Suitable distance

picture

Phoca vitulina
Common seal
銭型海豹(ゼニガタアザラシ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS D*

.

近いです。人馴れしてしまっているゼニガタアザラシでした。2007年7月初め、このゼニガタアザラシで事件が起こりました。いろいろあるので、地名は伏せました。事件は、このゼニガタアザラシが人を咬んで、引っ掻いて怪我を負わせたというもの。しかし、報道の内容はショッキングなものでした。珍しいもの見たさに、このゼニガタアザラシを観察に来た人々の中には、このアザラシを足で蹴ったり、子供をまたがせて写真を撮ったり、棒でたたいたり。
It is near. This photograph is Common seal (Phoca vitulina). This Common seal hardly fears the person. This Common seal caused trouble at the beginning on July, 2007. This case was the one of having made this Common seal owe the injury scratching and biting the person. I concealed the name of a place of which I took a picture this Common seal. The content of the news was very shocked. This seal seemed to be kicked by the foot, to be stepped over, and to have beaten with the stick by a few people who had come to observe this Common seal.

そもそも、自分も、この距離で写真を撮ることは、対野生動物を考えると全くいい事ではありません。野生動物とは適当な距離を持たなければ、いつか事件が起こります。普段、野生動物との付き合いが無い人にとって、この距離で見る事が出来るのはこの上ないチャンスで、つい触りたくなる気持ちもわかります。しかし、全く野生動物とかかわりの無い人にとっては、このアザラシを犬や猫を扱うように触りたがってしまいます。きっとそんな中で起こった事件だったのでしょう。
To begin with, it is not a thing good compared with wild animals that I also take the photograph by this distance. This case happens with wild animals and the person some time without a suitable distance. It is a chance that can see the seal for the person who doesn’t have wild animals and contact in this distance usually further.
It wants inadvertently to touch and I also understand becoming it feelings a little. However, it seems to be thought that the person who doesn’t have wild animals and contact is a person that this seal doesn’t have the change with the dog and the cat. It would be the case that happened in what the people were going to be involved in with a wild animal willingly.

適当な距離を持つこと。どうしてこのアザラシの方から出来ないのでしょう?もしかしたら、過去に人間に保護されて、人馴れしているのではないかという説が流れていました。それであれば、人間のほうが、適当な距離を持ってあげるようにしたいですね。それにしても、ペットを扱うように触りたくなる部分にはまだ理解が出来るものの、寝てる生き物を、蹴りますか?棒でたたきますか?集団心理、興奮状態、いろいろ理由が重なってやったことかもしれませんが、理由なんて動物は理解できません。反省しなくてはならないことだと思います。私を含めて。
Why may not this seal have suitable distance with a person? There was the rumor that this seal was protected in the past by a human being, and become accustomed a human. A human being must have suitable distance if so. Still, do you kick a sleeping creature? Do you swat it with a stick? It may be that group psychology, an excitement state, various reasons occurred at the same time, but the animal cannot understand a reason. I think that it should reflect. Including me.

Baikada’s main website
Wild Home

4 Responses to “Suitable distance”

  1. OIKAWA より:

    海外に住んでいると、哺乳類は恐ろしいです。なんと言っても狂犬病があるからです。犬も安易には近づきたくないですね。違う話でしたが、動物とは距離を置くことがいいのではないでしょうか。

  2. baikada より:

    OIKAWAさん
    そうですね。日本は狂犬病清浄国なので、そのあたりの「怖い」という認識は薄いです。
    野生動物に限らず、ペットでも、やっぱり自分は少し距離を置いた付き合いをしておいた方がいいのでは、と思っています。
    人獣共通伝染病、倒錯した動物への依存、、、中にはそういう付き合い方でもうまくやっていける動物と人との関係も見受けられますが、あんまりうまく行っていないケースをよく見かけました。

  3. クワ より:

    悲しい、と言うか情けない話ですね。野生動物 = ぬいぐるみ、という思考図式なのかなぁ。

  4. baikada より:

    クワさん
    目の前に転がっていると自分の常識で扱えるような気持ちになってしまうのかな…。
    テレビや水族館でのイメージが強いのもあるのかもしれないてすね。
    このアザラシもヒトも関わりに困る存在ですねえ。