To take the photo of American Bullfrog

I went to South Kanto area by airplane. I wanted to take pictures of frogs, and the purpose was done.


ウシガエル
American Bullfrog

のっけから変異個体ですが…。

関東に行ってまいりました。
大きな目的はウシガエルの撮影。

ウシガエルは北海道も道南の一部に生息しますが、
卵の撮影など札幌から頻繁に通うのも難しいため、
もし撮れなかった時のための保険も兼ねて撮影してきました。

なお、ウシガエルは現在、特定外来生物として取り扱われており、
捕獲は可能なものの、生きたまま現地から移動させてまうと
法律違反になりますのでご注意ください。

今回、撮影したウシガエルたちは、可哀想ではありますが
安楽死後に大学に送付してツボカビやラナウイルスの調査の検体として
調べてもらっています。

今回は撮影に写真家の松橋利光さんも同行してくれました。

実際、ウシガエルは日本人にとって今や身近なカエルですが、
両爬を追っている自分達も、ウシガエルについてよくわからないことが多い。

ウシガエルの鳴いてるとこ、卵。ぱっとイメージできません。
オタマジャクシや成体の姿はぱっとイメージできるのですが。。。

外来動物だし、ちゃんと識別出来るべきものだとは心では思っているのですが、
心のどこかで、ウシガエルについて真面目に向き合ってきていなかったのかも知れません。

運良く、卵は撮影できて、鳴いてるところも辛うじて撮ることが出来ました。

しかし、ウシガエルはものすごく臆病です。

ウシガエルだけのフィールドも、探しものという観点から
とても面白いフィールドでした。

たまたま、変異個体のオタマジャクシも見つけられたし。。。
これ、アルビノってわけじゃないみたいですが、
変な色彩です。


モノサシトンボ
Dragonfly sp.

水辺の環境はいろんな生き物がいる。
今回みたいに、がっつりと水辺を歩きまわるといろいろなものが見れる。

イトトンボ系のトンボ、好きですねえ。


イトトンボsp.
Dragonfly sp.

少し離れたところには別のイトトンボ。
ベニイトトンボかと思っていたのだけど、
ちょっと調べると胸の模様が少し違うかも。

全身オレンジの個体はそれっぽく見える個体もいる。

でも、イトトンボは成熟と未成熟で大きく色も変わるし
難しいよね。

7/15追記:モートンイトトンボではないかという意見をいただきました~。


イトトンボsp.
Dragonfly sp.

雨模様だったので、こんな状態でイトトンボギラスどもがたむろしていました。
左下の方にいるの、未成熟なのか成熟なのか??

そんなことは別として、綺麗な風景でした!


クサガメ
Chinese three-keeled pond turtle

神社の池とか、城のお堀とかで見かけるクサガメも、
こういう環境で見ると、なんとなく野生っぽい。

野性っぽいと言いつつも、
最近ではクサガメも古来の移入種ではないかと言われ始めています。

イシガメ系(ヤベイシガメ)の化石は出るのに、クサガメは出ないんだとか。
代わりに絶滅した(?)ニホンハナガメは出ているみたいだけど、
ハナガメとクサガメは近くなかったっけ?
そういう系統的なところってよくわからない。

でも分布的に中国と日本の分布だから、
外来臭いというのはうなずける話ではある。


ヤマカガシ
Tiger keel back

雨なのにお出ましくださったヤマカガシ。
北海道からの旅人にあいさつしてくれたのかな。

本州に来るたびに見たいヘビのひとつ。


ヤマカガシ
Tiger keel back

でもゆっくり観察はできない。
とりあえず、この個体が出てきたときには、
まだ撮影が目的を完了していなかったので…。


オオトラフハナムグリ
Flower chafer sp.

水泳中のオオトラフハナムグリ。
なんか、この形のハナムグリを見つけるととてもテンションが上がる。

子供の頃、図鑑で見たゴライアスオオツノハナムグリと似た形してるもん。
つるつるの白い点々のハナムグリには萌えきらない。。

あ、でもカナブン系はちょっと別格かな。
クロカナブンとかおしゃれすぎる。

で、このオオトラフさんは泳ぎたくて水に入ってる様子ではなかったので
拾い出したらすぐ飛んでいってしまって、写真がこれだけなのだ。


シュレーゲルアオガエル
Schlegel’s green tree frog
?

わかんねーって。コレ。
ずっとアマガエル??と思ってたよ。
草に絡みついてて小卵塊。
でもアマガエルにしては球形の卵塊はやっぱり違和感。

北海道に住んでるとアオガエル系の選択肢をポックリ忘れるね。

アワアワが何らかの原因でなくなって、
産み付けられた場所から浮遊してしまったシュレーゲルアオガエルの死卵?

7.3追記:シュレーゲルの泡の中には寒天質がないという話もあり…結局わかりません!


!!

すっげーへんなオタマジャクシの死骸がある…と思ってとっておいた写真。
記録として撮るだけだったのにあとで後悔。

パンパンに膨れて死んだオタマジャクシだと思っていたんだけど、
あとで写真見たらウマビルが入り込んでない?!

ウマビルってプラナリアのような飲み込み食餌ではないのかな。

ウマビルが入ってパンパンになってるのか
パンパンになって死んでるオタマジャクシにたまたまウマビルが寄ってるだけなのか
わからないけど、ただひとつ言えることは
この状況に気がついてもっとゆっくり写真撮ればよかったということ。


ニホンカナヘビ
Japanese Grass Lizard

ウッシーの撮影以外では、埼玉の街中で過ごした。
町の中だけど、いい草場があればニホンカナヘビが見れる。
この個体はもうちょいで産卵だね。黄色いラインが綺麗。

北海道だと、なかなか見つけられないニホンカナヘビ。
いるとこには固まっているみたいだけど~。


カメ達
Turtles

神社の池はやっぱりカオスですな。
クサガメもアカミミガメもウロウロしてる。

神社の池程度の環境があれば育つことが出来て、
しかもほかの環境に移動しようとしないという生態がこういう状況を作るんだよね。


ニホンイシガメ
Turtles

なんとニホンイシガメもおったよ。


アズマヒキガエル
Eastern Japanese toad

用水路の上流からヒキガエルが流れてきた。
微動だにしない。

話しかけても返事がない。ただのしかばねのようだ。

足の細さ具合から見て、どっかで死んで乾燥して、
何かで用水路に落ちて流れてきたと。
そう推理しました。


ニホンアカガエル
Japanese brown frog

驚いたことにニホンアカガエルに出会った。
ほんと、住宅街の中の神社なのだけど、アカガエルもいるんだね。

ここではヒキガエルは産卵してるけど、アカガエルも実は産卵してるのかな?


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

別の日に埼玉の田んぼで。
上陸したての個体がたくさんいた。
青いの探したけど、いなかったよ…。


ギンヤンマ?
Lesser Emperor ?

あんまり見慣れないヤンマが産卵してたので撮っておいた。
ギンヤンマとは違うよね…?と思って調べたけど、これどうも直球でギンヤンマみたいだね。。

水色薄いな~、メリハリないな~と思って
アオヤンマとか調べてしまったけど、
どうも自分の中の「ギンヤンマ」のイメージは「クロスジギンヤンマ♂」だったようで、
これはノーマル「ギンヤンマ」の♀が一番近そう。

イメージをちゃんと入れ替えておかなくちゃ…。

で、どのへんが「銀」?
昔、腰周辺の水色部分が金属光沢があるので銀だ、と聞いたけど
それで合ってるのかな?

しかし英名の「ちっちゃな皇帝」って名前、すごいねぇ。


Baikada’s main website
Wild Home

American Bullfrog

4 Responses to “To take the photo of American Bullfrog”

  1. montriviere より:

    関東の身近な生き物たち、しかしみなそれぞれ驚きのシーンばかりですね!
    ウシガエルの変異個体、不思議な色合いですね!成長した姿が見たかったですね~。ウマビルは、僕の昔住んでいた近所の工事現場の水溜りにたくさんいて、当時は血を吸う生き物と思い恐れていましたね。
    ニホンアカガエルもそこに多くおり、やはり周辺が住宅や工事現場なだけに、なぜいたのか不思議です。ただ、古い地図を見たら、昔は一体が湿地だったみたいでその生き残りだったのか?とか今では思ってます。
    僕も土日のいずれかに埼玉の高麗川か越生か長瀞か、そのあたりに踏み込む予定です。

  2. gecko より:

    こんばんは。
    昔、ウシガエルのオタマがペットショップで売られていた時期を懐かしく思い出しました。
    あの頃、あの巨大なオタマを見て、とても驚いた記憶があります。
    今では特定外来生物になっちゃったんですね。

    ウマビルが付いた爆発寸前のオタマさん・・・お土産によくあるフグのちょうちんみたいです(笑)

  3. baikada より:

    montriviereさん(このままで良いの?)
    結構このウシガエルのオタマタイプは出るようですが、成体で変な色のはいなかったです。
    もしかしたら普通に成長するのかも…。
    ウマビルは色からして強烈ですもんね。「チスイバッタ」とか都市伝説的に恐れられる生き物いますよね~。
    (でも最近まで吸血すると思ってた)
    僕の子供の頃住んでいたところにも町の中に限局的な湿地があり、そこでまっ黄色(今思えばアルビノ)のニホンアカガエル捕まえましたよ。
    その湿地もまもなく建物になってしまい、カエルは姿を消しましたが~。
    土日の成果やいかに?
    僕は明日は天気悪そうなので、おやすみかな?

  4. baikada より:

    geckoさん
    ウシガエルもペットショップで売られていたんですよね。maxのオタマ飼うとすぐカエルになってしまうというオチつきで。
    まだリスト内には微妙な参加ですが、アカミミガメなどもこうなっていくんでしょうかね。
    僕が子供の頃には既に身近に売られていたので、
    逆に売られなくなると少し違和感を感じるかも。

    あったあった!フグちょうちん。似てます(^^;