Mont Blanc

picture

Stemonitis sp.
A kind of Myxomycete (Slime mould).
紫埃の仲間(ムラサキホコリのなかま)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

変形菌。またの名を粘菌。菌と言ってもキノコではない。細菌でもない。
こうして見ていると全く動かないが、植物でもない。かといって動物とも言い切れない。
変形菌は変形菌なのです。
Myxomycete. It is not a fungi. It is not bacteria. When I look, it does not move at all, but it is not a plant. But it is not an animal.

この変形菌は、変形して移動する「変形体」と、
まったく動かない「子実体」という、2つの形を持っている。
一般には子実体は動かず、胞子を散布して増える。
変形体はアメーバ状で微生物を食べたり、
子実体になるのに適した場所を求めて移動する。
つまり、イメージとしては動く時期を持つキノコみたいな感じです。
Myxomycete sows a spore like a fungi and increases and is in condition that it seems to be an amoeba from a spore and moves. And it eats a microbe.
When it comes to the place where environment was suitable for, it seems to become a mushroom and makes a spore.
A very mysterious creature. Myxomycete. This seems to be small Mont Blanc of around 5mm.

シダ植物やコケ植物、キノコ、カビの仲間も胞子を出し、その中の一部のものは
鞭毛というしっぽを持って泳ぎ移動できる遊走子と呼ばれる。
最近話題になっているカエルツボカビ病のカエルツボカビの胞子も遊走子です。
でも、遊走子が動くと言っても胞子に尻尾が生えただけのようなもの。
しかし、変形菌はアメーバのように、好きなところを動き回る。
子実体は、あっという間に枯れる(?)ため、昨日ここにあったからと言って、
今日同じ場所にあるとは限らない。
宝探しのようでなかなか楽しい。

変形菌を拾って、簡易な迷路に置き、
ゴールに養分となるもの(オートミールなど)を置いておくと、
胞子から変形体を形成し、「見事に迷路を「最短ルートで」解いて
ゴールに達する」という実験も行われたそうだ。
なかなか面白いやつです。
変形菌は小さなものが多い。そして非常に形、色のバリエーションが広い。
ヘビヌカホコリなどは一度は目にしてみたい変形菌です。

写真のものは、ムラサキホコリの仲間。
オオムラサキホコリかなと思いましたが、識別は全くわかりませんので、
勘弁してください。
他に、サビムラサキホコリ、ムラサキホコリ、スミスムラサキホコリという
近い仲間たちがいるようです。

私にはマクロな世界の「紅芋モンブラン」にしか見えません。

変形菌を「飼う」人もいるくらいですから、その魅力は測りきれない生き物でしょう。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

10 Responses to “Mont Blanc”

  1. クワ より:

    !!!!!!!! こんな生き物がいるのですね。。
    てっきり、人工物が森に置かれていると思ってました。

  2. baikada より:

    クワさん
    おそらく、フランスでも湿潤な暖かい季節があれば、
    似たような種類の変形菌はいると思いますよ!
    この写真のムラサキホコリ(?)は1本の長さが5mm程度のものです。
    朽木や腐葉土から顔を出してる事が多いので、散策時には探してみると面白いかもしれません。

  3. Godspeed より:

    コンバンワ! 不思議な生き物ですね。
    私の第一印象はチョコレートでした。
    なんかほのかな香りとともに美味しい口解けの、まろやかな味がしそうですが、実際は胴なんでしょうね。

    現在、祖母の実家の佐賀県に来ております。
    今日、山の辺りをドライブで干し柿をもらいに行きました。
    私の期待はやはり「ヘビとの遭遇」を一番に期待しておりましたが、やはりもうこの季節までワザワザ出てくる者はいないでしょうね、いくら九州とはいえ、ここは北部ですからね。
    でも、ヒバカリなんかいないのかな~。 どんなところにいるんでしょうね? かなり奥地に入らないと野性のヘビと遭遇できないのでしょうか、ね~。

  4. baikada より:

    Godspeedさん
    この記事を書くにあたって、変形菌を色々調べていたら、ヨーロッパの一部で食べたようです。しかし、揚げ物の衣として用いたと言うことだったので、そんなに味のあるものじゃなさそうですね。
    佐賀県ですか。気候の良さそうなところですよね。
    ヒバカリは、結構早い時期に姿を見なくなっちゃいますね。体が小さいから、早く冬眠しちゃうのかな。
    シマヘビあたりだと、ボケた個体が暖かい日に川辺で日向ぼっことか出てくることもありそうですね。でも、佐賀って気温がわからない…。

  5. クワ より:

    ばいかださんに言われて調べてみたら、ありました !
    naturephoto-cz.com/stemonitis-fusca-:stemonitis-fusca–photo-6459.html

    決して珍らしい菌ではないとあったので、今度探してみます。
    食用に関しては「食用価値がない」とあるだけです。他国で食べてるんでしょうね。

  6. Godspeed より:

    We wish you a merry Christmas

    We wish you a merry Christmas

    We wish you a merry Christmas And a happy New Year.

    Glad tidings we bring To you and your kin;

    Glad tidings for Christmas And a happy New Year!

  7. baikada より:

    クワさん
    フランスにもムラサキホコリあったんですね!
    やっぱり春から秋の観察みたいですね。
    わかりやすいサイトで、面白いです(^^)

  8. baikada より:

    Godspeedさん
    Thank you.
    I wish you a merry Christmas and Happy new year.

  9. OIKAWA より:

    この研究では、南方熊楠が有名ですが、どうも彼は、”この変形菌は、地球外生物ではと考えていた”という人もいるようです。彼ほどの大天才がそう考えるほど不思議な生物なんですね。この世界は、奥が深そうです。

  10. baikada より:

    OIKAWAさん
    南方熊楠、あえないけれど、お話してみたい人の一人です。
    私も、彼に負けずに変人ぶりを(そっちか)発揮していきたいです。
    変形菌は本当に奥の深い世界です。私もまだ、脚の指先がちょこっと入ったばかりです。