Brilliant

picture

Rana pirica
Ezo brown frog
蝦夷赤蛙(エゾアカガエル)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 5*

.

冬を迎えるにあたり、待ち遠しくなる春ですが、
北海道の早春にはフキノトウの芽吹き、フクジュソウの開花と平行して、
エゾアカガエルやエゾサンショウウオの産卵が始まります。
まだ、この時期は開水面も凍ったり、融けたりの繰り返しで、
エゾアカガエルの卵塊は、ダメージを受けてしまいます。
しわしわになってしまったり、破裂してしまったり。
また、産みたての卵塊は、まだ水を吸っていないので粒が小さく、見栄えがしません。
It is winter from now on in a season, but spring becomes impatient for me. In the early spring of Hokkaido, Butterbur sprout (Petasites spp.) grows, and Pheasant’s-eye (Adonis ramosa) flowers, and Ezo brown frog (Rana pirrica) and Ezo salamander (Hynobius retardatus) begin to lay eggs. Still this season, because the open surface of the water repeat itself “freezes and melt”, the egg of Ezo brown frog receives damage. (It becomes the wrinkle and explode.) Moreover, because the egg of just layed of the Ezo brown frog has not absorbed water yet, grain is small, and an appearance is bad.

この写真の撮れた卵塊は、水を吸って、
ダメージを受けることもなくぷりぷりと輝いています。
秘密は温泉水の流入で、この池は凍る事がないので、
いい状態で卵塊が成長していくのです。
The egg in this photograph is absorbed water, does not receive damage, and shines with.
Because this pond is not frozen by an inflow of the hot spring water, clustered eggs grow up in a good state.

しかし、エゾアカガエルの卵塊はちょっとしわしわになったくらいではダメにはなりません。
厳しい気候条件に生息するうちに、対応できるようになっていったのでしょうね。
However, the egg of Ezo brown frog doesn’t die in having crumpled for a moment. It is likely to have come it to be possible to correspond while living in a severe climate condition.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Leave a Response

CAPTCHA