第4次レッドリスト

第4次レッドリストが公表されましたね。

第4次レッドリストの公表について(お知らせ)

ニホンカワウソや九州のツキノワグマの絶滅へのランク変動などピックアップされておりますが、自分のところでは両爬についてメモを書いておきたいと思います。

今回のリストは上記リンクの別添資料7-3, 7-4, 8-3, 8-4でも見ることができますが、生物多様性情報システムからも一覧をダウンロードできます。別添資料の8-3, 8-4辺りをみると、第3次レッドリストからの変遷が一番わかり易いかもしれません。

おそらくこの発表に絡んで、日本爬虫両棲類学会の標準和名一覧のページも8月27日付で新リスト案に差し替えられています。両爬は、残念ながらランクが上がったものがふえ、ランクが下がったものはいませんでした。

また、ここ数年での分類の進みによって、1種だったものが2種に増えたものもたくさんあって(例:ブチサンショウウオ→ブチサンショウウオ、コガタブチサンショウウオ)レッドリスト掲載種数としては結構数が増えた状態になりました。

また分類群ではアカガエル属の別属への分化した種などもあります。(ハナサキ系やオットン系など)学名が変わっている両爬も結構いるので、注意が必要ですね。

北海道ではトノサマガエル(移入)の増加が懸念される一方で、新レッドリストでは本来の生息地ではLP(軽度懸念)に入ってきたりと複雑ですね。

Baikada’s main website
Wild Home