Miraculous

picture

Elaphe quadrivirgata
Japanese Four-lined Rat snake
縞蛇(シマヘビ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DIGITAL*

.

気付かれていない。
奇跡だ!
I am not noticed by him. It is miraculous!

今までずっと蛇を追っているけど、
相手に悟られず撮れた写真は2枚だけ。
I take the photograph of the snake in all this while. But only two pieces of photographs which came out without it being realized.

.

Baikada’s main website
Wild Home

6 Responses to “Miraculous”

  1. Godspeed より:

    やっと見れた。

    どのくらい接近したのですか?
    ばいかださんでもたった2回のチャンスなんですね。驚き。
    でも、野生のシマヘビは確かに警戒心強し。
    まず気付かれた時点で、このとぐろ状態がほどけていますものね。

  2. baikada より:

    Godspeedさん
    Google Web Albumを画像置き場にしてるんですが、
    そちらの仕様がちょっと変わったみたいで、その影響で引用が
    上手く出来なかったみたいです。
    直せてほっとしてます(^^;

    捕まえる前に撮る、緊張感のないとぐろ。
    こういう写真いっぱい撮りたいなあ。
    距離は10mくらいだったかな?

  3. さぁ~ より:

    こんにちは
    暖かくなって、こちらでは蛇をちょこちょこ見かけるようになりました。
    蛇はどんなときにとぐろをまいているの?

    こどもが、最近2度とぐろをまいた蛇をみかけたようです。
    近づいてもいいかしら?

  4. baikada より:

    さぁ~さん
    ヘビのとぐろは様々ですね。
    この写真の個体は日光浴と体のフィットで不安感を軽減かなと思います。
    もっと日差しが強いと、伸びたりしています。
    とぐろを巻いているヘビはリラックスしている場合もありますが、
    威嚇姿勢をリラックスと間違わないようにしてくださいね。

  5. より:

    久々にお邪魔します。
    今日4/22、久しぶりにヘビ(アオダイショウ 約1.2m)に出逢いました。
    今までは出逢った瞬間に逃げられていましたが、今日は変な感じでした。
    シャガの群生地でカナヘビを撮っていて、10分くらいして後ろを振り向くと2mほど後ろに アオダイショウがいました。
    それも茂みでもなく全身を丸見せ状態です。
    私が周りを廻ったりしても1時間近くもピクリとも動かず時々舌をチロチロ出すだけです。
    単にノンビリ屋の個体だったのでしょうか?
    その後シャガの群生の中に潜って行きましたが。。。

  6. baikada より:

    虹さん
    シャガにアオダイショウとは素敵な光景ですね。
    そういうのんびりした個体にも会ってみたいですね~。