Lonely Queen

picture

Dolichovespula sp?
Hornet sp.
頬長雀蜂の仲間?(ホオナガスズメバチの仲間?)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

スズメバチの仲間は、巣を次の年は利用しない。
そして、女王1匹だけで越冬する。
The kind of the hornet does not use a nest in the next year. And, the winter is passed as only queen.

どの群れも、1匹の女王からスタートする。
ここから何万というファミリーを形成するというのは信じがたいことだ。
All crowds start from one Queen. Afterwards, It is that I do not believe easily that tens of thousands of crowds are formed with one queen.

このスズメバチの仲間は、小型で黒が基調。
クロスズメバチ属のものと思ったが、ホオナガスズメバチ属も外見はほぼ同じだ。
顔面のアップで属、そしてそれぞれの種が見極められる。
For this hornet kind, it is small and the black basic tone. I thought it to be a thing of the Vespula genus, but, as for the Dolichovespula genus, the appearance is about the same. In the form of the face, the genus is made sure of.

私には、そこまでして識別したいという欲と勇気はない。
こんな引いた写真でも十分きれいな生き物だと思うから。
I do not have courage that it does and it wants to identify it there. Because I think even such a photograph which I pulled to be a creature beautiful enough.

※ホオナガスズメバチ属だと思ったのは、
あまり意識して観察していなかったのだけど複眼と顎の間に距離を感じたからです。

.

Baikada’s main website
Baikada.com

6 Responses to “Lonely Queen”

  1. Godspeed より:

    聖書ではイヴはアダムのあばら骨の一部から産まれたとあるが、実際の生物学ではメスが全ての生体の基本形だと聞きました。
    オスは、より繁殖力とか生存確率とか遺伝血統を高くするためかなんかの為に2元性別と交尾システムが出来たという話。

    スズメバチの女王だけが越冬するなんて初めて聞きました。
    面白いのと同時に特異な習性ですね。
    で、この写真の女王は枯れ葉の舟の上で何をしているのでしょうか?

  2. ぐりろたるぱ より:

    どんな理由から、そうしているのか知りませんが
    築き上げたものを棄てる潔さは、あっぱれな程ですね。
    見習うとするか・・。

  3. baikada より:

    Godspeedさん
    生き物はそうかもしれないですね。
    常にメスだけで繁殖して行く生き物もいるし、(ブラーミニメクラヘビ)
    状況によってメスだけで繁殖もいる(ハチやコモドドラゴン)。
    オスは生物多様性のために個体差を生み出す道具だと思うんですよね。
    貝の仲間はなかなか進んでいて、性別が無い。
    2匹が出会うと自然とオスとメスになる。これ、生殖の最終形?

    このハチは何をしたかったんでしょうね。
    弱って死ぬのか、ただ休んでいるだけなのか。
    あとで見たときにはいなくなってしまっていましたけれど。。。

  4. baikada より:

    ぐりろたるぱさん
    そういう見方をすると、確かに潔いですね(^^;
    でも、彼女らには最初から選択肢が無く、
    私たちには選択肢がある。

    だから人間、迷うんじゃないですかね~

  5. クワ より:

    写真も好きですが、タイトルがドンピシャですね。

    ま、メスは強いです。ニンゲンの世界でも。。

    ホオナガスズメバチ属なんていう連中がいるとは知りませんでした !

  6. baikada より:

    クワさん
    ありがとうございます(^^)
    ホオナガスズメバチ属は、私も結構最近になって知りました。
    ずっとあのタイプはクロスズメバチ属だと決めつけていましたよ。。