RGB-Green

picture

Hyla japonica
Japanese tree frog
日本雨蛙(ニホンアマガエル)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

光の三原色、「RGB」を意識する上で一番頭が痛いのがこの緑。
普通のモニターで画像調整して自然な緑を作って、
プリントアウトすると緑が異様な鮮やかさで雰囲気が変わってしまう。
それもまたいいのだが、本来の緑を出したいときもある。
It is green that it is the most difficult when I am conscious of three primary colors of the light, “RGB”. I adjust an image with an usual monitor, and I make natural green, and an atmosphere changes with the vividness that green is strange when I print it out. It is good, too, but there is it when I want to give original green.

最近AdobeRGBという、今までのRGBよりも表現色が
豊かな形式が出てきている。(より自然な色域が出ます)
我が家のカメラと、プリンターはAdobeRGB対応です。
でも、モニターは対応していません。
なので、写真を撮って、パソコンを通さずにプリントすると、
見た目に近い写真が出てきます。
しかし、パソコンのモニターを通して画像を調整すると、
プリントしたときにかなりかけ離れた色になる。
モニターもAdobeRGB対応のものが最近出てき始めている。
とても欲しいが、もちろん安価なタイプでも相当高い。
しばらくは手は出せない代物です。
The form that expression color is richer than conventional RGB called “AdobeRGB” comes out recently. (More natural color area appears)
My camera and printer support AdobeRGB. But my monitor does not support. Therefore a photograph near on the eye appears when I print it from a camera directly without using the PC.
If the image is adjusted by handling a usual monitor, the printed image becomes a considerably different color. As for the monitor, a thing for AdobeRGB is released recently. I want it very, but even a cheap model is considerably expensive. I cannot buy it for a while.

この写真は、自然の緑を出したかった。
ニホンアマガエルの緑、イネの緑。
日本にはこんなに美しい緑がまだあるってことを、綺麗に残しておきたいのです。
I wanted to take out the natural green of this photograph. Green of Japanese tree frog , green of rice plant. I want to be leaving it by the image the remainder of such beautiful green in Japan still.

数百年前の日本人も見た光景。
できれば、数百年後の日本人にも見ていて欲しい光景。
実物が残ることを切に願いたいです。
The scene which the Japanese several hundred years ago watched. I want a Japanese several hundred years later to look if possible. I want to hope that the real scene is left eagerly.

.

Baikada’s main website
Wild Home

6 Responses to “RGB-Green”

  1. Godspeed より:

    ・・で、私は意図された「緑」を私のPCで見れているんですか?
    あまりこの辺くわしくないのですが、人工的なビリジャンを含まない、黄の入った緑は自然の色ですよね。
    日本のカエルが危機に陥っている話は良く耳にします。我々が±1℃ぐらい差じゃ動じないのに比べ、小動物たちは敏感ですからね。
    汚染も問題。
    100年後、アオガエル居ますかね・・? (悲)
    ペシミスティックなイメージしか湧きません。

    すでに彼らの生活、と言うか生活スタイル微妙に変わって来てますよね?

  2. baikada より:

    Godspeedさん
    私の今のパソコンのモニターで、できるだけ撮ったときの状況に近い色で調整したので、おそらく大丈夫だと思いますよ。
    カエルは環境の変化や、新興感染症(ツボカビ)などいろいろ問題がありますね。
    そんな中、昔からの農業に適応したアマガエルや、シュレーゲルアオガエル、トウキョウダルマガエルやトノサマガエルなど、上手に生活スタイルを変えたカエルもいるので、仰る通りこれからも彼らは生活スタイルを変えて生き延びる可能性もありますね。

  3. OIKAWA より:

    いつも悩むのが、PCとプリントアウトされた画像のギャップ。モニターの調整をすればいいのかもしれないのだけれどわからない。困った物です。

  4. baikada より:

    OIKAWAさん
    ほんと、このギャップを解決するためにはやっぱりモニターの更新…。
    でもまだ安くて15~16万円ですね。
    画面調整は、キャリブレーションシステムを使えるモニターなら、ある程度調整できるみたいですよ。
    自分でも書いてて理解しきれていない…。(^^;

  5. クワ より:

    指を開いた前足、いい瞬間でしたね。人間の手みたいです。

  6. baikada より:

    クワさん
    そうなんです。実は撮ったあとで気がつきました。
    カエルのこういう細かいしぐさが、カエルファンにはたまらないんでしょうね。