiny.
The struggle for existence is got over, and they leave offspring, and they die in the stream.

センチメンタルな部分は何もない。
There are no sentimental feelings here.

川に上がる途中ヒグマに食われ、キタキツネに食われ、人間に食われる。
危険を冒しても溯上しなければならない。しかしそこに責任感はない。
最後の溯上は、ただただ子孫を残すためにDNAが指令を出す。
While they go up to the river, they are eaten by the brown bear , the red fox, and by human.
After, the chum salmon should be going up the river even if running the risk. However, there is no sense of responsibility.
Only to leave offspring on the death, DNA issues a directive.

こういう姿を見ると、遺伝子を残す為だけに生きるウイルスと何も変わらない。
As for anything, when I am faced such a seen, it is not different from the virus where it lives only to leave the gene.

私も、死の直前は感情を捨てたい。
I want to throw away feelings immediately before the death.

死は恐ろしい。
I fear that I will die.

.

Baikada’s main website
Baikada.com