Going back

picture

Oncorhynchus gorbuscha
Pink salmon
樺太鱒(カラフトマス)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DIGITAL X*

.

私は、関東の神奈川県育ちです。
神奈川県の河川には、サケマスは溯上してきません。
下流域ということもあって、河川改修済みで、川に直接下りることも難しい状況でした。
また、見られる魚もコイやボラばかりでした。
これらの魚もそこそこ大きくはなるのですが、迫力がありません。
I grew up in the vicinity of Tokyo of Japan. In the river of a thing of there, salmon and trout (Oncrhynchus spp.) do not go up. In the place where I lived, there was the downstream region in the river, too and the river repair, and going down to the river directly were a difficult situations. The fish which I could watch was only Carp (Cyprinus carpio) and Mullet (Mugil cephalus).These fish suffer greatly, too, but are not big so as to be impressive.

北海道に住んだ時、目の前の川を1m余のサケや、
「せっぱり」のカラフトマスがぐんぐん溯上する姿には感動を覚えました。
I began to live in Hokkaido. And, I was impressed to see the appearance that Chum salmon (Oncorhynchus keta) one meter over and “Humpback” Pink salmon (Oncorhynchus gorbuscha) do the river in the presence after.

このSnakes logでも、「FISH」というカテゴリを作りましたが、
陸のカメラしか持っていないと、なかなか写真も増やせないですね。
水槽など駆使すれば、また面白そうな写真が撮れるのではないかと思っています。
I settled a category called “FISH” for this “Snake ‘s log”, but the photographs do not increase too much because I have only the camera that I use it on the land. If I devise water tanks and use it, I think that I may take the photograph which seems to be interesting.

それにしても、カラフトマスのオスの、成熟したピンク色は見事なものです。
サケマスがピンピンと川をジャンプしながら進む姿も撮ってみたいですが、
時期を少しはずしてしまったので、
もうヨレヨレとした元気の無い魚しか残っていませんでした。
それでも、大きな魚が目の前で何十と泳ぐ姿は圧巻です。
However, I think that a pink color mature of the male in Pink salmon is splendid also in such a photograph. I wanted to take the figure that a salmon and a trout jumped cheerfully in a river, but only a fish without spirit has already stayed because the time was late. Still, I am impressed by the figure which a big fish of dozens of swims in front of my eyes.

.

Baikada’s main website
Baikada.com

4 Responses to “Going back”

  1. クワ より:

    このお顔にはグッときますね。
    今が一番、数が多い時期なのでしょうか。

    大西洋サケ(だったかな)の溯上は見た事ありますが、フランスでは幻の現象となりつつあります。

  2. baikada より:

    クワさん
    鼻曲がりでしたっけ。顔はとっても迫力がありますね。
    遡上のピークはもう過ぎていて、もうすぐ終わり、、、のはずです。
    最初にサクラマスが遡上して、カラフトマス、シロザケと続くようですが、遡上を見た川では、もう時期が終わっていると思われていたカラフトマスの遡上が多かったです。

    タイセイヨウサケ(Atlantic salmon)は、日本のサケマスと科も違うんですね!フランスも生き物の動きが怪しくなってしまっているんですね。

  3. Godspeed より:

    はじめまして、ばいかださん!
    お名前は存じ上げていましたが、こうやってコメントするのは初めてです。ここへ来たのも今日が初めてです。
    キレイな写真がたくさん紹介されてますので「お気に入り」にいれて時々、訪問したいと思っています。

    今は北海道在住なのですね!東京にも住んでらっしゃったのでしょう?

    私は祖母が九州におりましたので夏休みは九州の山々に行き、釣りを楽しんだり致しました。アヤメやイワナとか釣ってました。また下流ではライギョ、ナマズ、ハヤ、コイ、フナなど沢山いたのを覚えております。

    二十歳ぐらいの時、知り合ったNHK専属の動物写真家の方に水中カメラをいただき、いろいろ使って遊んだ経験がありますが今、アレどこいったかな~。

    ばいかださんにPrivate Messageを送らせて頂きました。

  4. baikada より:

    Godspeedさん
    はじめまして。今、一時的に北海道に来ています。
    実際の住所は東京なので、ある程度したら、戻る予定をしています。
    九州は、夏に宮崎~福岡間を訪れましたが、
    自然度の高さは素晴らしいですね!たくさんのヘビも見る事が出来て楽しかったです。

    NHKの動物番組は、とてもカメラワーク、撮影、素晴らしい技術者の方々ですよね!お知り合いというのは、とっても羨ましいです。

    Private message了解です。後ほど、別途返信いたします(^^)