Home ground

I enjoyed fielding at my home ground.
Though it is a usual kind that I meet, I enjoy it leisurely.


シマヘビ
Japanese four-lined ratsnake

道内遠征もほぼ予定していたものが終わり、(バテ切ったとも言う)
地元でのラストシーズンの探索に入った。

何気にヘビを求めて、札幌の隅っこに引っ越しただけあって、
ちょっと行くだけで一通りの両生類や爬虫類には出会える。

なんでそのあたりのボチボチ歩きで見れたものを上げていこう。


シマヘビ
Japanese four-lined ratsnake

シマヘビたち。
とても好きな顔。

家の周りでは田んぼは殆ど無いので、
出会う場所も様々。どこでもいる。
けど、数少ない田んぼ周辺にはやっぱり多いね。

縞なしのタイプは、ほんと誤同定多いよ。
自分も戸惑うときあるし。。。

でも、やっぱり姿は難しくても動きはシマヘビなんだよね!


シマヘビ
Japanese four-lined ratsnake

こちらは縞ありシマヘビ。
シッポピリピリ静止画。

コレぐらいなら、シッポを揺らしてるなぁって分かるけど、
この動き、超高速だからホント写らない。

来年は写す!
対策は考えた!!


シマヘビ
Japanese four-lined ratsnake

分からんが、顔のアップを撮ってしまう。
なんでだ?なんでなんだ?


ニホンマムシ
Japanese mamushi

マムシよくいるところで、よっこいせと岩をどけたら子供のマムシでた。
1、2、3…たくさん…。

あっという間に散ってった。


ニホンマムシ
Japanese mamushi

ちっちゃい。
でも毒。ちゃんと安全距離、計らないとね。

ささっと撮っておしまい。


ニホンマムシ
Japanese mamushi

しっぽ黄色くてちっちゃくてかわいい…かな…?
でも顔見るとやっぱマムシ面。
顔はお世辞にもかわいいとは…。

夜のマムシの開いた瞳孔顔はなかなかヨイのですが。


ニホンマムシ
Japanese mamushi

小さくてもちゃんと怒るし、毒もあるんで、
安易に近づくのはやめましょうね。


塩ビ管
Duct

これの正式名わかんないんだけどね。
石垣から生えてる排水用の塩ビ管。

これヘビポイント。


スネークフック
Snake hook

これは去年、この塩ビ管をほじるためにスネークセンターにお願いして
作ってもらったスネークフック。

伸縮自在。

塩ビ管をライトで照らして中身を確認、
スネークフックでほじると。


アオダイショウ
Japanese ratsnake

ちっちゃなアオダイショウゲット。
ん?これは今年生まれの子なのかな…?

ということは、もうそろそろヘビのシーズンが終わってしまう。。

物寂しくなる幼蛇シーズン。

でも1匹のメスから生まれた5~10匹もの幼蛇達が出てくる季節なので
ヘビを見かける数はとても多くなる。

何気にシロマダラの確認が多いのも秋。
まだ諦めない。今年はまだあと1ヶ月は粘りたい。


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

アマガエルはリラックスすればするほど、
前肢を胸に抱え込む。

エゾリスと反対。

エゾリスは緊張すると胸に手が行く。


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

このアマガエルもまだ、ややリラックス。
でもそろそろ跳びたいって顔になってる。


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

これはでかかったなー。


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

アマガエルはすぐ尻をこちらに向ける。
半端に逃げの姿勢。

向こう向いたら、即、跳べばいいのに。

自分はカエルの尻は嫌いじゃないからいいけど
尻写真ばっかりあってもね。。。


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

葉っぱの上にいる時からこんな色。
よく見ると目のすぐ下に少し緑のとこがある。

だから色素異常じゃなさそうだ。


ニホンカナヘビ
Japanese grass lizard

ニホンカナヘビの亜成体。
カナヘビの成長ステージだと、、亜成体と成体の間には
なんとなく感じる壁がある。

だけど、ニホントカゲの亜成体と成体の間の仕切りは
なんだか読めない。


ニホントカゲ
Japanese Five lined skink

これは確実に成体のニホントカゲ。
何日かに一度遭遇する顔見知り。

だから人の顔を見ると即逃げる。


ニホントカゲ
Japanese Five lined skink

しっぽ上げて、威嚇されてんのかと思ったら、
ウンチしてました…。

これはこれで野外では貴重なシーン…かな。

さて、あとは「トンボやトカゲを捕まえてみよう」の動画。


The cathing dragfonfly by hand
赤とんぼ(アカネ類)を素手で捕まえる

赤とんぼの目の前で指をぐるぐる…そして目を回してトンボを捕るって話、
よく聞きますが意外と簡単ではありません。
目を回すのが目的ではなく、トンボの手に対する警戒心を撹乱するために手を回します。
アカネ類ならこれで多くが捕まえられます。曇りなどの天気だとなお良し。

Lizard fishing
トカゲつり

トカゲは警戒心強いですが、食欲には勝てないようです。
カナヘビでも食いつくまで行きますが、
がっちり地面をつかんでることが多く、なかなか釣れません。

このトカゲ釣りは、トカラの宝島の漁師さんに教えてもらいました。
いまんとこ、ニホントカゲ、オカダトカゲ、オオシマトカゲは釣れましたよ。

でも動画撮るとなると、意外に大変ですね。


Baikada’s main website
Baikada.com

2 Responses to “Home ground”

  1. E君 より:

    宝島懐かしいですね。
    私も一度、星野氏と行った事があります。トカラハブを見たかったのと、マイマイが見たかったのとで。
    マムシ結構居るんですね。
    私は、まだ一度も見た事がないのです。
    長野にいた頃一度、逃げ去る下半身でそれっぽいのを見た事があるだけです。
    トカゲ釣り面白いですね。話に聞いた事はあったのですが、実際にどうやるかは知りませんでした。
    11月に石垣に行くので見かける事があったらやってみようかと思います。(少々時季はずれかも知れませんが)

  2. baikada より:

    E君
    星野さんとフィールドされたことがあるんですね。
    しかも宝島とは非常にコアな…。
    マムシは、北海道ではあんまり突発的には出会えてなかったんですが、
    探してみるとちゃんといるみたいですね。
    トカゲつり、石垣ではキシノウエさんに気をつけてくださいね!
    (あれ、すごい釣りたいけど、天然記念物なので…)