What a coincidence !

I went to west of Tokyo.
I did field work with internet_friends.
We saw 7 snakes, and met another internet_friends accidentally.


トウキョウサンショウウオの卵嚢(陸上で)
Egg sack of Tokyo Salamander

展示会のために関東地方にやってきたが、
短い時間を縫って、大阪、都心、東京西部の友人が一同に集まって
ヘビを探すフィールドをしてきた。

職業は皆違うのだけど、共通点は「ヘビ好き」。
面白い話もいっぱいできて楽しいフィールドでした。

お一方は今回の企画をしてくれた、
爬虫類、両生類を愛するGさん。
お一方は大阪から来て頂いた、
アオダイショウの栄養を考えるTさん。
そして東京西部の今回のフィールドに詳しい、
デジカメでハンティングするmさん。

最初は私が以前住んでいた青梅の周りでフィールド。
早速トウキョウサンショウウオの卵嚢を発見!
まだ、親が若かったのか、卵嚢も小さいし中身もやや少ない感じ。

サンショウウオの卵嚢はいつ見ても不思議。
水の上だと上の写真のようなものだけど、
水に入れると透きとおる。


トウキョウサンショウウオの卵嚢(水中)
Egg sack of Tokyo Salamander

本当はこのバナナ型のが2つで1ペア、
1匹のメスが一度に産む数っす。
つまりこれは何らかの理由で片方が
取れてしまってる状態でんな。

トウキョウサンショウウオはこんなものだけど、
ヒダサンショウウオやキタサンショウウオの水中の卵嚢は
まばゆい虹色に光ることがある。

アレはスバラシイ。


ジムグリ幼蛇
Japanese Forest Ratsnake

そのとき、いろんなものをひっくり返していた
ヘアアーティストさんが咆哮。
なんとジムグリ発見!

今年の私のヘビ初見はジムグリでスタート~!
私がこの場所で見ようと思っていたヘビが
アオダイショウとシマヘビだったので、
ジムグリの御登場はうれしい誤算(^^)

しかしここでは、アオダイショウとシマヘビは
現われてくれませんでした。


ゲンゲ(レンゲソウ)
Chinese milk vetch

私はこの花が好きなんですよ。
ゲンゲが正式名だったとは知らなかった。
レンゲだと思ってました。

ラーメンのレンゲと関連があったような話を聞いていたけど、どうだったかね?
ちょっと前に調べたけど忘れたよ。


シャガ
Friged iris

こういう奇抜な花も好きだ。

さて、河岸を変えて今度は
デジタルハンターさんのフィールドへ。


ヤマカガシ
Tiger keelback

私はお昼を食べるのでどっかり腰をおろして座り込んでしまったのですが、
私がスネークセンターで入手したスネークフックをいたく気に入ったK(G)さんが
スネークフック片手に田んぼのあぜ道をがつがつ歩く。
しばらくすると遠方より「オーイ」。

K(G)さんに見つかったのがこのヤマカガシ。
私の住む北海道には生息しないので
本州に渡るたびに見たくなるカラフルスネーク。

かなりいじり倒して思い思いの写真を撮らせてもらった。
そしてテクテクとシマヘビの巨大個体を撮り逃したりしつつ、
歩き回っていた。

そして驚きはここから始まる。
前方に変な人が。
たぶん、いや間違いなく我々も変な人だが・・・。

アオダイショウを右手に。
デジカメを左手に。
そして木の横で座り込んで何かの小さなものを撮っている人が。
あやしい…。

しかし、今日われわれが見ていないアオダイショウを抱えている…。
これは声をかけなければ。

「あのー。
何を撮っているんで…?」

『ああ、ハエトリグモですよ。』

「右手のはアオダイショウ…ですよね。。
ちょっと写真を撮らせてほしいのですが・・・」

このやり取りに違和感を感じない人はいないだろうけど、
私はたぶんどこかでこの人を知っていると思った。
アオダイショウを持ちながらハエトリグモを撮影する人種は
そう多くないはず。

相手も何かを察知した様子で聞いてきた。

『あの。。ヘビ撮るんですか?』

「あ、ああ、今年の初のヘビフィールドなんで…
まだアオダイショウに会えていないので…」

『どちらからいらしたんですか?』

「えーと北海道から…」

『…ばいかださんですか?』

驚きを隠せず。

当てられた。ヤバい。こちらは相手が誰だかわからない…。

「え、えええ。ハイ、ソウデス。。。あの、どちらさまで?」

ということで正体を教えてもらいました。
自分の拙サイトを見てくれてコメントも以前頂いていたZさんと判明。

うわぁぁ。これは奇遇。。
北海道からはるばる出てきた先でサイトを見てくれていた人に実際に会うとは…。

そして。
半ば打ち解けてアオダイショウを撮らせてもらう。
途中ヘアアーティストさんが合流してヤマカガシを
連れてきてくれたのでZさんとも撮る。

そしてまたさらに奇遇は進む。

ヘビをいろいろ撮って、一息ついて大空を見上げた時。
なんか見たことある人々が昆虫網持ってうろついてる。。。
今回、関東に行くにあたり
幸いにもいろんな方にお声をかけていただいたのですが、
残念ながら予定が重複してしまってお伺いできない方もいました。

そんな人々もここに!
びっきぃとやまどじょうな方や、さくちゃんの生き物だよりな方々が。
あれぇぇぇ。なんだこれ~。
なんでこんな場所でこんなに密集してるんだよ~。

というか思い出した。
この場所に行かないかってお誘い受けてたんですよね。
ちょうど日程が重なって、
まさかこの場所にフィールドに行くと思っていなかったのでお断りしていたんでした。

早く思い出して連絡いていたら良かったですね。。。
凄い奇遇を重ねながら、みなさん、いろいろ自分ごとでお時間頂いてすいませんでした。

いやいや、びっくり。
ほんと、びっくり。


シマヘビ
Japanese four-lined snake

その後、今回のメンバー以外の方と別れ、別の場所へ。

いろいろはぐるとデジタルハンターさんがシマヘビ発見~。
おお~お。

これにて本日のヘビ終了でした。

文章では細かく書いていないですが、
4種7匹のヘビと出会えました。幸せー。

あれ?
自分1匹も捕えてない?(^^;
(逃げられたシマヘビ見ただけだ~!!)


ムーアシロホシテントウ
Ladybug sp.

このあとお茶しようと思ったら、駐車場で発見したのがこのテントウムシ。

シロホシ系なので後で同定しようと思って、とりあえず写真だけ撮っておきました。
ちゃんとしっかり撮っておけばよかった。
(ムーアシロホシテントウは少なくはない昆虫ですが、自分自身初見だったので・・・)

このあと、お茶を飲んで、
今回の参加者は各々の生息地へと戻っていきました。
みんな満足ハッピーなフィールドでした~。

Baikada’s main website
Wild Home

Leave a Response

CAPTCHA