Winter travel in Okhotsk 2010 part 3/3

I wanted to meet many seals, but there were a lot of seals.
It was regrettable situation.
However I sensed cold atmosphere of Okhotsk, and I felt comfortable.
There was a big earthquake then in the Republic of Chile.
Because a tsunami warning was announced, I had to leave the sea.


オジロワシ
White tailed eagle

オジロワシやオオワシは結構たくさんいるのだけど、
写真を撮ってみると、やっつけで撮ってしまったような写真が多くなってしまう。

個体そのものには迫力が十分にあるのだけど、
なかなか難しい。

船で流氷帯に漕ぎ出したい。
けど寒い船には耐えられそうにもないな~(苦笑)


アザラシ
Seal

網走の港に帰り際に寄ると、再びアバラシ(網走のアザラシの意)を見つけた。
今回の記事、part1/3とほぼ同じ場所にいて遠い…。

しかしこの時の姿を見たとき、体がちょっと長く大きく感じたので
ちょっとだけアゴヒゲアザラシを期待してしまった。

でもやっぱり


ゴマフアザラシ
Spotted seal

正体はゴマフアザラシだったね。
遠いもんだからいろいろ考えて、立ち入り可能な場所で最も近いところから
撮ったけど、ゴマフアザラシもちゃんと間合いを考えているね。

写真は悔しいけど拡大してトリミングしたものですよ。
ノートリミングでここまで近づいたらお互い緊張したかもね~。

それでもやっぱりたくさんのアザラシがくつろいでいるところが見たい!と
以前、多数のアザラシがくつろいでた岩礁帯の方に行ってみた。

しかし、、、岩の上にはどっちゃりと雪が積もっており
今年は全く利用していない模様…。

まあ、そんな時もあるさね。

いつもずっといたら、人間との軋轢も生まれてしまうからね。
いるとき、いないときがあるからフィールドは面白いのさ。

…と悟りを開いたようなことを言ってはみたものの、
少しくらいいないもんかね、と海面を探してみる。

ここで携帯にメールが入ったんだけど、
「チリで大地震があって、津波がそろそろ到達の模様」

…ぬなっっ!!

今回は体調考えてホテルに1泊したので、
チリで地震があったのは知っていたのだけど、
こんな警報レベルの津波が向かってきているとは。

携帯なかったら、知らずに海にいたかも知れない。

そもそも、もっと若い頃だったら車中泊しただろうから
もっと危なかったかも知れないね。

気をつけ無くては。


ゴマフアザラシ
Spotted seal

結局この岩礁帯ちかくでプカプカしているゴマフアザラシを
点のような状態で見つけ、ひとまず満足感を得て海を離れることにした。


氷瀑?
Icefall?

この岩礁帯に向かうのは意外に難儀な場所なので、
地形がかなり険しい。

ふと海から目を離すと、大きな凍った滝のようなものがあった。


氷瀑?
Icefall?

滝だったら、氷瀑で間違いないんだけど、
ここ、普段水流れてる場所なのかな…。

滝つぼに当たる場所には全く水の痕跡がないし
どうも普通の氷瀑とは違う。

周りにはこれと似たようなやつで黄ばんだ氷瀑?もあった。

これはたぶん、積もった雪が融けて流れ出し、
それがまた再び凍ってできてるんじゃないかなあ…。

夏になったら水はなさそうな感じでした。

もし、それで正解なら、これは「氷瀑」ではなくてなんて言えば良いんだろうね?


キノコ(カワラタケ系なのかなあ)
Fungus sp.

流氷きたり、氷瀑もどきも出来るほど寒いところなんだけど、
キノコが生えてた。

このキノコの系統にはガリガリに硬いやつが多いんだけど、
これはなんだかフニャッとしてた。
うーん、硬さで言えば低反発性のマクラくらい?

普段なら、「ふーん」で済ませてしまうんだけど、
この寒さで凍らないフニャッとしたキノコ。

なんだか不思議。

極寒地の爬虫類や両生類は血液が凍らないようにグリセリンが含まれるんだってね。
このキノコもそんな仕組みあるんだろうかね。

なんだか、こんな感じでゆるゆる、のろのろと
楽しい旅になりました。

冬のオホーツクは良いところです。


Baikada’s main website
Baikada.com

Comments are closed.