Curse

picture

Elaphe climacophora
Japanese rat sanke
青大将(アオダイショウ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D MK III*

撮影の確立したスタイルを持っている人は羨ましい。
私もそれを試したり、いろいろして自分の撮ってみたい方法を模索したりする。
自分のスタイルを持っていないように感じていたからだ。
I envy the person who has the taking a picture style. I grope for the method that wants to be taken by me. I felt that it did not have my style.

自分で新しいアイデアを取り入れて撮ることもやっているし、
人の考えたスタイルで参考に撮ってみたりもしている。
綺麗にはなるのだけど、満足ができない。
I take it by fresh new ideas. Moreover, I take it referring to the style that the person thought about. I cannot be satisfied though I can beautifully take the photograph.

最近、知人数人に写真についてのコメントを貰った。
そしてやっと気が付きました。
技術的なスタイルに固執していたけれど、
私は既に撮影スタイルを持っていた。
I got the comment about the photograph from several acquaintances recently. And at last I noticed.
Though I persisted in a technical style, I had positive photography-style. It was to take a snake with all a feeling.

特別なことはしない。
私のスタイルは気持ちを込めてヘビを撮ること。
誰でもやっているし、誰でも出来るスタイルだけど、
逆に私しかできないスタイルではある。
Everyone is a style that is, and the style that everyone can do. However, it can be said the style that only I can do.

込める感情はたくさんあると思うのだが、私の場合たぶん普通でない。
言葉にするのは難しいけど、まあ、ある種の呪いみたいなものである。
少なくとも、情熱や愉悦でないことは確かだ。
It thinks feelings that people include to the photograph to be a lot, and, maybe, it is not usual for me. The feelings are certain kinds of one as cursed. At least, it is certain that it not is neither passion nor enjoying.

もちろん、これからもいろいろなスタイルや、
いろいろな動物を撮って行かなければならない。
そこに気持ちを込められるかはわからない。
でも、自分にもスタイルがあることに気が付けて、とても安心した。
Of course, I should be going to test various styles in the future, and take various animals. I do not understand whether feelings are put there. However, I was very relieved because I also noticed me have the style.

.

Baikada’s main website
Baikada.com

8 Responses to “Curse”

  1. Godspeed より:

    他人が貴方の作品に対して思う貴方のスタイルと、貴方が自分の作品に対して思う貴方のスタイルは違っていてもいいのでは?

    世に有象無象に存在するカメラマンの8割以上は機材やカメラ光学、機種の方に趣きを
    置いて、自分のスタイルを模索・発見すると思うが、稀にカメラなんか手にするずっと前、つまり少年時代からすでにスタイルを持っている者がいると思う。

    わたしはスタイルという言葉があまり好きでないので(スタイルに固執しちゃうし、
    私のことを「あの人はああいうスタイル」などと決められるのがイヤだから)
    テーマ、もしくはストーリーだと言っておきます。

    わたしは様々なメディアを使いたいし、何を使っても一貫した「自分」があれば、どれも
    自分色のものが作れるという想いがあって、その為にこだわりをなくそうと躍起になる。

    Baikadaさんの写真の良いところは
    安定した「引きの写真」の中に被写体の不安定さ・不確かさがある、かな。

    被写体に対する優しい想いや観察の中に撮影者の「今」の心がモロに出ていて、
    人の心など一定ってことはあり得ないので、Baikadaさんの心の不確かさを
    見る。
    つまり、動物写真家って動物撮る人々だけど、大半はちゃんと動物撮ってんだ。
    だけど、貴方は撮っていない(苦笑)
    他の動物写真家はリアルに、鮮明に、綺麗に、コンポジションも考えて撮るし、
    その対象物の魅力を引き出そうと躍起になってる。だけど、彼らの中にはPCの壁紙にも使用したい作品も中にはあるけど、わたしが見るとそれ以上もそれ以下も
    ないんだね。心まで動かない。

    だけど、Baikadaさんの写真は上記のように撮影者の思いやスタイルというよりか、
    今の心のまま被写体を切り取ろうとするから、写真にヘビがいてヘビ以上のものが
    入りこんでいるんだね。
    最近の作品の中では、キツネの正面写真にはそれが顕著に出てる。
    アレ、見たとき言葉が見つからないんだね。コメントも入れられない。
    なんか、撮影者がこちらを見てる気がして・・・
    アレは敵意をむき出しにした動物の写真や卑屈になった動物や、獲物を追いかけたり、
    狙い定めたりしているところや捕食しているところや、徘徊しているところとか
    そういう有象無象の動物写真家の撮る写真にない、貴方だけのスタイル(スタイルという言葉はあまり好きではないケド)といえばそうだろうね。

    ハ虫類とか上手く撮る人はたくさんいるよね、最近は。
    全部、心が動かない。キレイには撮れるけど、スタイルや機材に依存しちゃってるし、
    撮影者のエゴがモロに見えてきて辟易する。

  2. baikada より:

    Godspeedさん
    昔、中学生のころの美術の授業では
    「この絵は、ヤンファンアイクの当時の気持ちを表した題材で、
    構成の奥深さからその気持ちへの奥深さを表している」(←適当ですよ)
    といった感じの解説文が絵の一つ一つに付いていて、
    そんなものは書いた本人しかわからないじゃないか~、と思ったりしていたのですが、
    奇しくも、「表現系」を仕事の一つとするようになって、はたと気づきました。
    「表現している自分が、一番わかっていない…」とね。

    こうしてGodspeedさんにコメントいただいて、ほうほう、なるほどと、
    読んでいる自分がいて、なんだか可笑しいです。

    不安定、不確定というのは確かにそう。
    これはもちろん悪い点でもあるけれど。

    これからも動物に呪いをかけながら写真撮って行きたい。
    そして得体のしれない呪いを、写真を通して見ている人に考えさせることができたら、
    撮ってよかったなあ、見せて良かったなぁ、と思える。

    正直、このコメントは嬉しかったです。ありがとう。

  3. クワ より:

    僕はあんまし深く考えなくても良いと思ってます。
    スタイルって、やってるうちに滲み出てくるのでは。
    写真でも何でも「やる事、続ける事」が大切で、あとはどーでもよろしい。

    、、と、あくまでも個人的な意見です。

  4. baikada より:

    クワさん
    どうしても写真だと、ニーズは図鑑や可愛い写真などになってしまうので、
    自分の撮りたいものが時々ごっちゃになってわけが解らなくなっちゃいます。
    スタイル自体、「漠然としたもの」であるスタイルでいいかもしれませんね。

  5. 昨日、近所でシロマダラの死骸を見つけました。
    こんな近くに居るとは思いませんでした。

  6. baikada より:

    おいかわ飯店さん
    羨ましいですね!
    意外と近くにいて、見つからないのがシロマダラです。
    不思議なヘビです。

  7. kone より:

    すげーかわいー!
    舌の出し具合がなんとも (^^*

  8. baikada より:

    koneさん
    被写体となったこのアオダイショウの無垢さや
    怖いもの知らずな感じが伝わったみたいで、とても良かったです(^^)