Species of naturalization

In Hokkaido, some species of naturalization are living.
From foreign country, and from foreign area in Japan.

I took pictures of reptiles & amphibians which is immigrant these days.


ツチガエル
Wrinkled Frog

※結構難しい話だから、今後少し書き換えもするかもしれない。

北海道には多くの移入種がいる。
しかし、日本国内での移入(本州→北海道)などが少なくないため、
そこにいる生き物が移入であると気づいていない人も少なくない。

上のツチガエルは移入のものです。

移入と聞くと、「外来種≒悪」の図式をよくテレビやネットで見かけます。
私もその影響は多大で、一部のものは在来種を圧迫しているのは間違いないと思っています。

しかし、大きく問題とされるのは結局人間が被害を受けるもので、
農業被害等を起こすアライグマなどは注目されやすく、敵視されやすい。

私も、外来動物は歓迎すべきではないものだと思っている。
駆除できるレベルの量であれば、駆除も必要だと考えるし、
どうしようもなくはびこってしまったものについては、また別の対策を考える。

元の生態系に戻すことを考えて、どこまで駆除するのか。
一体いつの時代を「もとの生態系」と呼ぶのか。
この先、たとえば人間が全く影響しなくても変化していくだろう生態系についてどう考えるか。

非常に考え深い問題だと思う。


ツチガエル卵
Egg of Wrinkled Frog

例えばトノサマガエル(北海道では移入種)の多い田んぼの生態系。
人間がいなければ、そもそも田んぼという環境が存在しない。

稲作が始まる前の時代の生態系を望むなら田んぼは全て潰さねばならない。
が、それは無理な話。

田んぼがあり、アマガエルが寄り、シマヘビが寄り、水生昆虫が寄ってきた。
人間の物流や放逐があって、そこにトノサマガエルがやってきた。

トノサマガエルは昆虫を食べ、昆虫を減らす。
アマガエルと競合してアマガエルを減らす。
本州の病気を北海道に持ち込んでいるかも知れない。

いろいろ危険性はあるが、
シマヘビは既にトノサマガエルを食べることに依存し、
一部の猛禽、サギやカラスもトノサマガエルを食べている。

既に生態系に組み込まれ始めてしまっている。

ここで徹底的にトノサマガエルを駆除すると、
それを食べていた捕食者達も数を減らしてしまうだろう。
(一時的にか永続的にかはわからないけれど)

マスメディア関係の環境報道では、主に目につくのは

~(種名)を守ろう!
こんな恐ろしい動物が町に!

という感じのもの。

それはそれで大事だけど、
問題点の片面からしか物事を伝えていないことが多く感じる。

もっと根本的に、
「生態系に関するモラルの向上」や、
「種を守ろう」ではなくて「その種が十分に生きていける環境をなんとかしよう」という動きに
今後変わっていくことを期待したい。

とにかく、生物を知ること。環境を見ること。
そして、人や媒体からの情報を鵜呑みにするのではなく、
その情報を受けて「自分の意見」をがっちりと考える事。
これらが揃えば、一般意識も大きな変化があるかも知れない。

その上で、駆除が必要であるのか、受け入れていくのか、
そういう議論をするのは有益だと思う。

私はまだこの問題について結論は持てていないけどね。
でも、今年多くの外来のカエル撮影をしていて、
地域の人とそのカエルとの関わり、問題、益、害、、考える機会を持っている。

そして関わった人たちとは、これらの問題についてできるだけ話をしている。
私はまだ、肯定も否定もしないけれども。。

ただ、問題となりうる点や今後起こりうる一般感情などについては
できるだけ慎重に話をしている。


エゾリス
Hokkaido Squirrel

久しぶりの記事で難しくなっちゃったね。
写真撮るのと、整理と、体調不良で忙殺されてなかなかアップ出来なかったので
ここからはゆったり写真でも見ていってね。


エゾリス
Hokkaido Squirrel

とある公園で出会ったエゾリスなんだけど、靴に手を乗っけてきた。
どうやらゴハンを貰っているらしい。

これもまた、善悪が叫ばれる問題になりそうだけど、
私はこれもまだ結論が出せるほど考えがまとまっていない。

ただ、動物の健康を考える上で、
ひまわりの種ばかり与えるのはよろしくない!という意見は揺るがないけど。
(メタボります)

自分はあげないよ~!
と言うと、理解したかどうかはわからないけどすぐいなくなった。
(写真撮ってこちらだけ得してしまった感もあるが(^^;)

これ、単純に毛替りじゃなくて部分白化入ってそうだよね?


アズマヒキガエル
Eastern-Japanese Common Toad

さて今季泣かされ続けたアズマヒキガエル。
春の気候不順のせいか、待てども待てども産卵が始まらない。

写真を撮るなら、産卵時に撮るのが一番楽なんだけど
この産卵期を読むのに、両生類にはいつも泣かされる。

今年は昨年の3週間~4週間遅れだったそうだ。


アズマヒキガエル
Eastern-Japanese Common Toad

北海道のアズマヒキガエルは移入だという結論におちつきそうだけど、
新産地があったとき、
「それは本当に外来だろうか?在来ではないと確実に言えるか?」
と考えると証明するのは難しい。

過去の資料で函館の個体群が遺伝子距離が
東北個体群より、関東個体群に近いことがわかって
(遺伝 1988年4月号 42巻4号)
ほぼ持ち込み確定の様子だけど、
以前の遺伝子解析精度と今のでは違いがあるだろうし、
この文章内の考察の記述にも???と感じるところもあるにはある。

外来であったと考えて、
旭川の個体、室蘭の個体、その他の個体が全て派生地が関東個体群かは分からない。

下手したらニホンヒキガエルがいたっておかしくないかも知れない。


アズマヒキガエル
Eastern-Japanese Common Toad

いっぱいいて、写真撮るにはとても嬉しいけど、複雑な気持ち。


アズマヒキガエル
Eastern-Japanese Common Toad

びろびろ~っと伸びた独特のヒキガエルの卵。
聞取りをしてみると結構あちこちで長い卵を見たよと言う話を聞くのだけど、
エゾサンショウウオのでろんと伸びた卵嚢を見ているような雰囲気の話もあるので、
(枝に産み付けられてたって話があるので)
聞取りではなにか証拠付けると言う作業は難しいよね。

あ、次の写真はカエルが喰われた跡なので、
ダメな人はささっと飛ばしてください。


アズマヒキガエル
Eastern-Japanese Common Toad

こちらのカラスは既にヒキガエルを学習している。
背中に毒腺があるので、ひっくり返して腹から内臓だけ食べている。

これと同じような話を八重山で聞いたよ。
カンムリワシがオオヒキガエルをひっくり返して食べてるところを見たって話。

でも。
つまりはそのカラスにしろカンムリワシにしろ、一度ひどい目にあったってことだよね。
学習ってそういうものだよね。

だからひどい目にあったことのない動物は、ヒキガエルを食べて
ひどい目に遭うということは今後もあるかもしれないね。


ハンミョウsp.
Tiger beetle sp.

気がついたらまた難しい話になってる。。。

まあ、考えてみてよ。
私も考えていくから。


ミシシッピアカミミガメ
Common slider

カメも、もともとは北海道にはいなかったらしいんだ。
かなりの寒冷地でも冬は越せるようなんだけど、
卵産んで増えてるのかはよくわからないようだね。

小亀がいても産まれた、って可能性もあるけど、
小亀が捨てられたって可能性の方が高そうだし。

ギョウジャニンニク
Victory onion

花壇のやつだけど、ギョウジャニンニクの花が咲いてて、
ちょっと感動したので写真撮ってしまった。


カワトンボ sp.
Dragonfly sp.

カワトンボの仲間だけど、なにやら分類が複雑怪奇な様子だったと思うので
種判別はしなかったよ。

さて、5月末に水が入ったばかりの田んぼに行ってみる。


ウマビル
Leech sp.

トウキョウダルマガエル(移入種)を探していたら、これがトウキョウダルマガエルに見えた。。。
ウマビル、鮮やかな色だけどね。
吸血は…しないらしいが、ネット情報なのでよくわからん。


トウキョウダルマガエル
Daruma pond frog

まぁ、似てるっちゃ似てるよね。
トウキョウダルマガエルとウマビル。。

自分、カエルについての細かな識別は難しくてよくわからない。
トノサマガエルとトウキョウダルマガエルの違いを1個体だけ見て確認することはできない。

何匹か捕まえて、わかりやすい個体がいて、
それがようやくそれらしいとわかったのでひとまずトウキョウダルマガエルにしている。

文献漁って、生息地がわかって探しているから、間違いはないんじゃないかと思うけど
それでも難しい。

北海道にはトウキョウダルマガエルもトノサマガエルも両方生息している。
今のところ、重なり合う生息地は無いのかもしれないけれど、
このまま広がればおそろしくややこしい事になるかもしれない。

私、声で聞き分けるのも多分できない。


トウキョウダルマガエル
Daruma pond frog

子孫を残そうと頑張っているのだけど、、ね


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

在来種のニホンアマガエル。
(在来種と言っても、いつからが在来なんだ?)

こちらはまだシーズンが早いせいか、鳴いてるけどあまり表に出てきていない。

蛙って、鳴いてるとこ撮りやすい時期があるんだけど
産卵最盛期にはオスも一生懸命になっちゃって
「余裕がない感じ」になってくる。その時が狙い目。

この写真も一応鳴いてはいるんだけど、見づらいね。。


ツチガエル
Wrinkled Frog

一部ではおなじみのツチガエル。
道産子だけど、外の子のようです。


ミズカマキリ
Water stick insect

複雑な気持ちばかりが続くわけでもなく、
ときどきこうして普段見ない生き物に出会えるから夜の生き物探しは面白いね。

ミズカマキリなんて20年ぶりくらいかな…。


ジムグリ
Japanese forest rat-snake

そうそう、それで!
ようやくヘビの季節なわけです。

とても久しぶりでやっぱり感動ひとしお。

でも、おちびさんは撮りにくいです。

靴と大きさ比較したら小ささわかります?


エゾサンショウウオ
Ezo salamander

エゾサンショウウオも部分的には上陸(変態)を果たしているね。
私は幼生フォルムよりも成体フォルムの方が好き。

あまり目にできないからだと思うんだけど。

エゾサンショウウオ
Ezo salamander

同時発見した個体でヤラセ。
エゾサンショウウオの亜成体は斑紋の変異が激しいね。


アオダイショウ
Japanese rat-snake

いーい瞬間。
内心どうかはわからないけど、とりあえずリラックス姿勢。
そしていた状況そのままの姿。

理想的。

でも発見したのは、その日一緒に行動してくれたZさん。
自分ひとりじゃこの状況で見れなかったなあ。ありがとう。


アオダイショウ
Japanese rat-snake

捕まえればもちろん怒る方もいらっしゃるわけで、
この方には右手に有難い勲章を2つ頂きました。

ちゃんと消毒しないとね。

大きなアオダイショウは油断できないなあ。


アオダイショウ
Japanese rat-snake

日当たりの場所が悪くてボツにした写真。
嫌いじゃないんだけど、やっぱり用途には向かない写真だもんね。


ヨツボシヒラタシデムシ
Carrion beetle sp.

真っ黒のオオヒラタシデムシ?はいっぱい見るけど、
このヨツボシさんを見ると結構お得感があるなぁ。

今日までヨツボシをヨツモンと勘違いしてました。。。


シマヘビ
Japanese four-lined snake

かなり標準のシマヘビ。
北海道でこのかなり標準を見つけるとテンションあがるのは私だけでしょうか。。

私はムギワラの呪いにかかってて、
カラスや標準をあまり見つけられないのです。


シマヘビ幼蛇
Japanese four-lined snake

この状態でしばらく動かなかったんだ。
擬死?威嚇??
動かなさ程度は擬死っぽかったんだけど。


トノサマガエル
Black-spotted Pond Frog

さんざん話題に出たけど、ようやくトノサマガエル。
トノサマガエルっぽいトノサマガエルのためのトノサマガエル。


クサガメ
Chinese three-keeled pond turtle

移入種も撮るから、クサガメも撮ったけど…。
あからさまな捨て亀。甲羅がイビツ。。

いい加減にお池にカメを放してやる(≒捨てる)のはやめようよ!


ニホンカナヘビ
Japanese Grass Lizard

最後は在来種で締め。

ニホンカナヘビ、ようやく撮れました。
ニホントカゲとはかなりしっかり棲み分けをしてるので、
同時に見かける事はほとんどないような気がします。


Baikada’s main website
Baikada.com

7 Responses to “Species of naturalization”

  1. GOTO より:

    北海道の様子が垣間見られて読み応えありました。ありがとうございます。
    「生き物が生息域を広げようとして何が悪い。人間だって自分たちの住む場所を広げてきたんじゃないか」という話もありますよね。なかなか難しいもんだなぁと思います。
    ただ、いずれにせよ、その変遷は記録されていたほうがいいのは間違いないところでしょう。

  2. baikada より:

    GOTOさん
    分布の拡大は生き物の戦略ですからね。
    そう、変遷の記録はとても重要です。
    少なくとも、今、目の前にいる生き物が
    どういう経緯でここにいるのかを理解して
    接してくれる人が増えて欲しいと思っています。

  3. E君 より:

    こんばんは。
    難しい問題ですね。
    私も書き出すと止まらないネタです(苦笑
    まぁ、色々有りますが植物の場合、雑種化や駆逐によって共存することなく絶滅したりしてしまうので私としては駆除派ですね。
    金・土・日と礼文へ行ってきましたが、ミヤマオダマキは不味い状況かも知れません。(平地では西洋オダマキとの雑種化が進行している)
    昆虫も何時のまにか在来種がいない、と言った事になりやすいですし、某所のハリヨは放逐イトヨとの雑種化によって絶滅していましたし。
    昆虫は植物と密接に関係しているので、マルハナバチがいなくなった事によって受粉できずに減っていっている植物も目につく様になりました 。(セイヨウマルハナバチでは駄目なんです)
    他にもホタルやイモリ等、人類のグローバル化の如く地域性が失われてゆくのは如何な物でしょうか。
    移入や持ち込まれた事によって、本来そこに住んでいた動植物がいなくなってしまうのは、私としてはちょっとです。
    まぁ、この辺で。

    ジムグリ可愛いですね。

  4. mal より:

    精力的にご活躍の様子、楽しみながら読ませてもらいました。いよいよ劇撮シーズンに突入ですね。
    さて、先ごろ関わった某フォーラムの仕込み段階でも、外来種を巡る解釈の難しさが、関係者の間で話題に上りました。
    私は”空間作り”を含むプロジェクトを練る際に、生物群集間の相互作用を、まず念頭に置くように心がけています。
    本当は好きな分類群のミクロなハナシに没頭したいのだけれど、既にそれだけでは済まされないような状況というか、
    うまく表現できないけれども、BD全体のグランドデザインを考えながらコトに当たらないと、
    やがて挽回不能な失敗に至りそうで怖いなぁと。。。これ考え出すと、もともと良くないオツムがショートしそうになります。

    ヨツボシヒラタシデムシ、○剣山で出会った関西系の学生が、すごくコーフンして捕獲してました。やっぱり嬉しかったのでしょうね。

  5. baikada より:

    E君
    そうなんですよ。書き出すとまとまらなくて。
    適度なところでストップしておいた次第です。
    植物ではアレロパシーの問題もありますよね。
    園芸と自然の境界線の問題もあったり、
    まだ両爬の方が考え方のまとめとしてはやりやすい事になるのかも知れません。
    既に、トノサマガエルやイモリ、カメ類などは地域の固有性には大きく変化が起きてるんではないかと思っています。
    これらが何万年後には別種に変化していったような状況を人間が変えてしまっているということにも成り得ますね。

  6. baikada より:

    malさん
    劇撮シーズン、ようやく頂上が見えてきましたよ。
    気候不順でかなり厳しかった…。

    外来動物の定義についても、感情的な側面が入ると
    議論として進まなくなってしまうのが辛いですよね。
    生き物だから感情入るのが当然ではあるのですが…。

    環境や生物群集として目指すものということでも
    これだけ議論の余地があるのだから、
    駆除や様々なことを実行しながら考えていくということに
    大きな難しさを感じたりします。

    結局、個人での姿勢はある程度打ち出すことは出来るのですが、
    それが正しいかどうかの価値観は打ち出せないですね。。
    (malさんが言う挽回不能な失敗も同じような意味ですよね)

    外来種を目の前にする度に、僕もオツムショートしますよ。
    (ショートしっぱなしですがー)

  7. baikada より:

    自己レス
    ニホンカナヘビとニホントカゲの混生地はありますね。
    しかも住んでるところの直ぐ側にありました。。。