Patrol

I go around East hokkaido this year.
I took permission to take a creature protected by a law to a photograph.
It is the photography of the Siberian salamander, but must go a little more because I want to take a stage of growth later.



Cherry

今年は春に道東に通っています。
札幌を含む北海道の西側の両生類や爬虫類と、
東側の両生類と爬虫類で、いろいろ違いを感じるから。

細かく言うと、道南と道北と…も微妙に違う感じを受けるんだけど、
言い出すとキリがないし、まだ言葉で説明出来るほどの感じでもない。

だから、たくさん見ておきたいのです。


茶色いセブンイレブン
Brown 7-11.

今回は層雲峡を通って行ったんだけど、いつも気になってた茶色いセブンイレブンで休憩。
何が違うって、色だけ。

なんでかはよくわからないけど、
那須とかの観光地にもこういう茶色いセブンイレブンがあって、
それは景観保護のためらしい。(とyahoo知恵袋に書いてあった)

茶色って微妙に寂れた雰囲気を醸し出してしまいそうなんだけど
何色なら景観を壊さないのかと言われると、思いつかない。


エゾサンショウウオ
Ezo salamander

石北峠のとある1箇所でサンショウウオの卵嚢を見つけた。
今年はいろいろな両生類の繁殖場を見てきたけど、
全体的に貯水率が低いように思う。

雪解けのペースがあまりよろしくなかったせいだろうか?
あちこちで水が干上がっていたり、水が少なくて卵がむき出しになってる。

水もそうだけど、全体的に天候不順で産卵もバラバラ。
両生類には受難の年になるのかも。

シーズン予報も冷夏予想なので、
去年に引き続き今年も爬虫類大活躍な予感がしてこない。

とにかく、あちこちに足を運びまくるしか方法はないようだ。
自分が一番受難な気がする。。。


エゾサンショウウオ
Ezo salamander

ここ2ヶ月ほど、両生類漬け・水浸しだったので、動き出した虫たちにも目を向けてみる。


イタドリハムシ
Leaf beetle sp.

いるところにはめちゃめちゃたくさんいるイタドリハムシだけど、
結構好きな昆虫かも。

せっかくなので、ちゃんとイタドリにいるところを撮ってみた。

食草と昆虫は非常に密接に繋がっていて、
ちゃんとその植物が生えているところにいけばまとまった数の昆虫が見られます。

子供の頃の昆虫採集では、こういう情報を持たずに動きまわったから、
あんまりディープにはまっていかなかったんだろうね。

フィールドで虫を探す人(特に植食性の昆虫を探す人)と動くと、
植物に対してもものすごい知識があるので面白い。
(今回は一人なのでほとんどわからない)


エゾアカガエル
Ezo brown frog

今回は、エゾサンショウウオの越冬幼生の写真を撮ったり、
1匹連れ帰って観察してみるつもりだった。

越冬幼生のいる池も水が少なめで、表層には幼生が出ていない。
なのでタモ網で泥ごと掬うと、1回目でこのカリンコリンに痩せたエゾアカガエルが入った。

遅くまで残ってるエゾアカガエルだけあって、相当痩せてるね。。。
元気に山に帰れるのかい?


エゾサンショウウオ
Ezo salamander

1箇所目での採集個体は、この程度の大きさ。
ペットボトルのキャップ(直径約3cm)と一緒に撮ったけど、
5cmクラスかな?

この時期の道東では、よほど暖かいところでない限り、
エゾサンショウウオは孵化していない。(もしくは孵化したて)

だから、この時期にこの大きさの幼生がいれば越冬幼生は確定です。

今回、確認出来た越冬幼生は最小で4cm、最大で7.5cmでした。

このあたりでは越冬しても1年後には上陸する個体群だと思うんだけど、
これほどのバラつきは栄養状態によるものか、複数年越冬なのかわからなかった。


ヒメカメノコテントウ…?
Ladybug sp.

イラクサやダニに閉口しつつ、
時々水から意識を離して昆虫を見る。

気づくと小さいカメノコテントウが。
コカメノコテントウなのか、ヒメカメノコテントウなのか、
経験不足な自分では確定出来ないけど、手持ち資料の絵解きでいくと
ヒメカメノコテントウのようですね。


マクガタテントウ…?
Ladybug sp.

続いてマクガタテントウ…?
この模様系もダンダラテントウがいて難しのです。
マクガタの斑紋は黄色いと書いてあるのですが、標本写真は結構赤くて。
おしりの方の斑紋はダンダラよりマクガタっぽいです。

やはり少ない経験と浅い知識で決定力不足ですね。


エゾサンショウウオ
Ezo salamander

山奥の産卵地に行ったのですが水量が少ないせいか、
水の温度がやや高いように感じました。めちゃめちゃ日当たりいいし…。
折角産んだ卵ですが、どうも死んでるような気がしてならない。(見えてるやつはね)


オオレイジンソウ?
Aconite sp.

多分、オオレイジンソウ。。。
花咲いてればよかったんだけどね。

茎にはエゾハルゼミの殻が残ってます。

エゾハルゼミも姿は時々目にしたものの、ほとんど鳴いてませんでした。


エゾアカガエル
Ezo brown frog

実を言うと、オタマジャクシに対して自分はあまり良いイメージを持てていない。
(サンショウウオとかは好きなんだけど)

雑食で、いろんなものに群れてかじりついているのが何だか好きではないみたいだ。
それがたとえ同種のカエルの死骸であっても、そうなので。。。

特に、自分よくこの死んだ親ガエル(溺死?お産トラブル?)を目にするので、
オタマジャクシが群がってるとこ見ちゃうんだ。


ニホントカゲ
Japanese five-lined skink

とりあえず、越冬幼生には出会えたので、爬虫類を探してみる。
しかし、日当たりはよく体感温度は車内では高いんだけど、
風が強くてどうにもいかん。

結局ヘビは1匹も見れず、ニホントカゲを4匹見るだけに終わってしまった。
ヘビを見れないと残るこのモヤモヤ感を次回に晴らしたいところ。


落下
Drop

ファインダーを覗きながら移動すると落ちるので気を付けましょう。


キタサンショウウオ
Siberian slamander

道東に通う理由のもう一つはこれです。
私は釧路市内でキタサンショウウオを観察していますが、
キタサンショウウオは釧路市の指定する天然記念物です。

卵嚢や成体は触れたり、環境を変えること無く撮影することは可能でしたが、
幼生の写真は捕獲しないと正直厳しいです。

またキタサンショウウオの生息地では、各市町村単位で保護されていたり、
釧路湿原として保護されているので、
触ったり捕獲してしまうと何らかの問題が生ずることがあります。

飼育している施設に頼むという方法もあるのですが、
幼生は1年で上陸してしまうため、その施設で繁殖させていない場合、
撮影出来る幼生はいないという状況になります。

今回は仕事の関係でどうしてもキタサンショウウオの幼生の写真を撮らなくてはいけなかったので、
釧路市と相談して、一時捕獲(現地捕獲、リリース)する許可を頂きました。
(書類のやり取りとか、結構大変でした)

期限を決めての捕獲許可なので数回通って、
成長段階を撮影できればいいなと思っています。

撮影にご理解をくださった釧路市と、
相談を聞いてくださった釧路湿原自然保護官事務所には大変感謝しています。

(英名(Siberian salamander)の示す通り、キタサンショウウオはシベリアにも生息するので、
外国に行けば撮影出来るのですが、外国ちょっと気軽に行けないですよね…)

写真の個体はバランサーを撮ろうと思ってちょっと失敗した写真です。
右のバランサーが欠落してるか、顎の下に入ってしまっています。
なにぶん、孵化直後と思われる個体なので、
いじるのも最低限ですぐリリースしたいし
ピント取れないし(頭の大きさが2mmないです)
不定期に動くしで泣きそうでした。


Baikada’s main website
Baikada.com

2 Responses to “Patrol”

  1. montriviere より:

    オタマジャクシは、なんとなくわかる気がします。オタマってかわいらしいイメージなのに、下から見ると口だけはなんかリアルで、しかもあれで削り取って食べるって聞いて、ぞっとした経験はありますね・・・笑。サンショウウオ幼生はその点、いかがわしさがないのかもしれませんね。

  2. baikada より:

    montriviereさん
    サンショウウオは丸呑みですからね。
    オタマジャクシの「裏側」はどアップにすると恐いですね(汗