Facing

picture

Heteropoda venatoria
Brown Huntsman Spider
脚高蜘蛛(アシダカグモ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

苦手克服シリーズのひとつです。以前紹介したトビズムカデ以来ですね。
It is one of the weak point conquest series. Since “Like Black_Kite’s head centipede” which I introduced before.

私は基本的に脚が6本以上ある生き物は得手ではありません。クモもまた然り。
しかし、最近ハエトリグモを身近で観察するようになって、
「クモ全般が苦手なんだ」という認識が間違っていることに気がついた。
しかし、アシダカグモはとても大きい。
手のひらくらいの大きさがある。そしてものすごく素早い。
一時、弱毒を持つという話を聞いていたが改めてインターネットで調べると、
人間に対する毒性については否定されつつある流れのようだ。
I am weak in the creature having a leg more than six of them basically. I am weak in the spider, too. However, I came to observe “Jumping spider” recently and noticed that recognition that “I was weak in the spider whole” was wrong. However, Brown Huntsman Spider is very big. There is size of a palm. And he is very quick. I heard “He has weakened poison”, but it seems to be denied about the toxicity for the human being when I examine it on the Internet some other time.

脚が多くて、素早いものは苦手です。
しかし、それでは被写体としての意外な魅力に気がつかないで終わってしまう。
I am weak with many legs and the quick creature. However, then I never notice unexpected charm as the subject.

ある夜、路地裏でアシダカグモと出会った。
活動的ではなかった様子なので、思い切って、腰をすえて、マクロで勝負した。
正面からフラッシュを焚くと、アシダカグモが驚いて狂奔するかもしれない…。
と思ったのもあるけど、アシダカグモの脚の長さがわかるような写真を撮ってみたいと
思っていたので、三脚にカメラを据え、LED懐中電灯で斜め後ろからライティングしてみた。
そこそこ、面白い写真となった。
克服は出来ていないけれど、私がアシダカグモと闘った記録は残す事ができた。
I met Brown Huntsman Spider in the alley on a certain night. Because he was not active, I challenged taking a picture by the macro boldly sitting down. I set up the camera in tripod, and after the diagonal, did lighting from the furnace with the LED flashlight because I wanted to take the photograph where the length of his leg was understood though was the desire, “It was likely to make desperate efforts his being surprised when the flash was burnt from the front”. This became a little interesting photograph. As for me, overcoming cannot have done him. However, I was able to leave the record fought against him.

残す苦手は、 ゴキブリとフナムシです。今年は勝負できるでしょうか…。
My weak point to leave is a cockroach and a sea louse. Can I fight this year…?

.

Baikada’s main website
Wild Home

12 Responses to “Facing”

  1. Godspeed より:

    綺麗な写真ですね。
    なにげに私は十代・二十代の頃、クモをコレクションしてたり雲(空の雲)の研究に勤しんでいたりしてました。タランチュラはもとより日本のクモ、イギリスのクモを学名も知らず飼っておりました。
    (ムカデの方もかなり)
    クモは大好きな蟲の一つ。クモは蟲界の「芸術家」と言われているので
    私の職業とタブって好きなのかも。

    他の虫より器用な気がします。

  2. baikada より:

    Godspeedさん
    クモの張るネットに水滴がついていると、とても綺麗ですよね。
    (クモにとっては迷惑なんでしょうけど…)
    確かに昆虫に比べると、クモは時々本能的にではなく、「考えて」動いてる気がします。

  3. OIKAWA より:

    クモは、面白いなとは思いますが、タランチュラなどはちょっとひいてしまいますね。いきなり出てくるとあせります。こちらには、タランチュラを狩る狩蜂がいますが、こいつが狩りをしている所を一度見てみたいです。大きさもトンボの小さめの位あります。

  4. 確かに写真構えてたら急に長い脚をシャカシャカ動かして
    こっちに向かってきたらヤですね(笑)
    ハエトリくらいのがぴょんっと跳んでくるくらいならいいですけど、
    アシダカグモくらいでっかいと単純にびびりますね。

    アシダカグモって脚が太めで長いってイメージがありましたが、案外細いんですね。
    もっともやしのようにプリッとしてると思っていました。
    太いとは言ってもタランチュラとかのもさって感じとは違うイメージでしたけど。

    前に小さいアシダカの仲間がテーブルの上に出没したことがありますが、
    タカタカタカタカタカタカタカタカ・・・・・・・・・・・・
    って足音がするのでそれにびびってしまいました。
    こんな小さいのに足音がしてるよ!! って(笑)
    いいハンターだと思ってそのままにしとこうと思ったのですが、
    やはり固い場所を歩くたびに足音がするのが気になって、外に出してしまいました。
    ちなみにハエトリはうちに出没してもほったらかしです。

  5. クワ より:

    クモ、闇雲に好きです。

  6. baikada より:

    OIKAWAさん
    タランチュラ、まだ「遭遇する」という感覚で見た事がないので、怖そうな雰囲気を持っています。どんな強い生き物でも、いろんな弱点を持つものですね。
    こちらでもジガバチの仲間がよくクモを引きずって歩いている姿を目にします。でも素早いので、写真に撮るのは難しいです。。

  7. baikada より:

    花々まつりか。さん
    アシダカグモは意外と気が強いクモだと思っています。自分が遭遇した経験では何度かこちらに突進してくることもあったので…。
    ハエトリは、写真を撮ろうと接近すると、一瞬にしてカメラに飛び乗ってくるので、なかなか撮れずに時々イラっとする事がありますが、(^^; 可愛いものです。
    アシダカグモは、意外と死んでいる姿を見ると、小さなクモだと思いました。で死んでると脚を丸めているので、親指の頭くらいしかないように見えますが、やっぱり拾って広げたら手のひらくらいありました。
    アシダカグモがゴキさんを獲ってくれるのは、素晴らしいのですが、もうちょっと、フレンドリーデザインだと嬉しいです。

  8. baikada より:

    クワさん
    そんな事言うと、表情クモらす人もいますよ~。

  9. りぐ より:

    こんにちは。

    アシダカさん、以前住んでいた部屋では同居してました。
    隙間の多い古アパートだったので、勝手に出入りしてたみたいですね。
    カサカサ音がするので振り向くと、居間のど真ん中を堂々と歩いてたりとか。

    普段はすばしっこい生き物ですが、脚が長いだけあって、落ち着いてゆっくり歩いている時の動作は優雅で見惚れる程ですよ。

  10. ぐりろたるぱ より:

    オオミズアオといいこのアシダカグモといい
    ばいかださんが撮られる虫(広義の)は
    とてもクール!
    ばいかだカラー誕生ですね。

  11. baikada より:

    りぐさん
    さすがりぐさんですね。余裕を持って観察していますね(^^)
    羨ましいです。
    実は今住んでいる家のどこかにも、2個体住んでいるはずなんです。
    背中のマークで識別可能なんですが、まだ名前をつけてあげられる度胸がありません(^^;

  12. baikada より:

    ぐりろたるぱさん
    おお!ばいかだカラー。遂に名前が(^^)
    やっぱり私は撮影は夜が大好きです。
    虫たちもいろんな形で撮ってみたいですね。
    LEDスタイルは自分も気に入っていて、手軽なので、
    これからも試してみたいと思っています。