Displaying posts categorized under

北関東

Japan snake center

I went to see my son’s athletic meet.
It went out to Japan snake center by my son’s request.
Various snakes have been exhibited there.
However, we can see the wild animal plenty, too.


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

子どもの運動会を観に本州へ行ってきた。
運動会もお天気良く、代休を使って子どものリクエストで
ジャパンスネークセンターに行ってきた。

ジャパンスネークセンターはいろんな地域のヘビを展示もしているが、
意外と園内でも野生の爬虫類や両生類を見かけることがある。
今回はそれをアップしていきます。

最初に載せた写真は、ニホンアマガエルの白っぽいやつ。
目の瞳孔は黒いので、いわゆるアルビノというわけではないが、
緑も黄色も青もほとんどなく、不思議な個体だった。
時間を置いたりすると色も変わってきそうだけどね。


ヤマカガシ
Tiger keel back

白蛇観音という像が園内にはあって、
その周囲を浅い池が囲むんだけど、そこにヤマカガシが。

北海道にはいない、ヘビにまずは出会えてとても嬉しい。
ヤマカガシはこの金魚を狙っていたのかな?
(ヤマカガシは結構器用に魚類も食べます)

なんとこの日、ヤマカガシの当たり日だったらしく、
5匹も見ることができました。


ヒバカリ
Japanese keelback

ちょっと湿った風のする方に向かうと、ヒバカリにも会えた。
ヒバカリも北海道にはいない、自分的大歓迎種。

地味で小さな好きな蛇で多くの個体は触っても咬みつくことは無いのだけれど、
私はこういう、「大人しい」とされる種によく咬まれる。
しかも執拗に。


ヒバカリ
Japanese keelback

きっと嫌な臭いか、食べれそうな匂いが出ているのだろう。

普通の攻撃の咬みではなく、むしろ「食べる」「痛めつける」咬みです。
ヒバカリなんて言われ、「咬まれれば命はその日ばかりの毒蛇」
などと昔は言われることもあったようだが、
咬まれても無害です。少なくとも人間には。

敢えて無毒とは言わない。

ヤマカガシは1970年代に強い毒があることがつきとめられた。
人が死に至ることも十分にある毒。
デュベルノイ腺というところから分泌される毒が、
奥の少し長い牙を通して体に打ち込まれる。
奥歯だけに、毒が入るのはごく稀だが、
毒が入ればただ事では済まない。

そしてガラスヒバァというヘビにも毒があることが分かっている。
ヤマカガシと同じく、デュベルノイ腺というところから毒を分泌し
奥歯の長い牙を通してじわじわと毒が入る構造。
しかし人間に対しての健康被害は全く報告されていない。

ガラスヒバァというヘビは、ヒバカリと同じ属、
Amphiesma属に所属している。
だから、ヒバカリもガラスヒバァとよく構造が似ている。


ヒバカリ
Japanese keel back

見づらいけれども、ヤマカガシの奥歯と同じく、
ヒバカリにも長い奥歯がある。
だから、ヘビにはなるべく咬まれない方が良い。
(咬まれたかったわけではなかったのだけれども…)

※ややこしいことを書いておりましたが、
現在のところ、ヒバカリでは有毒の報告はありません。

Baikada’s main website
Baikada.com

Photograph artist

I met photograph artist.
He called photo artist not photographer.
He enjoy to take snap & insect photo.
I was glad to meet him and go around field with him.


マイマイガの幼虫
Gypsy moth

関東での展示会や所用が済み、
フェリーで北海道に帰る日になった。
フェリーは茨城県大洗から出船する。
このとき、カメラ芸人のOIKAWAさんに声をかけていただいた。
(参考:「ぱぷあ日記」「たこの庭には帰れない」)

OIKAWAさんはスリランカ、パプアニューギニア、ホンデュラスなど
諸外国を仕事で渡り歩き、今は日本に帰国中。
カメラ芸人を名乗り、スナップや昆虫写真を得意分野としている。
また旅立ってしまう前に、ぜひお会いしたいと思っていた。


ナガメ
Shield bug sp.

短い時間しかご一緒できなかったのだが、
このナガメの名前の由来を教わったり、
(ナガメは「菜亀」でナバナの属するアブラナ科の花につく)
撮影スタイル(スナップ、昆虫の魚眼マクロ)を見せてもらったり
いろいろ興味深いものを見せてもらいました。


ニホンアマガエルとOIKAWAさん
Japanese tree frog

飄々とこなしていく姿に感動。

そして、OIKAWAさんお勧めの外付けFlash、
サンパックのPF20XDには、とても触指の伸びるもにだった。
もちろん魚露目レンズもね。

今手持ちで使っているKenkoのFish Eyeコンバージョンレンズとは
また違った使い勝ってがあるし、撮影スタイルにより一長一短はあるかなと思った。

自分の撮影スタイルだと、どちらかというと魚露目の方が合うのかも。。。


アオスジアゲハ
Common Bluebottle

なんでかアオスジアゲハが落ちていた。
弱っているんだろうか。

どちらにしても、なかなか近くでは撮れない蝶なのでアップで撮ってみた。
もうちょっと絵になる場所に運んで撮ったら良かったかな。。
と思いつつも、これも一期一会ということで、
そのまま撮っておいた。


ヨコヅナサシガメとマイマイガ
Assassin bug sp. & Gypsy moth

あんまり今までサシガメという昆虫には目がいかなかったが、
今回はあちこちでこのヨコヅナサシガメを見かけた。
英語でサシガメは「Assassin bug」。暗殺虫だ。

今、マイマイガの毒毛(人によってはかぶれることもある程度)を
かいくぐり、暗殺に成功したところだ。

サシガメとその辺のカメムシの違いは
植物の汁を吸うか、動物の汁を吸うかの違いくらいのもんです。

あっという間に時間が過ぎて、
フェリーに乗船しなくてはならなくなったのでお別れしました。
もうちょっといろいろ話をしたかったのですが、
それはまたいずれの機会に!

Baikada’s main website
Baikada.com

Snake center

I stayed Japan snake center for my Exhibithion.
I was able to hardly move during a stay, but sometimes took a walk through a center.


ツノナシクサリヘビ(展示個体)
Sahara sand viper (Exhibition individual)

今回は展示会「Japanese snakes syndrome」の開催で、
ジャパンスネークセンターにかなり長い時間駐留した。
時々動き回って、スネークセンターの展示動物なども見てきたが、
(上のツノナシクサリヘビもその一つ)
意外とここにも野生動物がいるものでそれらも観察してきた。


小型ネズミsp(ヒメネズミか?)
Small Japanese field mouse?

スネークセンターの敷地では時々野鼠がみられる。

周りは田んぼだし、園内は緑が多いし、
当たり前っちゃ当たり前だけど、
ネズミの天敵であるヘビのセンターに侵入するネズミってのも
凄い勇気だ。

とはいえ、なんで死んでるんだろー…?
誰かに踏まれた?
(自分の足と写してるのは大きさ比較のため。踏んでないので悪しからず(^^;;;;)


クロフシロヒトリ
Arctiidae sp.

センター内で今まで見たことがない感じの模様のガを発見。
写真撮ってから、ネットで検索してもわからず、
簡易的な図鑑で調べてもわからず。

後日、博物館で「日本蛾類図鑑(下)」を見て
ようやく種名「クロフシロヒトリ」に行きついた。
「黒斑白灯盗」ってことだね。

ずっと「独り」だと思ってたら、
火に集まるから「灯盗」(火取)らしい。

実はいろいろ昆虫もいるので、
また機会があったらもうちょっといろいろ調べてみたいな、スネークセンター。
粘菌もいるんだよね。


ニホンカナヘビとハダニsp.
Japanese grass lizard and Spider mite

園内にはこのニホンカナヘビも多いが、
ニホントカゲもよくいる。

このカナヘビは日の光に誘われて日光浴しているのだが、
よく見ると赤いダニがついてる。

ヤモリの目のまわりとかカブトムシの関節なんかについてるような
やつかと思ったんだけど、周りのアジサイの葉っぱの上から
この赤いダニが発生して歩き回ってる。
どうもハダニの仲間のようで、
カナヘビには病害は及ぼさない…。かも。

カナヘビもこのダニをパクパク食べてたし…。
とにかく赤くて小さいダニには植物につくやつと
動物につくやつがいるようです。


シマヘビのコンバットダンス
Japanese four-lined snake’s Combat Dance

スネークセンターにいる間の特権としては、
なにか飼育動物に異変があるときには声をかけてもらえること。
シマヘビの放牧場ではシマヘビが高密度で飼われているので、
コンバットダンスなども多く見られる。
こいつはラッキー!


COMBAT DANCE

今後も楽しみながらスネークセンターと
コラボレーションできたらいいですよね。

皆様のおかげで展示会も無事終了し、
楽しい中、はじめての個展を終了できました。
ありがとうございました(^^)

Baikada’s main website
Baikada.com

The meeting of the photograph exhibition

I went for the meeting of the photograph exhibition of a plan performed in the next year.
This record is a thing of the Gunma stay of this trip.
Here is the research institute of the snake.
I seem to be able to do a photograph exhibition of the snake thanks to the research institute.


シマヘビ
Japanese four-lined snake

今回は、とある群馬の施設で来年、私の写真展が出来るかもしれないということで、
打ち合わせと下見に行ってきました。

担当者間では、話はまとまったので、今度は企画書のようなものを作り、
先方と具体的に話を進めていくことになった。

もちろん、その為だけに関東地方に行くのも勿体無いし、
時期もそこそこ良かったので、知人宅めぐりを行ってきた。

今回は、その群馬県での記録です。

今回の遠征は、最初から快晴。幸先がいいのか、悪いのか?
研究所には2日間の予定でお話に伺い、職員の方々とも貴重なお話が出来た。
施設内にある飼育施設には、
簡単に見ることの出来ないヘビたちが観察できるのでとても有難い。

そして意外と自然の環境が施設敷地内にも残っているので、飼育動物だけでなく、
こんなニホントカゲも見ることが出来る。

このあと、ニホントカゲとよく似た種類を観察する予定になっていたので、
ニホントカゲを間近で撮ってみた。


ニホントカゲ
Japanese five-lined skink

そういえば、園内で去年発見したムラサキホコリ
今年もどっかに無いかなと思っていたら、
隣に置いてあった木のベンチ?に大量に生えてた。
どうもこの辺りがテリトリーらしい。。。

ムラサキホコリを含む粘菌は成長ステージによって移動するので、
どこかにすぐいなくなっちゃうイメージだけど、そんなに大きくは移動しないのかな。。。


ムラサキホコリ
A kind of slime mold.

この写真は3つのステージを入れてみました。

子実体が生え始めた1。
子実体が成長した2。
子実体が働きを終えてメルトダウンしてしまった3。

1と3を見れたのはちょっと嬉しいな。

夜は、職員さんの一人とフィールドへ。
いろいろとヘビの情報のやり取りをした方だけど、
よく考えたらフィールドに一緒に出るのは初めて。

職員さんのお気に入りポイントへ案内していただいたので、
自分は発見に全精力を懸ければ良いのですな。


アズマヒキガエル
Eastern-Japanese Common Toad

と、ぼちぼち歩いていたアズマヒキガエル。
大きくて危機感無い。
ほんと鈍い。

でも重量感があるので、撮っていると手ごたえ(?)がある。
でもポーズが変わらないのでちょっと飽きる。

その後も歩き回るけど、ほかに何もいない。
暑すぎて、乾燥気味でダメなのかなあ…。


ヤマカガシ
Tiger keelback

その時、足元からしゅしゅ、しゅーっと何かの気配が遠ざかった。
ここ数年感じるようになった、蛇の音だ。

入っていったと思しき草むらを、ヘビ棒(スネークフック)で掻き分ける
(マムシ怖いから手でやんない)
と、いたいたっ。
ヤマカガシの子供だっす。

夜にヤマカガシに出会ったのは自分個人的には珍しいんだけど、
暑い日は行動時間が夜に食い込むのかな。
弄り回して、リリース。
ヤマカガシは案の定、いじけてた。

職員さんはいつもこの場所でニホンマムシを見るそうなのだが、今晩は打ち止めっぽい。
帰って休みますか、って気分になったところで、
はい出た。


ニホンマムシ
Japanese mamushi

とても銭型紋の縁取りの濃い個体だね。
綺麗キレイ!

いろいろ角度変えて撮りまくったけど、
レンズをちょっと変えたので慣れなくって
うまく撮れたのは少なかった。残念。。。

この個体は一度も口をあけることなく、大人しい個体だった。
でも、こういう個体に油断した時が一番危ないんだけどね。

ニホンマムシの死者は年間4~5人は発生しています。
(スズメバチの年間約30人に比べると少ないけど、危険は危険です)


ミヤマカミキリ
A kind of long-horned beetle.

翌日は朝からカミキリヒット。

そんなに珍しい種類じゃないんだろうけど、
でかいカミキリはカッコええ。

このミヤマカミキリのタートルネックのような頚部が好きなのだけど、
ここは好みが別れるらしく、「アレが気持ち悪いんじゃ」という人もいる。
う~む。

翌日は、ギャラリーを主に担当している職員さんと、
打ち合わせや相談などゆっくりして、充実した時間を送れました。

この後は千葉に向かいます。


ブームスラング
Boomslang

ブームスラングの威嚇姿勢。
おっかねぇ。

Baikada’s main website
Baikada.com