ヘビの調査

調査をしてて、廃屋的なものがあったので、
屋根のヒサシにアオダイショウの抜け殻がついてないかなと
上ばかり見てたら、ムニュっとなにか踏んだ。

たぶん、気づかずに蛇を踏むのは初めてだったかもしれない。


アオダイショウ

さすがに、かなり怒っていました。
ごめんなさい…。

マムシじゃなくてよかったですよ…。

調査としてヘビのみを相手にすると
実物を見かける機会が少ないので
かなりの忍耐力と時間が必要になるね。


正体不明のイモムシ
2011.09.20追記:オオミズアオ(もしくはオナガミズアオ)

だから、せめて痕跡を探したいところなんだけど、
ヘビの痕跡というのもかなり乏しい。
完全な抜け殻があれば、わかりやすいけど、
これまたなかなか見つからない。

餌となりうる動物の分布と、
環境から想像して、相手を探さざるをえない。


セダカオサムシ

先人の調査や、近い仲間の動物から餌や環境を想像する。
でも情報が少ないときは、とにかく自分で動いて実際の現場を見る。

こんな感じで、実際食べてるところに会えたらわかりやすいのにね。


ミカドフキバッタ?

さらに繁殖となると、飼育下でないと難しい。
目の前で産んでたらいいのに~。

ということで、シロマダラの調査には
いろいろな方たちが関わって進んでます。

自分のできるとこは自分でも進めて、
情報をまとめていきます。

でもある程度、一息つくまでは
何年も掛かりそうな雰囲気ですよ。

とにかく縁のあるヘビなので、
とことんシロマダラと付きあわなきゃならんかもしれないね。

そうそう、日曜日から円山動物園の「いのちの感謝祭」が行われます。
今年のシロマダラ第一捕獲の北海道希少生物調査会の寺島さんが
捕獲時のエピソードなどお話しますよ!
(寺島さんの登場は9/25)

いのちの感謝祭を開催します(円山動物園)

公開的サプライズもあるようなので、
シロマダラマニアの皆さまは、是非どうぞ。

.
Baikada’s main website
Wild Home